2016年03月06日

春芽吹く

夜になって雨になりました。
けれどさすが3月、吹く風は生温く、寒いという感じは全くない、
いよいよ桜も開花の準備でしょう。
気の早いのはもう咲いていますね。

以前にも書きましたが、水商売、桜が咲く時期が一番大変、
忙しさじゃなく、変わったお客様が来るからです。
これは、木々が芽吹く、花が咲くと同じような周期で、
人間も芽吹いたり咲いたり、
自然に行動的になり、
ふだん行かないような場所に行きたくなったり、
ずっと昔に行ったところに行きたくなったりする、
特に夜は、お酒も手伝って、より大胆になるのではないか、
とは、僕の勝手な推測ですが (笑) 当たらずとも遠からずでしょう。

昨夜も見事にそのパターンでした。
入れ違うように二組、
いずれもカップルで、どちらも不思議な感じ (笑)
つまり夫婦ではないということです。
最初の一組は、
全く初めてで、テンションの高さから飲み具合がわかります。
「さて、どうしよう ?」

いろいろなお客様がいらっしゃいますが、
最も気を遣うのがカップルの、初めてのお客様、
これはたぶん僕に限らず、対面接客型のアルコールを出す店は一緒だと思います。
僕の場合はオトコなので (笑)
まず大切なのは、男性にヤキモチを焼かせないこと、
自意識過剰のように思われるかも知れませんが、
過去に男性に気分を害されたことは、何度もあります。
こちらはそんなつもりは全くないのですが、
どうしてもそういう場面が出てくる、
その場面とは、本来セールスポイントである「生演奏」、
ピアノを弾くというシーン、
女性に伴奏し、喜ばせれば喜ばせるほど、男性の顔つきが変わってくる・・・
なんとなく、わかりますよね ? (笑)

昨夜も同じ、
女性がピアノで唄った後、「気持ちいい〜〜」と、
同年代のカップルですが、女性主導型、
くっつき具合からしてデキている関係のようですが (笑)
女性は遠くから遊びに来ているとのことを会話で聞き出しました。
男性は最近こちらに引っ越してきたとか、
行ってみれば、飲み屋の新規開拓でしょうか・・・

女性の「気持ちいい〜〜」の言葉をスルーして、
すぐに男性に「次、どうぞ !」と促します。
「何が好きですか ?」
「何でも出来ますよ」と、女性に対するよりも男性に明らかに親切丁寧に、
だから、ちょっと勘違いされやすい、とか (笑)
女性のフォローもあり、すぐに選曲、
しかし僕はそれがまた不安、
なぜかと言えば、男性の身になれば、
「なんでおまえ、そんなに店員に気を遣うんだよ !」と思われるから・・・
ね。
カップルの扱いって難しいでしょ (笑)

結局、1時間くらいで女性からチェックの声、
あまり長居してもよからぬ事になるだろうと察するところはさすが、
こちらも助かりました。
シラフでは、こんなことはまずありませんね。
春芽吹く、
酒場稼業は春に一番要注意です。
もちろん、嬉しい出来事もありますが、それはこの次の記事で。
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする