2016年03月19日

居座って

昨夜降り出した雨は、意外に長く、
今日の昼過ぎまで降り続きました。
店の隣は材木屋さんで、
広い敷地内は舗装されておらず、
出入りの車で出来た轍に、水たまりが多数、
都内で土のある場所を探すのは困難で、
しかも轍となると、そうはないでしょう。
「希少価値があるな〜」なんて、
よそのうちを眺めながら思う・・・(笑)

そのまた隣は、この辺りでは大きな駐車場ですが、
以前は銭湯でした。
しかしその記憶も既に遠く、
もちろん利用したこともなく、
いつ頃まであったかも覚えていません。

「居座ってしまった・・・」
今更ながら十条という街に住み着いた年月を思います。
まさかという気もします。
縁あって十条でカラオケボックスの経営を始めたのは、
多店舗展開している最中で、数ある中の1店舗、
「ここにどうしてもカラオケボックスを出したい」と思って始めたわけではないのです。
平成6年のこと。
それから数ヶ月後、僕は、十条の店を軌道に乗せ、
他の店に回る、
そして、また舞い戻ってきたのが平成9年、
そこからはもうずっと十条ですから、あと少しで20年です。

振り返ればいろいろありました。
カラオケボックスが十条だけになり、
およそ人間とは思えないような生活をする中 (苦笑)
ふと自分が幼い頃ピアノを習っていたのを思い出し、
ただひたすら弾いた、というか鳴らした、
弾けるなんてものじゃありません (笑)
弾きたくて弾きたくて仕方なかったのも、
今となっては遙か昔の出来事です。

AMANEを始めた時、
カウンターの酔客相手に、
「僕はこの店に賭けているんだ」と言い放ち、
あまり態度のよろしくない、品の悪いお客様を何人も帰しました。
それはどちらかと言えば建前で、
単に酔っ払いの酒癖が悪い人が面倒だっただけ (笑)
ですが、いつの間にか、その放言が本当に、
「賭けているんだ」と感じ始めたのは、
「草原」を作った頃からだったのかも知れません。

昼前、所用で通った道に白木蓮が濡れながら咲いていました。

001taisan.jpg

まさに散らんとしている美しさ、
その迫力にしばし見とれました。

「今の僕は・・・」
まだまだここまでは行ってないでしょうね。
「もっと居座って・・・」
大きく咲くでしょうか ?
こればかりは、わかりません。
posted by セキシュウ at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする