2015年09月30日

独唱会とどんぐり

9月も今日で終わり、
今年もいよいよラスト3ヶ月になりました。
締め括りの今夜は、第16回独唱会、
今回は始まって以来の少人数、一人欠席で6名の出演者ですが、
これも時の流れ、
無理に強要することなく、自然の流れでやってきた会ですから、
こうなることも不思議ではありません。
「ふりうた」から派生した独唱会は、
ふり・・・フリーに、自由に、
うた・・・歌う、のが主旨なのです。
独唱会の参加も、みなさんの意思で、
少ないときは少ないなりに、個々を尊重してこれからも続けていければと思います。

「どんぐりころころ」は今朝も歌っています。
即席の4番はなかなかの評判で、
中には、歌詞をメモした方もいらっしゃいました。
「どうですか ?」と尋ねたら、
「いいですね」
「さすがですね」と仰った方は、父の古典講座にもいらしている方、
その「さすが」は、すぐに想像が付く、
「さすが国語学者の息子」でしょうか。
これを何というか・・・
親の七光り !! (笑)
まあ、それでも褒められないよりは良いでしょう。

明日も歌います。
木曜日のさわうたのお客様は、ブログを読んでいる方が多いので、
冷静な反応でしょうね。
posted by セキシュウ at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

落ち葉

二夜連続で月を拝むことが出来ました。
二日目はスーパームーンとのこと、
たしかにそう言えば大きくて明るいなと思うのは、
事前に知らされていたからで、
何も知らなければ大して気にしなかったかも知れません。

こうして月が話題になるのも、ネット、ブログ、SNS、
そしてスマホの普及も一役買っているのだと思います。
多くの人が夜空に向かってカメラを構えた、それを投稿した、
そこには大抵撮影者の一文もついている、
それについて誰かがコメントを書く、
いったいこの二日で、どれ位の人が投稿したのか・・・
コメントを書いたのか・・・
何千、何万、何十万 ?
こんなことになろうとは、月も予想しなかった ?? (笑)

昨日営業を終え、店を出た頃には、ちょうど月も見えなくなっていました。
モコモコしたうろこ雲の中に、まさに雲隠れ (笑)
撮られ疲れしたとか・・・
代わりに風が強くなってきて、
気の早い落ち葉が道路や歩道で騒ぎ始めました。
どこからか、大きな、あまり見かけない葉っぱがやってきて、
迷子になったとでも言いたそうです。

昨日の記事に書いた「どんぐりころころ」は、
早速今朝のさわうたで紹介、唄ってみました。
唄い心地としては、
3行目がやや不自然、
「落ち葉がふわりと まい上がり」よりも、
逆、
「ふわりと落ち葉が まい上がり」の方が良かったか、
それから、文意をきちんと伝えるなら、4行目、
「私がママよ」より
「私よ ママよ」とした方が良いか、など、
いろいろ考えながらでしたが、
まぁ、あんまりこだわってもね (笑)

こういうものは、その場で思いつき、アドリブでやるから楽しいし、
多少の失敗も、それはそれで記憶に残ります。
何度も推敲し、じっくり練って仕上げた作品が、案外不評だったり、
何の気なしにするりと作ったのが涙ものだったり、
見る人、読む人、聴く人がどう感じるかわからないから面白いのです。
posted by セキシュウ at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

どんぐりころころ

竹取物語は作者不詳とのことですが、
さわうたで作者不詳として唄われる歌に、「どんぐりころころ」があります。
1番2番はみなさんご存知の通り、
3番もあるということで、面白可笑しく唄っているのです。
画面で紹介しますね。

donguri.jpg

この詞を見て、いろいろ思うこと有り、
続き、4番を作られた方もいたそうで、
じゃ、セキシュウが作るとどうなるのと興味ある ? (笑)

名月に創作意欲を促されて、即席で作りました。
如何でしょう・・・
1番から記します。

どんぐりころころ どんぶりこ
お池にはまって さあ大変
どじょうが出て来て 今日は
ぼっちゃん一緒に 遊びましょう

どんぐりころころ よろこんで
しばらく一緒に 遊んだが
やっぱりお山が 恋しいと
泣いてはどじょうを 困らせた

どんぐりころころ 泣いてたら
仲良しこりすが とんできて
落ち葉にくるんで おんぶして
急いでお山に つれてった

どんぐりころころ お山でも
しばらくやっぱり 泣いてたら
落ち葉がふわりと まい上がり
私がママよと ほほえんだ
posted by セキシュウ at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

月を見て

上がったと思った雨がまた降り出したのは昨夜のこと、
今日になって雨は上がるもはっきりとしない天気、
しかしそれも夕方には幕引き、
新たな舞台はすっきりとした青空で、まるで待ってましたかのような月、
それを中秋の名月と世では騒いでいます。
フェイスブックに溢れんばかりに投稿される月の写真は、
全国的に天気が安定している証拠、
しばらくはこのまま好天が続くのでしょう。

月を見て喜ぶ輩を見る傍ら、そう言えばと竹取物語を思います。
月を見て泣いたかぐや姫、
月には陰と陽があるのは千年も前から人々が感じ、物語の中に託していたことで、
この世を去った人を偲ぶ陰、
死んだら月に行くと思ったか・・・
星ではないのは、
きっとその人が現世で大きく輝いていたから・・・
などと、
わかりもしない推測を名月の夜に繰り広げてみます。

当時の人々の信仰というのも、平安時代の物語から興味深く感じます。
魂、霊が、大きくつかさどっていたこと。
たとえば病気の原因は、祟りや穢れであった、
病などの禍の原因は怨霊の祟りであると考えられていたそうです。
これは特に目新しい話でもないでしょう。

前回の古典講座では、「いのち」の語源の話が出ました。
いのちの「い」、は息である、
そして「ち」、は魂や霊である、
「いのち」とは「息の霊」。
(諸説あります)

なんとなくわかります。
「息を引き取る、と今も言いますね」と父の説明には納得でした。
ちなみに、「ち」は、
「やまたのおろち」や「いかず(づ)ち」でも使われています。
受け売りですが・・・(笑)

月の光は遙か昔をも照らしてくれますね。
posted by セキシュウ at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

小糠雨

今日もまた迷う天気でした。
雨は上がり、日は差すも気まぐれ、
こんな日は道行く人の格好も気まぐれで、
半袖一枚から薄手のコートまで、
暑がり寒がりを一目判断できます。
ちなみに僕は七分袖、寒がりですが意地っ張り (笑)

連休明けの週末ときて、なんとなく夜は静かです。
昨夜は、いつも水曜日に来る方が金曜日に、
「あれ? 金曜なのに暇ですね」と仰いました。
金曜日が忙しいのは繁華街だけの話、
地域密着型に金曜日の恩恵は少ないと思います。
だからといって土曜日が忙しいわけでもない、
「じゃ、いつ忙しいのさ?」
「さあ・・・」
「お客様に聞いてください」

そんな (笑)
ま、でも、久方行ってないとお思いの方、
ぜひお待ちしております。
夜だけでなく、さわうたも!

と、営業してないで (笑)
昨日の営業終了後の深夜弾き、
そぼ降る雨にインストでアドリブしてみました。
この雨に泣いた方も今月は大勢いらっしゃいましたね。
1日も早く元の生活に戻れますように。
新しい生活につけますように。

posted by セキシュウ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

エアコン

音楽に割く時間の半分は、五線譜に、
真っさらの五線譜に向かっていることで、
お客様の唄う曲だったり頼まれたものだったり、
昨夜は圭未の唄う予定の3曲を採譜していました。
来週水曜日の独唱会用です。
僕がピアノ伴奏するだけなら、ネットのコードだけで充分、
なくてもよいのも沢山ありますが (笑)
他の演奏者が入る場合はそうもいきません。
昨夜の中の1曲は、ずいぶん昔にやった曲で、
圭未から、
「やったわよね?でも私のところには譜面がないの」と言われ、
「そう、当時はコードだけで弾いてたのもあるから」と答える、
譜面がないということは、かなり前の証拠、
それこそ草原発表一周年をやった頃の話でしょうから、
7年前くらいか・・・
はるか昔の話なのです。

今日はまた涼しい、いや、ニュースで11月頃の陽気と言ってましたから、
寒い1日になりました。
ですが店内は軽く冷房 (笑)
ふりうたにいらっしゃる方は徒歩で来る方も多く、
長い時間歩くと暑くなるのです。
確かに僕も、今日は半袖の上に1枚、
5分くらい早足で歩いて中に入ったら、ムッとして、
急いで冷房を入れました。
上着を脱いでしばらくすると、今度は冷えてくる、
調整が難しいですね。
上手にやらないと、体調を崩してしまいそうです。

今週のさわうたでは、
エアコンの室内温度を26度に設定して、そのままにしていたら、
天井の吹き出し口の真下の方から「寒いわ」と言われました。
ピアノに座りっぱなしなので細かい調整は無理なのです。
27度にすると、
吹き出し口から遠いところの方はやや暑そうでしたが、
これが一番かな、というところでした。
試しに消すと、5分も経つと暑くなってしまいます。

エアコンをつけないと、演奏前の一瞬や、
間奏中、終わった時の一瞬の静寂が、何とも言えず澄みきっていることに気付きます。
新しく入れ替えて静かにはなったエアコンのモーター音ですが、
やはり無音というわけではない、
「早く」
「エアコンを入れない季節が来るといいのに・・・」
10月でしょうか?
待ち遠しいです。
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

依存度

夜の営業の休みは昨日まで、
今夜から平日の2部営業が始まります。
今更書くまでもなく、
昼間の1部はさわうた・ふりうた・プチシャンソン・古典講座、
曜日や週によっていろいろ変わります。
2部は夜、
こちらは日曜祭日を定休日としていますが、
貸切やライブなどの時は開けたりしています。
個人でやる店にしては、開店時間が長い方ではないでしょうか。

昨夜も一昨夜もその前も、店は休みですが出勤はしています。
翌日の朝の営業の準備、作った譜面を弾いてのチェック等々、
何かと雑事はあるものです。
特に最近は「音楽に対しての依存度」が高くなってきたので、
それに時間を割くことがずいぶん多くなりました。

開店当時、12年前の「依存」はカラオケにアルコール、
こんな書き方は、変な誤解を生むかも知れませんが・・・(笑)
お客様の大半は、
大きなスクリーンでカラオケに興じてお酒を飲む、
それだけでもう充分営業は成立していたのでした。
もしそのまま夜の営業だけ、
カラオケとアルコールだけで店をやっていたら、
「AMANE」という看板は降ろしていたかもしれません。
他のスナックになっていたか、
いやいや、水商売じゃなくて、
お堅いデイサービスに全面改装していたとか ?? (笑)

時代は確実に移ろいます。
特に飲食店の変化は激しい、
半年ぶりに行ったレストランが、
メニューを刷新したり、アイドルタイムはクローズしてたり、
スタッフも入れ替わっていたとか、
みなさんもいろいろ気付くことはあるでしょう。
あたりまえのことですが、継続は大変ですね。
posted by セキシュウ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

似た人

連休最終日、今朝のさわうたも幟を出してみましたが、
昨日みたいにいかないのは予想通り、12名と少人数でした。
昨日と大きく違うのは、彼岸の中日、秋分の日ですから、
お家の行事に忙しい、
それでも「休むのは嫌だから」と、わざわざ前日に用を済ませて見えた方もいて、
少人数もありがたい限り、僕にとっては上出来です。
12名を少なく感じるのも最近の安定した忙しさ故ですね。

西方の遙か彼方にあるという極楽浄土、
太陽が真西に沈む今日、生を終えた世界に行った人のことを想います。
深く関わった人や、人伝に聞いた人、
祖父母に親戚に友人に仕事仲間に取引先にお客様に後輩に、
一人一人を思い起こせば、
その数が意外にも多いのに驚きます。
「こんなにも」
「お別れしてきたんだ・・・」

客商売をしていて面白いのは、
お別れした人に再会する日があることです。
こんなことを書くと、
「えっ ?」
「出てくるの〜 ?」と怖いものと勘違いするかも知れない、
そうじゃなくて (笑)
似た人がお客様でいらっしゃるということ、
「あれ ?」
「この人、どことなく、◎●さんみたい・・・」
本当に、よく似た人っているんです。
その人を通して、お別れした人と話をする、
もちろん当人同士は全くの別人、でも、僕の中では、
「◎●さんが生きていたら」
「きっとこんな感じだったんだろうな〜」などと思えてしまうのです。

道行く人の後ろ姿が、お別れした人に似ているというのもありますね。
ちょっと肩を丸めて歩く姿とか、
妙に似ている、
「もしかして ?」と思う、
もちろんこれまた、もしかしてのはずもなく、「ふっ」とため息ですが、
やはりその姿を通して、お別れした人と話をしているのでしょうね。

暑さ寒さも彼岸まで、
明日から涼しくなるようです。
9月もあと一週間、一日一日を大切に過ごしたいものです。
posted by セキシュウ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

幟と半月

朝起きて、9月22日は何の日かカレンダーを確認、
「国民の休日」だったことに気付きました。
よく考えたら、すごい休日名・・・
国民ですよ、国民・・・
最近よく聞く単語のような気もしますね (笑)
なんとなく、休まないと国民でないような、
ちょっと捻くれた思いを抱えながら出勤、
今朝からさわうた第4週がスタートです。

外は好天。
まさに行楽日和、
「こんな日に」
「こんな朝から働いているのは・・・」とまた卑屈になろうとした途端です。
道路の脇に一台の車が止まり、
出てきたのは薄いピンクのポロシャツ姿の女性、
「あっ !」
奥の路地には二人の人影、
「お迎えだ・・・」
ときどき見かけるリハビリデイサービスの車とスタッフでした。
「働いているのは僕だけではないんだ・・・」
すると急に力が漲って (笑)
「今日も、がんばりますか〜 !」
気合いも込めて、

sawa21.jpg

幟まで出してみました〜 (笑)

それに答えるかのように、

sawa22.jpg

続々とお客様、
「あれ ?」
こんなはずじゃなかったと驚く、
休日、しかも大型連休、せいぜい10名前後と予想していたので、
スタンバイも大してしていなかった、
ローに入れていたギアをハイに切り替えるのが大変でした。
第4週はリクエスト週なので、
大人数のときは、ドリンクサービスを効率よくやらないと、全員のリクエストまで回らないのです。
今日は20名、なんとか間に合いました !!

午後からは休みです。
いわゆる半ドンという・・・古いですかね (笑)
夕方、暮れゆく空に、

hangetu.jpg

きれいな月。
こちらは半ゲツ (笑)
日中気温が上がったせいか、少し霞んで見えました。
posted by セキシュウ at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

木陰

連休2日目、お彼岸のお墓参りに行ってきました。
やはり50も過ぎると、ご先祖様を思う気持ちが募るのか、
或いは、彼岸、あちらの世界に近づいてきたことがそうさせるのか、
フェイスブックでの同年代の投稿にも、
「お墓参り」というのがあちこちで、
本当に人生のゴールは見えて来たとしみじみ感じたのでした。

01ao.jpg

仕事柄、繁忙期は避けることが出来るのですが、
今日の青山墓地は期間中、お参りの方達で大賑わい、
墓地内の専用駐車場に車を置いて、
花屋さんに向かって坂道を降りていたら、
偶然、前を店主の大渕さんが早足で、
駆け寄って、
「こんにちは〜」と声を掛けると、
「えっ ?」と怪訝そうな顔も一瞬、すぐに笑顔で「ああっ !」と返してきました。
墓地内のモミジの剪定を何度も頼んでいるので、顔なじみなのです。
「また伸びてきちゃいましてね〜」と、
先月に来た時、かなりの状態だったことを思い出しながら話したら、
「どうしますか ?」
「切っても切ってもイタチごっこですねぇ・・・」
このあたりは、商売人というよりは、職人さんの気質か、
もし、商売人なら、
「そうですね」
「冬になって葉が落ちたら、また切ったほうがいいですね」と言うでしょう。
などど、すぐ考えてしまう僕は商売人 ? (笑)

そのモミジです。

02ao.jpg

すごいでしょ ?
写真の左、モミジの先、遠く僅かに見える建物は、六本木ヒルズです。
水場で出くわした年配のご婦人が、
この木を見ながら、
「あら」
「木陰になっていいわね」とは、うまく仰ったものです。
たしかに、お墓の中のご先祖様には、
涼しくて良いのかも知れませんね。
毎年の猛暑ですしね。

涼しければ、

03ao.jpg

こんなコたちも寄ってくるとか (笑)

帰りはいつものコース、
麻布十番でお蕎麦を食べて帰りましたが、
やはりこちらも大繁盛、
蕎麦屋なのに待つこと30分・・・
初めての経験も、
松天重ならば致し方なし、
待つ、ということで・・・(笑)
ご馳走様でした。
posted by セキシュウ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

切羽詰まって

今日から2日間全休、のんびり充電、チャージかと思ったら、
昨夜急ぎの譜面の仕事が舞い込んできました。
メールの標題に、「切羽詰まって」と、
ならばやるのが心意気でしょ (笑)
朝から、音源を聴きながら採譜に勤しみました。

gakufu00.jpg

音を採って、リピートを考慮、
同曲にはサビの転調があるので、その部分は採らずも、
小さな違いをチェックして、そこだけ書き足して、と、
如何に早く下処理をするか・・・
まるで料理みたいですね (笑)
この五線譜を元に、パソコンで正式な印刷譜を作成していきます。

音源通りの譜面が出来上がったところで、
本人の、依頼者のキーに移調、
今回は -2とのことですから、
少し声の低い方、ということですね。

最終チェックは、やはり実際に弾いてみるに限ります。
パソコンソフトに、再生機能がついていて、
それによって正否はたいていわかるのですが、
それでも弾く、
本当なら、「歌手と合わせてみて」、がベストなんですが、
まあ、そこまでは・・・
リハーサルでミスに気付いたら、その時は手書きで修正しもらいましょう (笑)
深夜、店に行って弾いて、
間違えがなければ印刷データにして、メールで納品です。
posted by セキシュウ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

トライアスロンで

4コマは本音のような建前のような、
なんとも冗談めいた数字のオチですが、
なぜ1日が24時間なのか、
いつ頃からそうなったのかなど、疑問に思わないわけでもありません。
時計は何をもとにして作られた?
太陽?
ならば太陽が沈んだら時間はどうなるの?
などなど、
もしかして子供の頃習ったのかもしれないことを、
またおさらいしてみるのも面白い、
違ったことを感じるかもしれません。
大人になって、人生のゴールが見えてきて、
募る太古への想い・・・
な〜んて (笑)

昨夜はふらりと珍客あり、
サブスリーランナーの南さんです。
「今日は報告で」とカウンターに、
話し始めたのは、トライアスロンのことでした。
佐渡の大会で自己ベストが出た、
総合20位という快挙を成し遂げた、
参加900名中ですからね、凄い!
年代別カテゴリー(45から49才)では2位だそうです。

思わず記念写真 (笑)

トライアスロン.jpg

ジョッキ片手に上機嫌!

南さん、今年で48歳、
「何歳まで記録は伸びるんでしょうね?」の僕の問いに、
「自分の中では・・・」
「52歳かとイメージしてるんですよ」
トライアスロン仲間との交流の中で、
なんとなくそう感じたとおっしゃいました。
「それ以降は」
「維持が精一杯ということですね?」

偶然、僕は今52歳です。
体力的には今がギリギリということですね。
なんとなく納得 (笑)
明日、明後日のオフ、
チャージします。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

4コマ忙しく

連休前の金曜日、朝から夜まで目一杯を使っています。
もっと・・・
時間が欲しい・・・

というネタで4コマ (笑)
どうぞ。

さわごえ君第61話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

蓋を開けて

この度の雨は冷気も運んで、
とてもTシャツ1枚で過ごすのは無理、
慌てて上を1枚出しました。
寝連休とならないように・・・
日曜月曜と久しぶりに完全オフです。

先月、あまりにライブを入れすぎたので、今月はお休み、
イベントとしては月末30日の独唱会が、
こちらは16回目を数えます。
平日水曜日の夜、
出演する方が7名と少数でしたから、早く始めて早く終わる予定、
19時開場で、19時30分から歌唱スタート、
いつものようにタマミに最後に数曲唄ってもらい、
終わりを21時後半、どんなに遅くても22時までにと考えています。
「帰りが遅くなっちゃうから・・・」と気を揉まないように、
見学・応援しやすいように設定してみました。
まだまだお席に余裕あり!
1ドリンク付きで2,000円、ぜひお待ちしています。

それに合わせたわけではありませんが、昨日は定期調律の日、
夕方2時間かけてバッチリチューニングしてもらいました。
あまりに狂い過ぎていたのか、
弾いた途端、音が輝いて聞こえるのが嬉しい、
ところが直ぐに来店のお客様、
営業に入ってしまい、そのまま途切れることなくラストまで、
間、ピアノ伴奏はたった2曲で (笑)
調律後の感触はじっくり確かめられず、結局終わっての深夜弾き、
悪癖が出てしまいました。
「まあ、たまにはいいか・・・」
外に出たのは午前2時前、かなりの不良ですね (笑)

今朝のさわうたでも調律の話を、
どうせなら音の良さを味わってもらいましょうと、
普段閉じている譜面台のところの蓋を開けて、
音を出して演奏してみました。
もちろん弾き方も、さわうた用からライブなどの伴奏用にシフトチェンジ、
メロディーを弾くのを外して、代わりにオブリガードを、
遊びをたくさん入れて抑揚も大きめにつけてみました。
鍵盤も低音から高音までふんだんに使う・・・

こう書くと、さわうた用の時もそうやれば、
つまり、いつもそう演奏すればと思うかもしれませんが、
いやいや、それは返って疲れます。
弾く僕もですが、歌う方も、多分・・・
間奏も、凝って弾くことはいくらでも出来ますが、
そうすると、自ずと聞かなくてはならない雰囲気になり、
合間のブレイク、お休みとはならず、余計に疲れると思うのです。
だから、さわうたでの伴奏は、適当に気楽にが良い、
ライブやコンサートではないのですからね。

今朝のさわうたでは、蓋を開けて気合いを入れて弾いたのは20分くらいだったか、
「ちょっと頑張って弾いちゃいましょうか」
と言った手前、ミスは出来ないと力が入ったせいか、
終了後第一声、
「疲れた〜」(笑)
公言した後にやるのって、エネルギー消費が激しいですね。
意識しないで出来るといいのですが・・・
まだまだです。
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

真顔

数日の好天が続くも、また雨模様になってきました。
世の中は相変わらず騒がしく、
「えっ」と思うようなニュースの連続ですが、
とりあえず50歳も無事過ぎて (笑)
あとは大人しく落ち着いて行きましょうかと・・・
マイ・ペースです。

最近ご無沙汰は、

01nu.jpg

おおっ ?
高いところ、何を見てる ??

02nuk.jpg

ひらひら飛ぶ蝶を目で追いかけていた (笑)
まっすぐ向くと、

03nuk.jpg

かわいい !

こんな時もありますよ。

04nuk.jpg

下の様子を伺う。

そしてこのコももちろん、

05nuk.jpg

かわいい !! (笑)
真顔はみんないい顔です。
posted by セキシュウ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

漫画の解説

昨日菜の花で弾いたキーボードは、
お客様からずいぶん前に「使わなくなったから」と頂いたもので、
息子さんが小さい頃使っていたとか、
キーボードですが鍵盤のタッチはピアノ、つまり電子ピアノです。
だから重い・・・
それを非力な僕がよっこらしょと運んだわりに、
出力のスピーカーはパソコン用の安いもので、
聞こえてくる音は僕のように非力 (笑)
重量に見合った音が出ないのは残念ですが、別に求めてもいないでしょう。
何も、ボランティア先で、しかもリハビリ施設で、
ライブ会場のような、コンサートホールのような音響は必要ない、
それこそ場違い、
それよりも皆さんが音楽を、歌を、一緒に楽しめれば良いのです。

ですから、選曲は大切です。
もっと言えば、曲をどれくらい知っているか、
対応出来る曲がどれくらいあるか、
それも短時間にとなると、
やはり必要なのは常にそれに従事していることで、
逆に言えば、
僕が何でも出来て当たり前、
昨日のスタッフさんが声に出して驚くようなことでもないのです。

そんな僕でも、
知らない曲はごまんとあり、
タジタジなのがさわうたのリクエスト週、
でも今週は僕の選曲週で、ちょっと安心 (笑) 今日から始まりました。

100号になったさわ通を配り、
途中、普段はまずしない4コマ漫画の解説を、
それは実は昨夜いらしたお客様から、
前回の4コマについて質問されたせいもあります。

いろいろな考え方があります。
一般的には、作家は自分の作品の解説はしない、説明はしない、
受け手の自由とする所が多いのでしょう。
その方が多くの人に受け入れられるでしょうし、
ミステリアス、受け手の想像力に委ねられる、
よく木村さんが、
「シンガーソングライターが唄う前に」
「曲についてあれこれ語るのは邪道」と仰ってたことを思い出します。

しかしながら、
想像力があまり豊かでない、と言ったら語弊がありますが (笑)
平凡な日々を送り、性格もわりと素直、
そんな人には、
作品のいわゆる前置きや、解説が面白い、分かり易くて良いと感じる人もいるでしょう。

僕の場合に限って言えば、
まあ、どちらでも良い、
前置きや解説、説明は、してもいいし、しなくてもいい、
ダメなのは、
お高くとまってしまうこと、つまりお客様を不快にしてしまうこと、
商売としてやっているのですから、これは致命傷、
でも、わかっていても、時々やってしまうんですけどね (笑)

外は気づかないうちに暑さが和らぎ、
日向と日陰の差が出てきました。
夜や朝はぐっと涼しくなりましたね。
虫の鳴き方も心なしか優しく聞こえます。
来週はもうお彼岸です。
posted by セキシュウ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

キーボード伴奏

忘れた頃に昔の常連さんがいらっしゃるのは、
ボランティアで声が掛かるのも同じ、
梅雨入りの頃、
久しぶりに滝野川病院の通所リハビリ施設さんから、
お誘いのメールが入りました。
月曜ならオッケーと返信、今日に確定し、
2週間前にメールで再度確認が来たのですが、
たまたま施設のスタッフと店先で会ったのが幸い、
「了解です、14日伺います、と、担当の長谷川さんに伝えてください!」と、
直接メール返信をせずに怠けていたら、
今日、言った途端、
「関さん、来ないかと思ったわ〜!」と。
すいません (笑)

今ではその名を使っているか定かではない「菜の花」
僕が行き出した当初、7年前は、
「通所リハビリ施設」という、お堅い呼び方はあまり使わず、
可愛らしい「菜の花」を前面に、
それがそうでなく、
「リハビリテーション」と大きく謡い出したことこそ時代の変化、
需要の多さを物語っているのだと思います。
多くの高齢者がリハビリを求めるようになった、
わかりやすい呼称にした・・・
まあ、あくまで推測 (笑)

01taki.jpg

前回行ったのは、去年の1月でしたから、
本当に久しぶりです。
ここでの一番の思い出は、スタッフによる仮装ダンス、
ハジける、とまでは行かないのでしょうが、
かなり近い状態 (笑)
日頃甲斐甲斐しく利用者のリハビリのお手伝いをするスタッフたちの、
楽しそうな、恥かしそうな姿を笑って眺める皆さんの顔がとても印象的でした。
クリスマスのイベントです。

草原のことで取材が入ったのもこの施設です。
わざわざ病院の上の方に許可を取ってもらいましたね。
と、そんな義理もあり、
菜の花さんのボランティアはぜひとも都合をつけねばと (笑)

02taki.jpg

キーボード持ち込みで参上、
メニューは朝の「さわうた」そのもの、
途中、スクリーンに映っている「北の旅人」のリクエストなどいただきながら、
ずんずん弾いてたら、
若いスタッフが、
「凄いですね」
「なんでも弾けちゃうんですね〜」と、
いや、これ、仕事そのまんまですから (笑)

12時10分前に終わって、
ふとホワイトボードを見たら、

03taki.jpg

お楽しみ、とか。
「もしかして、ダンス?」
いや、残念 (笑)

04taki.jpg

スタッフから一人一人に手作りのプレゼント、

05taki.jpg

ちらっと覗いたら、
可愛い柄の入った写真入りの名札でした。
いろいろ工夫してますね。
たまに違う世界に来ると、刺激になります。
またお声が掛かるのをお待ちしています。
posted by セキシュウ at 20:27| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

61話と100号

身内を褒めるのもどうかですが、
妹の表情溢れるイラストを見た後は、
気乗りするはずもない、4コマ漫画の作業が今日待ち受けていました。
「あ〜あ」
「何を描くかなぁ・・・」
まずここからです (笑)

時間はそんなにありません。
明日、月曜日はは久しぶりに滝野川病院の伴奏ボランティア、
午前中一杯をそれで取られてしまいます。
赤塚公園のバスケの代わりと思えば、
いつもとそんなに変わらないような感じもしますが、
それでも、
バスケは万一4コマやさわ通制作が間に合いそうもなければ、キャンセルすれば良い、
ボランティアはそうもいかず、
気分的に追われてしまうのです。
「もう少し・・・」
「時間があったら・・・」

あっ、と思いました。
これ、描こう !!
短絡的ですかね (苦笑)

そんなことでネタも決まり、
下絵を描き、ペンを入れ、
なんやかや細かいことをやって、
夕方仕上げました。
ふうっ〜 !
「下手な絵・・・」
でも、もうこれで 61話目だってさ。

そうそう。
その4コマを載せている「さわ通」ですが、
いよいよ今号が 100号になりました。
こうなると気になるのが創刊号・・・
ぜんぜん覚えてない (汗)
当時は木村さんに作って頂いていたのでした。
拝見 !!
さわ通創刊第1号

2008年2月5日発行ですって !
流行っている歌は吾亦紅 (われもこう) とか・・・
懐かしい (笑)

東日本大震災までは、カラーの派手な紙面でした。
以降、白黒にし、
3年前からは僕が制作、より簡素になりました。
それでも細々と続けて100号到達、
来週火曜日から配布です。
posted by セキシュウ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

個展のポスター

昨夜はブログを書き上げ、
来週の古典講座の準備、
画像データ整理と朗読箇所の確認を始めたところでガチャっと、
お客様がいらっしゃいました。
小グループで3名、けれどお酒をかなり飲む方達でピアノ目当て、
小忙しくなるなと思ったら、
また別のグループがやはり3名で、
結局忙しくなりました。
後のグループも飲むしピアノ好きなのです。

考えてみれば、
昨夜あんなこと、「なくても困らないもの」などと書きましたが、
うちに来るお客様の多くはピアノで歌うのが目的で、
それは、「他では滅多にないもの」、
気軽に低価格で楽しませてくれるのは、
東京都内広しといえど多分数えるくらいしかないと思います。
ネットのおかげで、
「何でも歌えます」はまんざら嘘でもない、
昨夜もそのパターンを駆使、
別のグループの女性がそれを見て、
「こんなことも出来るんですね」と驚いていました。
新しく来た方で、
それまでは店独自に作った通常の歌詞画面しか見てなかったからです。
俄然テンションが上がってましたから、
次回はきっとあれこれリクエストしてくるでしょう (笑)
開店して12年以上経った今でも、新規の方がいらっしゃるのは、
この特殊なサービスがあるからで、
まあ今更改めて言うまでもなく、
ピアノが弾けて良かった、潰しが効いて良かった、
習わせてもらって親に感謝、というところです。

その親、
母親の方ですが (笑)
母のブログでも紹介しましたが、今秋、2回目の個展を地元山口で催します。
ポスターを紹介しますね。

シャツ展ポスター.jpg

僕が描く下手なネコの絵と違って、
とっても楽しい、躍動感のあるネコ、そして鶏に主人公たち、
妹の作品ですが、さすが年季が入っています。
妹が絵を、イラストを描いていると知ったのは、
僕がまだ30前半の頃のことですから、
それから20年・・・
上手くならない筈がありませんね (笑)
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

待つ身

金曜日・・・静かな金曜日です。
久しぶりにスカッと青空、気分も爽快!
と、行きたくてもそうならないのは、
別に我慢しているわけでなく素直な感情、
もうこの感情は何度経験したことでしょう。

昼間はいつものように歌のレッスン、
初めてのお客様、それも男性がいらしたりして新鮮、
忙しくはしていたのですが、
ふと、この度の被災の話が出ると、皆さん顔が曇る、
長く生きた方ほど苦労も多く、人の痛みもわかるもの、
ついつい感情移入してしまうのは仕方ないことだと思います。

しばらくは夜の自粛ムードも覚悟です。
人が苦しんでいるのを目の当たりに見て、
どんちゃん騒ぎもどうかと思うことに、なんら異論はありません。
僕の稼業は、所詮、と言っては下げすぎかも知れませんが、
でも所詮なくても困らないもの、
特に夜のアルコールを提供しながらのサービスは、
気分が乗らなければ、受ける必要など全くないのです。

4年前から口にしていますが、
「もし、昼間の営業がなければ」
「AMANEはとっくに潰れていたでしょう」
4年前・・・
そう、東日本大震災があった年です。

昼間があるから救われた、
さわうたやふりうた、プチシャンソンや古典講座は、
どちらかと言えばカルチャー的な要素が強く、
世の中の様々な事象に影響されにくい分野、
例えて言えば、
「自粛ムードになったから」
「学校を休む」
「学校がなくなる」
まさか、そんなことはないでしょう・・・
って、AMANEは学校じゃないけど (笑)

まあ、それでも、この先のことはわかりません。
しばらく夜は静かになるのか、
それとも関係なく誰彼なくふらっと来るのか。
考え方によっては、
「人生、何が起こるかわからないから」
「やりたい時にやる事をやって」と、
旧友や、一度は行ってみたいと思ってた一見さんが訪ねてくるかも知れない、
もちろんそれは大歓迎 (笑)
看板を点けて店を開けている限り、お客様任せは当然、
どんなに長く商売しようが、
待つ身であることに変わりはないのです。
posted by セキシュウ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

災害

もう随分前のことですが、
新宿の制作屋さんの所に行った時、
「関さん、雨を予測するのに便利なサイトがありますよ」
と、教えてもらったのが、東京アメッシュなるサイト、
以前記事でも紹介したことがあると思います。
東京アメッシュ
わりと頻繁に見ている方なのですが、
一昨日からの雨量計測図は、
遡って再生すると、見事に南から北へ、
関東地方の上だけを覆うように進んで行きました。

説明するまでもなく、二つの台風の影響で、
こんな流れをしたのは、
長い間アメッシュを見ていて初めてのこと、
それが数日続いたのですから、
大変なことにとは思いましたが、
まさか、川が氾濫、堤防が決壊するまでに至るとは、
もう、なんとも言いようがありません。

毎年のようにあちこちで災害があります。
身近な山口でもありましたし、広島でも、
まだ復旧ままならぬと何かの番組で見た記憶があります。
もう4年以上過ぎた東北被災地もしかり、
どうなってしまうのかと不安を抱く人も多いでしょう。
僕も考えてしまいますが、
「自分の領分をしっかりやるしかない」としか思いつかない、
そして何か頼まれたりした時には、
出来る範囲で協力する・・・ごく当たり前の答えです。

とにかく、これ以上被害が広がりませんように。
被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

激しい雨

「半端じゃない」
雨の降り方です。
昨日深夜お客様を送り出して、すぐに帰れば良かったのに、あれこれ所用、
さあ帰ろうと思ったところで激しくザーッ、
たった5分の道のりもズボンの裾はびっしょり、
普段はたくさんある人影も、一人か二人かで、
「みんなこの雨を避けたのか・・・」

今朝も同じでした。
9時過ぎに出勤、店に向かうところでまたまた激しくなって、
あと店まで200メートルくらい、
前を見たら誰も歩いていない、
「えっ なんで?」
そんなはずはない、いつもならもっと人通りがあるのにと、
我が目を疑うほどでした。

それもやがて収まり、振り方は普通に、
ちょうどその頃お客様が入る時間、
「さすがに」
「今日は皆さん控えるか・・・」

ぜ〜んぜん (笑)
いつものように満席18名には、
お客様同士がビックリするくらいで、
「こんな日にみなさん」
「よくいらっしゃるわね」
本当に !!
ありがたい限りです。

その後の雨も相変わらずで、
やっぱりと言うように、
さわうたを終え、片付けて帰ろうと外を見たら、また激しい雨、
「もう慣れましたよ」(笑)
明日の朝までは気が抜けないようですね。
posted by セキシュウ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

楽しみに

雨は降り続いています。
午後のプチシャンソンを終え、外に出てみたら、
歩道の随所に水溜りが、
オットットと避けながら歩かなければならないくらいでした。
そこをスイスイと、
近所の高校生が笑いながら通り過ぎる、
見たらカップルで、
「もしかして」
「付き合ってる?」
なんて、ダメダメ、そんな目で見ちゃ (笑)

秋の雨音で感傷に浸ってたのは昨日まで、
今日からは忙しい第2週がスタートです。
けれど、生憎の雨もあり、
午前のさわうたは12名、午後のプチシャンソンは7名と低調でした。
少ない時は少ないなりに、
たくさん歌って充実して頂くように心掛けます。
「少人数を吹き飛ばせ!」って感じでしょうか。
さわうたは、リクエスト週で一人当たり2曲、
全部で24曲プラス草原で25曲を狙いましたが、残念、途中おしゃべりが過ぎて、
23曲、お二人のリクエストは「借り」になってしまいました。
なんのおしゃべりをしたかって?
どうでもいいこと〜 (笑)
プチシャンソンは、いつも一人3曲伴奏するところを4曲、
この場合、1曲100円をお気持ちで頂くようにしています。
都合28曲弾くことになるのですが、
別に大したことはなく、疲れもしない、
午前から合わせれば50曲以上になりますが全く平気なのは、
慣れ以外の何ものでもない、
始めた頃フーフー言ってたのが嘘のようです。

天気予報で、明日はもっと雨が激しくなると言ってました。
荒天の水曜日、
久しぶりのような気がします。
朝の皆さんはいらっしゃるでしょうか。
どうでしょう。
大雪の日もいらしたくらいですから、
何食わぬ顔で来る?(笑)

本当に皆さんお元気です。
プチシャンソンのお一人が仰ってましたが、
「AMANEに通うのが楽しみになっている」
そうだと嬉しいですね。
posted by セキシュウ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

秋の雨音

昨日は教え子ご一家を送り出し、父と二言三言話し、
父も送り出しました。
店内を片付けて、自宅へ、
所用で再度外出した時からポツポツと、
「あっ、降り出した・・・」
「良かった・・・」
皆さんの帰りに当たらずに済んだ、ラッキーでした。

雨はそのまま降り続いています。
明け方などは激しく、
雨音が部屋の中まで聞こえてきて、
まだ暗い中、天井を見ながら子供の頃のことを思い出しました。
教え子の女性から、小学生の時の話が出たせいもあるのでしょう。

子供の時、同じような雨音を聞いたような気がします。
その音に、漠然とした不安、
でもそれは今とは全く違う、
早く大人になりたいという希望、将来の夢、
その中に潜む、けれどやがて人は死ぬという現実、
「信じられない不安」に、
たしか子供の頃の僕は怯えていたのです。
今は、それが「信じられること」になっている、そこが大きな違い、
そして、時は過ぎ、
希望通り大人になってしまった、
夢は、そんなものは・・・

昨日来た教え子のご子息が、
最初は僕が父の息子だと知らず、
聞かされて驚く、そして店主であることに、またも驚きました。
「すごいですね!」
「脱サラして」
「こんな店を始めたんですか?」と、
興味津々に尋ねてきた、
30歳になったという彼、
ちょうど社会に出て働き、慣れてきた頃、
今の自分、これからの自分を見つめ直す時期でしょうか。

彼が僕に対して描いたのは、
このようなピアノを配した半ば趣味のような店を、
サラリーマン当時から夢抱き、実現したという図式だと思います。

「いや」
「違うよ」と軽く否定しました。
「あれこれやってきて」
「なんとなく辿り着いたのがこの店」

そんなことを言っても、きっと通じないでしょうね。
否定せず、
「そうだよ」
「こういう業態の店を長年やりたくて」
「遂に40の時やったんだよ」
と答えておいた方が良かったか・・・

いや、それはあまりにも綺麗すぎます。
そんなことが出来るのなら、そんな簡単に夢が抱けるのなら、
もっともっと昔に、
それこそ子供の頃に夢を持ち、実現させていたはず、
「結局僕は・・・」
「何がしたいんだか」
「わからなかったのかも知れない」

夕方一度止んだ雨は、夜になってまた降り出しました。
秋の雨音は過去を呼び起こし、
ときどき自分を迷子にさせるのです。
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

教え子

昨夜は第一土曜日で18時からドリームVさんの貸切、
ふりうたの後、キッチンで軽く夕食をとってからの営業でした。
「これから養護学校(特別支援学校)を出たみなさんが集まるカラオケ会があるんですよ」
と、最近ふりうたを始めた方に、お帰りの前に話すと、
「どうしてそんなことを始めたんですか」と質問され、
「音楽で何か役に立ちたいと・・・」とストレートな、まともな答え、
もう少し捻れば良かったか (笑)
AMANEを開店する前から、
カラオケBOXの時代から続いていることを補足しました。

終わって暫くしてニモのパパが来店、
カウンターに座ったのが20時半前だったか、
その後誰にも邪魔されずに閉店まで、
話して唄って、独占状態 (笑) こんな夜もあります。
あれよあれよと満席になったり、
ぽつりぽつりとお客様が続いたり、
昨夜のようにずっと一人とか、
計算できないところがまた魅力なのだと思います。

今日は休みだったのですが、
父の大学時代の、福岡県在住の教え子が、一度AMANEに来てみたいとのことだったので、
昼前後に特別に開店しました。
こんなことは初めてです。
「どうして」
「うちなんかに・・・」素朴に疑問、
しかしそこは事前に確認する術もなく、
教え子の当人、当人のご主人、そして都内に住むご子息をお迎えしました。
もちろんホスト役は父 (笑)

普段の営業よろしくオーダーを取り、
ドリンクを出して、下がってカウンターに控えていたとき、
教え子の女性が言いました。
「アマネさん」
「私、アマネさんに会ったことがあるんです」

「えっ ?」と驚く、

「先生の (父のこと) お宅に、学生の時みんなで行ったとき」
「私が、義経記(ギケイキ)のことをヨシツネキって言ったら」
「アマネさんが」
「大学生のくせに」
「ギケイキって読むのも知らんのか (山口弁・笑)」と馬鹿にしたと言うのです。

「そうでしたか、そんなことを」
「覚えてません・・・」
超生意気な小学生 (笑)
言われたほうは鮮明に覚えているのは、逆の立場になってみればよくわかる、
なんてことを・・・
相当な悪ガキだったという証拠・・・
すいません (大汗)

父のフォローがまた面白かったです。
「あなたがそれを知らなかったのは」
「先生の」
「私のせいでしょう・・・」
なるほど、そう来ましたか (笑)

これで謎が解けました。
あのニクったらしい先生の息子がどうなったのか、
教え子の女性は見てみたかったんだ、
「期待通りでしたかね ?」

その後、お昼を出前し、
食べ終えてからは、なんと父の指令で (笑)カラオケタイム、
父も唄うというので何をと思ったら、「五木の子守歌」
カラオケで入れたら一般のと少し違う、
「これでは唄えない」と言ったので、
「じゃ、ピアノで」
初めて父に伴奏をすることになりました。
結局それがみなさんにピアノで唄ってもらうきっかけに、
ご主人、ご子息が、特にご主人がノリノリ (笑)
しっかりAMANEの醍醐味を味わっていただくことになったのです。

2時間半はあっという間、
父と教え子の女性は、40年前の先生生徒だったころに戻られたよう、
お役に立てて良かったです。
こんなもてなし方が出来るのも、店があるからですね。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

難キーも

A ちゃんに刺激されたか、
ピアノ練習しなきゃと思うも、
必然的に弾くことになる、それも長時間が金曜日と土曜日のふりうた、
練習する間もない、いや、するまでもないとはこのことでしょうか。
バリバリのクラシックの独奏は無理ですが、
歌の伴奏、ポピュラーの独奏なら、初見でまぁなんとか、
面倒なフラット7つも、
やっと最近タッチミスせずにメロディーを叩けるようになりました。

歌を指導する場合、一緒にメロディーを弾く必要があり、
フラットやシャープがたくさんあると、時々間違えてしまうんです。
伴奏だけなら笑って誤魔化す、或いは知らんぷり (笑)
でも、メロディーとなるとそうはいかない、
責任重大です。
おまけに左手は伴奏、慣れないと大変です。

ふりうたを始めた頃は、
調号の多い曲は避けたり、
簡単なキーに移調してから弾いていました。
でも、それではいつまで経っても克服出来ない、
ある時から、
多分タマミとゆるゆるサロンライブを始めた頃から、
面倒なキー、難キーも拒まないようになった、
つまり鍛えられたということですね。
最近では、調号の多いキーの方が楽しい、
「さあ、いらっしゃい!」みたいな (笑)

今日のふりうたは、
最初の方が開始を早めて、12時10分から13時10分という拡大版、
料金は3,000円です。
通常は40分で2,000円なのでその金額になるのです。
前後が空いている時は、この様な対応もあり、
融通をきかせながらの営業は、
僕のような、知識と経験の浅い人間には必要なことでしょう。
「殿様営業」をしてみたいものですが・・・
ふりうたに関してはまだまだ先の話でしょうね。
posted by セキシュウ at 19:18| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

師匠

昨日夕方、一つ後輩の HIDEKIくんからフェイスブック経由でメッセージ、
「久しぶりに、夜、お店に寄ります」とありました。
ここで、ふと予感、
「もしかして忙しくなるかな・・・」
外は悪天、でも、だからこそです。

的中、ドンピシャ (笑)
開店即、およそ1年ぶりに常連男子二人の内の一人は、
AMANEで初めてピアノで弾き語りをした、Aちゃんです。
「マスター、ご無沙汰してます」と深々と一礼、
一時は毎週、いや、週二ペースでカウンターに座ったこともある、
僕に無茶ぶりをして「曲を作りましょう」と言ったのも彼、
僕に作曲の楽しさを教えてくれた、恩人でもあります。

ピアノに座って歌を披露、
1年ぶりの腕は、かつてよりタッチが柔らかく、
「おっ 上達した・・・」
日々弾いているのでしょう。
練習は嘘をつきません。

その彼が、隣に座ったお連れさんに、
僕のことを「マスターは俺のピアノの師匠だから」と言いました。
その響きにドキッ、
もちろん社交辞令でしょうが、悪くない (笑)
じゃ、もっと上手くなんなきゃね。
その後 HIDEKIくん、女性二人の常連さんと、
お客様が切れることなく閉店まで、
ピアノ伴奏もしっかりと、濃い営業が出来ました。

そうそう。
先日、遅咲きの向日葵に「あるもの」が遊びに来ていましたよ。

01cho.jpg

蝶。

02cho.jpg

奥は小学校です。
なら、この蝶は ?

はい、ここまで。
答えはご自由に (笑)
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

20分で7曲

月が変わっても1日1日が早い、するするすると逃げていくようで、
もう明日から週末になってしまいました。
金曜日は確実に長時間労働、その疲労を残したまま土曜日ですから、
これまた過ぎるのが早い、
1日くらい何もすることがなくボーッとする日があってもと思うのですが、
なかなかそうはいきません。
まあ、僕に限ることではないでしょう。
僕などよりもっともっと忙しい人はたくさんいると思います。

おかげさまで、好調のさわうたは、
今月になっても現状キープ、連日18名は忙しさでは「中の上」、
入り方によっては上になります。
こちらの動きにお客様が合わせてくれるわけはなく、
入店、オーダー、サービスのタイミングがかみ合わないと、
1回ですむところを2往復、3往復しなくてはならないとか、
何らかのアクシデント、
でもこれはどうしようもありません。
なるべくスムーズに、
スタート時間は10時15分、遅れても20分を目指します。

ところが定刻に始めても、
ついついおしゃべりが過熱して、歌唱時間が短くなってしまうことも多々で、
今日などは、終わる20分前に11曲しか唄っていない、
焦りました (笑)
1日で唄う曲数の目安として、最低でもいらっしゃる人数、
今日なら18曲を設定し、公言しています。
なぜなら、お客様のリクエストの週は必然とそうなるわけですからね。
今週は僕の選曲ですが、同じこと、
「もし、その数まで届かなかったら」
「返金します・・・」と冗談飛ばして笑いますが、気持ちは本気です。

「あと7曲」
「20分で大丈夫か・・・」
1曲3分見当、
叙情歌なら可能ですが、後半はPOPSです。
1ハーフや2番しかない短い曲、
少年時代、街の灯り、ブルー・ライト・ヨコハマ等ばかり選んでいけばいいけれど、
それもちょっと見え見えでいやらしい (笑)
結局どうしたかというと、
前奏・間奏・後奏を短くしながら、
当然曲間のおしゃべりも殆ど省略、なんとか7曲を詰め込みました。
5分オーバーしてしまったので、
実際には25分・・・
何を唄ったか、僕の記憶力が大丈夫か含めて (笑) 列挙してみましょう。
青春時代・学生時代・夜明けのうた・一人の手・旅人よ・小さな木の実・草原。
合ってた ? (笑)

この時期、旅人よ、から、小さな木の実、草原への選曲の流れはよく使います。
なぜか・・・
それは、旅人よ、小さな木の実の歌詞にそれぞれ「草原」が出てくるから。
そして小さな木の実は秋の曲だから。
単純です。
posted by セキシュウ at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

都会の青空に

ここのところずっと写真だらけの記事が続きました。
今日は久しぶりの青空、
本当ならその写真を載せたいところですが、やめておきます。
想像出来るでしょうし、実際に見た方も多いでしょう。

都内は午後から良い天気でしたが、全国的には雨や曇り、
夕方買い物に行く途中、
眩しいビルの照り返しから目を逸らしながら、
昨今のオリンピック騒動を思いました。
これでもかと流されるニュース、配信される記事、
お祭り騒ぎと化しているようにも見えますが、
もしこれが、
東京じゃなくて、大阪、名古屋あたりだったらどうだったか?
或いは、
もし僕が故郷山口に住んでいたら、これらの一連をどう感じたか?
関心があったか?

ナンセンスですね (笑)
でも大都会の、ビルに囲まれた、全てが集中する場所だからこそ起こり得る、
(地方は起こらないと言っているわけではありませんが)
何だかよく分からない、作られた世界、
自然と真逆の、コントロールされた世界、
しかしそのコントロールも敢えなく崩れる・・・

人間はそう強いものではないでしょうし、
完璧ではないでしょう。
食べるためには、首を傾げたくなるようなことも我慢してする、
正義をかざしてばかりでは、食べていけない、
どこまでがセーフでどこからがアウトか、
それぞれが悩み決めていく、
どの仕事でも大なり小なりあるでしょうし、
生活の中の一部にもそういうのはあると思います。
例えばペット、動物が大好きなのに、肉を食べるとか、
環境問題に取り組みながら、合成洗剤を使うとか、
上げたらキリがない (笑)

再三書いていますが、
ずいぶん好き勝手にやっている僕の仕事も、
お客様のこと、お金を頂くことについて、
正義とやらを持ち出したら大変です。

お忍びでいらしているカップル、
どうみても・・・
その人たちに、
「あなたたちのやっていることは何ですか?」
「そんな」
「家族を泣かせるようなことをやっている人から」
「お金はもらえません」
「不浄な・・・」

なんて絶対言えない (笑)
あ、
これ、これも例え話ですよ (汗)

だんだん逸れてきました。
とにかく、
騒動が早く収まって静かになるといいですね。
創作をする端くれとしても、
今回の問題はちょっと気になる、
僕の曲なんて、どこかは必ず何かに似てるし、
いつか利権が絡むことになって、
つまり、誰かの力を借りて世に大きく出ることになって、
その時に似ていることを叩かれたら・・・
は、余計な心配ですかね (笑)

そうはならないでしょうし、
万一、小さくそうなっても、笑って似ていることを認めちゃいます。
好きな音楽ですからね。
楽しくなくちゃしょうがありません。
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

9月中

9月は秋雨前線が停滞する中始まりました。
週間天気予報を見てがっくり、
猛暑の後はしつこい雨、いい加減うんざりですね。

忙しい8月というのもあったけれど、何しろ夏休み、
毎週月曜日のバスケはずっとお預けでした。
行っても、コートは子どもたちで溢れているのはわかっているから。

けれど、昨日はです。
一応雨は上がっているも、下は濡れている、
「こんな日は来ないかも ?」
それに、8月31日、
「夏休み最後の日」
「宿題やってるんじゃない ?」

そんな考えが一瞬でも過ぎったら、
行っちゃうんです (笑)

01bas.jpg

あら。
いたよ !

でも奥のコートだけ、手前は空いていました。
「良かった・・・」
1ヶ月ぶりでしょうか。
さあこれから、学校も始まって、スポーツの秋、
「バスケも毎週出来るぞ !」
と思ったら、です。
何かゴール下のポールに貼ってある、

02bas.jpg

ありゃ。
「何で ?」
「どこか壊れたのかな ??」
シュートを打ってすぐにわかりました。
ボールがボードに当たった瞬間、ガガッと異音、裏からです。

03bas.jpg

「あそこだ !」

04bas.jpg

楕円で囲んだところの溶接が取れていたんです。
ボールの跳ね返りも悪い、
「寿命だったのかな・・・」

僕がこのコートを知って、通い始めたのは、
まだ30代半ばの頃のことですから、
少なくとも15年は経っている、
毎日毎日ボールにぶつけられて、
「痛かっただろ・・・」
な〜んて、ちょっと同情したりして〜 (笑)
中には思い切りボードにボールをぶつけて遊んでいる人もいますよ。

昨日は下が濡れていたので、10分もしたら、

05bas.jpg

こんなにボールが汚れちゃう、
もちろん手も同じように汚れます (笑)
子どもたちも、手を、

06bas.jpg

しょっちゅう洗いに行きます。
しばらくやっていると、
手についた土が固まってきて、指が動かしづらくなるからです。
こんな日は、
本当はバスケなんてやらない方がいいんですけどねぇ (笑)

「9月中は出来ないとしたら」
「今度来るのは10月か・・・」

その頃には、このいっぱいの緑に、

07bas.jpg

少し色が足されているかも知れませんね。
posted by セキシュウ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする