2014年10月31日

ニューペインティング

10月の終わりは薄曇りの金曜日でした。
朝には霧雨が、
「この程度なら」と自転車で出勤、
いよいよ降るのかと思いきや、日が差してきて、
「あれ、変な天気・・・」
けれどそれも午前中の1時間程度、
以降はずっと曇り、
夕方帰る頃にはまたポツポツと降りました。
ずっと店の中なのですが、
外の様子はお客様が知らせてくれます。
「降ってますか ?」
「今はまだ」
みなさん、そう仰いました。

毎日のように歌を聴き、ピアノを弾き、
メロディーを感じ、歌詞を読む、
時にネットの動画サイトや、CDや、録音データで原曲を聴く、
楽譜にする、資料にする、
その繰り返しは、
一体、自分に何をもたらしているんだろうと思います。
音楽の知識 ?
ピアノ伴奏の技術 ?
いやいや、
それより何より、これで食べているのなら、
利益 ?

長時間労働の金曜・土曜の営業が終わると、
頭の中で音楽が鳴り止まない中、
ふと、そんな疑問が湧いてきます。
以前は滅多に見ることのなかった、
「リアルな夢」
店でピアノを弾いていたり、
歌を指導していたりする現実的な夢も、
最近よく見るようになりました。
かなり、生活に食い込んできている ??

20代のころ、
働いていた店の先輩から、こんな話を聞きました。
彼は画家を目指していたのですが、
ある時、自分の作品が、有名画商の目にとまり、
個展を開くことになりました。
画廊は日本では東京と名古屋にあり、
彼の記念すべき初の個展は、名古屋で行われることになり、
「関君、一緒に行かないか ?」と誘われ、
車で二人で出かけたのです。
その頃から付き合いが良かった (笑)

車中、彼が画商のことを話してくれました。
「アキライケダさんは (画商の名前) 」
「ニューヨークで日々、絵の買い付けをする時以外は」
「田舎の」
「海の見える」
「何もないところで暮らしているんだよ」

当時、ジャン・ミッシエル・バスキアや、キース・ヘリングなど、
ニューペインティングが脚光を浴びていて、
アキライケダさんは、それらの作品を、
都会のコンクリートジャングルの中で探し求めていた、
その目を労るためか、
あるいは養うためか、
それ以外のときは、自然の中で暮らしていた・・・

その頃の僕は、
汚れた都会に憧れていた時代。
自らも汚れてみたいと思っていた時代。
彼から聞いた、
アキライケダさんの生き方に何の興味もなかったのですが、
今は、少しわかるような気がします。
やっていることは、
「ニューペインティング」ほど過激ではありませんが (笑)
日々音の洪水の中でもまれていることは確かです。
音のない世界もたまには必要かと思うのですが・・・
しばらくは無理でしょうね。
posted by セキシュウ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

主人公たち

今週は安定した天気、
けれど夜になるとずいぶん冷える、
それもそのはず、10月ももう終わりです。

昼間はポカポカ、
歩道を歩いていたら、

yasou.jpg

街路樹の植え込みのところに、
ブワッと咲いていました。

「こんなところに」
「何で ?」

駐車場の持ち主が、販促よろしく植えたのか・・・
まさか (笑)

写真だと、ずいぶん派手に見えますが、
実際歩いてみると、目にとまるようなものでもありません。
第一、下を見ながら歩いている人なんて、
少ないでしょう。
一部の人は前すら見ない、
手元のスマホばかり・・・とか (笑)

僕が、こうした野草を見るのは、
もちろん「草原」の作者であるからで、
曲の中の主人公がどうしているのか、
ときどき気になるからです。
どんな場所で、
どんな姿で、
何を想っているか・・・

では、この主人公たちは ?

yasou2.jpg

うん。
きっと、こう想っているはず。

「がんばれよ !」
「待ってるよ !」

誰にそう想っているか、
みなさんなら、
もうわかりますね。
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

徒労と褒美

「立て続けに」は、客商売稼業よくあることで、
昨夜も同級生が、
これまた最近仲良くなった男性がカウンターに座りました。
一昨日とは逆のパターンで、
先客の4人組は楽しそうに飲めや歌えや、
それを静かに聞きながらカウンターで一人飲む、
同級生には、こんなクールなタイプもいます (笑)

4人組のお一人が、
「カウンターのお客さんも」
「1曲どうですか ?」と声をかけました。
このセリフがすんなり出てくるのは、
色々な店で遊んでいる証拠、
こちらが気を配るまでもなく、
空気を読んで、自分たちで上手に楽しんでくださいます。
僕は、なくなりそうになったドリンクのおかわりを、
カラオケの曲間に聞きに行ったり、
拍手に、ときどき短いコメント、
「声、出てますね」など、ほんの少しお客様にかかわればよい、
ずばり、楽な営業です。

泥酔客に気を配って冷や汗かきながら、
或いは、
話し好きのお客様一人相手に数時間も、と、
昨夜のように、
お客様だけで勝手に盛り上がってくれる、
僕が労力を使うのは断然上2つなのですが、
料金には全く反映されません。

それどころか泥酔客などは、もう他で沢山飲んできているので、
うちでは1杯、多くても2杯くらいしか飲めず、
会計は一人2000円もいかない金額、
それで何時間もいらしたら、
こっちはもうヘトヘト、
やっとの思いで上手に帰しても、
当の本人は、たいてい翌日になれば忘れていて、
「昨日、アマネでお金払ったっけ ?」くらいのもの (笑)

しかし、これが水商売の「キモ」のところ、
こういう、直接利益にならない、いわゆる徒労を、
徒労と思わないように、
自分なりに感情をコントロールするのが長続きの秘訣です。
経験からすると、
たいてい徒労のあとは褒美がある、
例えば、
思わぬ常連さんがやってきて喜ばせてくれたり、
とても楽な営業が出来たり・・・

昨夜、同級生も帰り、
さぁ、閉店かという時に、
勢いよく入ってきたのは若いオシャレな男、
焼き肉店を経営している Aちゃんでした。
「マスター」
「少しだけいい ?」
「いいよ」
「30分だけね」

Achan.jpg

彼の伴奏で、お連れさんが歌う、
これも楽な営業ですね (笑)

AちゃんがAMANEに初めて来たのは、
2004年の10月、
「グランドピアノがある店って ?」
「どんな店よ ?」
と、興味津々入ってきたのでした。
その時は、尾崎豊の I LOVE YOU を見事弾き語り、
周りを唸らせた、
そして、その頃ろくにピアノも弾けなかった僕に、
あれこれ注文つけて弾かせたのは彼で、
言ってみれば鍛えてくれたのは彼、
挙げ句の果ては、
「曲作って」との無理難題 (笑)
彼の歌詞をもとにギターとピアノでああじゃないこうじゃない、
歌って弾いて録音してCDにしたのでした。
それも、このブログを始める前のことですから、
ずいぶん昔のことなのですが、昨日のことのよう、
そこから僕の作曲活動が始まったのですから、
彼には感謝なのです。
posted by セキシュウ at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

商品は

はっきり言ってしまえば、どうでもいいような内容の昨日のブログ、
なんであんな、と言えば、
もう読む方おわかりのように、
1.忙しかった、
2.更新期限がせまっていた
3.思考能力がなかった、
が、おきまりの用意された言い訳です (笑)

昨夜は、来客数はたいしたことなかったのですが、
来たのが、最近親しくなった高校の同級生たち、
かなり飲んでいたので (笑)
居合わせたお客様との調整に苦慮、
ハラハラドキドキの3時間になりました。
でも、一人は山口から来てくれましたし、
共に高校の同窓会のために汗した仲間、
AMANEデビューを楽しく過ごしてもらうように心がけるのが、
僕の仕事です。
それこそこれは、11年間僕が積み上げてきたもので、
どんなに酩酊していても、
本人の気を悪くさせないように、
周りに嫌な思いをさせないように、
巻き込まないように、
うまく場を進める、
とっておきの舞台なのです。
でも、疲れますけどね〜 (笑)

最近マルダの商品を扱うようになり、
飛ぶように売れていくのを見、
改めて、
「AMANEの商品って何 ?」と考えるようになりました。
例えばレストランなら、
「ハンバーグ」
喫茶店なら、
「コーヒー」
バーなら、居酒屋なら・・・

もちろんAMANEはハンバーグはないけれど (笑)
飲食店としてのメニューを揃え、それらの料金と、
チャージという名目のカラオケ歌唱代、200円でピアノ伴奏代、
その他、さわうたなどの、いわゆる会費、等で成り立っています。
でも、どれも「商品」と呼ぶには今ひとつ・・・
ですから、僕は時々、
AMANEは「空気を売っている」と表現していますね。
では、空気って ?

昨夜のことを思い出しました。
神経を使ったせいか、
みなさん、楽しく帰ってもらいました。
それぞれに残った記憶は、

「マスターの同級生に」
「おもしろいヤツがいた」

「店のお客様は」
「酔っぱらい相手に一緒に盛り上がってくれた」

こうだったとする、
だとしたら、店にとって良い印象で、
また来てみようと思う、
店の空気を味わいに来ようと思う、
つまり、
「お客様自体が商品なんだ !」

ちょっとこじつけましたか (笑)
でも、さわうたやふりうたのお客様には言うんですよ。
「覚えた歌は」
「どんどん余所で歌ってきてください !」
狙いはわかりますね ?
「あれ」
「どこで覚えたの ?」
「うまくなったわね !」
など言われたらしめたもの、
AMANEの株が上がる・・・はず ??
このことも、
「お客様は商品」と考えれば納得でしょうか。
いずれにせよ、大切に扱いなさいということです。
posted by セキシュウ at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

カラスの

月曜日、
僕を待っていたのは、
秋の赤塚公園でした。
今日もバスケだ !

akat01.jpg

ずいぶん紅葉してました。

見渡すと、
今日はやたらカラスが多い、

akat02.jpg

ハトもいるけれど、
存在感は圧倒的にカラス、
「たぶん・・・」
「前日のバーベキューの残りカスをついばんでるな・・・」

ここは、土日になるとバーベキュー広場として賑わう、
大きなゴミは捨てられるのでしょうが、
小さなクズ、
例えばスナック菓子がこぼれたものなどは、
地面に落ちたまま、
それらをカラスやハトが頂いているのだと思います。
効率よい清掃作業かも・・・ (笑)

シュートを打ちながら見ていたら、
カラス同士で喧嘩が始まりました。
ブワッと飛んで逃げるカラス、
執拗に追いかけ回すカラス、
その二羽を、
さらに追いかけるカラス・・・
「えっ ?」
「どういうつもり ?」
「喧嘩の仲裁に入るのかな ?」

わかりません。
カラスの勝手でしょうか ?
って、
ずいぶん古かったです (汗)
posted by セキシュウ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

この気持ち

昨日は、夜、マルダの園主含む同級生たちの来店が決まっていたので、
ブログを早めにアップ、皆が帰り、一般客も帰ったのが11時半、
カウンターに並べた商品を眺めているうちに、
「やっぱり」
「アップしよう」
久しぶりに一日2回のアップをしてしまいました。

2つ入りのハヤトウリ(隼人瓜)の袋を手に取ったら、
「ねぇ」
「あたしたちも」
「写真に撮って紹介してよ」と話しかけてきて・・・
色白の美人に弱い (笑)

不思議と深夜0時が近付くと、感覚が研ぎ澄まされてきます。
これは、日が変わることと何か関連があるのか、
それとも単に思い過ごしか、
いや、たぶん、
見えない力がどこかで働いているような気が ?

昨日の動画も思いついて撮ったのは深夜0時頃です。
無性に気持ちを表したくなって・・・
ある種の病気 (笑)

ピアノを少々かじったことがある方ならご存じでしょうが、
右手はメロディー、左手でコードというのが通常の演奏スタイルです。
さわうたで伴奏するときも、
右手は、みなさんの歌と同じ音を弾いていて、
(正確に言うと、もう少し音を加えて弾いている) 
左手はコードを分解してリズムを出しながら弾いている、
ピアノの発表会などで、
小さなお子さんが演奏しているのを想像すればわかりやすい (笑)

それを来る日も来る日もやっているのですが、
ふと、

「逆だと」
「どうなる ?」

もっと言うと、

「右手でなくても」
「何とかなるのか ?」

僕のように拙いピアニストは、
右手ばかりがよく動き、
左手は大して動かず、ほとんど用をなしていないのです。

数回試して撮ったのが昨日の動画でした。
はっきり言って下手です。
間違ってもいますね。
でも、それでもいいと思った。
上手なのを見せたかったわけじゃない、
ただ、
夢中になってやっているところを見せたかった。
くだらないことを、
夢中でやっているところを。

普通に「夢をあきらめないで」は弾きたくなかったんです。
なんでしょうね、この気持ち ?
僕って、変わってますね (苦笑)
posted by セキシュウ at 19:23| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

納品

今日は二度ブログをアップします。
なぜって ?

maruda002.jpg

来ました、マルダ商品 (笑)
今回は、お待ちかねの落花生に加え、
特製ピーナッツバター、
ふすまを使用したフルーツたっぷりのグラノーラ、
地粉に、ふすまに、鷹の爪に、採れたてハヤトウリと、
それぞれ数は少ないけれど多種、
訳あって東京に戻ってきた園主自らが納品してくれました。
久しぶりの再会・・・
うん。
満足。

一緒に居た同級生との会話から、
農業一年生の苦労話を小耳に挟み、
わざわざ狭き門を選んだのだと改めて思う、
そして、
どんな試練が待っていようとも、
あきらめないで乗り越えて欲しいと思う・・・

実は、
昨日の深夜、こんなことを思わずしてしまいました。
どうぞ、笑ってご覧ください。

posted by セキシュウ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の見張り番

やっと秋らしい天気になって、
仕事も遊びも意欲満々 !
ついでに食欲も〜 !!
とは、一般的なことで、
僕の場合は相変わらずの日々を送っています。
金・土はしかたない・・・
朝から夜中までのロング勤務は、
マラソンのように、マイペースで乗り切ります。

一日を終えた後の、
ホッとした時間には、

necooo.jpg

ついつい
可愛いのを見つけてしまう〜 (笑)
どうやら、
「夜の見張り番」のつもりらしい、
お勤めご苦労様です。
posted by セキシュウ at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

ブログの持論

また悪い癖が出て、
営業に対する持論をぶってしまいました。
営業日誌なのだから、
起きたこと、日々の様子など書いていればいいのに・・・
大した経営もしてないくせに、
それどころか店を何軒も潰した人間が、よく言うよ・・・
などと自嘲 (笑)

「ブログ」というものが一般的になったのは、
5、6年前からのことでしょうか。
その後ツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアの登場で、
個々が自らのことを簡単に、自由に発信出来るようになり、
普段会うこともない人、遠く離れている人、全く知らない人など、
色々な人の考え、意見が好きなときに覗けるようになりました。
「そう言えば」
「あいつ、どうしてるかな ?」
気になったらブログを開いてみたり、
フェイスブックでの投稿を読んでみたりする、
元気を確認したり、そうでもないのかと案じたりする、
便利になりました。

人によっては、
物事の核心には触れたがらないタイプ、
思うがままに筆を進めるタイプ、
読み手を強く意識して書くタイプなど、これまた色々で、
すべてが「書かれている通り」かと言うと、
たぶんそうではない、
「裏」というと語弊がありますが、
どこかに何かが隠されている、
或いは、多少の脚色があると考えるのが、
こうしたブログなどを読むときの秘訣だと思います。
ブログはあくまでもブログ、
その人の全てではない・・・
あっ、
これもあくまでも持論ですからね〜 (笑)

要は、文章だけで何もかもは判断できない、
それは、古典講座の中で、父が、
「これは私の説である」という言葉をよく使うことから、
なおさら意識するようになりました。
専門の学者、先生たちが、
今までさんざん研究してきたにもかかわらず、
作者、清少納言の随筆、
今で言えばブログ「枕草子」の意訳は、
一つではない、
多種の考え方があり、
隠された作者の心中があり、
そしてまだまだ研究の余地があり、
新説が出てくる・・・
おもしろいです。

gogoichi.jpg

その古典講座も、
口開けは28名とご祝儀 (笑)
その後15名前後と安定して開催、
残すところ11月2回、12月1回の計3回となりました。
もちろんこれで終わりではありません。
すでに来年の準備に取りかかっているところ、
父が、ですけど (笑)
次回は「竹取物語」です。
posted by セキシュウ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

経験を積んで

今日も朝から落花生を求めてお客様がいらっしゃいました。
「すいません・・・」
「売り切れなんです・・・」
カウンターの上は、
マルダ農園の商品が飾られることなく、
がらーんとした状態、
「じゃ」
「帰ろうかしら」とお客様、
なわけない (笑)

しかし、
あれだけ賑やかだったカウンターに何もないと、
なんだか淋しい、
並べたのはたった2日なのに不思議です。
それだけ衝撃的だったということか・・・

昨日の記事で、「ご祝儀」と書きましたが、
やはり、何ごとも最初が肝心、
ご祝儀だろうが、
ビギナーズラックだろうが、
立ち上げ時は派手に行かなければならないと思います。

2003年、AMANEの開店では、
大家さんの関係客、カラオケBOXの関係客と入り乱れ、
つづいて、近隣同業者たちにその店のお客様たち、
さらに美声の友人の口利きで同窓会が、
その後同級生たちが色んなお客様を連れてやってきたのでした。

飲食業経験は長いとはいっても、
対面式の、酔客相手というのは (笑)
素人に近い、
それでも、一端のふりをしてやる、
「わたくし」
「経験がありませんから」
そんなことを言ってしまったときには、
「じゃ、まけろ」になる・・・かな ? (笑)
とにかく日々経験、
どんどん経験を積んでいくことが大切なのです。
そして早く慣れる、
一人前になる、
ですから、
ご祝儀だろうと何だろうと、
スタートから忙しいのが良いというのが僕の考えです。

そうして11年、
経験は積んでもまだまだ。
「しまった !」と失敗も数知れず。
でも、失敗するからこそ進歩する・・・
と、慰めながら (笑)
今夜も笑顔で接客です。
posted by セキシュウ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

続朝市

「やっさん」さんからコメントがありました。
落花生を試食してもらったのは、水曜日の夜ですから、
ちょうど1週間前のことです。
「美味しいです」の一言で充分、だって一粒ですから (笑)

今朝もさわうた朝市は大盛況、
販売開始と同時にあっという間に売り切れで、
「ふすま」も完売、良かった !!
目玉の落花生は在庫が少なく、お一人一袋になり、
大人買いしようと、買う気マンマンでエコバッグ持参のお客様方をがっかりさせる、
しかし、これで次の入荷が楽しみになりました。

今までさわうたでは色々なものを販売しました。
近いところでは、南三陸のホタテキャンドル、塩蔵わかめ、
ゆきこ先生の布絵本「うさぎちゃん」、
母特製シャツの生地で作ったコースターに、
絵本「こっちゃんのいとぐるま」
父の本も売りましたっけ。
専門書なのに買って頂いたのは、
いわゆるご祝儀でしょうか (笑)

今回のマルダ農園の場合はどうでしょう。
僕の同級生ということで、
少々のご祝儀の気持ちはあるのかも知れない、
けれど、昨日今日の朝市の様子を見ると、
「いや」
「それは違う」
「本当に欲しいんだ」と感じます。
だって、

asaichi02.jpg

我先にとカウンターに集まってくるのですから (笑)

美味しくて安全なものを、
味わいながら食べる・・・
こんな幸せなことはないのかも知れませんね。
posted by セキシュウ at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

朝市

昨夜は開店と同時にお客様、
ひょろっと背の高い眼鏡の男性は、
サブスリーランナーの南さんでした。
サブスリー・・・フルマラソンを3時間未満で走るランナー、
南さんは今年の東京マラソンで自己ベスト、
2時間55分が出たそうで、いや〜、すばらしい !
このブログでも何回か登場、
一番最初は2008年2月ですから、
もうずいぶん昔ですこと (笑)
サブスリー

マラソン話やトライアスロンの話、
以前の僕の店、カラオケBOXでの大騒ぎの話、
これは、内容を書くには勇気が必要か (笑)
さらに、ちょっと真面目に仕事の話と、
カウンター越しに花を咲かせていたら、
いきなりドンとドアが開く、
外の見える位置の南さんがすかさず、
「荷物のようですよ」

来ました〜
そうです。
マルダ農園の第二便 !

南さんが帰った後、すぐに中身をチェック、
今回は、落花生と小麦粉のほかに、
小麦粉の表皮の部分の「ふすま」
それに、鷹の爪が入っていて、
翌日のカウンターの上が賑やかになると嬉しくなりました。

そのカウンターに深夜座った男性は、
お馴染み美声の友人です。
1週間に1回は顔を出す、
その顔は、小学生のときから見ているのですから、
考えてみれば不思議です。
よくもまあ、飽きずに・・・(笑)
「そうそう」
「落花生と小麦粉あるよ !」
「落花生は薄皮ごと食べられるんだよ〜」
「小麦粉は天ぷらとかに使っても」
「サクサクして」
「違いがわかるよ〜」
ふふっ
商売下手として通している酒場マスターとは別人トーク (笑)
「頂きましょう」と彼。
今夜の彼の家の食卓には、
美味しい天ぷらが・・・

と、これは前置き (笑)
メインは今日、

asaichi01.jpg

カウンターに人だかり。
マルダ農園の朝市だ !
みなさん楽しそうに買っていく、
僕も売ってて愉快愉快 !!

本日並べた分の落花生、小麦粉、鷹の爪は完売、
「ふすま」の売れ行きは今ひとつでした。

fusuma.jpg

昨今、健康食材として注目されているものですが、
まだまだ浸透していないのでしょうね。
興味のある方は、「小麦ふすま」で検索してみてください。
posted by セキシュウ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

一人で

久しぶりの平日月曜午前中「晴れ !」
とあらば、
向かいましたは赤塚公園・・・
一足先に、

aki1.jpg

秋が待ってた、
落ち葉も舞ってた、
と、
詩人もどきはやめてちょうだい (笑)

今日は、先客が一人、
ときどき見かける60は過ぎているだろう紳士が、
上下黒のトレーニングウェアで、
黙々とシュートを打っていました。
「お久しぶりです」と挨拶、
その後、僕も、隣のコートで黙々と、
1時間半くらい一人で身体を動かしました。
打っては拾う、
打っては拾う、
合間、ドリブルしたり、場所の移動はしますが、
ほぼ単純作業の繰り返し、
「見ていると」
「何が楽しいのだろうと」
「思うかもしれないなぁ・・・」

たしかに、自分で言うのもですが、
シュートは大抵入るわけで、
「入ってうれしい」なんてのは皆無、
「入るのが当たり前」
ディフェンスがいない、フリーの状態なのですから。

それでも僕がこの単純作業の繰り返しを好むのは、
身体を動かしながら、
頭の中であれこれ考えられるからです。
曲を作っている時は、歌詞を考えたり、
店の新しい企画を考えたり、
ライブの選曲にお客様の課題曲の選曲、
その他諸々、
上げればきりがありません。

やがて隣のコートの紳士は、
ボールを袋に仕舞い、
「お先に !」と笑顔で帰って行きました。
「おつかれさまです !!」

誰もいなくなったコートに、
「やっと空いたか」とやって来たのは、

aki2.jpg

ハト選手たち (笑)

aki3.jpg

3人、並んでコート入りです。
彼らは一人じゃないから、
きっとプレーに集中するのでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

信号機

今日は全国的に好天、1週間前、2週間前の嵐が嘘のようです。
人間も自然の一部なら、
この変幻自在な天候こそ、人間の持つ本質で、
「人は変わる」
もしかして、自分に言ってる ? (笑)

抜けるような青空に、先週見た夕焼けを思い出しました。
青信号に空の青、
夕焼けが赤信号に見える、
「ひょっとすると」
「青は」
「青空に進め !」

では赤は ?
「綺麗な夕日を」
「沈むまで止まって見つめてなさい !」

黄色は何でしょうね。
「お月様 ?」
「注意して見て !」

空に太陽、そして月。
信号機のつまらない妄想でした。
posted by セキシュウ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

落ち着いて

週末、金曜土曜と待ったなしで忙しくしています。
今日は、ふりうた、その後貸切、一般営業と、
恐怖の三本立て (笑)
お客様が途切れず、
休む間もなし、
けれど明日が休みと励みます。

昨夜、営業終了後、
深夜1時頃でしたか、
ふらふらと自転車で帰路につきながらも、
なんだか寄り道したくなった・・・

「そうだ」
「どうしてるかな ?」

昼間はときどき見ているのですが、
夜はあんまり・・・

地蔵さん.jpg

いらっしゃいました。
「落ち着いてる・・・」

しばらく眺めて、拝んで帰りました。
もちろんお賽銭もね (笑)
posted by セキシュウ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

同窓会で

すっかり落花生のことで盛り上がっていますが、
きちんと仕事はしていますって、当然か (笑)

ranaさんのコメントの通り、
同級生の頑張りは刺激になりますね。

今回の4コマは、
偶然か必然か (笑)
同窓会ネタです。
どうぞ !

さわごえ君第49話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

マルだ

先週の木曜日のさわうたは、23名と満員御礼、
その反動が見事に、
今日、木曜日のさわうたは12名でした。
非常に素直な流れです (笑)

そしてその素直、
昨日書いた落花生の感想が「素直な味」なら、
お客様もみなさん素直 (笑)
いらっしゃるなり、
「3つちょうだい」
「わたしは5つ」とじゃんじゃんお買い求め、
試しに置いた小麦粉も、
「すいとんにしよう」などと、早々と売れて、
終わってみたら、
殻付、茹で用の4袋を残してソールドアウト !!

マルダ農園の商品、
爆売れで、

maru00.jpg

「マルだ !!」 (笑)

次回入荷を楽しみに待ってましょう。
posted by セキシュウ at 20:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

落花生来た !

首を長〜〜くして待っていた、
マルダ農園の落花生、
ついに !

01nuts.jpg

今夜8時頃、届きました !
お客様はカラオケ中 (笑)
いいや、開けちゃえ !!

02nuts.jpg

おおっ〜
内容は・・・
落花生(炒り)100g 売価 400円 40袋
落花生(ゆで用)200g 売価 500円 10袋
小麦粉500g 売価 280円 3袋

早速並べて、

03nuts.jpg

マルダ農園東京取扱第一号店だ ! (笑)
マルダ農園のブログ

しばらくしたら、
お客様が二人ご来店、
炒りを7袋お買い上げ、
ありがとうございます !!
「この調子じゃ」
「今週中に売り切れるかも・・・」

ところで、お味の方は、

04nuts.jpg

一袋開けて、ぱくり、
薄皮ごと頂きます。
「おっ」
「品の良い味 !」
食べ終わった後に、
口の中に甘さがほのかに残る、
素直で優しい味です。

「これは」
「たしかに」
「食べるのが惜しくなるかも・・・」
先に食べた友達たちの感想を思い出しました。
posted by セキシュウ at 22:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

来葉

2週続きの秋の嵐は日本列島に爪痕を残しました。
都内も昨夜遅くから暴風雨、
ちょうど今日がビン・カンの収集日で、
前日に出されたものが、あちこちで音をたてて転がる、
「カランコロン」
風の音が
「ビュービュー」
時折何かを揺らして「バタンバタン」
そして雨が
「ザーザー」
強風を伴って「ブワー」
まるで協奏曲、いや狂想曲です。
子守歌には程遠く、
しかし眠りについて起きてみたら、すっかり雨は上がっていました。
「よかった・・・」
なにしろ、今日は第二火曜日、
さわうた・プチシャンソンで午前午後と最も忙しい、いわゆる稼ぎ時、
台風でおじゃんにならなくて (笑) ラッキーなのでした。

朝来たら、予想通り店の前に来客、
いや、来葉 (笑)
落ち葉が散らかってました。
掃き掃除してお客様を待ちます。
今朝は13名、
終わって片付けて、外に出たら、

ha01.jpg

「ありゃ」
「また来てる」
よっぽど気に入った ? (笑)

またも掃き掃除、
午後からのお客様を待ったのでした。
posted by セキシュウ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

紫式部日記絵巻

先日、古典講座でまさかの、「ダメよ〜ダメダメ」
そのシーンが平安時代にもあったとの証拠を、

a101.jpg

この画像を持って説明しましたが (笑)
右下には、こんな説明書きがあります。

a102.jpg

文末、「東京都・五島美術館」
ここで、この実物、紫式部日記絵巻が、
今週いっぱい展示されるというので、
昨日午後から、父と一緒に見に行ってきました。

01goto.jpg

2つの展示室の広い方の奥に、お目当ての絵巻、
大きさは、父の書庫で見せて貰った「源氏物語紙芝居」とほぼ同じ大きさ、
巾 30p 程度の小さな巻物でした。
もう少し大きいのを想像していた・・・(笑)
有名どころの常設展示もあり、
1000年も前のものが、しっかりと保存されていることに驚く、
もっと知識があればおもしろいのでしょうが、
僕の薄さでは今ひとつ、
しかし一休宗純の迫力の字体や、夏目漱石の迷い多き原稿文、
尾形光琳の見事な団扇画などなど、
父曰く、
「さすが五島美術館、いいものを持っているな〜」
ですね (笑)

02goto.jpg

庭もありました。
園内には、

03goto.jpg

ふむふむ。

04goto.jpg

なるほど。
考えてます。

05goto.jpg

世田谷の西部、環八の外、
すぐ向こうが多摩川ですから、
自然にも恵まれているということでしょう。

こんなものも売ってましたよ。

06goto.jpg

ミニチュアの巻物、
当然、父は所有しています (笑)

a103.jpg

これは、源氏物語絵巻。
大学の教材として使ったと言ってましたっけ。
さすがその道50年以上の大ベテラン、
いろいろ持ってます (笑)

多くの展示品の中で、
僕が一番興味深かったのは、

07goto.jpg

しゅてん童子。
酒呑童子とも書きます。
その名の通り、酒飲み鬼の征伐の物語、
どうやって退治したか・・・
簡単、
酒好きだった鬼に、酒の中に毒を盛って飲ませた、
「なるほど〜」
「これは」
「酒で失敗した究極のパターンだな (笑)」

父がその道50年以上なら、
僕もその道30年、
夜の遊びの世界では、それなりのベテランなのです。
posted by セキシュウ at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

初めての職場

AMANEには珍客が珍しくない、
とは、何かちょっと腑に落ちない言い方ですが (笑)
珍客がときどきあります。
主として、学校の同級生・同窓生、
元の職場の先輩・後輩・同僚、
最近はFB(フェイスブック)で見つけて来るというパターンも増えました。
先日古典講座に見えたホテルマンの元上司も、
僕を発見したのは (笑) FB、
昨夜の珍客も同じで、
ずいぶん前に僕をFBで検索、
珍しい名前なのですぐに見つかったとのこと (苦笑)
お連れさんと2名で来店してくださいました。
こうしてみると、
FBは、店を構えている人にとっては、ありがたいツールかも・・・

その方は、元の職場の先輩、
いや、
「初めての職場」の先輩、
具体的には、
六本木のディスコの主任・・・
って30年以上前の話ですよ !!
わざわざ訪ねてきてくれるなんて・・・
感激 !!!
いきなり僕を「あまね〜」と呼びました。

当時、目上に対しても生意気だった僕に、
蹴りを入れてきたのがその先輩、
もちろん愛情あってのことで、
しっかり受け止めて成長、
いや、どうかな ?
今でも生意気か (笑)
ともかく、
「あの頃が一番おもしろかった」とは同意見、
夜の六本木、
恐い物なしで謳歌していたのです。
先輩たちの中には、DJのミックさんもいました。

「あいつはどうした」
「こいつはどうした」と話しているうち、
僕の顔をしげしげと眺めて、
「あんなにかわいかったあまねも」
「オッサンになったなぁ・・・」と。

「えっ ?」
「僕ってそんなイメージでしたか ?」
かわいいとは意外、
すると先輩、
「だって」
「あまね、いつもニコニコしてたじゃん」
「甘えん坊でさぁ」

「そうでしたっけ」
自分の立ち振る舞いなんて、
よく覚えていません。
「よっぽど楽しかったんでしょうね・・・」
うんうんと先輩が笑顔で頷きました。
posted by セキシュウ at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

メモのアプリ

ここのところ画像・映像を使ったブログが続いています。
僕が言うところの「逃げ」、
内容の薄いものになっていますが。
決して日々の生活が薄いわけではありません。
じっくり書きたいことも多々、
しかし時間がない、
「また今度」と思うも、
そのうち書きたかった気持ちが失せてしまう、
内容すら忘れてしまう、
「これって」
「良いこと ?」

何か方法はないか、
せめて簡単なメモでもと考えていたら、
良い方法を見つけました。
それは、愛用の iPad のアプリ、
「メモ」を使ってメモすること・・・
って実に単純だなぁ (笑)

ささっと打てば、冒頭の数文字がタイトル表記、
もちろん日時まで記憶してくれるので、
これはなかなか便利、
「何で今まで使わなかったの ?」
ちなみにスマホのアプリにもありますね。

このような、いわゆる「宝の持ち腐れ」は、
探せばきりがありません。
iPad も、当初は譜面を見るアプリに夢中、
ハイテク
まるでこのためだけに使う意気込みでしたが、
実際はそんな場面は少ない、
なぜなら、ほとんど見ないで弾いているから、
と言うより、
「譜面に頼らないように」しているから、
結局宝の持ち腐れ状態になってしまいました (笑)
ただ、PDFで作った譜面は、常に iPad に追加していますから、
必要時に引っ張り出すのは格段に早いでしょう。

昨日は、ふりうたの帰り際、きれいな夕焼けを見ましたが、
今日は、ふりうたを終え、出直した夜の出勤時、
「ドーン」「ドーン」と威勢のいい音を聞きました。
どうやら、北区の花火大会らしい・・・
「きっと、応援の音だ !」
「あと5時間」
「がんばって !!」
都合良く解釈 (笑)
明日・明後日は休みです。
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

果て

もう週末がやって来ました。
ついこの前、週が始まったばかりだったのに、
何でと思う、
何にも進んでいないと思う、
でも確実に日は短くなっていくのです。

ふりうたを終えた午後5時半、
家路に向かう・・・

「あっ」
「夕焼け !」

uyake.jpg

青信号の先が赤く染まる、
道の果ては、
「赤だ !!」

行き止まりですかね ?
わかりません。
果てなんて、行ったことありませんから。
posted by セキシュウ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

小島さんのライブ

昨日泣きを入れたからか、
たまたまか、
今日のさわうたは爆発しました。
爆発なんて物騒な〜 (笑)
23名は、今年最高・・・
と思ったら、2月に25名がありました。
それでも嬉しい悲鳴 !

23mei.jpg

お客様の中には、
小島さんもいらっしゃいました。
まめにさわうたに参加して、
少しずつ小島かおるファンを増やしています。
北区の地名が出てくる「故郷2010」や、
美味しいメニューが並ぶ「洋食屋フォーエバー」など、
昭和な小島ワールド聴きたさに、
9月の戸山公園での野外コンサートまで、
わざわざ足を運んでくださった方もいらっしゃいます。
AMANEでは、
来月、11月15日(土)にライブ開催です。

今回は、小島さんのタイバンもおもしろい、
同年代3名のバンド、
「ハイ・ブースターズ」さんになりました。
実はこのバンド、
戸山公園で小島さんの次に登場したバンドです。
出番を終え、
小島さんと二人、弁当を食べながら見ていたのですが、
「おっ」
「いい曲 !!」
即出演交渉、早っ (笑)

その時の動画があります。
どうぞ。

posted by セキシュウ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

難問 (笑)

蜘蛛の元気な姿に「よ〜し !」とテンションが上がったものの、
週初、火曜日のさわうたは8名と今年最低人数でした。
過去9名というのが、6月、3月にあったのですが、
それを下回る最低記録に、心の中でガックリ、
けれどそれをお客様の前でおもむろに見せられないのが僕らの仕事です。
水商売稼業20年以上のベテラン選手 (笑) でも、
やっぱり一日一日が勝負、
成績に一喜一憂するのは、そう簡単には直りません。

何度か書いたことがありますが、
暇なときこそ、「何をするか」で真価が問われる、
「人数が少ないから」
「楽しちゃえ」
「忙しい時は」
「疲れるんだから・・・」と考えるのは、
あまりに楽観的すぎます。
では、暇が続いたらどうするつもり ?

昨日は始める前から課題を設けました。
「今日は8名なので」
「一人3曲のリクエストを聞きましょう」
10月の第二週で、お客様のリクエスト週だったのです。
ふだんは多くても一人2曲まで、
3曲になればお得感が出る (笑)

1曲、2曲と順調に、
3曲目が難問 !
メニューにない曲をリクエストされました。
ときどきあります。
タイトルは、『リンゴ村から』
三橋美智也さんの曲、
よく知らなかったので、パソコンで動画検索、
一番だけ聞いて軽く覚える、



その後、歌詞を検索、
拡大してスクリーンに映し、歌唱しました。
キーは歌いやすいように、その場で合わせます。

人数が多く忙しいときなら、
こういったリクエストは、お断りするのですが、
昨日はゆとりがあったので、時間を割いてトライしたのです。

さらにリクエストが続く、
4曲、5曲、
そして、なんとまた難問が ! (笑)
『惜別の歌』
歌手は小林旭さんとのこと、
「うっ」
「知らない・・・」
先ほどと同じ動画検索、
すると、倍賞千恵子さんで素敵なバージョンを見つけました。



これまた歌詞を映して歌唱。

結局、パソコン作業で時間を取ったので、
一人3曲はあきらめて2曲、
1曲ごと時間を掛けながらの伴奏になりました。

しかし便利になりましたね。
動画サイトや歌詞サイトを利用すれば、
今まで歌えなかった曲でもすぐに歌えるんですから。
AMANEが開店した11年前には考えられなかったことです。
posted by セキシュウ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

蜘蛛の出勤

昨夜の帰り際、
例の蜘蛛さんを確かめましたが、
姿が見えませんでした。
「もしかして・・・」
「あの台風だもん」
「きっと」
悪い考えが頭を過ぎる、
「かわいそうだけど」
「しょうがないよね」

覚悟して今朝来たら、
「わっ」
「いた〜 !」

元気に巣を張っているところを、
スマホの動画で撮りました。
ピントが合っていませんが、雰囲気だけでも !!



いやはや、生命力というか・・・
すごいですね。
昨日の記事で、
「ひょっこり出てくる」と書いたのは、
願望が90%、
叶って良かったです。
posted by セキシュウ at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

台風一過

秋の台風は日本各地に被害をもたらしながら抜けていきました。
幸い僕の所は大したことはなく、
予定していたイベントもなく、
ただ残念だったのはバスケに行けなかったこと、
たったそんな程度でした。

晴れ間の覗いた昼過ぎ、
外に出てみたら、やけにカラスがうるさい、
「何だろう?」と見渡せば、
今日収集のゴミが、まだ収集されず散乱している、
「なるほど」
「狙いはあれか・・・」
風で飛ばされた袋の中身に興味津々なのです。

夕方になれば、
どこに潜んでいたかノラたちが、
さて出番とばかりに道を闊歩、

01neco.jpg

堂々たる渡りっぷり !

02neco.jpg

いや、
あぶないでしょ !!
気をつけてね (笑)

夜の出勤の最初の仕事は、前の道の掃き掃除です。
緑のイチョウの落ち葉が、
歩道にべったり貼り付いていました。
「ほんとは」
「落ちたくなかったのかなぁ」
またもくだらない感傷が押し寄せるも、
軽くスルー、
しかし落ち葉はなかなか動いてくれず、
どっしりと居座る、
「やっばり」
「嫌がっているよ」
と、
1本のホウキだけでよくもこう遊べる (笑)

さて、
カラスやノラを見習って、
今週もしっかり働きましょう。
例の蜘蛛さんも、明日にはひょっこり出てくるかな ?
楽しみです。
posted by セキシュウ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

夜の蜘蛛

今日は一日雨、時折激しく降りました。
いろいろイベントを予定していた方を思うと、
申し訳ないのですが、
僕は特に予定なし、
こんな日は種々の整理に当てます。
お客様の選曲の整理、音資料の整理、スケジュールの整理、
古典講座の整理、パソコンデータの整理などなど、
途中になっていること、終了したこと、
まさに散乱状態なのです。
明日もその予定・・・

雨で気になっていることがありました。
例の蜘蛛さん (笑)
どうしたかな ??

昨夜、

yorukumo.jpg

やっぱり蜘蛛は夜がお似合い・・・
誰かと一緒 ? (笑)

ご近所の方が、
「今年は蜘蛛がよく出る」と仰っていました。
異常気象が関係しているのでしょうか。
いずれにしても大変な世の中です。
posted by セキシュウ at 19:47| Comment(0) | オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

ぶらんぶらん

日本列島に大型台風が近づいているとのことですが、
そんなことはお構いなし、
いや、構ってもどうしようもない (笑)
今日、土曜日は、
いつもの6枠のふりうたの前に1枠を設けて、
11時半にはピアノの椅子に座りました。
「うん」
「よく働いている〜」
「まるで働き蜂のよう !」

んっ ?
何かわざとらしい展開ですね (笑)

ふりうたでは、
それぞれのお客様の課題曲を決める際、
楽譜のコピーでコンビニまで外出することがあります。
今日も、
「では」
「この曲にしましょう」
「楽譜コピーしてきますね !」と言って外に出る、
ちなみにその間、
お客様には今までやった曲をカラオケで歌ってもらい、
時間つぶしをお願いしています。
大体1曲歌ったあたりで帰ってくる・・・
と、
何か気配 !

01kumo.jpg

店の前の通り、
写真のちょうど真ん中、
何かがいるのが見えますか ?
蜂に関係ある・・・
ど〜んとアップ !!

03kumo.jpg

ぎゃ〜〜
蜘蛛 (笑)

ご立派なのが、しっかと巣を張っていらっしゃいました。
風が吹いて、
ぶらんぶらん、

05kumo.jpg

こちらから見ると浮かんでいるかのよう。

「これから台風だけど・・・」
「大丈夫かい ?」

都内も月曜には暴風域とのことですね。
posted by セキシュウ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

ギャラのこと

曇天で涼しかったのは数日だけで、
今日はまた暑くなりました。
快晴、アウトドアには最高、
けれど室内に籠もりっきりな週末は、いつもながらのことです。
今日明日は長い一日、
12時間以上働いても我が暮らし楽にならず・・・
このぼやきも、いつもながらのことですね。

「原資が違う」とは使い方が間違っているかもしれませんが、
僕が長時間ピアノに向かっても収入が少ないのは、
つまるところ、音楽に対してのキャリアがないからで、
例えばこれが、
有名音大ピアノ科卒・コンクール受賞歴があり、
著名ホールでリサイタルを開いている音楽家なら、
僕の2倍、3倍、へたすると10倍くらい稼げるはず、
具体的に言うと、
ふりうた40分2,000円が、4,000円、6,000円、20,000円、
さわうたなら一人1,000円が、2,000円、3,000円、10,000円、
夜の営業1曲200円が・・・
もうやめましょう (笑)

キャリアがあれば、高収入になる、
ただし、そのキャリアを積むためには、
子どもの頃からずっと先生についてレッスンをし、
とあるごとに金銭支出をする、
「もとで」=「原資」をかけているということ、
そんなことは中学でやめた僕が、
そうそう短時間で稼げるなんて、まずあり得ないのです。
逆に言えば、
それなりのキャリアを積んだ方には、
きちんとした報酬を払うべきなのです。

この考え方を初めて理解したのは、
ずいぶん昔のことでした。
僕がDJから、ショーの企画制作に仕事を変えた23歳の頃、
当時タレント・ダンサー、演出家たちのギャラの管理を任されていて、
(若造のくせに随分なことをやってました・笑)
そのうちの一人とちょっとした小競り合いをしたのです。
彼はダンサーで、
赤坂で有名なショークラブに出ていたベテラン、
詳しくは覚えていませんが、
たぶん僕が彼らのギャラを下げようとしたのが耳に入ったのでしょう、
血相を変えて僕の所に来て、
「俺たちは」
「おまえらみたいなのとは違って」
「必死にレッスンして」
「毎日トレーニングして」
「今があるんだ」と言い放ったのです。
殴りかかりそうな勢いで (笑)

「なるほど」と思いました。
その時以来、
手に職を持ち、キャリアを積んだ人たちが、
高収入を得るのは当然のことと思うようになる、
でも、僕はそういう道は選びませんでしたが (笑)

結局その彼と意気投合し、
プロダクションのような仕事を始めてみたのですが、
1年くらいで駄目になり、
ふたたび就職、
訪問販売の会社、映像ソフト販売の会社と転々、
最後はホテル企画運営会社でバブル絶頂期、
はじけて辞めて、
カラオケBOXを始めた・・・
それがまだ30になったばかりですからね。
父から「好き勝手やって」と言われても、
否定しようがないのです。
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする