2017年11月23日

アコナイ2つ

昨日、昼はそれなりに計算が、と書きましたが、
その油断が今朝のさわうた、
祝日、しかも入店時の荒天、お客様が・・・
いつものレギュラーの方々が4名お休み、
結局ギリギリ二桁、10名でした。
後半から参加の男性も見えず、
久しぶりに席がスッカスカ (笑)
まぁ、こんな日もあるのだから、大入りの日もある、
浮き沈みは商売をやっている限り避けられません。

午後からは休み、ゆっくりしています。
なんとなく日曜日のような気になり、
「明日、バスケに行くかな〜」なんて、
いやいや、明日は朝からふりうた、明後日も、そして日曜日はアコナイ、
初の昼開催です。

お当番の地味綾部さん、ivrogneさんがフライヤーを。

aco01.jpg

ネコ ネコ ネコ (笑)
赤い文字に注目。

第19回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/11/26(日)開場13:30〜 開演14:00〜
出演 : 地味綾部 ivrogne (お当番) ウクレレ亭ロータ 黒田康嗣 コウタ 
U&l(New) 佐々木こずえ(New) East&West (New)
中村卓也(New) Hiro Takada(New)


新しい方もたくさん!

続いて、12月のも。
こちらは、やてふさん作。

aco02.jpg

第20回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/12/9(土)開場17:30〜 開演18:00〜
出演 : やてふ Ted (お当番) Momoko ねむりの森のNeko 泉谷たけし
エリック オカダ どん☆naOmi(New) 得能(New) Johnichi Kudo(New)


いつもありがとうございます。
2017年のアコナイはこれにて。
来年は、1月に岸ヒロユキさんお当番、2月に行志堂さん、3月は桃の節句ですから・・・(笑)
順調に開催出来そうで、ありがたい限りです。
posted by セキシュウ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

邂逅

土日とライブが続いた後は、月曜日から一般営業、
昼、夜と通常通り仕事しています。
昨日、一昨日と、夜は早い時間からお客様が、
今夜も予約、良い調子!(笑)
昼はそれなりに計算が立つのですが、夜は未知数、
少しでも稼げるとき稼ぐが口癖になっています。

昨日は久しぶりにシャンソン歌手のやまざきれいこさんが、
顔見知りのお友達といらっしゃいました。
二人して来店したのは何年ぶりか、
それこそ草原を作った頃以来、ひょっとして10年くらい経っていたかも知れません。
れいこさんはブログをお読みのようで、
「あまねさんはいつまでも姿勢を変えないわね」と、
ブログの中から僕を見てくださっていて、有り難い限り、
さらに、姿勢を変えないというコメントも嬉しいところです。
草原、という曲のせいもあるでしょう。
歌詞=自分、というのはやはり少なからずある、
そうでない、ふざけた曲、歌詞も多々ありますが (笑)
昨夜れいこさんは僕の伴奏で草原も唄ってくださり、
その譜面は、ピアニストの豊倉香織さんがアレンジしたもの、
久しぶりに豊倉さんの字を見ました。
こんなのも楽しいところ。

この場にいたのがもうひと組、
草原を朗読した内田真弓さんだったのも、偶然と言えば偶然、
店を長くやっていると、お客様同士の邂逅を見ることが出来る、
これまた10年ぶりくらいの再会を喜ばれていました。
店が数年で潰れてしまえば、
こんなことはまずあり得ない、
そう言えば真弓さんは土曜日の小島さん、矢崎さんのライブにも、
水織さんや、さわうたのお客様との再会もあり、とても和やかな雰囲気でしたね。
こういうのを見るのが、
店を粘って続けてきたご褒美だと僕は思っています。

一昨日、月曜日は全く違うパターンで、
オトコばかり (笑)
途中から、居合わせた3名でカラオケタイムに、
一人は最近の常連さん、
あとの二人は少し前からの常連さんで、ときどき団体でいらっしゃる方、
お互い初めて会ったのですが、年齢も近いこともあり、
キャンディーズやピンクレディーが飛び出して (笑)
おもしろい営業でした。
昨今、中高年のカラオケ需要の低さが話題になり、
その魅力も薄れているとは言いますが、
いやいや、それでも、知らない者同士のコミュニケーションにカラオケはベスト、
下手に社会情勢など話さない方が、気持ちよくお酒が飲めるのです。

カラオケタイムが始まる前、
もう一人、常連の男性がいらしてたのですが、
その方がこんなことを言ってましたね。
「会社で偉くなったら、自分の思うようになんて殆ど出来ない」
「ストレスの塊だ」
「高い給料は、その我慢代」

僕の同級生などは、
店の年間売り上げよりも高い年収を貰っていると思います。
我慢代かどうかはわかりませんが、
僕みたいに好き勝手は出来ないでしょうね。
昼間ふらふらネコ撮ったり、夜な夜なピアノ弾いて曲作ったり、
僕の場合、
「偉くない分、自由の塊」でしょうか?
自由と無責任は違います。
さて今夜もがんばりましょう。
posted by セキシュウ at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

白鳥ライブ

今日も寒い、日差しはあるのですが風が冷たく、
こんな日を喜んでいるのは、
冬の好きなペンギン、ホッキョクグマ、アザラシ・・・
それに白鳥!
と、無理矢理持って行きましたが (笑)

今年も壁面が、

01ha.JPG

白鳥の写真で飾られました。
去年に引き続きなので、段取りはよく、
下準備はもちろんあったのでしょうが、
ディスプレイ作業は2時間、
前の晩、ライブをやった矢崎さんも見えたのですが、
「おぉ、よく飾ったね」と、
打ち上げ後みなさんがお帰りになるときは壁は真っ白、
矢崎さんが証人 (笑)

カウンターの上には、

02ha.JPG

芳名帳の他、ロシアにまつわるもの、スイスのチョコレート、
ピアノの上には花束も飾られました。
愛知県の友人から届いたそうです。

去年、初回は、まさにビギナーズラック、
座れきれないほどの大人数、
古川さんの職場関係の方も大勢いらっしゃり、
ピアノの後ろに席を設けるなどてんやわんやでしたが、
今年は2回目ともあり、ゆったりと、

03ha.JPG

19名。
ライブをじっくり楽しむには、
これくらいの人数の方が好ましいでしょう。

古川さんは、小島さんや行志堂さん、やてふさんと同じく仕事をしていて、
いわば社会人音楽家、
こういう会に、二桁の集客が出来るのは大したものだと思います。
しかも、前回ライブにいらした方が古川さん側で3名、店側で3名、
ほか13名は新しくですから、店にとっては有り難い限り、
いろんな方にAMANEの存在を知って貰うのは、当然ながら大切なことで、
他のライブや、アコナイも、その役割を持っているのです。

秀樹君が撮ってくれた正面からの写真。

04ha.jpg

ロシアの衣装を身にまとい、全8曲、
ミニライブと称しましたが、なかなかどうして、
本人は「あっという間だった」と言ってましたけれど、
演奏はとても濃い内容、もう2曲くらい足せば、2ステージも可能な感じでした。
ロシア語、日本語で唄うところが独特で、
聴いたことのない言語、
1曲が2つの楽器で奏でられる風合いなのです。

05ha.JPG

古川さんとご縁を作ってくださった、
駒込の先生が角に座り、
同じく歌の先生で、今夏他界した先生の話を僕から、
去年はこの場所にいらしたのです。

人の出逢いは不思議です。
あとから思い直すと、仕組まれていたと言っても良いかも知れません。
草原をロシア語で唄うなんて、
仕組まれた出逢いがなければ、まず不可能です。
そしてもう一つ、
それをやってみようという心、魂がなければ・・・

06ha.JPG

2日続けてのライブは無事終演、
24時間で50名以上の方が来店しました。
終わりは新しい始まり、
また次へ!
ありがとうございました。
posted by セキシュウ at 18:06| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

シッポ

今日は寒かった、
日中も気温が上がらず10℃くらいだったとか・・・
それでも午前中はバスケ、
休む理由がないですからね (笑)

さてブログですが、本来、小島矢崎ライブ翌日、
白鳥写真展ミニライブの記事の番なのですが、
ライブが続くので一息・・・
と言えば、
ニャン (笑)
今回はシッポです。

01si.jpg

駐車場のコ。

02si.jpg

だれかわかりますね?

03si.jpg

近いよ (笑)

次は、

04si.jpg

これもわかりますね。

05si.jpg

ヒゲちゃん。

ヒゲちゃんが来たら、

06si.jpg

ヅラ。

08si.jpg

なんちゅう顔 (笑)

決め顔。

07si.jpg

シッポは、
前回のにゃんこ記事のトップ写真でどうぞ。
縞々です。
posted by セキシュウ at 21:33| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

続小島矢崎ライブ

ライブ本編に行く前に・・・
ranaさん、やてふさんからコメントが入りました。
やてふさんのだめ押し (笑) ranaさんはおまわりさんとの出来事、
やてふさんも今度はおまわりさんとの出来事、お願いします!
もし僕に何かあったら、身元引受人になってくださる約束をしましたしね (笑)

小島かおるさんのライブは、
前はやてふさん、行志堂さん、チャーリーさんのハイ・ブースターズ、
愛称ハイブスさんとのジョイント、
今回は、王子のジェントルマン矢崎道治、ステージネーム、ガッチャン矢崎さんとでした。

01ko.JPG

でかでかと「ゲスト有り」は水織ゆみさんで、
そのことは昨日の記事で、
ギターを弾く姿も様になっています。
さすが大衆演芸 (笑)

02ko.JPG

満席、補助椅子出しての状況は、本当にありがたい限り、
帰り際、矢崎さんからライブの総括を求められ、
「大入りで良かった、おかげさまで儲けさせて頂き・・・」と言ったら、
「そうじゃなくて、演奏面は?」と、
それは僕が言うべきことでなく、
ご覧になったお客様方が感じること、そのうち僕の耳にも入ってくるでしょう。
それに、水織さんからもいろいろアドバイスされたようですし、
ぜひ精進して、次回に、アコナイに、活かして頂きたいです。

お二人とも、緊張はあったのでしょうが、実にステージ慣れしていました。

まずは小島さん。

03ko.jpg

写真は、小島さんのデジカメより (笑)
僕が撮って、小島さんがフェイスブックに投稿したものを拝借しました。

生ビールは、小島さんが飲んでいるのではなく、
若いカップルのもの、美味しそう!
小島さんの曲には、歌詞に「ビール」も出てくるので狙ってみました。
庶民的な、等身大な歌詞に、
心地よいカントリーフォークの温もりあるメロディーが魅力、
斎藤敦子さんのピアノがラスト2曲を盛り上げて、

04ko.jpg

品のある斎藤さんのピアノは、
プチコーラス、プチボイトレ、各種ライブ、一般営業と長年演奏、
聴きなれていてとても安心、ほっとします。

20名のファンが駆けつけた矢崎さん、

05ko.jpg

演奏面、うん、良かった!
一番は、感極まったことで、
オリジナル「インジゴブルーの空」の語りの場面、
65年生きてきて、いろいろなものがこみ上げてきたのでしょう、
人間味溢れていて最高でした。

実は、この語りのところ、
以前は矢崎さんがギターを弾きながらだったのを、
「ピアノだけにしてはいかがですか?」と僕がアドバイス、
小さく、ソフトに弾いたことで、語りが際立つようになり、
たぶんですが、それが矢崎さん自身にも跳ね返り、
心に届いたのだと思います。
終わったあとの、一瞬の静寂、「うーん」と低い息を吐き出すような声、
これこそがこの曲の紛れもない評価だと思います。

その他、自転車三角乗り、
これはやてふさんも大好きでしたっけ (笑)
フィナーレの「さよなら」、こちらは北とぴあでの再演、
スリーギターで豪華でした。
ゆみさんも飛び入りで1曲、シャンソンじゃなく、中島みゆきさんのナンバーから、
このあたりは、機転プラスゆみさんの引き出しの多さ、経験故ですね。

終わってメンバーだけの打ち上げ。

06ko.jpg

小島さんのお寿司や焼き鳥の差し入れ、
ゆみさんの手料理、満腹でした。

大勢のご来店、ありがとうございます。
演者のみなさまおつかれさまでした。
小島さん、矢崎さんのさらなるステップアップに期待です。
posted by セキシュウ at 21:27| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

小島矢崎ライブ

今夜は、外は寒いのですが、店内は冷房!
いや、冷房を入れてくださいとお客様から、
ちょっとそれは寒がりの方にはどうかなので、
丁重にお断りしましたが、
入れてもおかしくないくらいの熱気です。
30名を超えた!!
ありがとうございます。
おかげで忙しい、
なので、本編は後日。

リハの写真を、

yazaki.jpg

水織さん、小島さん、矢崎さん、
楽しそうです。

元々、水織さんが矢崎さんの「平和」というオリジナルを聴き、
うちの店のライブでゲストとして出演をお願いしたのが、
ご縁の始まりです。
音楽の繋がりは果てしない、
これからもその可能性に賭けてみたいです。
店をやる限り・・・
ですね。
posted by セキシュウ at 21:15| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

おまわりさんに

2日連続ライブの週末がやって来ました。
天気は上々、
明日の日中は雨のようですが、ライブは夜、
開場の18時30分には多分上がっているでしょう。
小島さんと矢崎さんの初のジョイントライブ、
矢崎さんが大勢にお声掛けしてくださり、
自らチケットを作り券売、
15枚売れ、さらに数名予約ありとか、
これに小島さん、店のお客様と加われば、満席は間違いありません。
良かった!
小島さんのコーナーでは、久しぶりに斎藤敦子さんのピアノが、
矢崎さんのコーナーでは水織さんのギター、歌が、
僕もピアノを少々、
開演19時、小島さん、矢崎さんの順に登場し22時前には終演する予定です。
あんまり遅くなるのもよろしくない (笑)
遠方からの方、お年を召した方、
そうでなくても最近は夜の終わりは早い、
やっている店も少なくなりました。
若い子が集まる街は違いますけどね。

少し前の話ですが、
深夜2時頃でしたか、
自転車で帰宅中、おまわりさんに呼び止められました。
怪しかった? (笑)
状況は、歩道を走っていて、先の方に自転車のおまわりさん、
僕が右の細い路地にすっと曲がったら追いかけて来たのです。
多分ですが、
おまわりさんを避けた、と思ったのでしょう。
僕は単なる帰路、抜け道です。
「すいませーん」
「はい?」
「ちょっとよろしいですか?」
「何か?」
「こちらの自転車・・・」

これはきっと、おまわりさんのトークマニュアルなんでしょうね。
この時点で、おかしな言動をとったら、
挙動不審だったら、突っ込んで聞いていくのでしょう。
もちろん僕はそうじゃないし (笑)
自転車も、自分のものです。
こちらから尋ねてみました。

「怪しく見えますか?」
「いえいえ」と笑いながら首を振って全否定するおまわりさん、
そりゃ、そう答えるしかないですよね。
このことを、フェイスブックに投稿したら、
やてふさんが「怪しかったんでしょ…」と。
はい (笑)

その後、お決まりの、自転車が盗難でないか調べる、
僕の自転車の防犯登録は薄くなって番号が読めない、
どうするのかと思っていたら、
サドルの真下、前輪と後輪の間に打刻してある英数字を、
無線で伝えていたのです。
「車体番号」というのがある・・・
知らなかった!

車体.jpg

届け出のあった盗難自転車の場合、
この車体番号で引っかかるシステムになっていると、
おまわりさんが教えてくれました。
僕のオンボロ自転車なら、盗まれても仕方ないと諦めますが、
高級な、ロードバイクなどならウン十万 (笑)
被害届けは必ず出すでしょう。
ネットで調べてみたら、
それらの高級自転車は、バラして、車体番号を削って売買されるのだとか、
まあ、なんと! な世の中です。
おまわりさんのおかげで、知らない世界を垣間見た気がしました。
posted by セキシュウ at 21:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

一日一日と寒くなっていきます。
もう本当に冬なんだなぁ・・・と。

そんな当たり前のことが今回の4コマに。
手抜きと言えば手抜きですが。
2コマ目の柿は、
なぜか柿の木もないのに落ちていた?
誰も拾わない?
今年は柿が豊作で、処分しなくてはならなかったのニュース、
その意も含んで描いてみました。

本当は、絵の説明、種明かしみたいなのはタブーなんですけど、
お許しを (笑)

さわごえ君第88話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

サービス

もう今日で11月も半分終わりです。
なんとなく街が、人が落ち着かない感じが、
自分自身がそうだからかも知れませんが、
そんな気がします。

朝の出勤では、8時台を過ぎた歩道に人はまばら、
けれど通りは店のかなり先から渋滞、
先とは踏切の反対方向、
そう、踏切で長い渋滞が出来ているのです。
500メートルくらいか、
ちなみに店は踏切から300メートルです。
これが、さわうたが始まる10時過ぎにはすっかり消え、車もまばら、
一体あれは何だったのかのよう、
うちの営業にもよく似ているのです。

今日のさわうたは、昨日のマイナス5名を一気に取り戻す、
23名、ずばり目標値にプラス5でした。
日々、こんな細かいことを書いていると、
読む方はイヤになるでしょうが、斜め読みでどうぞ (笑)
歌唱スタートはややおくれましたが、
休憩中のドリンクサービスは順調、
かなり気合いを入れてやったのは、
お客様の前で自画自賛したから・・・
「23名、46杯のドリンクを一人で手際よく出せる人間って」
「そうはいませんよー!」
などと (笑)

そう吹いておいて、あたふた、
どなたかのを間違えたり、忘れたりしたら、お笑いです。
サービスは、音を立てず、しなやかに、
品良く給仕することも大切で、
急いでいるからといって、ひったくるように下げたり、
グラスの縁を持ったり、
トレンチに乗せるときカチャカチャ言わせてはいけません。
ファミレスなどはお構いなしですが (笑)
ホテルのレストラン、バンケット、高級レストランなどでは、
それらは基本中の基本です。

よくお客様から「食べませんか」と、
お菓子など少量勧められますが、
「後で頂きます」と、その場で食べることを遠慮します。
これも、サービスをする人間としては至極当たり前なことで、
中には、
「なに遠慮しているのか、すぐ食べればいいのに」と思う方もいらっしゃるか、
ですが、ドリンクを飲むのとは違い、
口をモゴモゴ動かして接客するのは、決して品の良いものではありません。

ひとりでやっているので、
だらしなく、ルーズにやることも出来ます。
物を食べながらでも別に誰も怒らないでしょう。
でも、そこはこだわり、
しっかり良いか悪いか考えて行動するようにしています。
それが飲食店経営者としての責任でもあります。
posted by セキシュウ at 20:50| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

お客様は

今朝のさわうたのお客様が、
「秋がないわね」と、
たしかにみなさんの格好は冬の装い、
爽やかで一番気持ちの良い季節のはずの秋が短く、
「秋物、着る暇がない」と嘆いていらっしゃいました。
追い討ちをかけるかのように、ある方が、
「本当は日本は四季があるのに」
「これじゃ二季ね」と、
なかなか愉快なことを言う (笑)
いや、笑ってられないか・・・

今日のさわうたは穴日でした。
13名、火曜日は2週連続20名超えしていましたから、
やはり水商売、こういう落ちる日もあるのです。
平均18名目標にマイナス5名は大きい、
積み上げるのは難しいけれど崩すのは簡単、
信用、人気などとよく似ています。
ですが、だから面白いわけで、
また明日頑張ろうと思うのでしょう。

午後からのプチシャンソンも今日は少なめで11名、
これも流れです。
前月は午後5時過ぎに終わったのですが、
今日は4時30分頃、
「あれ、もう終わった・・・」と思った方もいらっしゃるでしょう。
人間の感覚って不思議。
少し前までは10名前後で、終了時間もこのくらいでした。
さわうたも、15名前後が長かった、
それがここ最近、17名、18名と増えてきて、
もうそれが普通の感覚になっているのです。

これを称して、
「人間は贅沢に慣れてしまうと・・・」とよく笑うのですが、
本当にそう、
今日みたいな日があると、
「何か、お客様に嫌な思いをさせてしまったか?」と、
心当たりを探してしまう、
気の小さいオトコ (笑)
そのくせ、ポーカーフェイスを無理して作っているのです。

ライブをいろいろ仕掛けていますが、
どれもそこそこの集まり具合、予約完売の声はありません。
12月、鳴り物入りで決めた青木FUKIさんも、
悪くはありませんが予約が今ひとつなのは、
年末、行事が重なってしまったせいもあります。
そのことを、プチシャンソンに参加した方と案じていたら、
察した、最近のメンバーの方が、
「私が宣伝しましょうか?」と、
意外なお申し出、嬉しかったです。

水織さんにしても米田さんにしても日野さんにしても、
そして今回のFUKIさんにしても、
シャンソン専門店でないうちの店、業界では名も知れていない店に、
喜んで出演してくださるのは、
一にも二にもお客様が大勢入るからだと思います。
うちとしても、それで売り上げが立つ、
イベントととして成立する、
大木さんとの出会いのような、広がりも生まれる、まさに相乗効果です。

お客様が一肌 脱いでくださっているので何とかなっている、
これが実のところでしょう。
「お客様は神様」とはよく言ったもので、
昔はそれを、
お客様をヨイショする、お客様に媚びへつらう言葉と思っていたのが、
最近になってやっと気づいた、
お客様に感謝する言葉だと・・・
ちょっと遅過ぎましたかね (笑)
posted by セキシュウ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする