2018年05月22日

16年目のはじまり

実は昨夜がAMANE16年目のはじまりでした。
2003年5月20日(火)オープン、
2018年5月20日(日)は定休日 (笑)
ですから昨夜21日がはじまりです。

15年がひとつの節目だとは感じていました。
ですが、だからどうなるかはわからない、
ところが、
昨夜、今夜と、新しい出会いがあったのです。
「これか・・・」
「もしかして」

まず今夜から行きましょう。
来たのは、

Robin.jpg

こーんなに背の高い男性、192pあるそうです。
頭ひとつ大きい!

彼の名前はRobinさん。
7月の北とぴあで行う新しい草原、So☆Gen お披露目イベントの出演者です。

過日、演出のJOさんより、
「ボイパのおもしろいグループいませんかね?」とあり、
「ボイパ?」「ポパイ?」程度の僕では探すのは無理 (笑)
ここは業界の同級生、ベースの藤林氏に頼んで、
4月に見つけてもらい、
今夜初めて会うことになり、店に来てもらいました。

会うまでは、動画でさらっと見ただけで、
人柄はおろか、背丈年齢すらわからなかったのですが、
なんとなく、
「藤林経由なら間違いないだろう」と直感、
メールですでに出演のお願いをしていたのだから、僕も無謀 (笑)
もし、とんでもないヤツだったらどうしたか・・・

いやいや、おもしろい経歴でした。
フェイスブックのプロフィールに日体大とあったので、
「何をやってたの?」と尋ねたら、
「バスケットです」
ええ〜!
しかも高校では国体選抜 (神奈川県) 選手だったと言います。
一気にテンション上がった (笑)

ただ彼はその道を進むも、膝のケガで選手生命を絶たれ、
大学時代から両親や兄弟の影響で音楽を始め、
いろいろな活動を経た後、
NSTINDANCETON というバンドのメインボーカル&ギターとして加わり、
さらに、その中の Robin というアーティスト名でソロ活動もしているとのことでした。
わかりにくい?
ええっと。
たとえば、サザンオールスターズと桑田佳祐さん、のような感じかな (笑)
いやいや、(笑) じゃない、
NSTINDANCETON という彼の所属するバンド、ホンモノと見た!
そのPVをどうぞ。



帽子を被っているのがRobin さん、
背が高いからすぐわかる (笑)
9月には500人規模のライブを原宿でするそうです。

一方、
「島を回って弾き語りライブをするのが楽しい」とRobinさんのソロ活動は、
こんなダイジェスト動画に彼の人柄が見え隠れすると思います。



海、人、唄・・・

ところで彼の年です。
「1992年生まれ」
って、
僕の30才下!
「そのわりには」
「しっかりしている」
「きちんと前を見ている・・・」

今後が楽しみです。
15年経ち、16年目。
はじまりました。
posted by セキシュウ at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

5月の公園

昨日は全休、今日は昼間休みと時間的には余裕があったのですが、
なんだかんだと用事があり、
今夜は今夜で予約、その後お客様が続き、
ブログは片手間に書いています。

そのくせ、月曜恒例のバスケは休まずに、
バトミントン主宰の方から、
「がんばるね〜」と、
いえいえ、あなたの方こそ (笑)

隣のコートに久しぶりの男性、
バスケは未経験なのに、
体力づくりのため通っていた方で、
「久しぶりですね〜」と声をかけたら、
「ええ、いろいろありまして・・・」
「先週からまた始めました」
1年は見なかったと思います。
「もう70ですから」
「無理はできないけど」
「がんばらないと!」

いろいろあって、が気になるところですが、
先方が話さない限り、聞きません。
そういうものですね。

グラウンドは貸切、

01at.jpg

「遠足シーズンだからね」
話し声が聞こえます。
公園の常連さんたち、
一年を通して利用し、状況をよくご存知なのでしょう。

02at.jpg

メインの通りをずっと工事していて、
パネルで中が見えなかったのが、
今日行ったら、初お目見え、
工事の方に「ここは何になるんですか?」と尋ねたら、
「管理棟です」と、6月には使用スタート予定とのことでした。

03at.jpg

サッカーボール越しに・・・
この二つ、昨日、日曜日の忘れ物でしょうね。
posted by セキシュウ at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

続アコ担ぎ

さて、昨日の詳細行ってみます。

場所は東京駅、

01tk.JPG

昨年同窓会で来た時は工事中だった東京駅丸の内駅前広場も完成して、
「鉄道の父」と呼ばれた井上勝氏の銅像も、

02tk.JPG

10年ぶりにこの地に戻ってきたとのこと、
尚、井上氏の出身地は山口県萩市、これは余談 (笑)

会場は、

03tk.JPG

国登録有形文化財の日本工業倶楽部会館、
昨日は、この財界の記念碑的建物を外から見学している方々がいらっしゃいましたね。

04tk.JPG

13時少し前に会場入り、
その数分前に、幹事の5つ下の後輩と、4つ下の徹くんからメッセージが入り、
「何時ごろ来られますか?」
今いくよ〜!(笑)

リハは、校歌応援歌だけでなく、この日の余興のジャズバンドと、

06tk.jpg

実はこれが楽しみだった!
サックスを吹いている清水賢二さんが母校出身で幹事、つまり5つ下の後輩なのです。
活動は福岡・山口中心なのですが、
この日のために上京、ついでに関東で前日、翌日とライブをブッキングしたようでした。
ギター、ベースは清水さんのお仲間で、母校出身ではありませんが、
余興では、こういうパターンが過去何度かありました。
僕たちが幹事の時も、
DVD制作は母校以外の方の協力が大きく得られ、満足のいく結果になったのです。

本番、

07tk.jpg

ま、ジャズのインストですからね、
BGM的になるのは想定済み (笑)
けれど、これらの写真を撮ってくれた同級生、同窓生など、
一生懸命応援してくれた方もいる、

08tk.jpg

だから、
メインの清水さんも、

09tk.jpg


この笑顔だったのでしょう。

僕の出番はこれだけではない、

10tk.jpg

昨日の秀樹くんの写真にあったように、
校歌、応援歌の伴奏、
こちらは真顔 (笑)
が、ちょっと失敬して、
渡辺東京同窓会幹事長が歌唱説明している間に、

05tk.JPG

ステージ上からシャッター、
これはなかなか見られない光景でしょう。

横からの写真も後輩が、

11tk.jpg

盛り上がりの様子がよくわかります。

最後は、昨年のパターンを踏襲して、

12tk.jpg

肩を組んで応援歌「熱球」を、
肩を組むはずの同級生が、どうやって写真を撮ったのか (笑)
いろいろありがたい限り、
この後、店に移動したのはいつも通り、
一般営業の中、飲み唄い、参加は少数ですが、常連さんもいらして楽しかった、
終わって心地よい疲れを味わったのでした。
posted by セキシュウ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

アコ担ぎ

今日は好天で助かりました。
何しろ、東京駅までアコーディオン担いで、ですから。
小型ですが、8sくらいはあるのか、
雨が降ったら傘、これまた大変だからです。

幹事期の後輩から昨日連絡が、
「リハスタートが13時です」とあり、
12時を予定していたので、思ったよりゆっくりで助かりました。

そこから同窓会、店に戻って営業、
おまけに、ふりうたを朝からやってと、超ロング営業です。

ということで、ブログは手抜きさせていただきまーす (笑)

もちろん、写真はあり。
秀樹くんが送ってくれたもの、
他にもありますが、それは明日にでも。

aco01.jpg
posted by セキシュウ at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

ワルさ

昨日は夕方、前の店の大家さんで、
現在、店舗保険で長くお付き合いのある、
アサコーホームの浅原社長がいらっしゃいました。
フェイスブックで繋がっているので、
お互いの状況はわかっていて、
会ったのは1年ぶりですが、そんな気は全くしません。

この現象は、実は最初は錯覚かと思ったのです。
ところが、
フェイスブックをやっている人で、
わりと頻繁に投稿している人や、
メッセージのやり取りをそこそこしている人と、
全くしていない人、
フェイスブックをやっていない人が、
例えば、1年ぶりに会ったとして、
やっていない人のブランク感はすごく大きい、
「元気だった?」
「今、どうしてる?」
まずはそこからスタートするからです。

僕のフェイスブックの投稿や、このブログを読んでいる方は、
僕に会って、いちいち、
「関くん、元気だった?」と聞かないでしょう (笑)
毎日ブログ更新、
フェイスブックに至っては、
短文で日に数回、時として長文も、
最近の投稿では、過去をさらけ出した回顧録・・・
まあ、今更ですが、かなりワルだった (笑)
落ち着いたのは50過ぎてからかなぁ?

その浅原社長とは、店舗保険の更新、
「また1年間、何もありませんでした」
「店舗保険、15年一度も使ってませんね」

書いたと思いますが、前のカラオケボックスでは、
電飾看板の当て逃げと、泥棒で2回保険を使いました。
保険加入で助かったとも言えますが、
両方の事件とも、気分の良いものではない、
「何もないのが一番ですよね〜」
僕より2つ下の浅原社長が、
「ええ、本当に」と頷く、
お互い年を取り、物事の道理がわかってきたのです。

何事もなく1年を、
そうしてまた同じ会話が来年の今頃出来るように、
1日1日を大事に丁寧に過ごしましょう。

さて、明日は高校の東京同窓会、
午前中ふりうたをやって、
昼からアコーディオン担いで東京駅の会場に行ってきます。
まさか、高校の同窓会でアコーディオンが役立つとは・・・
11年前、
もう使わないからと妹が送ってくれたのでした。

それを初めて身につけた写真、

01aco.jpg

撮影は2007年8月16日です。
ワルさの片鱗がまだ残っていますかね (笑)
日焼けもし過ぎです。
posted by セキシュウ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

千夏さんと装い

わかるような、わからないような、
変な記事を昨夜書いてしまいました。
父の苦虫を噛み潰したような表情が目に浮かぶ、
「もっと短くわかりやすく、
深みのある味わいのある文章を書けないものか。
情けない。」
・・・と言ったところでしょう (笑)

今週のさわうたは、まあまあ好調、
19名、19名、21名でした。
今日は奇数の木曜日、大人数の日だったのですが、
レギュラーの方が3名お休みで、やや寂しい感じ、
それをカバーするかのようにタイミング良く来たのが、小島さんです。
かねてより小島さんからリクエストされていた、
中山千夏さんの「あなたの心に」を、
いつものように動画を一度見て、
歌詞を出して弾こうと、
途中まで動画を流したところで、
「あ、これ、なかなか難しいですね!」
大サビ、真ん中のところが今ひとつわからない、
キーはB♭です。

楽譜があったことを思い出し、
少し探したのですが見つからない、
時間がもったいないので、
「いいや、何とかなるでしょ」と伴奏スタートしました。

ですが、やっぱり真ん中は弾けず、
一度しか出てこないのです。
二度出てくれば、一度目で探って、コードは大抵弾けるのですが・・・
「ダメでした」
残念 (笑)
あとで再チェックです。
この積み重ねで、いろいろ覚えてきました。

中山千夏さんの千夏、夏といえば・・・
昨日の夕方ですが、
買い物途中、ひらひらを見つけました。
ヒマゴウさんだなあ、本当に (笑)

01cho.jpg

横から、

02cho.jpg

いつも書いてますが、
ズームは使わず自然な距離で、
何度か逃げられながら、
花に留まるのを待ちます。
しつこく・・・
だからヒマゴウさん (笑)

ズームを使わないので、
上の状態からトリミングしても綺麗です。

03cho.jpg

白に薄い黄色、
「夏の装い」とフェイスブックにはコメントしました。
posted by セキシュウ at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

薄めている

早いもので5月も半分が過ぎました。
何をやってたんだか・・・
は、冗談ですが、相も変わらずの日々、
これをどう表現するのか時々考えるのですが、
昨夜、斎藤敦子さんがカウンターに、
おしゃべりしているうち不意に口から言葉が出ました。
「薄めている」

斎藤さんが飲んだのは、白ワインなのですが、
通常のグラスワインではなく、
大きめのグラスに氷を入れ、
白ワイン三分の一、炭酸三分のニ、
つまり白ワインのソーダ割り、「スプリッツァー」というカクテルです。
普通は氷は入れないのですが、
入れても別におかしくない、
ただし入れるならグラスは大きめのタンブラー、
レモンサワーやジントニックなど作るのと同じサイズのほうが良いと思います。
あ、真面目な飲食の記事になってる (笑)

今日のテーマはそれではなく「薄めている」
僕の日々のこと、
これは我ながら良い言い方だと思いました。

ワインではあまり一般的ではないので、
例えば、ウイスキーとしましょう。

僕が今までで一番「濃い」と感じている時代は、
まず六本木のDJ、ショーの制作時代、
これは今も付き合いのある松本圭未と仕事していた20代前半です。
その次が会社経営時代、30代前半、
この二つは、まさにウイスキーをストレートで飲んでいた感じ、
その分、一本のボトルはすぐに空いてしまった、
すなわち、長くは続かなかった、
それに比べて今は、
「薄めている」
たっぷりの氷と、なみなみ注いだ炭酸で、
ウイスキーを薄めて、
それこそアルコール度数は3パーセントとか?
一本のボトルを15年かけてゆっくり飲んでいる・・・
斎藤さんもこの表現が面白かったようで、大笑いしていました。

毎日毎日が退屈なわけではありません。
いろいろ事は起きています。
新しいお客様も来れば、
急に来なくなるお客様もいる、
気を遣うことも多々あるし、
時間のかかる仕事も度々ある、
けれど、
ウイスキーをストレートで飲んでいた頃を思うと、
「今は、なんて心地よい日々だろう」と思うのです。

まあでも、こんなのも感覚的なことで、
人生、そろそろ終わり、という時になったら、
40才から始めたAMANEも、
長く長く続けたAMANEも、
ウイスキーのロックを飲んだように感じるかも知れませんね。
週末には開店15年を迎えます。

そうそう。
ウイスキーを炭酸で割ったのはご存知ハイボール、
今は飲み屋さんで主流のカクテルですが、
一時、メニューから消えました。
バブルの頃、ハイボールは古いイメージ、ダサい (笑) イメージになった、
それが見事復活したのは、
酒類業界の力もあるでしょうが、
流行は巡り巡る、繰り返すということでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

2か3か

今日は暑かった!
日差しも強く、昼間ほんの少し外に出ただけで、うっすら日焼けしたようです。
こんな暑い日はネコ一匹見当たらない・・・
ということで、
白々しく (笑)

先日の宿題の元画像。

01ts.jpg

フェイスブックでも吹き出しのコメントを、
いろいろ想像するのは楽しいですね。

しかし会話を邪魔するがごとく、

02ts.jpg

「おいおい」
「おれを忘れんなよ!」 (笑)

こちらも2匹、

03ts.jpg

と思うでしょうが、
実は、

04ts.jpg

「な〜んだ」 (笑)
2枚に色味の差がありますがお許しを。
スマホの自動設定です。

ベンチの上で、

05ts.jpg


同じ色の瞳。

一方、三匹。

06ts.jpg

金網の向こう、わかりますか?

07ts.jpg

「ありゃ、片方、目を瞑っている!」
じゃ、もう一回。

08ts.jpg

今度はばっちり!

09ts.jpg

おまけは、
チャーちゃん。

10ts.jpg

「げっ!」
「そんなところに〜〜」

11ts.jpg

「ちょっとちょっと!!」

12ts.jpg

このあと、どうなったかはナイショです (笑)
posted by セキシュウ at 19:36| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

アイシテル

昨日は母の日でしたが、特に何もなし、
僕の両親はそういうことにはあまり関心がない・・・はず (笑)
誕生日もおめでとうのメールかファックス程度です。

それよりも5月13日は、茂雄の誕生日です。
生きていれば56才、
だから周りの同級生たちも56才、
いよいよ還暦が見えてきましたかね?
こわいこわい (笑)

土曜日のライブの彼は31才とのことでした。
「若いなぁ」と横顔を眺めながら、
しかしよく考えてみたら、
僕が彼くらいの時はすでに店を何軒も経営、
従業員を大勢雇っていたのですから、
いかに無謀な、実力以上のことをしていたかです。

結局うまくいかず、
多方面に迷惑をかけながらも、
今、こうして図々しく店をやり、
一丁前なことを言っているのを、
時々我ながら恥ずかしく、よくもまあと呆れますが、
だからこそ、今こそ、何か役に立つように、
自分のこともあるけれど、人のことも、と考えているのです。

昨秋、あふネットのナオちゃんが僕に突然連絡を、
歌詞を書いたとのことでした。
サビの部分は友だちのヘルパーさんが、軽く曲もつけたと、
「なんとかこれを形にできたら!」

そこで僕が編曲するお手伝いをしたのです。
ついでに、弾き語りで動画サイトにアップ、
ただ曲の内容が若い子向き、
何しろタイトルが「アイシテル」 (笑)
若い歌い手を募集することになったのです。
そのことが、荒川区のボランティア誌に載りました。

aisi.jpg

「候補がひとり見つかりました」と昨日、
さて、どうなるでしょうね。
楽しみです。
もちろん編曲などの作業は全てボランティアです。

どんな曲か聴いてみたいですか?
オッサンが唄っててスミマセン (笑)



「アイシテル」 詞:Meina 曲:M_C 補曲:セキシュウ

騒がしい教室、あなたを見てることに気づき、ドキドキする。
だけど話もかけられない。となりにはあのコがいるから。
その横顔をうしろの席から眺めているだけ。
あなたはその事さえ気づいていない。

こんなスキになったこと初めて。もう我慢できないよ。

アイシテルって叫んでる、アイシテルって叫びたい、
ずっと、、、心が迷ってる、
アイシテルって伝えたい、アイシテルって届けたい、
もっと、心に秘めている、あなたに届け、
ラ ラララ、ラララ、ラララ、心がはじけそうだな、
ラララ、ラララ、ラララ、 心がはじけそうだ。


ある日偶然、あなたを見かけて ドキドキする。
だけど声もかけられない。友達とあのコもいるから。
ただ一緒に歩いてただけなのに、気になって仕方がない。
勇気なかったけど、告白してみた。

あなたも同じ気持ち。あのコも友達。早く言えばよかったよ。

アイシテルって言われたら、アイシテルって返すよ、
ずっと、、、あなたに届けたい、、、
アイシテルってキスされたい、アイシテルってキスしたい、、、
もっと、心に秘めていた、あなたが好きだ、、、
ラ ラララ、ラララ、ラララ、夢みたいだよ、
ラ ラララ、ラララ、ラララ、あなたの気持ち。
posted by セキシュウ at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

初ライブ

昨夜、10分しかなかった入れ替え準備時間は、
事前にドリームVさんに話していたこと、
次のライブ主催者と手伝いのスタッフ、「マネジャー」と呼んでましたが友人 (笑)
その二人にも、短時間のスタンバイを説明していたことで、
スムーズにトラブルなく20時10分に開場できました。

お客様はオール女子でオールヤング (笑)
特に迷うことなく初めての店へ、
今はスマホでナビもできるし電車の乗り継ぎもチェック、
とても便利になりましたが、
その分、ピンポイント、つまり周りは目に入らない、
十条の街を知ることはまずないと思います。
どうせ行くならと興味を持ったら別ですが・・・
始まる前に、空気を和らげようと、
「みなさん十条は初めてでしょうね?」と問いかけたら、
殆どの方が頷いていたように思います。

店内の様子、

01hi.JPG

AMANEでは珍しい客層 (笑)

ライブ内容については、
いろいろ感じたことはあるのですが、
彼の主催、僕はピアニストと会場スタッフという立場なので、
ここに書くことは控えます。
若い歌手、これからを目指すという意味でも、
あまり余計なことは吹聴しない方がいい、
もちろん彼自身には直接アドバイスしますけどね (笑)
今後も、この形を続けて行きたいと言ってましたから。

肝心の自分のピアノについては、
キーがBやD♭が多かったことで、
アドリブなど大胆に弾くことが出来ず不満だらけ (笑)
しかし、歌の伴奏という面では、
彼の表現にきちんと順応したのではと思っています。

僕の伴奏で唄ったことがある方ならおわかりでしょうが、
同じ箇所、同じフレーズでも、その時によって弾き方を変える、
激しく表現するところは激しく、
切なく表現するところは切なく、
それぞれタッチ、強弱を変え、表現を一層引き立たせるように弾いています。
それはきちんと決めてある場合と、そうでない場合があり、
昨夜はなし、
彼の歌唱をしっかり聴きながら、指を合わせていくという感じでした。

合わせるテクニックはいろいろあります。
耳だけではありません。
身体の動き、口の動き、空気感、
それら全てを読んで、ここというタイミングで弾く、
ピアノ一本なので、一番二番の弾き方を変えて面白さを出したり、
ペダルを踏む踏まない、
いろいろ工夫しているのですが、まあ、あまり聴こえていないのは承知の上 (笑)
結果的に歌手が映えれば、伴奏者はオッケーなのです。
これは少し前にも書きましたね。

彼を紹介した方から労いの言葉がありました。
譜面を作る作業、リハーサル、本番、
それに見合った収入があったかというと、はっきり言ってノーです。
ですが、その方にも言いましたが、
僕には「経験」という、自分を磨く素晴らしいものがもらえた、
これからの若い男性歌手を伴奏することで、
またひとつ、何かが備わったのではと思っています。

さわうた、店でのライブは、ほとんどが知っているお客様、知っている歌手、
今回はよく知らない歌手、初めてのお客様たち、
緊張はしませんでしたが、重圧は感じていました。

彼もそうでしょうね。
初めてのソロライブ、しかもピアノ生演奏です。
今まではカラオケ音源ばかりだったそうです。
それにしては、滞りなく終えた、声も良く出ていた、大したものです。
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする