2015年05月31日

ぐらぐら

昨夜はぐらぐらっと来ました。
感じたことのない揺れ方に、あわててネットを更新してみるも、
小笠原震度5強と数分たった頃やっと表示、
その頃もまだ揺れているようで、
「変だなぁ・・・」
居合わせたお客様も、
「おかしな地震ねぇ」
不気味、とはこのこと・・・

強い揺れの場合、
店では、まずグラスホルダーにかかっている、
シャンパングラスがぶつかり合ってチンチンと鳴り始めます。
ところが、昨夜はその音は全くせず、
それより、天井にぶら下がったミラーボールが、
ゆ〜らゆ〜らと大きく振り子のように揺れる、
どなたかがFBでコメントしていましたが、
「めまいと勘違いするような揺れ」とは、言い得て妙でしょうか。

電車も長い間止まりました。
よりによって・・・
とは、実は昨夜ニモのパパが出張で上京、
夜、立ち寄る予定だったのです。
千葉で用事、その後十条へ、
本来なら1時間で来られるところを、
閉店前、
3時間近くかけてやっと辿り着きました。
おつかれさまでした !

山手線が止まったせいで、埼京線に人が流れ、
新宿駅は凄まじい状態だったらしいですね。

「電車を待った人」
「たくさんいたんだろうなぁ・・・」
「どんな気持ちで」
「待ったんだろう ?」

そんなことを考えていたら、
ふとある曲を弾きたくなって・・・
懲りもせず、深夜、ピアノに向かいました。
明るくアレンジしてみました。

posted by セキシュウ at 17:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

わんわん

5月も残すところ今日を入れて2日になりました。
さて恒例の4コマ、
今回は中旬頃の出来事です。
どうぞ。
わんわん ! (笑)

さわごえ君第57話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

文語体

昨日の父との打ち合わせは、
竹取物語についてよりも、次の源氏物語が主、
いかに参加者を増やすかも話題になりました。
もっとも、
それを気にしているのは僕だけなのですが (笑)

源氏物語は、各種カルチャーの中でも人気とのこと、
けれど、それは会場が公共機関だったり大学だったり、
街の、一介の飲食店、スナック、音楽喫茶、ライブハウス・・・
どれやねん (笑)
が、スクール気取りでやって、
「源氏物語ブランド」で人が集まるか、甚だ疑問です。
今の竹取物語が平均9名程度、
源氏物語になったところで、よくて現状キープ、
多少の目減りの可能性大と思っています。
だから、作戦を・・・

AMANEは音楽を売りにしているので、
古典講座はおまけみたいなものかも知れません。
けれど、だからといって手抜きはしたくない、
できる限りの努力をして、それでもダメだったらしかたない、
それは、僕自身の生き方でもある・・・
な〜んて力み過ぎですかね (笑)
とにかくまずは告知。
近々、小さなチラシを作り、再度配布予定です。

父と「てふ」の話もしました。
てふてふ、もありましたね (笑)
旧仮名遣い、歴史的仮名遣いの話は、
源氏物語の岩波書店の校注書を取り出した時に、
いろいろな校注書によって、それぞれ訳が違う、
岩波のは底本に忠実表記であると冒頭の桐壺の箇所を示し説明、
「女御、更衣」の更衣のルビに「かうい」とあり、
旧仮名遣いの話になりました。
それから続いて文語体のこと、
専門家と話すと、話が膨らむ膨らむ・・・
知らないことは図々しくどんどん聞いてしまう僕もいけないけれど (笑)
はっきり言って知らないことだらけ !

でも文語体は毎週火・水・木と接していますよ。
これはさわうたにいらっしゃる方なら当たり前のこと、
唱歌はほとんど文語体ですからね。
かろうじて
父の専門分野と関わっている、というところでしょうか。
posted by セキシュウ at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

てふ

やてふさんから赤が入りました (笑)
野鳥→野獣

もう半年前のこと、
やてふさん達が、ライブの1週間前に機材を車で持ち込んで、
その後おしゃべりした時に、
命名の由来を聞いたのですが、うろ覚え、
「ええっと」
「野獣だったっけ、野鳥だったっけ」と迷う、
「てふ、なら、ちょうだろう」
で、鳥にしたら、みごと×でした・・・
くやし〜い (笑)

この前、ケークサレを、ケーキサフレとして、
同級生の赤ペン先生が指摘のメール、
その時のアドバイスとして、
「わからない、怪しい言葉は必ず検索してから」とありました。
もちろん、よくわかってはいますが、
案外忘れてしまうもの、
思い込みでススッと書いてアップし、あとで気付く、その時はもう誰かが目にしている、
時すでに遅し (笑)

全く気付かない誤植もありますよね。
本当は他人に一度チェックしてもらってからアップするのが良いのですが、
いちいちそんなこと・・・
それに、
大切な文章でもあるまいし〜 (笑)
あっ、いけない、逸れてきた !

やてふの「てふ」です。
これは古文ですね。
一番身近なのは百人一首、
「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」
懐かしいですか ?

そして古文と言えば、
父の古典講座もいよいよ来週火曜日が竹取物語最終回、
これから (夕方) 打ち合わせです。
夜は予約あり、
なのでこの時間のブログアップでした。
誤字脱字あったらゴメンナサイ (笑)
posted by セキシュウ at 16:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

ピアノに救われる

昨夜の営業前、カラオケ業者さんが所用で来たので、
「最近、飲み屋さんの様子はどうですか ?」と聞いてみました。
彼らはあちこち出入りしているので、
いろいろな情報を持っていますし、
社内でもそれらを交換し合っているでしょう。
「いや〜」
「今月はどこも暇ですよ」
「ゴールデンウィークがありましたしね〜」

たしかに我々の業界、ゴールデンウィークは営業を休むところが多い、
さらに、明けたら明けたで、
今度はお客様のお財布がお休み (笑)
厳しいのだと思います。
AMANEも夜について言えば似たり寄ったり、
幸い昼間があるので、大きくへこみはしません。
救われています。

一時低迷気味だった「さわうた」も、
このところ新しい方たちが常連化し、
今日はたまたまその方たちが4名一緒になって、
「同期ね」などと談笑、
ちょっと嬉しくなりました。
音楽を通して知り合う場の提供こそ、
「さわうた」の目指すところです。

今週は火曜日に何もなく、ゆっくりのつもりが、
いきなり急ぎの譜面作りが3曲入ってきて、
昨日今日の午後を利用して仕上げました。
今夜納品、
受け取りに来た歌の先生と、数時間おしゃべり、
博識な先生との時間はとても貴重です。
いろいろなヒントがある・・・
その先生のおかげで、
歌倶楽部さんのイベントを今でも開催していますし、
譜面の仕事も、
違うルート、つまり、
「さわうた」や「ふりうた」のお客様でないルートから入ってくるようになった、
広がっていったのです。

先生が最初に店に来たのを今でも覚えています。
なにしろいつもスーツ姿の紳士、雰囲気がありますからね〜(笑)
その時は、イベント会場を探していて、
「ピアノがある店」が条件でした。
ピアノ・・・
しかもグランド・・・
一発OKでした。

よく考えてみれば、昼間の営業もピアノあってのこと。
これがカラオケだけだったら、
たぶん、今の人数は集まらないでしょうし、
7年も続けられたか疑問です。
本当にピアノに救われました。
posted by セキシュウ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

草原ライブ音源

今日はまた異様に暑くなりました。
小島&ハイブスで3日連続の記事、
まるで3夜連続ライブのようですが、実態は23日の1夜だけ、
一昨日、昨日、今日と普通に過ごしています。

一昨日はお絵かき、と言えば似顔絵じゃなくて4コマ (笑)
その後「さわ通」制作は既に96号とか・・・
いや〜苦労している〜、
あっ、これ96からね、
くだらない ! (汗)

さっさと作り終えてから、
昨日は朝からバスケ、
相変わらずグランドは小学生が団体貸切で賑やか、
シュートを打ちながら時々様子を眺めますが、
いろんな子がいるなぁと、つくづく思います。
それぞれが個性のかたまりで、
積極的な子、そうでない子、少し輪から外れている子などなど、
これが、ある地区の、ある公立の小学生たちなのですから、
全国の、さまざまな小学生たちは、
一体どれくらいの個性を持ち合わせているんだろう、
そんな中で、どうやって大人になり、社会を形成していくのだろう・・・
と、
またまた妙なことを考えている (笑)
身体を動かすと、
血の巡りが良くなって、いや、良くなり過ぎて、
空想妄想戯言が、
どっと流れてくるから大変ですね。

昨夜は、赤羽駅130周年記念イベントを見に来てくださったお客様が、
それ以来ぶりに、ご家族でいらっしゃいました。
その方たちは、イベントを駅のポスターで偶然知ったらしく、
「関周って」
「アマネのマスターだ !」とピンときたらしい、
たしかに、珍しいからわかりやすい
これが、
「鈴木一郎」だったらどうでしょう ?
同じ名前の人、たくさんいる・・・
もっとも、
そんな人はアーティスト名をつけるでしょうけどね (笑)

小島かおるさんは、本名「薫」をひらがなに、
行志堂さんは、やはり名前をアレンジして、
やてふさんは、ある時「野鳥みたい」と言われて、
「やちょう」が「やてふ」に、
そのやてふさんが編曲した草原、
早速音源を短くアップしました。

草原キャンペーンのページ

もし、ページ内に見つからないようなら、
「F5」キー、最新の情報に更新してみてくださいね。
尚、ダウンロードランキングはシステムの都合で終了しました。
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

小島&ハイブスライブ3

ハイブスのお客様の半分は前回もいらした方で、
すっかり名前と顔を覚えました。
飲み物は皆さん生ビールなので簡単 (笑)

写真も撮ってくださり、すかさずFBにアップ、
これには大助かり、
一応仕事しているという証拠写真です。

ハイブスさんとピアノで。

a010.jpg

アコは、

aco01.jpg

かなり寄っていただき、
年がバレるではないか〜! (笑)

これは、

koj.jpg

行志堂さんのもの。

と、まあ、最近は本当に便利になりました。
撮って出し、すぐに公開できるし、
わざわざ、どなたかにカメラを頼まなくても、
このようにデータを共有することで、
記録として残せておけるのです。

ハイブスさんのお知り合いの方がビデオも撮っていたので、
そのうち動画サイトにも何曲かアップされると思います。
こちらも楽しみ、
「草原」は、僕も音源だけは録っておいたので、
近々、草原キャンペーンのページで紹介する予定、
最後の最後のアンコールでしたから、
異様な盛り上がり (笑)
それもライブならではでしょうね。

a011.jpg
posted by セキシュウ at 20:06| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

小島&ハイブスライブ2

昨夜は久しぶりに焦りました。
事前の予約客は8名、
これに当日の小島さん関係、ハイブスさん関係で、
せいぜい17・8名くらいかと余裕で構えていたら、
とんでもない、ぞくぞくと、
特に今回はハイブスさん関係で11名とサプライズ、
25名はおかげさまで大入り満員です。

a000.jpg

しかも、うちには珍しい男性多数、
熱気と呑み気で (笑)

a001.jpg

追加オーダーが入る入る、
焦ったのは、
「げげっ」
「もう回らない !」

25名のオペレーションなど、死ぬほどやってますが (笑)
中途入場のお客様やオーダーの入り方によって、
スムーズな流れが止まってしまうことがある、
昨夜はまさにその典型でした。
ハイブスさんの1ステージ目が終わった後がその時で、
短い休憩で小島さんのステージの予定が、
なかなか始められなくてご免なさい、
何しろ1曲目、オープニングから僕のピアノ伴奏が入っていたからです。
小島さんからも、
「すいませんね」
「一人でやっているもんで」とお客様にフォローして頂く始末・・・

なんとかかんとか小島さんの1ステージ目をこなし、
やっと落ち着いてハイブスさんの2ステ目では、
すっかり AMANEに馴染んだか、

a002.jpg

行志堂さん、やてふさんのMCが軽快、
チャーリーさんもにこやかに、

a003.jpg

全編オリジナルは、さすが音楽通の集団ならでは、
だてに年を取ってない (笑)
課題は、3人で合わせる時間をもっと設けることなのでしょうが、
みなさん働きながら、生活しながらですからこれには限界が、
だとしたら、
「ゆっくり長くマイペースで」とは、余計なお世話でしょうか・・・

今回は、新しい試みも。

a004.jpg

これは最近定番になった小島さんのピアノ弾き語り。
に・・・

a005.jpg

行志堂さんがブルースハープで共演、
と思ったら、

a006.jpg

やてふさんも。
「ハイブスでは考えられない」
「長いギターソロ ! 」には笑えました。

a007.jpg

その様子を行志堂さんが撮ったりして和気あいあい。
全終了は、
間もなく夜11時になるという頃、

a008.jpg

ラストまでお付き合いありがとうございました。

と言うことで、
やてふさんのコメント通り、
アフターはまったり出来ずじまい、
急いで打ち上げ〜 (笑)

a009.jpg

おつかれさまでした。
オペレーションの反省をふまえながら、
また11月、
愉快なアラフィフバンドを、これからもどうぞよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 20:47| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

小島&ハイブスライブ

昨夜、10時半過ぎにお客様が枯れて、
「そうだ !」
「描かなきゃ・・・」
翌日のライブの絵、

hib00.jpg

小島さんにハイ・ブースターズのみなさん、
似てますかね ??
ほとんど落書きに近い (笑)

ここまで描いたところで、うまい具合にお客様、
今日、少し描き足して、コピーして、

hib01.jpg

貼り出しました。
店内は、

hib02.jpg

ハイブスさんがリハーサル中、
この後、小島さんがいらして、
いよいよ夜、本番です。
つづく
posted by セキシュウ at 16:23| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

恋に落ちる時

早くも週末になってしまいました。
開店月とあって、なにかとバタバタ、
ブログの話題も豊富で、
さぞ経営も安定と見えるかも知れませんが、
いやいや、とんでもない、
苦労してます (笑)

でもその苦労も、
少しずつでも上達しているだろうピアノが救い、
毎日毎晩、
狂ったように弾く・・・
いやいや、狂ってない (笑)

昨日も深夜、少しだけ。
スタンダード・ナンバーです。

posted by セキシュウ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

続予言

昨日、「つづく」として早々にブログをアップしたのは、
夜の営業に、電話の主が来るからです。

その人は、ある時から歌を唄わなくなりました。
唄えなく、と言った方が適切か。
その理由は、大切な人を・・・と書けば、
もうみなさんお察しでしょう。
突然の別れは残酷です。

気には掛けていました。
ただ、そんな時に他人に何が出来るのか。
「唄いましょうよ」なんて気楽に言えるのか。
言えるわけはありませんね。

古くからの幼なじみ、
例えば美声の友人くらいなら言えるかも知れない、
いや、わからない、
「唄うこと」なんて、「食べること」や「寝ること」などに比べれば、
大したことではないのです。
唄えるくらい元気になるまで待つしかないのです。

それが、やっとです。
お連れさんと待ち合わせてのご来店、
元気そうな様子でしたが、どこか寂しさが漂う、
ところがそれを救ったのが、
やはり歌だった・・・

まるでその人を迎えるかのように、
歌好きのお客様が続々といらっしゃり、
自然と自分も唄う雰囲気に、
「唄ってないから」
「声が出ないかも」とおっしゃるも、
お連れさんの後押しもあって、
カラオケ、そして僕の伴奏で、
まわりのお客様はその歌唱力に驚く・・・
「ご健在ですね」

また歩き始めました。
「良かった・・・」

浅原社長のお父様の、
『彼は、歌を広めているんだろ』は、
「歌〜song」という名詞もあるけれど、動詞「歌う(唄う)〜sing」もある、
昨夜はそれだった、
それこそ僕が望んだ道ではなかったのか、
もっと言えば、
それで僕が食べているのではないのか、
歌うことを広めること・・・

有り難い予言でした。
背筋が真っ直ぐ伸びました。
おわり
posted by セキシュウ at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

予言

僕が十条で商売、カラオケBOXを始めたのはかれこれ20年以上前の話、
当時は何カ所もある1店で、
十条銀座商店街の中とロケーションはまあまあも、
空中店舗、ビルの2階だったので、
どちらかと言えば早くに潰れてもおかしくない (笑)
でもなんとか粘り凌いで、
ビルのリニューアルを機に閉店、近所にAMANEを開店したのは、
平成15年の話です。
もう耳にたこでしょうか (笑)

ビルオーナーとは今でもささやかな付き合いがあり、
店舗保険、
この更新も12回目になる・・・
去年も同時期に記事にしていましたね。
2014/5/16の記事

今年の更新は、19日、昨日の午後3時過ぎにいらっしゃいました。
書類に押印、保険料を支払って、と用事はすぐに終わる、
あとは世間話を軽くがいつものこと、
そこで浅原社長がひょんなことを聞いてきました。
「関さん」
「テレビに出ましたっけ ?」
「えっ ??」と聞き返す、
「いや、実はうちの親父がテレビで関さんを見たというんです」

浅原社長のお父様も不動産業、
つまり息子が事業を引き継いだということなのですが、
御年78歳、まだ会長職で現役のご様子で、
到底 ◎゛△ た、とは思えない (笑)
たしかに僕はテレビには出ましたが、kRY山口放送、
浅原社長のお父様が目にするはずもないのです。

「誰かの勘違いじゃないんですか ?」
「でも、親父、『彼は、歌を広めているんだろ』と言って」
「それをテレビで見たって・・・」
草原、のことでしょうか。

考えられることは2つあります。
7年前の東京新聞の取材記事を見た、
浅原社長にも買ってもらった草原ドキュメントのDVDを見た、
それを何かと混同して、
「テレビで見た」と記憶が植え付けられてしまった・・・

話はこれで終わりじゃありません。
ふと思う、
これは「予言」ではないのか ?

早速社長に、
「浅原さん、これは予言ですよ、きっと」と言うと、
「関さん、そうかも知れないですね」
「これからテレビに・・・」と浅原社長、
「いや」
「それもそうですが」
「これから何か思いも寄らないことが起きるという・・・」
もちろん、良いことです。

そうしたら、昨夜遅く、一本の電話がありました。
「あっ」
「きっと、このことだ !」
つづく
posted by セキシュウ at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

番ネコ

土・日と続いた同級生関連のイベントも、
月・火と過ぎればもう昔のこと、
普段通りの生活に戻っています。
過去から現在、
故郷から都会、
瞬間移動したような、不思議な感覚です。
それも、すべて AMANEでのことだから面白い、
集まった級友が、
過去や故郷を運んできてくれたということでしょう。

でも、それなりの労力は使います。
特に土曜日は、
午後2時に店を出、総会に出席、は、もちろん立ち通し、
夕方6時前に店に戻って営業開始、
深夜1時過ぎ、いや、全て終わった2時まで、
座ったのはピアノ伴奏の時だけですから15分程度、
12時間で15分 !
あとは動いていたって、これ、かなりなものでしょ ?
食事は、総会で出た小さいサンドイッチ2キレ、いなり寿司1コ、
これじゃ太れないわけだ (笑)

しかし、こんな激務は僕に限らないと思います。
食べる間も惜しんで働いている人はたくさんいるでしょう。
お金を稼ぐってたいへんだ〜 !
な〜んて (笑)

ところで。
日曜日、お墓の掃除に行ったら、
離れたところから、音がしました。
正確には鳴き声、
と言えば、もうわかりますね !

banneco.jpg

何家のネコ ?
友人に言わせると、番ネコだそうで。
なるほど納得でした。
posted by セキシュウ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

赤と道路

昨日ブログをアップして、とりあえず一息、
次のパソコン作業を済ませた後に、
ブログをチェック、
「あれ?」
「これって」
おかしなカタカナに気付く、
文中に、ケーキサフレ、とあったのです。
「なんと!」
なんでまた (笑)

こんなことはよくあって、
思いもよらない間違い勘違い、
その都度直すようにしているのですが、
昨夜は、嬉しいことに、
わざわざメールで友人が知らせてくれたのです。

なぜ嬉しいか・・・
それはこのブログを始めて間もない頃、
僕の語彙力文章力の低さを助けるが如く、
その友人が赤を入れてくれていたからで、
最近はご無沙汰、
久しぶりの赤に、すごく懐かしくなったというわけです。

その懐かしさは、今日のバスケの帰り、
偶然通った桐ヶ丘デイホームにも感じました。
何度も書いていますが、
僕が人前でピアノを弾くキッカケになった大きな要因に、
桐ヶ丘デイホームの存在があります。
施設の移転に伴い、旧施設に眠っていたピアノが弾けるようになり、
当時、カラオケ機材貸出しのボランティアで出入りしていた僕は、
大して弾けもしないのに、
「弾かせてください」と図々しくお願いし、
今考えたら、よくもまあと怖ろしくなる、
それでも、当時の施設長やスタッフ、
その中には木村さんもいましたが、快く受け入れてくれたのでした。
もう14年くらい前の話です。

その頃は、よく車に機材を積んであちこちの施設を回りました。
北区や荒川区のどこにどんな施設があって、
道はどう行けば良いのか、
おかげで抜け道に強くなり、
昨日園主夫婦を乗せて店に来る時も、
日曜で混みもしないのに抜け道、
助手席の園主から、
「なんか、店から遠ざかってない?」
と、つっこまれる始末、
「いけない、癖になってる (笑)」
確かに、抜け道は遠回りすることが多いですからね。

今は幸か不幸かボランティアの依頼も数えるほどになり、
あったところで、昼間の営業があるので無理なわけで、
大抵お断りすることになるでしょう。
先々月、桐ヶ丘デイホームからもあったのですが、
これも土曜日の午後の営業とぶつかってごめんなさい、
身体が二つあればと思うことも時々はあります (笑)

何かに一生懸命な時は、周りがあれこれフォローしてくれたり、
少々面倒でも付き合ってくれたりすることを、
当然の如く捉えてしまうことがよくあります。
ありがたさは、
その人たちと疎遠になってから気がつく・・・
懐かしさの中のほろ苦さ、
昨日の赤のメールや、今日の桐ヶ丘デイホームの道路が、
そんなことを教えてくれたような気がしました。
posted by セキシュウ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

農家カフェ

昨日忙しかったのは、
ふりうたを早めに切り上げ、東京駅まで、
このところ3年連続、今回4回目となる高校の東京地区同窓会総会に出席、
その後 AMANEにて同期会を催したからでした。
今年は同期の参加者は少なく、
というのも、総会の幹事期というのが2年前、
その時は店に入りきらないくらい大賑わいでしたが、
さすがにそれを過ぎればみな多忙な元通りの生活に戻る、
「自分達の当番の時だけはせめて」の意識は仕方のないところでしょう。

総会では上は90歳越えの大先輩から、
大学入学仕立ての10代まで、
昨日は270名近くの同窓生が集まり賑やか、
当番期は2年後輩になるのですが、
顔見知りも数名、
次期当番期の3年下からも、
「関さんですよね ?」と声をかけられて、
「えっ ??」
なにげに知られた存在かも〜 (笑)

総会は夕方終わり、店に戻って同期会、
今回は6名と少人数だったので、貸切にせず一般営業の中で、
そうしたら、上手い具合に会社勤めの常連さんが5名見えて、
カラオケの選曲に共有する部分たっぷり、
うさぎさんチーム、かめさんチームで盛り上がったのでした。
その後カウンターにもお客様が二人、
バタバタと動き回り、
終わって後片付けて深夜1時、
でもそこからまた翌日の準備、
今日、今度は中学の仲間たちが集まる楽しみなイベントがあったからです。

タイトルはずばり「農家カフェ」
って何 ??

AMANEのスケジュール表をチェックしていたた父も聞いてきましたよ。
十条で農家カフェ・・・
わけがわかりませんね (笑)
簡単に説明すると、
僕の同級生で、農業を始めた、このブログでは「園主」と紹介している彼が、
無事闘病を終え、来年農業を再開するにあたり、
今度は古民家を利用して飲食店のオープンも同時に計画、
その慣らし運転で、
AMANEを利用して1day カフェをやってみようと企画したのです。
(シリーズ化を予定しています !)

テーブルは、レイアウトを変えて、

noka01.jpg

囲みスタイルにしました。

バスケットには、自家製のパンが全4種、
これは園主の奥様作、
朝4時起きで焼いたとのこと、本格的です。
小皿に盛られたのは、
園主のブラウニーにケークサレ、
ブラウニーは3月の貸切ライブで子どもたちに大人気だった自慢作、
2015/3/22の記事
しっとりと優しい味でした。

パンは、オーブンが家庭用で火力が弱く、
味自体は良いけれど、食感に少々の問題あり、
これは今後どうするかの課題を残す、
しかしだからこそ自営はおもしろいのだと思います。
自分でやって、自分で感触を確かめて、自分で取捨選択、創意工夫していく、
それは100円の商品でも10,000円の商品でも、
なんでも一緒です。

集まった中学の同級生は、遅れて終わり頃来たのを含め12名、
久しぶりの再会に話は尽きない様子でしたが、
夕方にはお開き、
余興で弾き語りをした園主のギターと、
空っぽになったタッパーや袋を車に積んで、
港区の海のそばのマンションに住む二人を送り届け、
どうせならと、車を止めてしばし東京湾を眺める、

noka03.jpg

わずかに潮の香り。
夕刻、
そろそろ日が沈もうとしている、
後ろを振り返ると、

noka02.jpg

日の出水門、
左側に太陽、
「日の出水門に日の入りですか〜 !」
えっ、おもしろくない ??
すいません (笑)

あまりのつまらなさに失笑しつつ、
帰り道に、ちょっと気になって青山墓地に立ち寄りました。
「草が」
「すごいんじゃないか ?」
行ったのは2ヶ月前、
この時期、2ヶ月経てば・・・

noka04.jpg

「ありゃ〜」
「草むらだ !!」

お墓の中だけ草を抜いて掃除、
帰り際、ふっと横を見たら、
伐採された大銀杏の切り株から、

noka05.jpg

「うわっ !」
「葉っぱが出てる !!」

すごいというか、なんか、こわい(笑)
これぞ、生命力でしょうね。
posted by セキシュウ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

深夜の1コマ

わかりもしないくせに、
古文の話を続けてしまいました。
ここらで軌道修正して・・・
と言っても、今夜は忙しいので (笑)

深夜の1コマをアップします。
動画、相変わらず夜な夜な弾いているんです。

posted by セキシュウ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

ありがたさと版本

素人考えを生意気に書いたら、早速コメントが入りました。
ありがとうございます!
こうなったら、もう少し付け加えちゃいましょう。
すぐ調子に乗る (笑)

僕が思う古文の面白さ、
それは古文に限らず、古くから伝わってきたものも同じですが、
やはり何と言っても「ありがたさ」がある、
平安物語で言えば、
コピーも印刷する機械もない時代、
手で写されて伝わってきた重み、
これは金額にするとどんなものか・・・
いやいや、お金に例えちゃだめですね (笑)

この次にやる源氏物語は、世界最古の長編小説といわれているのですが、
54帖、超長いものを (笑) いちいち書き写して伝わってきたのですから、
驚きの他の何ものでもない、
もっとも、桃山時代末期から江戸時代初期には、
木版印刷で漢字平仮名まじりの物語が出回ったので、
そこまでの間だとしても、600年はある・・・
すごいことだ・・・
って、そうでもない?

こんな考え方も出来ます。
ここでまたまた例え話に、僕の草原を出してみましょう。
ブログを読んでいる殆どの方は、
僕の草原はご存知、
しかし、千年後、
みなさんも僕もこの世ととっくにおさらばした頃に (笑)
僕の草原が世界中で歌われていたら・・・
いや、日本中でもいい、
こんなに素敵なことはない、
僕、そして草原が好きで応援してくださってる方にとって、です。

と言うことは、
千年前に書かれた古典文学にも、
作者はもとより、多くの応援者、つまりはファンがいて、
その方たちの心も沢山こもっているのだ・・・
だからありがたい・・・
って、わかりますかね?
理屈っぽい?
ごめんなさい (笑)

じゃ、ここで気分転換に画像、
江戸時代の版本をお見せしましょう。

utuho.jpg

うつほ物語です。
先月父と打ち合わせした時に撮ったもの、
達者な方なら読めるかも知れません。
posted by セキシュウ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

感覚で

今日は夕方父のところで古典講座の打ち合わせでした。
その時間には真夏日もようやく収まっていて、
ふらふら外出は心地良し、
それでも人が少なく感じたのは、
昼の異常な暑さに、熱中症を避け、外出を控えた方が多かったからでしょう。
天気予報でも盛んに呼び掛けていました。

全9回で始まった竹取物語の講座も、残すところあと2回、
いよいよ月からの使者が来るクライマックス場面です。
前回の講座、枕草子は、
各段を順不同にピックアップしながらでしたが、
竹取物語は頭から通して、
ですから、いよいよ感が強い、
「ここまで来たか」と山の八合目、
「もう少しだ!」
山はもちろん富士山、
なぜかは竹取物語をお読みの方ならわかるはずです (笑)

古典講座を始めたことから、三十数年ぶりに、
少々真面目に古文と触れています。
真面目に、としないところが味噌 (笑)
文法云々よりも感覚、
まずはそれが大切で、
感覚とはズバリ「面白く思うこと」
これは音楽もそうでしょう。
ドレミがわかり、
楽譜が読め、
それからでないと音楽が出来ないのか?
そんなわけはない、
もしそうだとしたら、ほとんどの人は音楽をやらないかも知れません。
古文も、
それ自体面白いものと感じれば、
文法は、後から、少しずつわかっていけばいいと思う、
もちろんこれは生涯学習などに限りますけどね。

竹取物語で面白いのは、
どの視点からも物語を楽しめることで、
男女の視点、家族の視点、
社会の中のそれぞれの視点、
会社の中の管理職だったり平社員だったり、
あるいは、町中でほそぼそと暮らす職人さんだったり、
「自分がもしその立場だったら」と想像しやすい、
つまり、物語の中に自分を見つけられる、ということだと思うのです。
今は女性も働く時代ですから、尚更ですね。

竹取物語の場合、まず登場するのが、ほそぼそと暮らす職人さん。
例えばこれが僕としましょう。
名をば、せきあまねとなむいひける (笑)
ほそぼそと日々ピアノを弾いて曲を作って歌っていた。
ある日突然、すごい曲が出来た。
この曲を巡ってレコード会社の争奪戦が始まる。
わけないでしょ〜 (笑)

と、まあこんな感じで、
経験プラス想像で楽しめるのが、
中高年の古典文学、
カルチャースクールなど随所で人気なのもわかる気がします。
posted by セキシュウ at 20:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

白い影

昨夜、歌倶楽部の方が店を出る頃に外は大雨、
いよいよこれから荒れるというところでした。
当然お客様は期待できそうにない、
でもそれを見計らって現れるのは美声の友人、
ある意味助かります。
閑古鳥〜、にはならないのですからね (笑)

世間話をしたり、ちょっと深刻な話、
お口直しにカラオケ、その間僕はブログをと、
時間は有効に、
閉店時間はあっという間にやってくる、
そして上手い具合に雨は上がっている・・・

彼を見送った後、
通りの向こうを見たら、ふっと白い影、
「もう」
「出てきたね」

shiro01.jpg

手前の白、じゃありませんよ !
これは、風で飛んできたコンビニの袋かなにか、
わかりますよね (笑)

shiro02.jpg

「早いお出ましですこと」

模様はシロクロですが、
夜は、遠くからだと白が目立つ、
だから白い影になるというわけです。
posted by セキシュウ at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

気になる

今朝はなんとも言えない曇り空、
これぞ荒天の前兆、
時折強く吹く風に、くるくる回る落ち葉、
「台風が」
「来るんだ・・・」

さわうたに一番にいらしたお客様が、
次にいらした方をつかまえて、
「台風って」
「こんな時期に来ましたっけ ?」と話していました。
「地球がおかしくなっているのよね」
「うんうん」

カウンターでドリンクを作りながら、
そうかも知れないし、そうでないのかも知れないと思う、
人間から見れば「地球がおかしくなっている」
しかし、大自然からみればどうなのか・・・
「人間が勝手におかしく思っている」
「人間の都合にあわないと思っている」
或いは「人間がおかしくしてる」
そっちが正解ではないのか、など、
相変わらず屁理屈、
いやいや、そんなことより仕事でしょ (笑)
大きな事をあれこれ考えるより、まずは小さな事、
ドリンクを手際よく出して、気持ちよく伴奏を始める、
それが僕にとって一番重要なことです。

荒天予想にもめげず、
さわうたは14名、午後からのプチ・シャンソンは10名、
プチ・シャンソンでは、
「これから台風が来るというのに」
「みんなよく来るわね・・・」
「ここの人たちはみんな猛者ね」とある方が、
それはご自分もでしょ (笑)
でも、大勢で有り難い限り !!

夜の営業は、
開店時間に合わせて歌倶楽部主宰の男性が、
出来上がった譜面の料金を支払いがてらの来店でした。
使うのは今週の日曜日で、別会場、
僕はただ譜面を作っただけなのですが、
料金を、使用する前に払っておきたいという男性の気遣いが嬉しい、
「きちんとした方だな」と思う、
そういうことで人は信頼される、
それは自分にはまだまだ足らない部分で、
ルーズなところがあるところを反省です。

40代には、全く気にしなかったことが、
50代になって気になり始めています。
何ででしょうね。
もっと早くから気にしていれば・・・と思ったりもしますが、
今更どうにもなりません (笑)
posted by セキシュウ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

孤独なバスケ人

僕にとって最も多忙の第2週が始まりました。
プチ・シャンソン、予約、週末も忙しく、日曜日もパーティー、
しかしこれくらいやらないと、
無愛想酒場マスターは食っていけない・・・
ことはないか、
まあ、深刻ではない (笑)

ブログやツイッター、フェイスブックなど、
さらに記事のコメント欄、2ちゃん等々、
さまざまな人の意見が容易に見られるようになり、
どちらかと言うと、束縛のない、自由な生き方をしている僕は、
「へえ」
「こんな考え方があるんだ」と、
感心するような驚くようなことが多い、
また、それらを強く発信できる人を凄いと思ったりします。

時々、いわゆるハマってしまって (笑)
深くその案件を読んでしまいそうになり、
待ったをかける、
「今は、そんなことをやってる場合じゃないでしょ」
きりがありません。
ほどほどに。

今日は、月曜恒例のバスケへ。
コートで一人黙々とシュートを打っていたのですが、
周りは賑やか、
バーベキュー広場に園児たち、グランドを小学生が貸切、
そこで孤独なバスケ人は考えた (笑)

「この子たちにはそれぞれ親がいて」
「その親も、何かの縁で知り合って」
「知り合う前には」
「当然この子たちのような時代があって」

300人くらいはいたのかな。
一人に対して二人親が、その二人にそれぞれ二人親が、
「ええっと」
「全部で7人、が300組で・・・」
何が言いたい (笑)

子どもたちが元気に走り回る姿に、
多くの人たちが関係しているということ、
それぞれの生活があるということ、
それだけ重いということ、を、
なんとなく不思議に、いや、少し怖く感じてしまった、

kodoku.jpg

それは、騒がしい中で、僕が一人だったからかもね。
posted by セキシュウ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

赤羽

もう5月も10日、3分の1が終わりました。
午後、所用で赤羽まで行き、某大手スーパーに入ったら、
今日第2日曜日は「母の日」ということで、
らしき商品が並ぶ並ぶ、
ここぞとばかりの勢いは、さすが、
「ここまで頑張らないと」
「いけないんだろうな・・・」

自身の姿勢を反省します。
僕には、なにがなんでも商売、という意識が薄い、
「よく、そんな態度でやってられる」
「もっとうまく」
「お客様を持ち上げたりすれば ?」
ですよね〜 (笑)

まぁ、今更言っても仕方がない、
もう AMANEはそういう店だと知れ渡ってしまい、
夜のお客様で、
心地よいヨイショある接客を望む方々はゼロに等しくなった、
いよいよ頑固オヤジマスター化してきたとか・・・
困ったもんだ・・・

ところで、赤羽は混んでました。
「馬鹿祭り」があったんです。
僕は行きませんでしたが、
行ったらしき人たちが、
スーパーにも多く押しかけ、人だらけ、
「きっとこの中に」
「知っている人が必ずいるだろう」と思う、
ただ会わないだけです。

僕の中の馬鹿祭りは、やっぱり太鼓。
大江戸下町太鼓さんを観に行ったのは、
5年前のことでした。
大江戸下町太鼓の記事

「また練習場所の荒川河川敷まで」
「走って行ってみようか・・・」
今の体力では自宅からは無理、
かなりしょぼくなっているのです (涙)
posted by セキシュウ at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

心の中で

今日は今にも降り出しそうな天気でしたが、
日中降らずでラッキー、
午後から自転車で行くところがあったからです。
6枠ある「ふりうた」の2枠を削って、
3ヶ月に一度のお誕生日会の伴奏、
会場は線路の向こうの町会会館で、
歩くと10分くらいかかる場所なのです。
踏切に引っかかると、もっとか・・・
ギリギリの移動時間で、
雨で歩きだと間に合わない可能性が高いのです。

今日は前の出し物の落語が早く終わったようで、
着いたらもうキーボードがセットされ皆さんお待ちかね、
早速リクエストを募りながらの伴奏スタートになりました。
叙情歌から懐メロ、フォーク、ポップスと幅広い、
ほとんどが朝のさわうたで弾く曲ですが、
中には珍しいのもある、
今日は、西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」が出て、
「おっと」
「キーなんだったっけ」
ゆるゆるでタマミが唄ったのをなんとなく思い出し、
「たしか Dだった」
唄いだしたら、
「あれ、ちょっと低いか・・・」
戻ってチェックしたら原曲はE♭、タマミ用にキーを-1に下げたんでしたね。
そこまではさすがに覚えてないや (笑)

ところで新曲、
昨夜営業終了後に唄ってみました。
まだほやほやなので、
譜面と歌詞をおっかけおっかけですが (笑)
こんなのを見ながら唄ってるんです。

kashi.jpg

キーはD、3番で+1、E♭に転調してみました。
最初はちょっと低い感じがしますが、
最後は高くなる、
音域は2オクターブ近くあります。



「心の中で」
公園で誰か待っている
覚えある後ろ姿
小さいね 可愛いね
だけどね 僕はね 通り過ぎる
心の中で 愛を育てよう

故郷を遠く離れてる
想い出す山の姿
緑だね 優しいね
だけどね 僕はね それっきりさ
心の中で 恋を育てよう

微笑んで立ち止まってる
幼子をあやす姿
まあるいね 嬉しいね
だけどね 僕はね 瞳閉じた
心の中で 命育てよう
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

流す

昨夜は、新曲の歌詞をほぼ完成させ、
さぁ、テストで唄ってみようかというところでお客様がいらっしゃいました。
見た顔、同級生です。
と言っても、最近親しくなった高校時代の同級生で、
ギターが趣味、自宅も埼玉でわりと近い、
大のビール好き、と、
AMANEのカウンターにぴったり (笑)

ところがその同級生、
昨夜はいつものペースでビールが進まない、
やや、ろれつも回らない、
「さては」
「飲んできましたね (笑)」

こういう時にするのは、本音に近い話です。
会社のこと、家族のこと、
普段言えずに抑えていることを、
それとなく聞き、
流していくのが僕の役目、
この「流す」のがなかなかの技、
流れを食い止めるような発言は、気を悪くするし、
ただ頷くだけでは、聞いているのか聞いていないのかわからない、
「どうせ酔っているから」と侮ってはだめ、
酔っているからこそ過敏で、すぐに反応してくるんです。
あ〜あ、酒場って面倒だ〜 (笑)

それでも嬉しいのは、
もう飲めない状態なのに、
うちが最後の一軒、締めの一軒として顔を出してくれること、
そして、愚痴でも何でも話してくれる、
それは、同級生として気を許している、
信頼してくれているという証拠・・・
なんて、
ちょっと良く考えすぎ ??

そして今夜。
これまた、新曲をテストで唄ってみようとしたところにお客様・・・
「しかたがない」
「夜中にでもやりますか」

でも、これでいいんですよね。
お客様があってこそ、曲が作れ、唄え、してるんですから。
当たり前のことなのですが、
ときどき忘れそうになります。
自営業、しかも好きなことが活かせる業種は、
逆に危険、
好きなことに流されてしまわないように、
ブレーキをかけながら進まなければなりません。
いずれにしろ「流す」は難しいという話でした。
posted by セキシュウ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

しつこ過ぎ

今朝はどんよりとした曇り空、
「こんな日に」
「連休明けで仕事となったら」
「気分は乗らないだろうなぁ・・・」
ふと一般のサラリーマンの気持ちになった、
大きなお世話ですけど (笑)

僕はすでに今週火曜日から仕事、
今日でもう3日目ですから絶好調、でもないか・・・
お客様の方は絶好調で、
ここのところ忙しくなってきた木曜日のさわうたは、
今日も21名と熱気ムンムン、
冷房を入れるか入れないかのギリギリライン、
外が涼しかったので入れずに終わりました。

木曜日は、一昨年後半頃、
10名そこそこの日が続いた時期があったのですが、
少しずつ持ち直してきて、
今や一番活気のある曜日になっています。
その前は水曜日、
街でばったり会った水曜日のお客様から、
「あまねさん」
「最近木曜日、すごいんですって ?」と声をかけられ苦笑い、
情報が飛び交ってる (笑)
まあこれも、地域に根付いた証拠でしょう。

昨夜は少し時間にゆとりがあったのと、
夕方ふと見かけたシーンが心に残っていたのとで、
早速、曲作りをしました。
始めると頭の中はそれ一色になり、
特に歌詞探しに悩む、
今もその最中 (笑)

とても短い歌詞なんです。
最近は、どうも長いのは苦手・・・

曲を作り始めた頃、
僕のオリジナルを聞いた男性の常連さんから言われたことを思い出します。
「あまねさん」
「歌詞は」
「もっとまとめないとだめだよ」
8年か9年前だったか、
その方は当時60過ぎ、
あれこれ盛っている僕の歌詞は、しつこ過ぎたんでしょうね。
今ならよくわかります。
「そんなこと」
「歌詞で説明しなくたって」
「伝わるよ」

短くて、シンプルで、
でも心に届く曲、
そういう曲を作ってみたいんです。
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

名前

1日遅れで書いていた記事を、
昨日強引に戻して、やっと「その日のこと」になりました。
日々更新なのですから、
出来れば当日起こったこと、思ったことなど書きたい、
それは僕自身の気持ちもありますが、
日々このブログを訪ねてくる読者のことを考えると尚更です。

パソコンに向かうのが大抵夜で、更新が遅くなる僕の記事を、
翌日に読んでいる方も多いでしょう。
そうすると、
1日遅れの記事なら、実質2日前のこと、
かなり現実とは乖離してしまう・・・
たとえば今日で言えば、
水曜日に、月曜日起こったことを読む、
これはどうでしょう・・・
違和感がある ? ない ?
あまり感じない ?
気にし過ぎですか〜 (汗)

さて、ここからが本題 (笑)
昨日の記事でたまたま書いたお猿さん、
その名前のことが、
今日ニュースで話題になっていました。
大分の動物園で生まれた赤ちゃんの話・・・
結局 NG になりそうとのことですね。
あらあら。
まあしかし、微笑ましい話ではあります。
猿の赤ちゃん、
ちょっと応援したくなっちゃいますね (笑)

今日は暑くもなく寒くもなくの、
程よい陽気です。
連休の最終日とあり、街は静か。
さわうたを終えた正午過ぎ、
普段はどこか涼しいところでお休みのヤツらが、
今日はとばかりに昼間から街をうろつく、
ふふっ、
御猫のことですよ (笑)

ほらいた !

tora01.jpg

おっ !
かわった・・・

tora02.jpg

柄だ !!
「名前は・・・」
見つけた人がそれぞれ付けるんでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

サル

一日ずれのブログ記事、昨日のつづきは5月4日のことですが、
これまた全休、海の次はと山方面、
新緑を味わうならとススッと繰り出しましたは八王子、
しかしこれは半分気になってたことを実行するためで、お墓参り、
母方の祖父母が眠る東京都八王子霊園まで行ってきました。
父方は、場所が都心で行くのは容易ですが、
母方は、名称こそ「八王子霊園」とあるものの、
最寄りの駅は高尾ですから、もう半分山の中、
時間に余裕がある時にしか行けません。

昨日はゴールデンウイークで道路が空いていて、
片道1時間と少し、
それこそ先日弾いた「中央フリーウェイ」で八王子出口まで、
そこから20号、甲州街道を真っ直ぐ、
高尾街道に入って緩やかな坂を上ったあたりが目的地です。

「みどりの日」にふさわしく、
街道沿いは眩しいくらいの緑、
ここまで来ると、間違っても都会とは言い難い、
もうずいぶん昔、
20代で初めて納骨に訪れたときのことを今でも鮮明に憶えています。
「ここ ?」
「東京 ??」
当時、夜の派手な世界を職場としていた僕には、
この光景が、
「東京」という単語の持つキラキラしたイメージとかけ離れていて、
すごいところに来たという驚きしかありませんでした。
ですがこれも、
僕が勝手に作り上げたイメージだったと分かったのは、
都会生活を長く続けたから、
ネオン街の眠らない街は面積にしたらほんの一部、
ただそこに人が集まってくるから派手で目立つだけで、
そこ以外は古い商店街だったり閑静な住宅地だったり、
都下に行けば、自然がたっぷり残されていたりしたのでした。

霊園内に、

yama02.jpg

こんな注意書きがありました。
サルですって !

yama01.jpg

サル出没ですよ・・・
僕のことではありませんよ (笑)

そして今日、5日は「こどもの日」ですが火曜日なので仕事です。
午前中はさわうた、午後からは古典講座、
講座には、
珍しい方がいらっしゃった、

kote01.jpg

父の正面でテキストを真剣に見つめるのは、小島かおるさん、
かねてからの、
「一度」
「受講してみたい」が実現したのです。
講座の後に、僕とライブのリハがあったので、
これは良いタイミングと、いらっしゃいました。

今日の内容は、いよいよ帝のお出まし、
かぐや姫との会話のやりとりに、
敬語の使い方で感じ取れる帝の心境の変化を説明、
普通は流すところも、
見逃さずしっかり解説するところが父らしい、
国語学者のこだわりを感じたひとときでした。
所謂「らしさ」でしょうか。
関一雄らしさ。

それは分野は違えど小島さんも同じですね。
小島かおるらしさ。
23日のライブが楽しみです。
posted by セキシュウ at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

幸せを運ぶ

好天の続くゴールデンウィーク、
昨日今日の全休を利用してプチ遠出、
と言っても都内ですから、大したことはありません。
平日よりも道路は空いていて、
移動は楽ちん、
まずは昨日、海方面に出かけてきました。

近くて楽しめるのは、葛西臨海公園、
午前中から行くと混むだろうと、
わざと狙って午後、
のんびりと繰り出した、

01kasa.jpg

「ゴールデンウイークなら」
「まぁ、こんなものか・・・」

空を横切る飛行機も、
特に目新しくもありません。

ところが、
橋を渡って浜に出たら、

02kasa.jpg

「ありゃ」
「おもしろい模様の」
「ハトさん !」

トコトコトコと、
波打ち際に近づいて、

03kasa.jpg

「海を見渡す ?」

いや・・・
目線の先には、

04kasa.jpg

幸せそうな (笑)

05kasa.jpg

もしかして、
このパンダのようなハト、
「幸せを運ぶハト」ですか ?

だったら、良いですね。
会えて良かった〜 !!

06kasa.jpg
posted by セキシュウ at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

胸の振り子

今年も5月3日が来てしまいました。
昨日の記事にコメントをくださったやてふさんや、
その文中に名前の出た小島さん、
(たしかに、昨日のイラストはお二人になんとなく似てる・笑)
その他、
数え切れない人たちと音楽というジャンルで時を共にし、
楽しい思い出を刻んできましたが、
ここ最近で、
一番印象深く、考えただけで切なくなる思い出は、
2012年5月3日、
同級生たちと『小高い丘』をレコーディングしたことです。
あれから3年が経ちました。

終わった日の深夜、
日にちは4日になってしまいましたが、
ブログを短くアップしています。
2012/5/4の記事

この日からのブログは、
翌5日はそこそこ書いたものの、
翌々日からの短いこと短いこと、
寝る間も惜しんでアニメーションを描いていた・・・
そのゴールが5月10日。
2012/5/10の記事

昨年も、一昨年も、
5月になると思い出す、
これからもきっとずっと。

何か一つのことをやり遂げたときの達成感ほど、
素晴らしいものはないと言います。
曲を作り、同級生たちと唄い、レコーディングし、
アニメーションを作って動画サイトにアップした、
その達成感は、
もう、めまいでくらくらするほど、
(実際、良性発作性頭位めまい症になった・笑)
大きなものでしたが、
そんなものはもう欠片も残っていない、
ただただ喪失感ばかりが・・・

5月になると、
急に心が騒ぎ出し、
胸の振り子が揺れ始めるのです。
posted by セキシュウ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

メガネとフリーウェイ

4コマの4コマ目、
さわごえ君が似合わないのは「メガネ」ですが、
何が原因か・・・
まず鼻がないというのが一番でしょうか。
「だったら」
「描いてみる ?」

物好きですね (笑)
ついでに、眉毛、目、頬に手を加え、
すこし格好良くしてみたら・・・

さわごえ君1コマめがね.jpg

別人 ? (笑)

ところでメガネと言えば、
視力の弱い人は、
車の運転でもメガネを必要とされていますね。
昨夜営業終了後、
今日から混んでイライラするだろう高速道路を思い、
ちょっと弾いてみました。

焦らずにノンビリと〜
そんなイメージです。

posted by セキシュウ at 19:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする