2017年12月16日

平成も

昨日、実は本当は4コマを紹介するつもりでした。
が、その前の記事、
一昨日のブログがニャンコで、
「ありゃ、これじゃ続いちゃう・・・」

さわ通を見た方はご存知ですね (笑)
ニャンコを描いてしまったんです。
まあ、手抜きというか、
いつも手抜きですけど・・・(汗)
どうぞ。

さわごえ君第89話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

草原のこと

12月も半分が過ぎようとしています。
休みなしで働いてはいますが足取りが軽いのは、
新しいプロジェクト、ダンス草原がスタートしたからで、
いずれ形になってお披露目ができることを思うと、
今よりもっともっと頑張って、
ひとりでもお客様を、草原ファンを増やしたいと思う、
草原を知ってこそのダンス草原なのです。

度々JOさんと打ち合わせする中で、
僕の甘い考えに気づきました。
「ダンスを踊ることで草原が広がる・・・」
良い歌詞に気付いてくれるだろうとの高望みは、
全くのあまちゃん (笑)
世の中、ダンス向きの良い曲はうんとあるのです。
有名な曲が溢れている中、
どうして名もないアーティストが作った曲が広がるでしょう。

もちろん可能性はゼロではありません。
だからJOさんも音源作り、レコーディングに一から加わり、
河野さんには色々注文をつけ (笑)
圭未の声を若返らせたり、
僕の下手なラップを指導したり、
妥協は決してしない、
だがしかし、それは草原に限ったことではなく、
世の中に出て行くメジャーな曲は全てそうして、
さらにお金をかけていく、
普通に考えれば敵うはずがないのです。

話は変わりますが、
先日の青木FUKIさんのライブで、
次回、草原を唄ってくださることになったのは書きました。
そのことも、少し上記のことが関係していた、
つまり、元の草原をもっとアピールしなければ、
新しい草原は広がらない、注目されないということです。

FUKIさんとショーンさんのリハの途中でしたか、
ふとFUKIさんが、
「あまねさんは唄わないの?」と、
ショーンさんが唄うのに引き続き、話を振ってきたのです。
「いえいえ」
「私など」と謙遜、
「下手ですし」と付け加えたら、
「そう、下手なら唄わない方がいいわね」
まともな答え (笑)
いつもなら、このまま軽い冗談で終わるところなのですが、
「曲は作るんですよ」とさらりと言ってみたのです。
流されると思ってたのが、
「あら!」と興味を、
ならばとアカペラで、
「暖かい午後の 、日差し浴びながら・・・」と唄いました。
「素敵な曲ね!」
「ちゃんと聴いてみたいわ」
喰いついてきた! (笑)
すかさず、譜面をお二人に渡し、
今度はきちんとピアノに座って弾き語り、
お二人も一緒に唄ってくださいました。

「私だと、このキーだと高いわね」
「B♭かしら」

こうして、FUKIさんの次回の歌唱が決まったというわけです。
善は急げと、
1部のステージが終わった休憩時間、
草原の譜面をパソコンソフトでFUKIさんのキーに移調、
コンビニに走りプリントアウト、
10周年記念クリアファイルに入れて差し上げました。

10年間コツコツと、草原を唄うことでみなさんと心を共にし、
人と人との繋がりを重んじてきました。
ここにきて、少しその気持ちが緩んでいた、
「もういいか」
でも、今回ダンス草原を始めたことで、
「それではいけない」と気持ちが変わりました。
お金がないんですから、
アイデアと工夫、努力、辛抱、
それで行かなくっちゃ (笑)
まだまだ頑張ります。
posted by セキシュウ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

冬のにゃん

前略 (笑)
生にゃんGO!

まずは、先日カラスに挑んだ気の強いコ、

01yu.JPG

寒い朝、
「おはよう」

02yu.JPG

こんなところから、

03yu.JPG

気も強いけど器用だ (笑)

相方、
この気の強いコのお母さんですが、

04yu.JPG

「どうしてあんなコになったのかしら・・・」

小学校の裏、

05yu.JPG

うまく収まってます。

とある日曜日、

06yu.JPG

路地で遊ぶ子どもたち、

07yu.JPG

満月の日、

08yu.JPG

やっぱりヅラちゃん (笑)
最後はヅラで締めないと。

09yu.JPG

もう一丁!

10yu.JPG

ありがとうございました〜〜(笑)
posted by セキシュウ at 17:56| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

何もしない

3週連続出勤も、ようやく中日、折り返し地点辺りになってきました。
レコーディングがあったり、なんだかんだ忙しく、
今日の午後は久しぶりにゆっくりした感じ、
「とりあえず夜までやることがない」
それは嘘で、
やろうと思えば、内職の譜面制作、ゆるゆるの選曲チェック、
このブログもありますし (笑)
でも敢えて何もしないでノンビリしていました。
何もしない時間も大切です。

今夜はギタリストの加藤薫さんが来店、
置いてあったエフェクターを取りに来るのが目的でしたが、
せっかくだからと飲んでくださいました。
あれこれ話を、
その中で、グルーヴ、ノリの話に、
そこで出たのが、間、ほんのわずかな、
音符で言えば64分音符、128分音符など、
それがグルーヴを生み出すという話、
「カッコイイ」という感覚的なことは、
突き詰めればそこだろうという話です。
なんとなくわかりますか?

例えば、ひとつの同じ曲をいろいろなプレイヤーが弾く、
「あの人が弾くとカッコイイ」
「あの人はちょっと・・・」
正確に、譜面通りに弾いているのに、です。

音符というのは長さですから、間、でしょうね。
弾き始めと、次に弾くときの間、
歌も同じ、
発音したときから、次の発音まで、
ずっと唄っているときもあれば、途中で切って、
次に唄い出すときもある、その間隔、
4分間の曲なら4分間の間の使い方、
それが人によって違う、
さらに音色、強弱、
それで個性が生み出されているのでしょう。

今日の午後は、何もしないで間、
それも大切だというのがオチ (笑)
あんまり面白くなかったですね。
明日はこれまた久しぶりにニャンコ!行ってみます。
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

朝の公園

昨日はブログをだらだら書いてしまいました。
プロだらGO! (笑)

河野さんのレコーディングスタジオは12時入りでした。
「どうしようかなぁ・・・」
迷ったのは月曜恒例のバスケ、
12時入りするには、11時過ぎには自宅を出なければならない、
となると、公園へは9時前には着く感じ、
「朝、早いしなぁ・・・」
「たまには、ゆっくりしててもいいか」

ですが、バスケに行くことも考えて、
制作予定の4コマ、さわ通は日曜日の夜、
FUKIさんのライブの後、がんばって仕上げたのです。
「せっかく仕上げたんだから」
「やっぱり行こう!」
単純 (笑)

いつもは10時頃公園に着きます。
昨日は8時台、
「あれっ?」
「景色が違う」

光の具合でしょうか。
まだ朝の気配を存分に残しています。
「来て良かった!」
清々しい冬の朝、
鳥が啼いています。

バスケの様子を動画で撮りました。
短いですが、清々しさが伝わるでしょうか?


posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

FUKIさんライブ

日替わりで違うジャンルのことをやっているので、頭が混線中、
パソコンで言えば、いろいろなソフトの画面が開いている状態、
どうしても直近のものが頭に残っていて、今はラップ、
今日も午後からレコーディングでした。
最初に録ったものは、JOさんのイメージに掛け離れていて、
機械で直すかと思いきや、
「録り直しましょう」と、
ええっ!またやるの〜!
楽しんでます (笑)
結局、アクセント、フィーリングなど、
JOさんが手本を示したものを、僕が真似してやるという、
まあ、芝居のようなものです。
決して僕のセンスではないので要注意 (笑)
僕にそんなセンスはない、
真似くらいは出来ますけどね。

そんなことですから、さて昨日のライブのことを書こうとしたら、
かなり頭の中を巻き戻さないと無理、
写真を見ながら、
「そうそう」と光景を蘇らせています。

その前に、
生(ビール)ダラGO! (笑) やてふさんからコメント入りました。
それから今日、スタジオ入りする前、
新宿駅で小島さんにバッタリ、
JR新宿駅は小島さんの職場には違いないのですが、
いや〜、あの広い新宿駅で会いますか?
十条駅ならともかく (笑)
ちょうどJRから丸の内線に乗り換える階段、
上から僕、下から小島さん、
気付いたのは上からの僕で、
「小島さん!」と言ったら「おおお」といつもの顔で (笑)
お昼どきですし、なんとなく会う予感がしていたので、
辺りを注意していたのです。
やったね!
だからどうなるわけでもないけど、おもしろけりゃいい!

おっとライブライブ (汗)

01fuki.jpg

開店時間前から行列です。
何分前?
15分前とか?
天気が良くて何より、これが雨や雪だったら悲惨です。

いろいろなイベントが重なってしまい、
集客が心配されましたが、
蓋を開けてみれば29名、良かったです。

02fuki.jpg

FUKIさんは前半を赤い衣装、後半を黒とメリハリを、
歌も一つ一つ声質を変えるというこだわりよう、
終わった後の雑談で、
「だって、そうしないとお客様が・・・」
同じ曲でも歌い方を毎回変えるのだそうです。
いかにお客様を楽しませようと意識しているかがわかる、
これこそがプロ意識でしょう。

ピアノは息の合ったショーン星野さん、
名前は知ってましたが会ったことはない、
どんな方かと思ったら、
なんというか、おっとりと、ちょっとオタク系 (笑)
でも、放つものが似ていると思ったら、年が近かった!
あ、でもそれは内緒でしたっけ (笑)
直ぐに親しくなりました。
そのうち機会があったら何かオファーしてみたい方です。
斎藤敦子さんとは違う面白さがある、
ピアノは飄々と弾くタイプ、ピアノでは頼りになる感じ、
それ以外はどうでしょう、
「この辺に100均ありますか?」
「どうしたんですか?」
「ハンドタオル忘れて」
ふーん、ハンドタオルね、結構な荷物持ってたわりに・・・
芸術家に多いタイプ、とでも言いましょうか (笑)

04fuki.jpg

リハーサル前の打ち合わせ。
こんな写真はそうは撮れないと思います。
快く応じてくださり感謝、
アコナイもそうですが、
演じる方も観る方も、気持ちよく心地良く時間を過ごせること、
それが一番肝心です。

社交辞令も少しはあるでしょうが、
「あまねさん、このお店は本当に集中して唄えるわ」とFUKIさん、
店の構え、お客様の質が良いということだと思います。

終わって記念写真。

03fuki.jpg

全員入らない (笑)

また来年、暖かくなったら企画することになりました。
そのときは、
なんと、草原を唄ってくださることになったのですが、
その経緯はまた別の機会に書きますね。
長くなりましたし・・・

ありがとうございました。
溢れるパワーに声の七変化、
間のお話では、笑いが絶えませんでした。
今回初めてご覧の方は、次もきっといらっしゃるでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:52| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

アコナイ20

昨夜はアコナイで洋楽、
今日はガラッと変わってシャンソン、
シャンソンと言っても日本語歌詞です。
ご存知ない方は、
「シャンソンだからフランス語でしょ?」と、
いえいえ、今、日本で主流は日本語訳詞によるシャンソン、
水織ゆみさんがご自身で訳詞しているのは、業界で有名な話です。

さて、昨夜のアコナイ、
「何回目でしたっけ?」とやてふさん、
「20回です」
席から、
「おお、それは記念すべき!」
そうですね、たまたま20回目が今年の締めに、
忘年会を兼ねて催されました。
お客様には、矢崎さんも、
出演陣は、お当番経験のある面々、
Tedさん、Momokoさん、Nekoさん改め、ねむりの森のNekoさん、
どなたも素晴らしい演奏、
やてふさんが温泉と仰ってましたが、
音のお風呂に、音浴しているような心地良さでした。
洋楽でも、しっとり系が多かったせいもあるでしょう。

トリのご夫婦デュオ、エリックオカダ&どん☆naOmiさんは、
本当に仲良し夫婦で微笑ましい限り、
奥様の方は、ギター、ピアニカ、シェーカーと各種楽器を、
ご主人の歌にハモりまで、
おまけに車の運転、いつもは飲めないご主人のサポート、
たくさん飲んでいただきました。
ま、やてふさんには、かないませんけど (笑)
生中、12杯!
その他2回目参加の泉谷たけしさんは、
なんとU2を、懐かしかった、
まさに青春時代というか、ディスコで働いていた頃の曲で、
いろいろな曲を味わえるのもアコナイの魅力です。
ご新規の得能さん、
「得さんと呼んでください」と親しみやすい方、
途中途中、入れ替わりのお手伝いをしてくださるあたり、
初めてとは思えないお気遣い、
Nekoさんの知り合いですが、良い方を紹介してくださいました。
1月のお当番、岸ヒロユキさんもNekoさん繋がりですね。
そのNekoさんを呼んだのがアンビルマンさんで、
アンビルマンさんを呼んだのがやてふさん、
こうしてアコナイは広がってきたのです。

01nama.jpg

最後は円陣を組みました。
アコナイGO!で締めるはずが、
「生ダラGO!」
なんですか、それ?
「生でダラダラやらせて」
たしかに昨夜は生演奏、生ビールでダラダラやってましたかね (笑)

02nama.jpg

1年間ありがとうございます。
ひと月も欠けることなく開催出来ました。
来年もよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 17:58| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

おにぎり

今日はアコナイ、その前にふりうた、
待ったなしで営業しています。
夕食はおにぎり・・・とか (笑)

そう、アコナイと言えば蒲田屋さんのおにぎり、

ako.jpg

Tedさんが取ったのはマグロカツ、
その他、なすミソ、トリ天マヨネーズ、たらこ、カキフライ、
Momokoさんがいの一番に取ったのがカキフライ、
それもおかわりでまたカキフライを取るという (笑)
よっぽど美味しかったのでしょう。

やてふさんはハイピッチで生ビール、
セカンドステージが始まって、
「気持ちよくなってきた」
「このまま温泉でも入りたい」と、
そう言えば隣の隣、今の駐車場が銭湯だったと思い出しました。

今夜は基本ビートルズ、洋楽縛りです。
が、多少逸れてもよし、
「ダラダラと」とやてふさん、詳しくは明日にでも・・・
さて、仕事します。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

ギターで

3週間ノンストップ営業もまだ序盤戦、
全休はクリスマスイヴまでありません。
おまけに、草原の新しいプロジェクトを始めたものですから、
そちらにも注力を、
今日のふりうたのお客様からは、
「くれぐれも身体には気をつけて」
「無理をしないように」と数名から言われ、
まるで僕の性格を熟知しているかのよう (笑)
そう、そんなタイプです。

言い訳は、
「新しいことを始めるときは、動き出すのに力が必要」
車のギア、ロウのことを例に出します。
動き出して勢いに乗れば、そんなにエネルギーは使わない、最初が肝心です。
これは、何軒も店を立ち上げた経験、
新しい企画をスタートした経験から、
AMANEで言えば、 店の開店、さわうた、ふりうた、イベント各種、
草原キャンペーンもそうでした。
あちこちに出向き、唄い、認定証を発行し、
店のお客様とは八ヶ岳まで日帰りバスツアー、
マラソン大会で歌ったりと、あの時のパワーたるや計り知れません。

今回はあの時と状況が違います。
10年唄い続けた間に、いろいろなネットワークができました。
JOさんともその内の一つ、
河野さんなんかもそう、
そのネットワークを駆使して、新しいプロジェクトを進めていくのです。
草原に多くの方が関わってきました。

昨夜の営業は、まさにその集まりのような営業、
今月17日にプライベートライブをする方、
ピアニストの斎藤敦子さんにお連れ様、
秀樹くんと職場の若い二人、
それに矢崎さんに水織ゆみさん、
みなさん、草原を知っています。
知らないのは秀樹くんのお連れ様でしたが、
そこは草原宣伝大使の秀樹くん (笑)
しっかり二人の前で唄って紹介してくれました。
その伴奏が豪華、
ピアノはもちろん斎藤敦子さん、僕はアコーディオン、
さらに、

01sou.jpg

なんと!
矢崎さんとゆみさんはギター、これはもう、
あり得ない組み合わせ (笑)

もともとは、矢崎さんが草原をフォーク調で唄ってみたいと、
ギターを取り出したのが始まり、
「私も1万人のひとりとして・・・」
ありがたい限りです。
一緒にギターを持っていらしたゆみさんに、
「ハモって欲しいんですよね」と、
ノリのいいゆみさん、 なんでもやっちゃう (笑)
改めて、
「あら、あまねさんの草原、いい曲ね〜」
何を今更 (大笑)
ギターを弾きながらですから、心地良く唄えたのでしょう。

ひと段落したところに、
タイミングよく秀樹くんたちが入ってきたという話です。
こういうのも、何かの力なんでしょうね。
今の草原、これからの草原。
全力投球です。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

今年も終わる

店のガラスブロックとブロックの隙間から、
草が生えていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
ヒゲちゃんやヅラちゃんと写っていたこともあります。

それが、先日・・・

02kusa.jpg

いなくなっていました。
なんとなく気にはかけ、
萎れたら水を上げてたりしたのですが、
よその人から見れば、単なる雑草、
きっと、お世話よろしく抜いてしまったのでしょう。
仕方ない・・・
まさか「育ててます」なんて貼り紙できないし (笑)

01kusa.jpg

ふと歌詞が浮かんだので、
またまた悪癖、
今月に入って作った小曲です。



「今年も終わる」

気がついたらむしられていた小さな生命に
キミは時々水をやってたこと誰も知らないだろうね
けれど心の中でいつかは必ず消えると信じてた
なぜならその日が突然来るのが怖かったからさ

家をなくしたネコが無造作に捨てられた白い袋を漁る
キミを見てニャァと鳴いた 今年も終わる

屋根の上のカラスが自転車の篭の中の白い袋を狙う
キミを見てカァと啼いた 今年も終わる
posted by セキシュウ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする