2015年01月14日

朝から真夜中まで

昨日は午後からプチ・シャンソン、夜は一般営業と3回戦でした。
プチ・シャンソンの伴奏も、
午前中のさわうた同様、ノリは今ひとつ、
調子の良いときなら難なく出来る初見の移調も、
オタオタとタッチミス、
あまりに不甲斐ないので、
きちんと書き直してやっても、
今度は自分の書いた字がよく見えずに残念、
まともに弾けたと思うのは半分くらいでした。

それでも、メインは歌なので、
妨害することなく伴奏出来ればとりあえずOK、
どこをどう唄っているか、
きちんと理解しながら合わせていければ良い、
一番まずいのは、迷子になってしまうことで、
自分はともかく、
歌手が間違って唄ったり、歌詞を忘れたりして、
楽譜通りにいかなかったときに、
慌てず騒がず上手にフォローできるかが大切、
お客様を前に、一度マイクを持って演奏を始めたら、
どんなに小さな会でもそれは「本番」、
息を合わせてこその伴奏者だと思います。

夜の営業では、美声の友人が登場、
いつものようにカラオケを唄っていたら、
なんとなく気になるメロディーライン、
「誰の曲 ?」
「杉山清貴&オメガトライブ 」
早速コードをネットでチェック、
「じゃ、やってみよう」とピアノに座りました。
遊びですが、これが結構タメになる !
「サイレンスがいっぱい」 という曲です。

サイトには、歌詞の上にコードが書いてあるだけなので、
一度カラオケを流し、どこでどう変わるか頭に入れて、
次は実際に生演奏、
これもほとんど初見と変わらないので、トレーニングになるのです。
1曲終わり、2曲目、
「君のハートはマリンブルー」 に入ったところでお客様、
あわてて通常モードに切り替えました。

そして昨日はまだ弾きます。
営業終了後、真夜中、
やりましたよ、「春よ、来い」 (笑)
最近のユーミンの歌唱キーで短く弾いてみました。
元々はB♭mだったようですが、今は-1、Amのようです。

posted by セキシュウ at 17:50| Comment(1) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする