2016年01月31日

1月の終わりに

今日で1月も終わりです。
1年12ヶ月の最初の1ヶ月が終わり、
たかが12分の1のことなのですが、なにか重いものが終わったかに感じるのは、
「1」という数字の持っている大きさかも知れません。

実は僕にとって1月というのは鬼門でもあります。
何かが起こる月、
そう思い込むようになったのは、
30から始めたカラオケBOXの経営の中で、
次々と起きた悪夢のような出来事、それが1月に集中したことからです。
まず驚いたのは、家主の自殺、
それから従業員で頑張っていた先輩アベさんが倒れたこと、
もう随分昔のことですが、
まだまだ消すことの出来ない心の痛む事件です。
そんなトラウマからか、
別に大したことがない出来事も1月に起こると、
「そうか、1月だからか」と思ってしまう、
情けないですね (笑)

ここのところブログは手抜きでした。
夜、ゆっくり書く時間がなかった、
本業に勤しんでいたことは、まあ、有り難いこと、
でも、みなさんには物足りなかったでしょう。
何をしてたかというと、もちろん接客で (笑)
昨夜、土曜日は楽器持ち込みの常連さんが、
来るたびに上達しているのに感心、
自分も頑張らなきゃと励みになります。
その方の、
「俺は・・・アマネマスターのこと」
「酒場のマスターがピアノ弾いていると思ってないよ」
「ピアノ弾きが酒場経営していると思っている」は嬉しいセリフ、
そんな方の期待に応えなくては男が廃る !!

一昨日、金曜日は、以前ブログで紹介しましたが、
「オープンマイク」と書いたことで興味を持って店に訪れた男性が、
いよいよ来週土曜日に迫った、彼主催の貸切ライブイベントの打ち合わせに、
得意のピアノも披露しました。
上手い具合に同年代の男女4名が来店、
僕の歌伴奏の合間に彼がソロで弾くという、
なかなか刺激的な営業は AMANEならではか、
昼に限らず夜の営業も、徐々に進化しつつあると感じます。

一昨昨日、木曜日のことは書きましたね。
草原ロシア語バージョンの打ち合わせです。
今回この企画に惜しみない協力をしてくれた方を初めて見たのは、
というか、
その方の歌を聴いたのは、
AMANEで行われた貸切イベント内で、2009年、春のことでした。
歌った曲は「百万本のバラ」、
原語、ロシア語で歌ったのです。
「へえ〜 珍しいなぁ・・・」
当時はその程度、
しかし記憶には強く刻まれ、
運良く昨年、歌倶楽部さん関係のイベントで再会し、
ロシア語の歌を日本語訳詞する仕事をしていることを知り、
ならば、逆、
日本語の歌をロシア語に訳してくれないかとお願いしたのです。
そして、本人にも歌ってもらおうと・・・
「百万本のバラ」から、
「名も知らないちっぽけな花」は落差があり過ぎですかね (笑)

希望は、その方のロシア語の先生や、友達、知り合いにも歌ってもらうこと。
音楽に境はありません。
来年で草原発表10年、
まだまだ行きますよ !!
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

これからの人生

ありがたいことに都内は雪にならずにすみました。
おかげで、ふりうたも昨日、今日とお休みはなく、
夜もお客様がコンスタントに、
ついでに深夜のお遊び (笑)
ピアノひとり弾きも、相変わらず懲りずにやってます。

今夜は珍しくジャズっぽいのを弾いてみたので紹介します。
“What Are You Doing The Rest Of Your Life”
邦題「これからの人生」
ジャズ・スタンダードです。
サラ・ヴォーンやフランク・シナトラなど有名歌手が歌っていますし、
ピル・エヴァンスなどでの演奏もステキ、
僕のは全然だけど・・・(笑)

posted by セキシュウ at 21:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

ロシア語 !!

昨日は悪ふざけをしてしまいました。
古い自分の写真を引っ張り出してきて載せるなんて、
卑怯ですよね (笑)
もっと工夫しなさい ! とか。

まあ、時間がなかったのもあります。
忙しくはなかったのですが、
打ち合わせを含めた営業、
昨年からちょっとした面白いことを進めていて、
それが仕上がってきて、
確認作業をしながら、一般客のサービスにあたっていたのです。

とは、草原の、ロシア語バージョン !!

草原ロシア.jpg

スクリーンに大写しして、
訳詞家の方が、文字のタイプミスがないかチェックしているところ、
本人が写真を撮ってくれました。

「なんでロシア語?」
「なんとなく・・・」
だから草原なんです。
「どうしてだろう」と思うのが始まり。

キリル文字はこんな感じです。
タイトルだけ紹介しますね。

Степь 〜Верь в себя〜

直訳は、
草原 〜自分を信じて〜

サブタイトルがついています。
歌にするため、
僕の書いた歌詞をそのまま訳したわけではなく、
意訳、ロシア語で歌って心に響くように、
訳詞家本人の色を加えて作り上げたんです。
そのうちホームページで紹介します。
お楽しみに !
posted by セキシュウ at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

3坊主

またまた小島さんからコメントが入りました。
坊主頭、盛り上がってます (笑)
こうなったら、悪のりしちゃうか〜 !

01bo.jpg

ピアノ坊主。
坊主頭にしてすぐ、
ボランティア先の桐ヶ丘デイホームで。
撮ったのは木村さんでしょうか。
この後、木村さんも感化されて (?) 坊主にしたのは、
今となっては懐かしい思い出です。

02bo.jpg

海坊主。
いや、川坊主 (笑)
バックは隅田川です。

最後は、

03bo.jpg

掃除坊主。
ずいぶん伸びてきた頃、
ちょうど10年前です。
今も、相変わらず掃除機をかけていますよ。
posted by セキシュウ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

Eテレとアコナイ3

さわうたのある火・水・木の朝の出勤時間は、
だいたい9時15分前後、
でも今日は遅刻しました。
敢えて・・・ですが (笑)
テレビを見てたんです、めずらしく〜 !!
見てた方もいらっしゃったでしょうか。
辻先生の出たEテレ、僕なんかの時代は教育テレビっていってましたっけ、
チャンネルは3でしたが、今は2なんですってね (笑)

出ていらしたのは、10分間の半分程度か、
まるまる講義をなさるかと思ったら、そこは子供向け番組、
飽きさせないように、いろいろな場面を出しながら、
ピンポイントで発声のコツを話してらっしゃいました。
「本当はもう少し体格がいいのにな」と画面を見て思ったのですが、
そこは遠近で調整したのでしょう。
優しいおじ様の雰囲気でしたね !

姿勢や喉を開ける、腹筋を使うなど、
歌を唄う方なら、まぁ、それなりに耳にしたことがある中に、
「おやっ?」と思ったのは、
子供たちの上手な合唱シーンを流した後に、
「響く良い声で合わせましょう」のようなことを仰ったところ、
ここは通常のボイトレとは違い、
周りと一緒に、周りと協調して声をひとつにしていく、合唱の醍醐味、
「さすが合唱指導者」と感心しました。
ひとりで響くより、
みんなで響いて、楽しさを分かち合う・・・

と、僕は番組を見て、またまた勝手に思ったのですが〜
当たっているかどうかは知りません (笑)
来週の水曜日も同じ時間にあります。
見逃した方は、ぜひ次回こそ !!

番宣.jpg

ところで、小島さんから、
「坊主頭も似合う」とお褒めのコメントを頂きました。
それなら、またやるか〜 !
いや、冗談 (笑)
小島さんこそ !!
な〜んて。

その小島さんが、またまた2月のアコナイに登場します。
出演者も決まりました。
今回も新顔多数、楽しみです。
やてふさんは、オブザーバーですかね?
いや、ビールサーバー・・・
は、僕の仕事でしたか (笑)

第3回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
開催&出演者決定 !!
2月27日(土)19時〜23時頃まで 入場料 500円 ドリンク300円より
出演 : Ted・じょぷりん・とんこつ君・KAZ・そらいろサウンド・youko & jiji・小島かおる
posted by セキシュウ at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

坊主

ときどき自分の年を忘れます。
さわうたで話すときなど、「えっと」と考えることがある、
わりとどうでもいい、と言ったら変か (笑)
キリのいい年、
50とか、60とかじゃないので、
「まあ、52でも53でも54でもいいか」
本当は53です。
同じように思う人も多いでしょう。

積雪を境に冬の寒さが続いています。
「まだ風がないだけマシか」と思いながら、
昨日は昼間オフ、
久しぶりに赤塚公園に行ってきました。
バスケのコートに着いた途端、風、
「そうか。風は何もないところでは吹いてるんだ」
あまりに部屋にこもっていることばかりですし、
歩いても街中を近距離、
風を感じることすらないのです。

公園の各所に残雪のかたまりが、
グラウンドの南側も木陰になり日が当たらないのかうっすら白く、
この寒さに誰もいないだろうと思うも、ところがドッコイ、
バスケのコートには先客が、
グラウンドにはトレーニングウエアで走っている人、
親子連れもちらほらいました。
幼児が跨いでいるのは三輪車や小さな自転車、
寒さよりも乗りたい気持ちが強いのは僕と同じ、
僕も寒さよりシュートを打ちたい、
幼児と変わりませんね (笑)

本当にここに来ると初心に戻ります。
身体を動かすのがいいのでしょう。

basuke0.jpg

まだAMANE を開店する前、
狂ったようにバスケをしてたこと、
開店してからも、昼はフリーだったので週2か3のペースで来てた、
当時は色も黒く、
先日、夜、数年ぶりにいらしたお客様から、
「あれ、ずいぶん白いわね」
「本当は色白だったのね」と僕の顔を見て、
いや、色白ではないけど・・・
「インディアンのようだったわね」と当時を懐かしく思い出し、
大笑いしました。

髪の毛を坊主に、短くした時も来ましたっけ。
やっぱり短い方が上手そうに、強そうに見える、
高校のバスケでも、
全員坊主にして試合に臨むなんて今でもよくあること、
相手に与えるプレッシャーが違うのでしょう。
勝負心の表れ・・・

違う意味でやる場合もありますね。
僕も坊主にした時は、もっぱらそんな風にとられ、
「きっと」
「女性関係で」
全くそれとは違います (笑)
まあ、勘違いされるうちが華でしょうか。

02ba.jpg
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

同名の喫茶店

1月の最終週が始まりました。
31日が日曜日なので、来月は月曜日スタート、
2月は28日だから、3月も月曜日スタート、
「わかりやすくていい!」と思ったら、
今年はうるう年で29日あったのでした。
「営業日が増えていい!」 (笑)

うちの店は個人経営、僕ひとりでやっていて、
スタッフに払う人件費はなく、
仕入れ、水道光熱費も大したことがなく、
いわゆる流動経費の占める割合が低いので、
純粋に営業時間が多い方が利益は上がります。
スタッフを雇っている場合はそうはいかない、
営業して、売上がスタッフのその日の給与分以上いかなければ赤字、
うちはそれがないだけ気楽です。

けれど、ひとり営業はひとり営業で、
稼げる容量が決まっていますし、
例え開店時にどんなに頑張って稼いでも、
いずれは必ず自分に合うお客様しか残らず、
最後はそのお客様たちも年を取ったり遊ばなく、遊べなくなったり、
いよいよ閉店となるのが一般的、
そうやっていくつもの小さな飲食店、飲み屋が消えていったのでしょう。
明日は我が身。

おっと、またまた暗くなりました (笑)
そうならないために、日々、あれこれ企画を考え、
お客様の声に耳を傾け、
少しでもチャンスがあれば怖気ないでコンタクトする、
辻先生の時もそうでした。
たぶん、AMANEのような店に呼ばれたのは初めてじゃないかな (笑)

AMANEと言えば、
土曜日の夜、大阪の同級生 GO本さんからメールが来ました。
ドラマを観てたら、同名の喫茶店が舞台になってたとか。
しっかり画面の写真まで送ってくれて (笑)
ありがとうございます。
あのドラマを見て、
うちのことを思い出して、
「たまには行かなきゃ!」になればいい、なんて他力本願なことを・・・
お待ちしています (笑)
posted by セキシュウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

吸いません

小島かおるさんから簡潔なコメントが (笑) 入りました。
でも、心意気は伝わります。
実は僕も辻先生の声を聴いたのは、この前が初めてで、
それも歌唱指導中の声で、
本格的に歌っているのは聴いたことがありません。
テノールのステキな声は、
あの顔芸も相まって (笑) 声楽界の魔術師ではなかろうかと想像、
ぼくがEテレの番組スタッフなら、
「歌の達人」よりも「歌の魔術師」にしてたかも (笑)
いや「歌の百面相」とか ??
放映が楽しみです。

話は変わりますが、ニモのパパが来た金曜日、
10名のお客様と書きましたが、
うれしいことに誰一人タバコを吸いませんでした。

こんな日が最近は多くなりました。
そして、もし、そんな無煙状態の日に、
一人の常連の喫煙者がいらしたとする、
その時は、
「すいません」(吸いませんじゃない・笑)
「今夜はどなたもタバコを吸わないので」
「遠慮していただけますか?」と席に着いたと同時に確認します。
たいてい了解を得られる、
今はそういう時代とわかっていらっしゃるからです。
吸いたいときは、外に出て一服・・・
助かりま〜す !
でも雨の日や、
冬の寒い日はちょっと可哀想ですよね。

今日は各地で大荒れの寒波とか、
しかし都内は寒くも良い天気、
昼前、外に出たら、

01nem.jpg

「寝てる !」
気持ちよさそうです。

02nem.jpg

春が待ち遠しいですね。
posted by セキシュウ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

大家さんと

昨夜もギリギリのパターンでした。
ブログのことです。
アップしたかしないかの所でお客様、
気配は開店時の電話で2本、
「これから行っても大丈夫ですか?」と、
貸切や満席でないか確認してくるのは、大事なお客様を案内する証拠です。
「また今夜もバタバタするな・・・」
それに、広島からニモのパパも来店なのです。
「まあ、暇な様子に心配かけるよりはいいか」
案の定、カウンターに座ったニモのパパ、
「繁盛で何より」と言ってくれるあたり、
阿吽の呼吸ですね (笑)

昨夜は思いも寄らぬアクシデントが二つ、
一つは飲み過ぎたお客様が陥る悪夢ですが、
ご想像にお任せ (笑)
もう一つが焦った、
トイレのノブが壊れたんです。
以前からガタがきていたのですが、
いよいよスポッと取手ごと抜けて、
一度閉めてしまうと外側から開けられない状態に、
これがニモのパパ含め10名様がいらっしゃる中で起きたから、
「わ!どうする」
幸い、店内はアルコールもある程度出切った時間、
10時過ぎだったでしょうか、
中の様子を伺いながら、廊下で思案、
とりあえずトイレから出るときドアを閉めないように利用者に随時お願い、
6名のグループ客がお帰りになった後、
直す作業に入りました。

残ったお客様とニモのパパには、大いにカラオケに興じてもらう (笑)
こういうとき、カラオケがあると本当に助かります。
ピアノ伴奏だけだったら、手が足りない。
オーダーがたまっている時も、
ピアノ伴奏のリクエストは待ってもらい、カラオケに逃げることがありますし、
おっと、逃げるなんて言っちゃカラオケに失礼か (笑)
お客様同士の雰囲気が悪くなったときも、
「カラオケ歌いましょうよ!」と勧めたり、便利です。

ノブは、どうすれば直るかわかっていたので、
あとは、その為のパーツ、小さなビスを探せばよく、
カウンターの下の箱の中から頃合いの物を見つけ、
テープで止めて無事復旧しました。
ああ助かった・・・

ニモのパパとカラオケに興じた中に、大家さんがいらっしゃり、
あちこちガタがきている内装の話を、
「だって」
「仕方ないですよね」
「この店作られたのって、平成元年でしたよね?」と笑って大家さんに、
すると、
「そう、平成元年の11月」と懐かしそうに、
「パティオ」という名前で新規オープンされたこと、
ちょっとした失敗談を話し始めました。
そして、
「今は何年だっけ?」
平成28年 (笑)
この店は、もう26年以上、当時と殆ど同じ状態で使っていることになります。

ついでに付け加えると、
大家さんが経営したのが1989年11月から2003年4月の、13年と6ヶ月、
僕が2003年5月から今までで、12年と8ヶ月、
あと10ヶ月、年内には並ぶのです。
密かな目標です。
posted by セキシュウ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

辻先生

夜の仕事は、酒場稼業でシビアな部分も多々ありますが、
いろいろな方と出会えたり、
瞬間、思いを共有できたり・・・
音楽を通してですが (笑)
日々が新しく、
だからこのブログも続いています。

それに対して昼間は、ストレスなどゼロに近い、
たまにドキッとする発言があったり、
ちょっと扱いの難しいお客様がいらしたりで、
気は遣いますが、それも稀、
それにそういう時でも、ピアノに座ってしまえばまずオッケー、
心穏やかに仕事しています。
しかし、夜とは違い、安定はしているも爆発力に欠ける、
到底、昼の営業だけでは店を維持していけないのです。

その昼の営業、というか朝の営業 (笑) さわうたですが、
先週からの課題曲「広い河の岸辺」2部合唱も、
辻先生効果か (笑)
良い感じに仕上がってきました。
何名かはふりうたでパート練習しているのも心強い、
来週はいよいよ総仕上げでしょうか。

ところで、来週、辻先生がテレビに出ます。
前も書きましたが、
再掲しておきますね。
画像つきですよ。

番宣.jpg

NHK Eテレ
1月27日(水)・2月3日(水) 
いずれも 9:10〜9:20
「おんがくブラボー」第7回 〜ひびくいい声で歌おう〜
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

仕事だから

「仕事のストレスをどんな時に感じるか」と質問したら、
いろいろな答えが返ってくるでしょう。
まずは社内の人間関係でしょうか。
それから、自分の職務に対して、
例えばやりたくないのに仕方なくやっている、
そういう時、必ず、
「仕事だから」という言葉が出てきます。

僕の場合、個人プレーなので (笑) 人間関係はありません。
職務については、
強いてあげるなら昨夜の記事のような時、
タバコの煙もうもうの中、大はしゃぎしているのを長時間シラフで付き合うこと、
特に煙は自分が吸わないだけに、
吸殻のたまった灰皿を交換、洗いながら、
「仕事だから」と心の中でつぶやきます。

こうして考えると、
仕事とは、自分の望まないこと、
あるいは、望むとしても身体を張っている、
大袈裟にいえば僕の酒場稼業も、
健康被害、受動喫煙で肺がおかしくなるかもしれない、
ならば禁煙にしたら・・・
いや、それではやっていけません。
今は、以前よりずっと喫煙者が減ったので、助かってますけど。

深夜、帰り道、道路工事の方たちを見て、
「寒いのに大変だな」
「身体を張っているな」と思う、
高い所に登って作業している方たちもそう、
タクシー の運転手さんだって夜勤はあるし、
大型バスの運転手さんも・・・
今回のスキーの件では、あれこれ言われていますが、本当にお気の毒です。

それでも、みんな、仕事をする、
稼いで生きていく、
どこかで自分を納得させて、
周りと調和しながらやっていくのでしょう。
食べるため。
食べさせるため。

benchi.jpg

週末はまた雪マークが出ていましたね。
風邪を引かずに、
元気に冬を乗り切りたいものです。
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ストレス発散

昨夜不慣れな時事ネタ古典ネタを書き、
さて読み直してアップしようと思ったところへお客様、
ゾロゾロと5名ですが同年代、
これは忙しくなるだろうと、慌ててブログをアップしました。
営業終了後、もう一度ゆっくり読み直したら、
誤字発見、意味の通じにくい箇所も、
訂正し、再保存しました。
やっぱりどこかしらにあるんですよね。
読むとき、思い込みで読んでしまうんです。

ゾロゾロは後で2名増えて7名のグループ客として、
その他にカップル2組、
と言っても、仕事仲間、よくいらっしゃる常連さんです。
雪の翌日の、火曜日の夜に11名のお客様は、
うちでは上等 (笑)

グループ客の中には大抵ハイテンションの方がいるものです。
もちろん飲んでいるからで、
特に初めて連れられてきた方に多い、
昨夜もそのパターンでした。
一言二言交わすとわかります。
ピアノの蓋が空いているのを見て、
「弾いていいですか?」
と腕まくりしながら、
これは完全にからかってきたと思う、
一応「きちんと聴かせられるのならいいですよ」
「猫踏んじゃったはやめてくださいね」
他のお客様がいるのです。
そうしたらやっぱり辞退 (笑)

もしこれを許すとなると大変なことになります。
言い方は極端ですが、
完成作品以外は、他人には騒音にしか聞こえないでしょう。
まあ、一生懸命やって、途中失敗したり、
わからなくなって止めるのは仕方ないとして、
はじめから弾けないのに、茶化して鍵盤を弄るのは、
営業の備品として置いてあるのですから、
しかも営業中なのですから、勘弁です。
これは、まず常識的なことですが、
案外酔ってるといらっしゃるんです (笑)
で、間違ってオッケーすると、
周りは最初は笑って見てますが、だんだん渋い顔になる、
何度か経験済みです。

「猫踏んじゃったくらいいいだろう」と思う方もいるでしょうね。
誰もいなければ、まあ、耳を塞ぎますからどうぞ (笑)
これまた飲んで悪ふざけですから、しょうがない。

お酒はストレス発散に良い、
お酒を飲んで酔って騒ぐのは、
日々の嫌な事を吐き出すため、
結局、我々酒場稼業は、それをどこまで受け入れるかです。
全ては無理、
なぜなら、うちの店は知らない者同士がひとつ空間に、
向きあって座っているのです。
一人のハジけ過ぎのお客様、ストレス発散しまくってるお客様に、
他の方が巻き込まれてしまう、
「あの酔っ払いに調子を合わせなきゃ」となっては、
何のためにお金を払ってきているかわからなくなるのです。
昨夜の方は、
調子にのって靴を脱いでソファーの上に乗りました。
お立ち台のつもり、飛び跳ねる?
慌ててそばに行き、
「降りてください」と言う、
カラオケボックスではよくあることですね。
仲間内なら構わないのでしょうが、
他の方がいる前でやるというのは・・・
多分、相当仕事の不満が・・・
は、余計なお世話ですね (笑)

注意するとすぐに従っていただけ、
その後もそれなりに盛り上がってくださり一安心。
それと、もう一人、
幹事的役割の常連さんが、
他のお客様に唄っていただくよう気遣ったり、
ピアノで唄える楽しさを後からいらした女性に勧めたりと、
如才なかったのが救いでした。
posted by セキシュウ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

古典講座で

今日は晴天にはなりましたが気温が低く、
残雪が固まり、解けた水が前夜凍り、
非常に足下が悪くなっています。
我が北区は、23区中、高齢者の占める割合が最も多いとのこと、
最近ではそれをウリにして、
区報などで「高齢者に優しい町・住みよい町」と謳っていますが、
この積雪・凍結ばかりは優しくありません。
救急車のサイレンを聞くにつけ、
「またどこかで」と思う・・・
ありゃ、
いきなり暗い話題になってしまった (笑)

そんな中でも、朝からさわうた,午後から古典講座とみなさん元気よく、
特に古典講座は、
危惧した参加者の目減りもなく、逆に増えたくらい、おかげさまです。
口コミで広げてくださるのが一番確実、
これは、古典講座だけに限りませんね。
内容の確かなものを地道に提供していれば、いつかは流行る、
逆に過度の宣伝は危ない、
しかも極端に安ければ尚更で、
儲け話などに安易に乗ったりするのも、
お得感を最大限に押し出しているからでしょう。
世の中、そんなにうまい話が転がっていようはずがない、
と、また話が逸れてきた (汗)

その古典講座は、いよいよ光源氏の女性遍歴が始まる巻、「帚木」(ははきぎ)で、
まずは入り口として、
光源氏ほか、遊び人の男同士が集まって、女性の噂話をするところ、
「ああいうタイプが良い」
「こういうタイプは嫌だ」など品定め、
女性目線で読むと、
「なによ これ !」と言いたくなるところですが、
これを女性の紫式部が書いたのが面白いところです。
その中で光源氏は、いろいろな女性と関係しているわりに、
妙な品定めはせず、聞き役、
他の遊び人、頭中将などにあれこれ言わせるあたりが、
紫式部のしたたかさ (?)
光源氏を悪役にしないのです。
さらに、その頭中将にも、自分(紫式部)と身分の同じ「中流階級の女性」が良いと言わせ、
その先には、
当時の源氏物語の読者、「中流の未婚の女性たちを意識して書いた」とは、
父の弁ですが、僕も同感、
やっぱり書くからには読んで欲しい、
読み手を逃がしたくはない、と考えるのは妥当なところでしょう。

講義中、今,世の中を騒がせている国民的アイドルグループの話も出ました。
ネットのニュースを見ていても、
彼らグループの4文字が躍らない時間はありません。
「なんでこんな・・・」と、
我々には直接関係のないことに、単なる会社のお家騒動を、
みんな一生懸命になって知ろうとするのかと疑問でしたが、
今日の講義を聞いていて、
「やっぱり」
「これも真理なんだ」と思いました。
発信している側、つまり書き手側も、多くの人が読むと思えば、
一生懸命ペンを走らせる、キーボードを打つのでしょうね。
そして、「どうぞ読んで !」と宣伝する・・・
でも、あまり自分に関係のないことは、
そのうち飽きて、忘れ去られていくのも真理です。

今日は珍しく世間の話題など・・・
柄にもないことを書いてしまいました。
posted by セキシュウ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

顔を出して

起きたら予想通りの銀世界になりました。
しかも週初、月曜日とあって、
雪に弱い都会の交通網は、
間引き運転をしたものだから通勤時に大混雑、
何時間もかけて会社に行った、途中で諦めたなど、
ネットの記事を読みながらお気の毒にと思う、
この時ばかりは零細ながらも近場の自営はありがたい、
自由な我が身、恵まれています。
「いざという時は休んでもいいんだし」

そんな怠けた気分で、
朝からダラダラ家で過ごしていた昼過ぎ、
HIDEKI くんからメッセージが、
「今、店の前を通りました!」
写真つきです。
途端、背筋が伸びる、
実は気になってたんです。
店の前の様子・・・
「雪かきをしていなくて」
「大丈夫かな?」

yuki01.jpg

ありゃ、こりゃまた!
通れるには通れますが、
やってないのは歴然、
うちの先のクリニックさんの前と比べればわかる・・・

これが火曜なら、朝からさわうたのお客様がいらっしゃるので、
張り切ってやっているところですが、
今日は月曜、夜からの営業なので、ノンビリ構えた、
あわよくばそれまでに解ければ、なんて (笑)

間もなく雨が上がったので、買い物に出ました。
裏の路地を歩くとぽたぽたと音がするのは、
雪解け水、

yuki02.jpg

屋根の向こうに青空が見えます。

表の道路は、すっかり日常風景、

yuki03.jpg

雪の晴れた日は、歩道が眩し過ぎるくらい。

通りの小学校の花壇では、

yuki04.jpg

雪に埋もれた中から、
やっと顔を出して、

yuki05.jpg

光を浴びてよかったね!

顔を出してといえば、

yuki06.jpg

雪の残る公園には、
誰かが顔を出して・・・

yuki07.jpg

元気そうでよかったね!
posted by セキシュウ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

家電量販店で

いよいよ都内も寒波、雪もやむない状況になっています。
今夜から降りだし、明日起きたら銀世界 ?

今日はオフでしたが、朝から内職、
お客様から頼まれた譜面作りに勤しんでいます。
音の運びの複雑なスペインの名曲、
いずれピアノインストルメンタルでアレンジして弾いてみたいと思う・・・
やっぱり、丹精込めて作った譜面は、一度は弾きたいもの (笑)

一段落した午後からは、買い物に出かけました。
大手家電量販店で、パソコンの周辺機器を、
お目当ての物を探していたら、ピアノの音が聞こえてきました。
「あっ」
「エレピだ !」
子どもが楽しそうに弾いています。
久しぶりに僕も弾いてみたくなり、
有名メーカーの10万くらいのをポロリンポロリンと、
「わっ !」
「おもちゃだ・・・」

鍵盤のタッチです。
それなりの重さはあるものの、
弾いた感じは店のグランドピアノの重さには程遠く、
「こんなのを毎日弾いていたら」
「グランドは弾けないだろうなぁ・・・」
古い常連の Aちゃんが、
AMANEのピアノで弾き語りながら、
「マスター」
「ピアノの鍵盤重いよ〜」と言っていたのを思い出しました。
彼のところにはエレピしかなかったんですよね。
最近ご無沙汰ですが、
もしかしてグランドピアノ買ったかな ?
ショールームに見にいったなんて話をして以来、遊びに来てません。

エレピは、タッチもそうですが、音色もリアルさに欠けます。
綺麗な輝く音を出す場合、
通常より少し高めの位置からはじくように弾くのが僕の癖ですが、
エレピはそれを忠実には再現してくれません。
(高級なエレピはわかりませんけど・・・)
音自体、スピーカーやヘッドホンを通すのですから、
繊細さを求めるのは無理な注文なのでしょうね。

こんな書き方もどうかですが、
やっぱり音楽も、
本気でやるとなると本物の楽器でないとダメ、
本物の楽器は言わずもがな高価なので、
結局はお金がなければ・・・というところでしょうか。
今日は現実的な話でした (笑)
posted by セキシュウ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

歌い初め

年の始め、いろいろ初めはありますね。
昨日いらした夜のお客様、
一昨日いらした夜のお客様、
みなさん歌い初め・・・でしょうか ?
そんなに遅くはないかな (笑)
もう月の半ばですからね。

僕も三が日に歌い初め、
弾き語り初めをしました。
空は蒼かったのですが、なんとなくこの曲を。
これも朝のさわうたの課題曲でしたね。

posted by セキシュウ at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

2部コーラス

1月ももう半分過ぎました。
今年は辻先生の講座が年明け盛大に催されたこともあり、
なんとなくダラダラという感じはしません。
講義中、
「もし私が一年後みなさんとお会いしたら」
「私の言ったポイントを守って声を出していれば」
「とても良い声になっているでしょう」と、
それはぜひ実現してみたい、
年の始めは辻先生を定番にしたいと思いました。
出来れば、ですが。
日曜祭日は合唱指導等でまず空いていないという方、
いざという時は平日月曜午後はどうでしょう・・・
まだまだ先の話ですけどね (笑)

その時題材になった「広い河の岸辺」2部コーラスを、
今週のさわうたから上、下、分かれて練習しています。
譜面は、ネットでそれ用のを購入、
コピーして配るのは違反なので、
僕がパソコンで作り直す、
その際、余計なピアノ譜など省略して、2枚にまとめました。
そのままコピーしたら4枚になります。

ここだけの話ですが、
売られた楽譜のコピーはよく目にします。
個人で楽しむ分には、
良いとは言えませんが、
1枚2枚なら、まあ、大目に見てもらえるでしょう。
しかし、うちにように80枚くらいを、
店の営業中に配るのですから、
これはもう咎められても仕方がない、
「あそこは」
「売ってる楽譜をコピーして配ってる」と、
冷ややかに見られるのも不本意なのです。
法律に詳しい方なら、
許可なくコピーすることは、
「出版社の持つ複製権の侵害」であるとご存知でしょう。

話が逸れてきました (汗)
「広い河の岸辺」です。
今日のふりうたでも、
「下、アルトを唄ってみたい」という方が個人練習、
こういうのもいいですね。
来週のさわうたで、ぜひリードして欲しいです。
さわうた内では、
そう長くは合唱の練習は出来ないので、
唄える方に引っ張って頂くと、すんなり行く、
ハーモニーが楽しめるのです。
posted by セキシュウ at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

年賀状

昨日はまたまた思い出記事になってしまいました (汗)
振り返ってしまうのは年を取った証拠、
涙もろくもなる、
今夜開店一番に見えたお客様は、
4年ぶりか、5年ぶりか、
「久しぶりだね」と静かに入っていらっしゃいました。
「まだやってるね」
「ええ、なんとか」

身内のご不幸があったりで、随分空いた、
歌もまったく唄ってないとのこと、
「もしかして、ここに来て以来かな・・・」
「そんなにですか !」

当時よく歌っていた曲を1曲、
合間、お客様がまたお一人、
これで男性二人でカラオケ合戦になるかと思ったら、
2曲歌ったところで席を立ちました。
「えっ」
「もう帰るんですか ?」

「いや」
「泣けてきちゃって」
目にはうっすら涙、
「そうか」
「当時のことを思い出したんだ・・・」
楽しかった時代が甦ったのでしょうね。
酒場にはこんな涙もあります。

さて、湿った話題はここまで。
今年の・・・
年賀状、行ってみます !!

2016年賀状-for-web.jpg

制作屋さんのお茶目な作品 (笑)
改めまして、
今年も宜しくお願いします。
posted by セキシュウ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

3年前の今日

僕がSNS、フェイスブックを始めたのはもうずいぶん前で、
5年前だったか、広島の税理士の友人から、
「関君、同期生をまとめるにはフェイスブックがいいよ」と、
紹介されたのがきっかけです。
全国に散らばった高校の同期生約500名のうち、
幹事をやった2013年には、100名以上がフェイスブックで繋がり、
同期生の非公開グループを作り、
高校全体の同窓会を盛り上げていったのでした。

その後は、徐々に落ち着き、元の姿へ、
それぞれ親しい間柄同士、或いは新しく友達になった同期生同士と、
SNSなりの親睦を深め、今に至っています。
その間、店のお客様、音楽関係者とも友達になり、
それぞれの行動、考え方などを知ることが出来、
先日の辻先生や、水織さん、やてふさん、モモコさんなどとも、
自然に打ち解けられる良いツールとして、楽しく使っています。

フェイスブックを朝見ると、ときどき、
「Facebookでの過去の思い出」「〇年前の今日」と記事がアップされ、
1年前、2年前など、
それらを友達にシェアするように、促してきます。
あまり投稿しない人の活性化や、
本人の振り返りをネタに再投稿と、
盛り上げようとするSNS側の試みがおもしろく、
「ふ〜ん」
「やっぱり、人の心を掴むように」
「IT企業も努力してる」と感心、
しかし僕自身は、それらはスルー気味、
自分の投稿が、大したことないから (笑)

ところが、今朝は、驚きました。
「3年前の今日・・・」
「えっ ?」

そこには机の上に置かれた五線紙と、
紙切れに書かれた歌詞が・・・

002013.jpg

「そうだ」
「3年前、久しぶりに作曲してたんだった・・・」

3年前の記事

「いつの日にか」という曲。
懐かしく思い出しました。
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

拘束時間

第2週が始まり忙しくしています。
と言っても、拘束時間が長いだけ、
午前中さわうた、午後プチシャンソン、夜一般営業、
間、休みが短くありますが、朝9時半から夜12時までは、
ひとりでやる飲食店としては長い方でしょう。
売り上げが伴わないのが残念なところ (笑)
しかし、日曜日の辻先生の時のようなこともあるので、
辛抱してお客様を待つのが我々の仕事です。

それでも、さわうたは14名、小雨ちらつく中みなさん来店、
なんでも早朝には雪が降ったとか、
東京で初雪・・・
例年より9日遅れとか、やっと冬らしく、なのでしょう。

午後のプチシャンソンは、
所用で欠席者が多く6名、
こういう時こそ大事で、
さっさと終わらせることなく丁寧に、
いつもは殆どやらない個別のアドバイスも交えながら、
たっぷり伴奏しました。
人数が少ない時は、ひとりプラス1曲、計4曲唄うのも恒例、
もちろん伴奏の手間賃は頂きますよ (笑)

夜はどうでしょう。
この寒さに来る物好きは・・・
美声の友人くらいかな?(笑)

しばらくはこのまま寒いのでしょね。
昨日も書きましたが、風邪にご用心を。

「おまえもね !」

kaze.jpg

引かれた方は、お大事に。
posted by セキシュウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

合唱の先生たち

今日はオフ、やっと冬らしく、寒くなったこともあり、ゆっくりしています。
昼間買い物に出た程度、帰ってくる頃には曇り、急に冷えてきました。
風邪、引きそう・・・ (笑)
みなさんもお気を付けください。

昨日、辻先生の楽しいおしゃべりの中に、
心感じる部分がありました。
今年で57才、僕の3つ年上になる先生ですが、
去年は近しい友人・知人が3名亡くなったとのこと、
「そんなこともあり」
「これからは、やりたいことをやろうと思う」と仰ったのには、
会場が一瞬静かに、
察した先生があまり重くならないようにすぐ次の話題に移ったのですが、
僕の記憶の中には深く刻まれました。

合唱界では名の知れた先生で、
いろんな方から、
「AMANEに辻先生が・・・」
「どうして ??」と驚かれました。
それを先生に話すと、
「本当ですか〜」と半信半疑、
ご自分が有名とは思っていないご様子です。
これは謙遜でなく本音と感じる、
そういうところが、先生のファンの多さに繋がるのだと思います。
昨日も、そのうちのお一人が、飛び込みでいらしてくださり、
結局総勢29名、
幸先の良い2016年ライブのスタートとなりました。

順風満帆に見える辻先生も、
過去に2回喉を壊した経験があるそうで、
職業病とはいえ、
「もう歌えなくなるのでは」の不安は察するに余りある、
それに耐え、打ち勝ち、復帰した経験が、
今の指導に活かされていると感じました。
そして、いつも引き合いに出されるはずの父の存在、
先生のお父様も業界では高名な先生で、
長男である辻先生も子どもの頃から期待が大きかったはず、
よく外れずに続けられたと感心しきりなのです。
僕などは、外れに外れ・・・(笑)

辻先生から坂本恒太先生の名前が出たのはうれしかったです。
日本合唱指揮者協会の新年会で、
恒太先生が辻先生に「AMANEに行くんだって ?」と、
恒太先生も、気に掛けてくださっていたとは・・・
光栄なことです。
僕もそのお姿だけは、辻先生のフェイスブックで拝見、
相変わらずの風貌に癒やされました (笑)
都留市合唱連盟の澤田先生の「万歳」も写真で拝見、
これまたお元気そうで、何よりでした。
posted by セキシュウ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

大爆笑辻スクール

昨夜、営業終了後、
「あ、描かなきゃ !」
新春スペシャル、辻秀幸先生がAMANEに初登場するからです。
お会いしたのは都留市合唱祭、
それ以降フェイスブックで先生のご活躍、ずっこけぶりを拝見 (笑)
親しみを持って、いいオトコに描かせてもらいました。

01tuji.jpg

僕にはしては珍しい犬の登場は、
先生が預かっていた「ピッチ」という名の犬、
1年以上預かり、つい数日前、里親の元へ、
先生の気持ち、親心というべきでしょうか、を考えて描かせて頂きました。

コピーして、入口のドアと店内に、

02tuji.jpg

貼って、準備万端、辻先生をお迎えします。
「辻秀幸先生です !!」

03tuji.jpg

ワンワン ! (笑)
いや、ハァハァ、
犬がお散歩から帰って息を荒くしているところ、
なんでまた ??

これ、ボイストレーニングの一種なんです。
こんな風に、すぐにカメラにも反応してくださる愉快な先生は、
前半を主に良い声を出すトレーニング、
後半は実技、
「広い河の岸辺」の2部合唱を指導してくださいました。
いや〜、おもしろかった〜(笑)

圧巻は顔芸で、
これはもう、今回の講義の宣伝文句「抱腹絶倒」で間違いない (笑)
しかも面白さの中に大きく納得させる部分が、
やはり歌うには、表現するには、「なりきることが大切」、
つまり、その世界に自分を置くということなのだと、改めて感じたのでした。
歌う顔によって声が変わってくる、
息を吸うときに、良い香りを吸ったとイメージすれば良い声になる、
それらを、
完成形だけでなく、悪い例を用い、笑いを取りながら説明していくのが素晴らしい、
これぞプロフェッショナルです。

04tuji.jpg

プロと言えば、
きっちり時間内に、前半40分、後半50分でまとめるところもさすが、
こちらが言わずとも、
腕時計で時間をチラ見しながら進めるのは、父の古典講座と一緒、
学生相手に講義している長年の習慣のなせる技でしょう。

お客様は、さわうたの方々中心に、
こんな方も !

05tuji.jpg

休憩時間中に先生と歓談するのは、
シャンソン歌手の水織ゆみさん、
先生のお父様とステージでご一緒した縁から、当講義に参加されました。
世間は狭いですね !

後半の実技に入っても笑いは絶えず、

06tuji.jpg

「歌を唄いに来て、こんなに笑うなんて」
「落語みたいでした〜」
水織さんの表現を借りれば、
「10秒に1回笑った」
ほんとうに (笑)

07tuji.jpg

最後は集合写真、
辻先生、まともにすれば、いいオトコ !! (笑)
楽しかったです。
もっと時間が、続きがあればとつくづく思いました。
また企画したいです。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

初夢

昨日、今日とロング営業をしています。
第1土曜日のドリームV さんの貸切は、
三が日を避けて今日の第2土曜日に、
それが終わり一般営業、
やっと休みかと思ったら、明日は辻先生の合唱スクール、
今週は日曜日夜から営業しているので、
そろそろエネルギー切れ・・・
いや、まだまだ、今年は始まったばかり、
今から疲れてどうする (笑)
それに、初夢のお告げもあったでしょ!
がんばりなさい!

ということで、4コマ、どうぞ (笑)

さわごえ君第65話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

発信と専門

モモコさんはブログもやっていて、
そちらに昨日のことを紹介してくださいました。
とても面白く書いています。
その後のランチ (モーニング ?)のことも !

つれづれ歌がたり

草原の主人公を「街猫」と勘違いしたのは、
作者冥利に尽きる、
いろいろな想いやひらめき、感じ方があってこその草原、
以前「ハト」と思った方がいたのを書いたことがありますね。

モモコさんの記事の最後には、2010年にやったライブ動画が、
圭未、テンテルさんと並んでの手話、
サビの繰り返しで客席には顔馴染みのみなさん、
途中カメラマンの木村さんと、
当時を思い出しながら懐かしく見入ってしまいました。
あれから5年、
今でも草原はさわうたの締めの歌として唄われているのは、
考えてみたら、非常に有り難いことです。
さわうたが低調になり、
開催が厳しくなって、消滅すれば、
当然草原も唄わなくなる、
さわうたは好調でも、店自体の経営存続が難しければ、
勿論同じことです。

やてふさんのコメント通り、
やはり今はただ待ってただけでは何も起こらない、
発信し続ける必要があります。
それもただピアノで唄えるとか、
ライブ会場、パーティー会場として使える、というハード面だけじゃなく、
音楽に対しどういう考え方をしているとか、
それらを愛す人たちにどう接しているなどソフト面、
一歩食い込んだ発信が必要のように思います。
フェイスブックにコツコツとアップすることも、
僕自身を知ってもらう、
僕が音楽好きの方たちとどう接しているか理解してもらう、
良いツールになっていることは確かでしょう。
このブログもそうですね。

今日は金曜日で、今年最初のふりうたでした。
好天も冷たい風の中、みなさん元気に来店、
ほとんどの方が練習中の歌で、
40分の最後のほうでは上々の仕上がり、
あるお一人は、目安としてカラオケの精密採点を入れたら高得点で、
「ほら、練習は嘘をつきません」と得意顔でした。
僕が、ですよ (笑)

歌の教えは、誰に習ったわけではなく見よう見まね、
いや、習ったといえば、お客様に習った、
どうすれば、どうアドバイスすれば、
楽譜通り、原曲通りに唄えるのか、
そこまでは僕にでも出来ます。
それ以上はやはり専門の方でないと無理でしょう。

専門といえば、
いよいよ明後日は辻秀幸先生の登場です。
声楽家で、合唱指導のプロフェッショナル、
さて、どんな講座になるのか・・・
まだ若干名入れます。
滑り込みでOK、興味のある方はご一報ください!

【2016新春スペシャル】1月10日(日) 辻秀幸1day合唱スクール
14時開場 14時30分開演 16時30分終了予定
3,000円1ドリンク 要予約 03-3908-8011 (AMANE)
posted by セキシュウ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

アコナイの成果

今日で謹賀新年のポスターを外すと書いたからでしょうか、
今朝のさわうたは、それを見たさに、
続々とお客様⁉︎ なわけない (笑)
それとは関係なくも、17名は今週の最高人数でした。
その中には、新しいお客様で先日、1回目のアコナイに参加のモモコさん、

bc03.jpg

その日以来、フェイスブックで友達になり、
僕の投稿などを見、ぜひさわうたに参加してみたいと、
電車に乗っていらしてくださいました。
モモコさんは弱視で、スクリーンの歌詞は全く見えず、
けれど iPad で歌詞をその都度検索、
それが意外と早い (笑)
なんの問題もなく楽しまれた様子に、みなさんもホッとしていました。
帰りもみなさんと一緒に、
すぐに打ち解けるのは、やはり音楽という共通点があるからでしょう。

アコナイは、それ自体大した売り上げにはなりませんが、
今日のような交流、
そして先日は「オープンマイク」とブログに書いたことで、
ある方、
北区在住の社会人ピアニストの方の目に留まり、
(検索にブログが引っかかったということです)
2月6日にその方が幹事で、貸切ライブイベントをやることになりました。

昨年下見がてらご来店、
僕の書いた記事を読み、
「お店のコンセプトが素晴らしい」と仰って頂いたのは嬉しかったと同時に、
やてふさんのオープンマイクのアイデアに感謝、
そして、
「多方面から参加者を募ることが、成功の秘訣」のご進言に、
少し近づけたかと手応えを感じたのでした。
いずれは、その方や、その方のお知り合いに、アコナイに出て頂けますように。

そのアコナイの3も日程が決まりました。
2月27日(土)、
ホスト役は1回目に出たTed さん、モモコさんの後ろでピアノを弾いてる方です。
モモコさんも勿論参加なさるでしょう。
噂によると小島かおるさん、行志堂さんも出るとか (笑)
楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

ポスター

最近は店の内情を、特にドリンク面のことなど書いて、
なんとなく営業日誌らしくはなっています。
時々昔話になるのは年の証拠 (笑)

ブログを毎日更新できるのは、客商売をしているから、
いろんな人と会い、
時として深い話をするからです。
それだけでなく、音楽を通して小さな感動、大きな感動、
「ライブ」という表現を使うなら、
ほとんど毎日がライブ、
エネルギーは消費しますが、得るものも大きくあります。

お客様は、毎日自分に都合の良い、
いわゆる気遣い不要な、楽なお客様ばかりではありません。
ちょっと「んっ?」という方も来るし、
最初はそうでなくても、
お酒が入ってくると、「過ぎてしまう」方もいます。
それにどう対応するのかが難しい、
しかし上手く切り抜ける、
こちらの意思を相手に上手に伝えられたら、達成感があります。
でも、酩酊して相手は覚えていないことも多いけど (笑)
まあ、仕事ですから、あくまで自己満足、
たとえその場は上手くいっても、
次回来店するかどうかはお客様次第、
こればかりは、どうしようもありません。

外はやっと冬らしくなってきました。
正月気分もそろそろ終わりでしょう。

AMANE も今年は謹賀新年の貼り紙をしました。
大家さんがポスターを「使いますか?」と用意してくださったのです。

賀正.jpg

明日、7日午前中のさわうたが終わるまで、
貼っておきますね。
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

閉店・開店

朝の営業、さわうたが今日から始まりました。
昨日の記事に書いた飲食サービスの芸が試されるのが、このさわうた、
毎回15名前後の、各2回にわたるソフトドリンクの提供が、
まずは第一関門です。
これがスムーズにいって、それからピアノ伴奏なのです。

アルコール類は、ややこしいのもありますが、
生ビールはジョッキにただ注げばよいし、
水割りなら氷を入れてウイスキーと水と注ぎステアすればよい、
簡単なものも多いのです。
ところがソフトドリンクは、
ジュース類なら簡単ですが、
コーヒーなら粉から落とすし、お茶は葉っぱから、
アイスティーはその場で作る、
ホットから冷まして氷でアイスに、
案外手間が掛かります。
それに、ホットコーヒーや紅茶の場合、トレンチで運べる量が、一度に4つまで、
これによって、行き来の回数が増え、時間が取られてしまいます。
単純にソーサーが増える分、洗い物も増えるし・・・

と、こう書いていると、
「ホットコーヒーや紅茶は頼むのを遠慮しよう」と思うかも知れませんね。
遠慮無用 !! (笑)

このサービスの早さを鍛えたのは、
言うまでもなく30のときから始めたカラオケボックスのおかげで、
当時は、AMANEの何倍ものドリンクを作り、出し、下げ、洗っていました。
インターホンがあったので、一人体制はなかったのですが、
十条銀座の中でギリギリ粘ってた頃は一人、
それでも川崎の子母口の店があったので、救いにはなっていた、
ところがアベさんが突然の病気で亡くなって、閉めてからは、
もう完全にひとりぼっち、
今考えれば、そんなぼろぼろの状態でよくやっていたと思うのですが、
まだ30代、身体も頭も若かった ! 夢もあった ?!

何度も書きましたが、
最後のカラオケボックスの入っていたビルが、
リニューアルするということも、非常にラッキーな出来事でした。
ビルオーナーは今も店舗保険でお付き合いのある浅原興産・アサコーホームさんで、
通常なら、閉店、退去時にやらなければならない原状復帰を、
ビル側の理由で閉店ということで、なしにしてくださった、
さらに、今のAMANEの大家さんが、快く物件を貸してくださった、
おまけに大家さんがやっていた時のお客様がこぞっていらした、
閉店・開店を大成功に収めたのは、大袈裟でなく奇跡でしょう。

よく落ち目な時は、何をやってもうまくいかないと言いますが、
そんなことはありません。
逃げずに頑張っていれば、最後の最後に勝利を得られる・・・
と、信じて !!
閉店・開店をした年が、本厄だったことも付記しておきますね。

と言うことで・・・
(何が ??)
厄年と言えば、

01oji.jpg

初詣。
随分長い前置きですね〜 (笑)
今年は王子神社に行きました。
去年は東京大仏。
父と一緒、「どこにしますか」と相談、
なるべく毎年違うところに行ってみたいとのことだったので、
変えてみたのです。
僕も新鮮で楽しい !!

02oji.jpg

青空に気持ちもキリッと。

03oji.jpg

行ったのは昨日。
三が日を外したので、
そんなには混んでいませんでしたが、
行った時間がちょうど出初め式が終わったとき、

05oji.jpg

こちらもキリッとかっこいい !!

04oji.jpg

ありがたい初詣になりました。
おみくじは末吉、
まずまずでした。
posted by セキシュウ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

ピアノの指は、休みでも弾いているだけあって、
まあまあ動くのですが、
仕事は3日も休むとどうしたものか、
昨夜オーダーが入ってからドリンクを出す、
簡単なおつまみを出すのに、妙にぎこちない自分がいました。
「あれ」
「考えてる・・・」
もう何十年とやってきたサービスも、
数日やらないだけで動きが悪くなるのは、
もしかしたら加齢のせいかと思ったりする、
以前は感じなかったことです。

端から見たらわからないでしょう。
ほんの一瞬のことですから。

例えばオーダーで、5つドリンクが入ったとします。
アルコール、ソフトドリンク、温かいもの冷たいもの、
それらをいかに早く手際よく出すか、
「そんなの、大して変わらないでしょ?」
いえいえ、やり方によって全然違います。
一番遅いのは、ひとつずつ仕上げていくことで、
ウーロン杯なら、
グラスを準備、氷を入れる、お酒を入れる、ウーロン茶を入れる、かき混ぜる、
次にカルピスソーダなら、ウィスキー水割りなら・・・
そうやっているうちに、最初の氷が溶けてしまう、
ホットなら冷めてしまう、
生ビールなら泡が消えてしまう、
店では、同時に作っていきます。

まずそれぞれのグラスを用意、氷を入れ、アルコールを、
見計らって冷えたジョッキを出して注ぐ、
お湯割りなら先にお湯を、その後アルコール、
ウーロン茶などで割ってかき混ぜる (ステアと言います)、
ソフトドリンクを注ぐ、
最後に生ビールの泡を足して一気に出します。

当たり前ですが、
ドリンクは早ければ早い方が良い、
特にお酒は、乾杯などもあり、
待たせる店は、まずその時点で評価が下がると思います。

どのドリンクにどのグラスか、
各レシピに必要なものは何と何か、
作業手順はどうするべきか、
それらをすぐに頭の中で描き作業にかかる、
カウンター越しにお客様の様子を見ながら、
時には話をしながらですから、
ちょっとでも考えてしまったりすると、
作業がぐんと遅くなってしまうのです。

これは、みなさんの料理などでもそうでしょうね。
それぞれ手際が違うと思います。
早い、不味いじゃしょうがないけれど (笑)
ドリンクの場合、大抵誰が作ってもそんなに変わらないので、
(特殊なカクテル等は別です)
早いに越したことはないのです。

昨夜のお客様と、カラオケの合間、世間話をしました。
音楽で食べるのは大変、
その道目指してレッスンし、学校を出ても、
個人で音楽家として活躍できるのはほんの一握り、
あとはそれに関係する仕事、
先生だったり、専門の楽団員になったり、
全く関係のない仕事に就く人も多いでしょう。

僕の場合も、
音楽はネタで、頂いているのは主がドリンク料、サービス料、
これがあるから成り立っているわけで、
20名、30名のライブも、
一人で回しているから、なんとかトントンに、
お客様にもお得な値段で案内出来るのです。
スタッフ一人雇っていたら、当然給与が発生し、
お客様にその分が跳ね返るか、
そうでなければ、いずれ無理が祟って店がアウトになる (笑)

芸は身を助けると言います。
ピアノが弾けることで、
僕のことをそう言う方も多いのですが、
僕としては、それより店のサービスの方、
ドリンクをいかに早く出すか、
オーダーを一回聞いただけでまとめて全部覚えられるか、
(書かずにです)
そちらが芸、
いずれはピアノの方が芸だ、と言えるように・・・
まだまだ先のことですね。
posted by セキシュウ at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

点灯

今夜から営業しています。
仕事始めとしては早いほうかも知れませんが、
僕にとっては普通、
年末年始を休むようになったのは、
2010年の12月からで、
その頃から大晦日・元旦・2日の3日間にしています。
50代はたぶんこのペースで行けるはず (笑)
60になったらどうでしょう・・・
体力が持たない、それどころか店が持たない・・・とか、
正月早々何をまた〜 (笑)
ま、出来る限り粘ります。

店は3日間休みでしたが、
元旦以外は店に来ました。
いずれも夜で、主目的はピアノです。
「少しでも」
「弾いておこう」
旅行など、物理的に無理でなければ、
なるべく一日一回、最低1時間くらいはピアノに触れておきたい、
腕が鈍るかどうかはわかりませんが、
丸一日弾かないと不安になることは確かです。
依存症ですかね (笑)

昨夜は、恩師を、中学校の校舎や教室を思い浮かべながら、
「ふるさと」を、
いつもは古い曲はジャズ風にアレンジすることが多いのですが、
今回はおとなしく、厳かに、
敬意を表して弾きました。
大したことはないので動画は割愛 (笑)
フェイスブックにはアップしています。

休みの日、店に来ても外の灯りは点けません。
看板、外壁のライトは消えています。
2016年、最初の点灯は今夜・・・

「見えますか ?」

01ne.jpg

「あそこが」
「店ですよ」

02ne.jpg

「今年も」
「灯りを絶やさないでね」

03ne.jpg
posted by セキシュウ at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

空の広さ

年賀状もそうですが、
新年の挨拶はメールやフェイスブックなどで盛んです。
今日、都下へ外出中、その挨拶の中に訃報、
中学の国語の先生がお亡くなりになったと入りました。
前から入院なさっていたとは聞いていました。
お正月、元旦に・・・

このブログでも書いたことがあります。
2012/6/30の記事
担任ではありませんでしたが、
2年生の時やった学年の劇では、生意気な僕相手によくしてくださいましたし、
AMANEにも2度ほど来店、
父とも交流があったようです。
ご冥福をお祈りします。

***この場を借りて、ご関係の方へ***
葬儀会場 : ベルコ山口
お通夜3日17時 葬儀 4日11時から
**************************
関係のない方はお流しください。

夜、駅に行く用事がありました。

010j.jpg

十条駅前。
イルミネーションの高さもないくらい小さなJRの駅は、
都内でも珍しいのでしょうか・・・
でも、この駅になんとなく落ち着きます。

空が広い。

011j.jpg

なぜ銅像がこの姿だったのか、
仰いでいたのかがわかりました。

天。
いつも、いついつまでも、
人は天を仰ぐのでしょう。
安らかに。
posted by セキシュウ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする