2016年04月30日

15回都留

昨日は金曜日、ふりうたの日なのですが、
レッスン予定をすべて別の日に振り替えて、
都留市ボランティアまつりに行ってきました。
ふりうた、を、ふりかえ〜 ! なんて (笑)

強風で電車が遅延との情報、早めに新宿駅へ。
南口、甲州街道沿い、

01turu.jpg

おおっ これがこの前開業したというパスタ、いやバスタ新宿ですか ! (笑)
しばらく見てましたが、その名の通り、バスがひっきりなしでした。
大都会、渋谷もですが、変わるときは大きく変わります。

かたや目的地の都留市も、
大きくとは言えないかも知れませんが、
うぐいすホールのある都留文学大学前駅で降りたら、
大勢の学生の姿、こんな光景は初めてです。
車で迎えに来た板倉さんに訳を尋ねたら、
高校が出来たとのこと (合併して新しくなった)、
その他産業大学校も出来て、
都留文学大学前駅付近は、学園都市風情に変わっていたのでした。
「いいことですね」と言うと、
「その分、他の地域が・・・」と、
たしかにそれもありますね。

駅から車で5分、山の中腹に位置するのが、

02turu.jpg

もう何度となく来た、都の杜うぐいすホール。
見渡す風景はいつも通り・・・
と思うも、

03turu.jpg

樹木が無残に折れています。
大雪の影響でしょうか。

04turu.jpg

午後2時を回っていたので、
出店もおしまい、人も落ち着いたところ、

05turu.jpg

でも、何カ所かではまだ賑やか、
「先生 !」なんて呼び止められたのは、板倉さん、
写真、向かって左端の女性です。
いつも僕が都留に来るときはお世話をしてくださる方、
「都留市合唱連盟では、私が関さんの担当よ」と、
ありがとうございます !
頼もしいです。

今回は、おまつりに見慣れぬ制服姿の方が。

06turu.jpg

「おっ ?」
なんだろうと中に入ると、
ホワイエで、

07turu.jpg

東日本大震災の復興のパネル展、

08turu.jpg

忘れないで。
自衛隊の方達の協力があったようです。

さて、ホールでは、

09turu.jpg

やってます!
好天の祭日、大勢の参加者、
年々、増えているような気がします。

10turu.jpg

「今、踊りだから・・・」

11turu.jpg

出番はもう少しあとです。
つづく。
posted by セキシュウ at 17:40| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

さわごえ君

ニモのパパから長いコメントが入りました。
その前の「か」さんは、あの方でしょう、かおる (笑)
どちらもありがとうございます。
そしてどちらも印象的なハンドルネームですね。

ハンドルネームではありませんが、
「さわごえ」というのも結構気に入ってます。
4コマ漫画の主人公ですが、
「さわやかうたごえ」通称「さわうた」
その情報紙に載せる漫画だから、「さわごえ」
なんの捻りもないのですが、独特・・・??
ではどうぞ !!

さわごえ君第69話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

儲けとは

今日は一日ぐずついた天気、パッとしない雨模様ですが、
明日からのことを考えると気も晴れる、という方も多いでしょう。
大型連休、一般的にはゴールデンウィーク、僕的には?(笑)
長い方は、10連休とか・・・全く無縁です。
しかし羨ましいというのは特になく、
返って10連休なんかあっても「どうする ??」が現実、
過ごし方に困ってしまうかも知れません。

今年は5月の祝日、3、4、5日とずばりさわうたの開催日、
午前中は仕事をして午後から休むというパターンになります。
(火曜日は午後古典講座があります)
祝日のさわうたです。
果たしてどれくらいいらっしゃるか、
少なければ、半分お休み気分か (笑)
まあ、首を長くして待ちしましょう。

昨夜来たお客様は、うちにしては若手で30代後半、
カラオケボックス時代からの男性客です。
常連さんですが、頻繁にというわけではなく、忘れた頃にフラッと、
それがもう前の店を含めると15年くらい続いているのです。

仕事が大手会社経理業務ということで、経営のことを少し、
うちの店が客単価を低くしていることで長く続いていることを話すと、
「そうなんですよね」
「僕なんかも、酔った勢いで、新規の店に入ったりすると」
「やたら高いことがあって、驚いて・・・」
「もう二度と行きませんよ」と。

接客業、特にナイト市場ともなれば、
利益最優先で構えている店も多いでしょう。
現に僕も、カラオケボックスを展開している頃は、
数字が全て、とにかく利益を、その為の価格設定と考えていました。
しかしそれが間違いだったと気付いたのは、
さわうたを始めて数年経ってからのことで、
当時さわうたは「ボランティアに近い価格設定」だった、
1000円で2時間、ドリンク2杯にお菓子付き、ビアの生演奏でたっぷり唄える、
儲けなどは眼中になかったのです。
どちらかと言えば、音楽で、ピアノで地域貢献したかった・・・
その道に明るい木村さんと立ち上げたせいもあります。

それが今は、しっかりとしたビジネスになりました。
さわうたから派生して、ふりうた、プチコーラス、プチシャンソン、プチボイトレ、
それに独唱会、各種発表会、そしてライブへの参加・・・
こういうのが無欲のなんとか、かな (笑)

太く短く、どかんと儲けるか、
細く長く、こつこつと続けるか、
どちらもあり、どっちが自分に合っているかでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

昨夜の女性達と草原

今朝のさわうたもお客様からのリクエストで始まりました。
今月はさわうた開始月記念として、全開催をリクエストで、
それも今日含めてあと2日、早いものです。
1曲目は夜明けのメロディー、ペギー葉山さんの曲で、
次がいい日旅立ち、これはどなたの曲かわかりますね (笑)
弾きながら、
「あれ?」
「鍵盤が・・・」
ジメジメっとする、
「そうか、湿度が高いんだ」
微妙な変化にピアノは敏感です。
しばらく弾いていたら感じなくなりました。

今日もさわうたはこぢんまりと13名、
昨日もそうですが、人数の多くない日は、
全員のリクエストを受けるのに急ぐ必要がなく、
時々脱線話をしたりします。
際どくなることもしばしば (笑)
普段聞けないお客様からの発言に耳を貸したりもします。
これがなかなか面白く、
他の方たちも、公で話すことの少ないその方に注目、
「どんなことを言うの?」と興味津々、
案外ずっこけたことを言ったりして、
大爆笑になったりします。

そんなうちの朝のお客様ですが、
ふと昨夜のお客様を思い出しながら、
「今、こうして、笑って楽しんでるけど」
「大変な道を歩いてきた方も多いんだろう」と考えます。

昨夜のお客様は、年齢が僕と一緒くらいと、少し上の女性の二人の常連さんです。
上の方が、お父様の介護真っ只中、
「もう大変」とこぼしてらっしゃいました。
働きながらで、自分の家のこと、そしてお父様、
全く休む間もなく、先週はめまいで具合が悪くなったとか、
横でもう一人がウンウンと頷く、
その方も、つい昨年までお母様の介護を、経験者なのです。

「今、何とか頑張れば」
「楽しい未来が待ってますよ」
「うちの朝のお客様たちのように!」

さわうたに来たことはありませんが、
話は聞いたことのある二人、
草原ドキュメントのDVDも観ているかも知れない (笑)
僕のセリフに、
「そうよね〜」と明るく笑いました。

「さあ、どんどん歌って」
「吐き出しましょう!」
吐く、なんて綺麗な言葉ではありませんが、
でもこれが一番伝わります。
最後の締めはピアノ伴奏で草原 、元気出たかな?

そうそう、お二人がカラオケ中、1本の電話が、
都留市の天野先生からでした。
また今年も草原をボランティアまつりで歌ってくださいます。
指揮は天野先生で草原の伴奏は僕、
当日リハーサルがないので、
前奏・間奏・コーダをどうするかの確認の電話でした。
今年は1曲目に草原だそうです。
口開けですね (笑)
明後日、張り切って弾いてきます。
posted by セキシュウ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

赤塚公園で

今日はまた暑くなりました。
この調子だと、朝の営業から冷房だろうと思うも、
そんな時に限って少ない人数というのが水商売、
先週の半分、10名は、なんとか2桁キープです。
「先週の反動ですね・・・」と慰めつつ (笑)
明日、明後日はどうでしょう。
天気が崩れるとのことですが。

昨日の午前中は赤塚公園に行ってきました。
今日と同じように暑い、
もう自宅から半袖短パンです。
車で約20分、北区から板橋区の外れの方ですが、抜け道を使うので早い、
ナビはついてますが頭の中優先 (笑)
都内で使うことはまずありません。
ということは、殆ど使わないということ、
時々、抜け道の一方通行を確かめるのに詳細画面にしたり、
あと便利なのは渋滞情報ですね。
リアルタイムに更新されるので、
目的地へのルートをスクロールして確認します。
赤塚公園に行く程度なら、全く用なし。

カーステレオは常についてます。
何を聴いているか・・・
いろいろですが、主として店で聴かないようなもの、
流行りのJPOPなどですが、まあ、なんとなく聴いている、
頭のスイッチは入れてません (笑)
スイッチを入れると、五線譜やコード譜が浮かぶから・・・

今の時期から赤塚公園は新緑が美しくなります。

01akat.jpg

まるで緑の中でボール遊びをしているようです。
目にも優しくて、
心なしかマイナスイオンも、
その中で身体を動かす、それも好きなバスケですから、
僕にとっては「赤塚公園様様」(笑)

昨日はグラウンドも賑やかでした。
小学校が貸切で、
何というのかわかりませんが、
新入生のクラスに6年生が何人か加わり、
クラスごとあれこれと遊びを、
担任、副担任と思しき先生たちが指導するという、
校外学習、交流会のようなものをやっていました。
6年生ともなれば、もう随分オトナで、落ち着いています。
ふと、自分たちはどうだったかと・・・

11時半頃にはグラウンドに笛が鳴り渡り、
荷物を置いた場所が日が当たり暑くなってきたので、一同木陰に移動、
座ってお弁当タイムになりました。

02akat.jpg

風に乗って、
ほのかにオカズの匂いが・・・
「さ、帰りますか」

奥の方でバトミントンをやっているいつものグループに会釈、
手を洗って駐車場に向かいます。
そう言えば、と思い出す、
バトミントンの主宰の方がこんなことを・・・
「年寄りになったら」
「昔、どこまで行ったとか」
「全然関係ないよ」

行ったとは、出世したということ、
仰ることはよくわかります。
それを鼻に掛けて自慢しても、
何の意味もないということでしょうね。
そこまでなってないので (笑)
何とも言えませんが、
年を取ったら、明るく元気に毎日楽しく過ごしている、が理想でしょうか。
今はまずそのお手伝いです。
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

夜の貸切

夜の貸切営業は、お客様の予想がつく、つまり安定はするのですが、
一般の、いきなりの来客を逃すというリスクが含まれます。
その分、貸切料金は高めに設定しますが、
逃したお客様、特に新規の方は、まず二度と来店しないでしょう。
「運が悪かった」と言えばそれまでですが・・・
土曜日の同級生の貸切、
その前の独唱会の貸切と、連続して一般のお客様が訪れ、
いずれも新規のお客様で、少し残念なことをしました。

そして今夜も・・・
貸切です。
歌の先生の快気祝いは、午後7時から3時間、

04akat.jpg

ギターを演奏する方も参加して賑やかに、
お馴染みの方、初めての方と、
僕も張り切ってピアノ伴奏したのですが、
心の奥でヒヤヒヤ、
「まさか」
「また誰か来たりして・・・」
二度あることは三度ある (笑)
いや、
なかった〜 !!
良かったです。

そして午後10時終了後、片付けてしばらくしてからお客様、
「さっき通ったら」
「貸切でしたね !」
常連さん・・・
そうなんです。
こうして、時間を潰していらしてくださる方もいて。
ありがたいことです。
posted by セキシュウ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

太鼓と昨夜と

今日は日曜日でオフ、雨も午前中には上がり、
午後から出かけたいところだったのですが、
我慢して、パソコンに向かいました。
4コマとさわ通を作る日です。

出かけたかったのは、隣駅で行われる「赤羽馬鹿祭り」
名物のパレードに、大江戸下町太鼓のみなさんが出演するからでした。
主宰の方とはFBで繋がっているので、
久しぶりに会って、勇姿を拝みたかった !!
草原太鼓のときはお世話になりました。
何年前の話 ?? (笑)

taiko.jpg

ところで、昨夜は貸切パーティーで、
高校の同級生たちが集まりました。
僕にとっては、彼らのほとんどは新しい仲間、
3年前の高校の当番幹事を通しての仲間で、
的確かどうか分かりませんが「新友」というイメージです。
東京駅前の立派な会館がその会場で、
自分たちが幹事をやる1年前、ですから今から4年前、
なんとなく出席した同窓会で、
なんとなく幹事の中心メンバーになった・・・
その後1つ下の後輩 HIDEKIくんもそのパターン、
その次も、またその次も・・・
これも伝統でしょうね (笑)

幹事なんて、少し前に準備すればいいのでしょ ? と思うかも知れませんが、
東京だけでなく、地元山口との連携も必要、
人数的に金額的に大きく動く催しなので、
幹事になった期の同窓生たちは1年がかりで用意していかなくてはなりません。
僕たちの時は、
同期に超有名な作家がいたので、会の中のメイン・イベントに、
彼のエッセイを用いた映像作品を作るということになり、
打ち合わせから取材編集作業、DVDパッケージ作業までを、
仕事外の時間で埋めたものですから、
こういう言い方もどうかですが、
「そこまでやるか〜 !」です (笑)
それでも、すごく良い思い出になりました。

そんな仲間が集まると、
集合時間19時から、終了23時過ぎまで、
何をするでもなくダラダラと、
ただ飲んで話しているだけであっという間、
ドリンク・フードのサービスをしながら、
「やっぱり、何かを一緒にやり遂げた仲間とは」
「自然に絆ができるんだな」と思う、
一人が珍しく疲れて寝たのを周りが温かく笑う、
いいものです。
さらに、その時はいなかった同級生が、後で知って加わってくるのも、
また僕にとっては嬉しい出来事です。

多忙を極める50代の仲間たち、
健康には十分注意して、各界で活躍してもらいたいと思いました。
posted by セキシュウ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

追悼弾き

昨日今日のふりうたは、半分は反省会のようなもの
水曜日の独唱会に出た方にそれぞれ録音を聞いて頂き、
簡単なコメント、アドバイスをしました。
録音は便利ですが、ある意味残酷です。
しっかりと証拠が残る、
ダメなところがはっきりしたり、
自分では意識してないところがダメだったり、
一昨日書いた圭未の歌詞のすっ飛ばしも、録音が証拠〜 (笑)

それでもこのような生演奏、いわゆるライブやコンサートは、
その時が勝負で、
後で聴き返すのはほんの一部、演者や関係者に限られると思います。
ですから、間違えようが何しようが、
動揺しないできっちりと演奏すること、
よくヴァイオリンの不尽子さんが言ってましたが、
誤魔化すのがプロフェッショナルである・・・
ごもっともです。
お金を頂くのですから、なるべく気づかれない方が良い、
もちろん当人はミスに気づいていて、
後でこっそり反省会をするというわけです。

「プロは間違えないんじゃない?」と思うかもしれません。
確かに一流ともなれば、ほぼパーフェクトでしょう。
しかし、そうでない、上を目指す人たちは、
一流のプレーを真似しようとする、
そうすると必ずミスするのだと思います。
音楽に限らず、何でもそうですね。
だから練習するしかない・・・

僕が日夜、練習という名の遊びをするのは、
楽しんで根気よくピアノに向かえるからです。
本当の意味での練習、実践練習とは違いますが、
何かの足しにはなるだろうと思っているのです。

昨夜は、僕にしては珍しく旬のネタ、
それも追悼です。
プリンス・・・
DJに成り立ての頃、随分お世話になりました。
驚きました。
ご冥福をお祈りします。

posted by セキシュウ at 16:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

母からのFAX

あっという間に週末が来てしまいました。
昼間は暑いくらいの陽気、夜になるとパラパラと雨、
けれど気づかなかった人も多いでしょう。
ちょうど出勤時にあたったのです。
金曜土曜はふりうたで目一杯のため、
夜の開店時間は、何もなければ19時30分、
ギリギリに、たまに数分遅れで入る (笑)
今日も数分遅れ、焦って電気をつけてたらタイミングよくお客様、
待たせなくて良かった〜!
常連さんでした。
「雨が降ってきたけど・・・」
「もう、出た途中だったから来ちゃったよ」
板橋のご自宅から自転車でいらっしゃる方です。
お帰りの頃には上がっていました。

今日はあまり感じなかったのですが、
昨日は、朝の出勤、夜の出勤とも街が静かで驚きました。
特に朝は、たまたまでしょうが、人も車もいないゴーストのような瞬間が、
「あれ?どうしたんだろう」
ふと九州の災害を思いました。
「心があちらに行っている?」
変な言い方ですが、誰もいないのは、
みんなが被災者のことを案じているからではかと・・・

被災後のことがいろいろと言われているようですが、
それでもやはり素晴らしい国だなと思います。
助け合い、譲り合いの精神は、世界でもトップクラスではないか・・・
一部、ほんの一握りがそうでないだけで、
ただ、それらは多くの場合派手に報道されるので目立つ、
勘違いされやすいのではないでしょうか。

僕も水商売、独立して20年、
いろいろな人物と分け隔てなく会っていますが、
性格は何れにしても、みんな基本的には良い人で、
恐ろしくとんでもない、もう極悪人みたいな (笑) 人は、
会ったことがありません。
風貌はちょっとという人でも、話してみれば穏やかで、
とても気の利く、優しい方だったりします。
案外、見た目柔らかい人ほど・・・
おっと、話が危なっかしくなってきたので、ここまでで (笑)

母も九州のことは随分と心にあるようで、
毎月この時期届くFAXのブログ原稿に、その事が記されてありました。
母らしい文章です。
400字の原稿用紙3〜4枚分の記事は、既に250を超え、
その全てを僕が読みながらパソコン入力していますから、
常套句や文章構成、流れ、オチなど、もうわかりきっている (笑)
それにプラス、DNAが作用して、
「こうくるだろうな」と予測できます。
それは、父の専門的な古典講座チラシ用の寄稿文も同じ、
難しいところはありますが、
スッと入り込めるのはやはり血の繋がりでしょうね

子供の頃は、案外そんな事が嫌だったりして、
妙に反発したりするものです。
大人になって、社会に出て、
子供時代よりも長くなれば、
つまり40歳も超えれば、それが逆に感動に変わるでしょう。
親子関係が双方向になる・・・
それでも母からのFAXの、送信状代わりの1枚目には、
ブログ原稿をお願いすること、
最近の実家の様子、
そして最後に、
「悪いことだけはしないで元気に暮らしなさい」と。
悪いこと・・・
さすが、見抜いてますかね (笑)
今は、そんなこと出来るわけがないのですが、
いつまで経っても、というところでしょうか。
はい。
しないで、がんばります。
posted by セキシュウ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

独唱会のあと

仕事が早い! とは昨夜独唱会の応援にやってきた圭未さん、
早速ブログに昨夜の様子をアップしてくれました。
松本圭未のブログ
マスターを持ち上げ過ぎ (笑)
それでも、やるべきことはやっているつもりなので、
例え身内のような存在からでも、褒められれば悪い気はしません。
また秋に向けて頑張りましょう。

観覧の方が大勢も嬉しかったです。
木曜日のさわうたでお馴染みのMomokoさんも、
公言通りいらしてくださり、
圭未とツーショット、

モモコ.jpg

フェイスブックでも繋がりましたから、
きっと長いお付き合いになるでしょう。
歌を、音楽を愛する仲間が、
AMANEを起点に徐々に広がっている・・・
SNSは有り難いツールですね。

独唱会が終わったのは予定時間より少し早く午後10時前、
いつもなら居残りでカラオケとなるところが、
出演が少人数だったり疲れていたりで、
みなさん、さっと引き上げました。
これ好都合と、圭未と譜面のチェック、
昨夜最後に唄った曲の中の3曲は、
今夜立川で行われるライブでまた唄われるからです。
ピアニストは別の方ですが、譜面は僕が書いたもの、
おかしなものを出してしまうと迷惑がかかります。
1曲、「えっ?」と思ったのがありましたが、確認したら大丈夫、
どうやら圭未が歌詞の一部をすっ飛ばしただけ (笑)
でも多分聴いていたどなたも気づかなかった筈・・・
ごまかし上手!

立川のライブは、圭未の地元が福生ということで、
同級生達も集まるのでしょうね。
同窓会のような雰囲気になる・・・
圭未と出会ったのは、彼女が二十歳になったかならないかの頃で、
その頃の仲間達の話が昨夜チラッと出ました。
その世界で高名な振り付けの先生の元、
いろんな歌手、ダンサー、芸人、役者らが集まっていた、
数人は手の届かない存在に、
あとはどこでどうしているやら・・・
僕のように店をやっているのもいるでしょう。
一時デビューした女性歌手も、自分の名前で看板を出したとも。

まだ30代だったか、当時の仲間で同窓会をしたことがあります。
「もう一度」
「出来るといいな・・・」
明日早いからと圭未が帰ったあと、
空いたグラスを下げながら思いました。
どうでしょう。
死ぬまでには・・・
あの頃は、熱いメンバーが集まっていたのです。
posted by セキシュウ at 20:22| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

帽子

日が長くなりました。
夜の出勤も「もう行くの」という感じ、日は沈んでもまだ明るさが残っています。
今夜は第17回独唱会、
春の部はピアノ伴奏だけでこぢんまりなのですが、
今回は観覧者が多数ということで、ブログは夕方アップです。
少し残念なのは、出演者に、このところの気温の変化で体調を崩された方、
身内のご不幸で急遽欠席になった方がいらっしゃること、
まあ、仕方がありません。
そういうことを含めてライブ、生きているわけです。

この商売をしていると、本当に日々何が起こるかわからない、
どんなお客様が来て、どんなことをして、どんなものを残して帰るか、
つまりお客様は必ず何かの痕跡を残して帰る・・・
というと何か事件のよう (笑)
もちろん残すのは僕の記憶の中に、です。

ただなんとなく唄って飲んで騒いでいるわけではありません。
何かに反応する、
たとえば誰かが言った言葉に大笑いするとか反論するとか、
唄うときにどんな表情を、動作をするかとか、
無意識に出る一挙手一投足からその人の本質が出てくる、
特に、お酒を飲んでいるときはよくわかります。
別に観察しようと思って見ているわけではありませんよ (笑)
せざるを得ない、と言った方がいいか・・・
それをしないでただお酒を出していると、
とんでもないことが起きる可能性があるからです。

それでも僕のやっていることなど大したことはない、
ぬくぬくとした環境にいるんだとつくづく思います。
ほとんどのお客様は、僕のやり方に合わせ、楽しみ、盛り上げてくれる、
(そうでない方は来なくなるだけなのですが・笑)
ありがたい限りです。
ときどき悪態をついたり、悪ふざけしたりするのも笑って済ませてくださいます。

そうそう。
今日の昼過ぎ、用事で駅前まで行ったら、面白いものに出くわしました。
悪ふざけ・・・
でしょうか ?

00jyu.jpg

芸術作品への冒涜・・・
はて ??
不謹慎ながら、笑えたので撮ってしまいました。
恥ずかしいので、帽子を深々とかぶったのでしょうか。
posted by セキシュウ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

登竜門的な

昨夜は珍しく美声の友人から電話が来ました。
美声氏は、ノーゲスト、誰もいない時を狙って唄いにくるのがパターン、
その状況は大抵先に僕がメールで知らせ、
その後確認の電話が入リ、その時もいなければ来るのです。
僕のメールと彼からの電話の間に来客の可能性があるから・・・
用心深い (笑)

昨夜はメールなしで直接彼からの電話、
「唄いたいのかな?」
電話を取りながら思います。
先週は一度も寄りませんでした。
彼は仕事帰り、大勢の患者さん相手に疲れているところ、
誰もいない場所で気兼ねなくちょっとだけ唄って帰りたい、
ストレス発散、気持ちはよくわかります。
「どうぞ〜」
タイミングよくノーゲストでした。

何曲か歌った後、日曜日のボーカルスクールの発表会のことを、
彼向きの曲を紹介しようと思ってのことです。
プログラムがあったので一緒に見せました。
「この曲知ってる? 唄ってみれば?」
こうやって時々選曲してあげるんです。
スルーされることもあるけど〜 (笑)

美声氏、ふうんと僕の選曲を聞きながら、
プログラムを見、ピピピッとデンモクで入力、
「あっ、これ入れたんだ!」
プログラムにある別の曲で、
男性ボーカリストには人気の曲です。
誰もが挑戦したくなるような曲・・・
それから、プログラムに沿ってさらに何曲か入れる・・・
よくやります (笑)
本当に好きなんです。

ちなみに、それらの人気曲は随分古めのバラードなのですが、
日曜日の発表会で唄ったのは若い方たちでした。
若い方ならここ一、二年の曲を選んでも良さそうですが・・・
もしかすると、それらは、
正統派ボーカリストの登竜門的な曲になっているのかもしれませんね。

その時一緒に横で見ていた、まつさんが、
「今度、この曲伴奏してみたいんです」と言ったので、
「簡単だよ、キーは・・・」と教えました。
唄いたいじゃなくて、伴奏してみたいというのも、また愉快な発想です。
posted by セキシュウ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

まつさんの応援

昨日行ったのは、新宿1丁目、
駅で言えば、丸ノ内線新宿御苑前にあるライブスポットです。

01matu.jpg

「サンモール」と名の付くビルがこのあたりに沢山存在しているのは、
古くから知られていることで、
僕もシアターサンモール、サンモールスタジオなど用事で来たことがありますが、
かなり前のこと、ちょっと懐かしくなりました。

今日行くのは地下1階、

02matu.jpg

「ROSSO」という店で、初めておじゃま、
午前11時から貸切でイベント中です。
ここで、以前AMANEで貸切ライブを企画してくれた社会人音楽家「まつさん」や、
その仲間たちが通う音楽スクールの発表会があったのです。

僕が行ったのは、まつさんの出番に合わせて、
15時過ぎですが、

03matu.jpg

店内はまさにライブの様相、
ペンライト・サイリウムが入店時に配られ、
オールスタンディングで降りながらの鑑賞応援、
出演者は50組以上、スクールの先生たちが舞台進行をしていました。

今日はボーカルコースの生徒さんの発表会だったのですが、
まつさんは、ピアノでサポート、
イベントタイトル通り「フリースタイル」はスクールの方針通り、
社会人音楽家目線のきめ細やかなサービスは、
さすが赤羽・池袋・新宿・渋谷と手広く学校経営しているだけあります。

00matu.jpg

先生といってもその多くは若い方たちで、
イベントを盛り上げようと率先してフロアーで踊って声を出して拍手して、
出演者が競い合うという雰囲気は全くない、
それよりお互いを称えようという空気で、とても好感が持てました。

若い方たちに混じって、やや大人なのが (笑) まつさんやその仲間で、

04matu.jpg

エレキギター、ブルースハープとセッション、
ボーカルのかわりにブルースハープ、
インストのスローナンバーだったので、みなさん静かに聴き入ってましたよ。

まつさんの出番はもう1回、

05matu.jpg

準備の合間に、司会の先生にインタビューされてます。
ちょっと近寄って・・・ (笑)

06matu.jpg

2回目はギターの弾き語りと、

07matu.jpg

お互い仕事で忙しい中、よく合わせたと思います。
まつさん、本来はジャズのソロ弾きなのですが、
歌伴奏も楽しいと言ってました。
将来はAMANEで、僕の後釜でどうかな〜(笑)

楽しい時間でした。
僕がいたのは3時間ですが、
スタッフや出演者の多くは、午前11時から、
打ち上げのオープンマイクを含めると午後10時頃まで、
それも殆ど立ちっぱなしですから、いや〜、若い !
と思いましたが、
そう言えば僕もそのくらい働いていることありましたね (笑)
ま、僕の場合、
もう若くないんだから、でしょうか。
posted by セキシュウ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

遠目から

今日の風にはびっくりでした。
横殴りの雨、雨脚が道路をサーッと走る、
「台風のようだ・・・」
それもやがて収まった頃、とある場所へ音楽を聴きに出かけたのですが、
次の記事で、
気を持たせてゴメンナサイ (笑)

日曜日、オフということで、
久しぶりに楽しくネコたち行ってみましょう。
写真、たまってます (笑)
今回は遠目から・・・

nec01.jpg

これは以前も紹介しましたが、
神社番ネコ、

nec02.jpg

「何しに来た」って顔ですね。

桜が散って、

nec03.jpg

その奥には、

nec04.jpg

あら、たくさん (笑)

これもお約束か。

nec05.jpg

抜けるような青空に、

nec06.jpg

何を見ているのでしょう。
何かが気になる様子・・・
僕は知っているけど内緒 (笑)
木の中からガサガサ音がしたのです。
posted by セキシュウ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

店内は

昨夜、営業終了後、独唱会の応援に来てくれる圭未から頼まれた楽譜を、
相変わらず急で (笑)
まぁ、いつものことだからと残業・内職していました。
一通り終わって、ふっとネットを見たら、
また地震速報・・・
結果的には、それが本震になったとのことでした。
広範囲でしたからね。

テレビはほとんど見ないのですが、
夕食の時間に少しだけ、
流れてくるのは当然被災地の様子です。
リポーターさんが、「すごいですね〜」などと言いながら、
時としてそれが興味本位のように、観光で遺跡にでも来たように聞こえ、
思わず目を逸らしてしまいました。
彼らも仕事ですから、それらを否定するつもりはありません。
やりたくてやっているわけではない、
だから僕はなるべくテレビを見ないようにしている・・・
特に被災している様子はです。
東日本大震災のときも、ネットて活字として読むだけでした。
偶然テレビがついてたら仕方ないけど (笑)

こういう時には、いろいろな著名人がコメントを出します。
ブログなども紹介されますね。
ごく当たり前の無難な文章、
多少、「らしさ」はあったとしても、批判されるよう内容ではない、
けれど、なんとなく不快になるコメントが存在します。
それはなぜか。
きっと、文章を読みながら、読者がその著名人の顔を思い浮かべている、
日頃の言動を思い出している、
やってきたことを思い出しているから・・・
結局は文章も人柄が出るのでしょう。

もし、素晴らしい文章を書く人がいたとして、
その人と会ったら、とても嫌な人だったとしたら・・・
それはプロの書き手かも ?
人の心が読める相当の策士・・・
な〜んて (笑)

今日はおかしな記事になってしまいましたね。
接客しながらだからかな。
今夜は二組4名の方が楽しくカラオケ中、
店内は平和です。
これでいいのでしょうね。
東京だって、いつまた被災するかわからない、
楽しめるときに楽しむ、
「その時」が来たら覚悟して事に当たる、
それしかありません。
僕たちは自然の中で生かされているんですからね。
posted by セキシュウ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

独唱会の予約

昨夜、ブログを更新し、しばらくしてパソコン画面を覗いたら、
思わず「えっ?」と声を発してしまいました。
何かの間違いとも思う、
同じように思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
熊本地震です。
驚いたのは震度・・・
被害に遭われた方々、その関係者には心からお見舞いを、
1日も早く復旧することをお祈りいたします。

忘れた頃に突然やってくるのが自然災害ですが、
このところ例年のように、
傷も癒えぬうちにやってくるような気もします。
備えのおかげか、災害後の動きは俊敏で、
情報も恐ろしいくらいに早いし多い、
おかげで、逆にそれらに呼応しない発信者、
あの有名なご当地のゆるキャラにバッシングがあったようで、
ネット社会への依存度の高さ怖さを感じました。
何でもかんでも、というのも困りものですね。
敢えて沈黙も尊重すべきだと思います。
それから、相手にしないというのも大事です。
おっと、
話が逸れてきました (笑)
これは営業日誌です。

水曜日のさわうたには小島さんと行志堂さんがいらしたのですが、
昨日、木曜日はMomokoさんがいらっしゃいました。
Momokoさんのブログ
みなさんの自由奔放な (笑) リクエストを、 逃げずに応えるところ、
いや、適当にこなすところをしっかり見られた・・・
もう、何が飛び出すかわからない、
でもそれが面白い !

実はこれもネットに大いに頼っています。
検索機能がなければ、
さらに、検索してすぐに答えが出てこなければ、できないサービスなのです。
歌詞の無料サイト、動画サイト、とても役に立ってますね。
そのうち儲かったら、何かの形で恩返ししたい・・・
なんて、あり得ない?(笑)

現実は店の維持で精一杯でしょう。
しばらくは自粛ムードが続くでしょうし。
それを考えると、
来週水曜日の独唱会の出演者観覧者の予約が多いのは助かりました。
特に今回は、観覧者が10名も!
応援にくる圭未も、最後に張り切って唄ってくれるでしょうね。
ご予約、ありがとうございます!
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

歌を辞めた

ここ2日、ブログがやや中途半端なのは、
来客中にコソコソ書いているからというのは、
お察しの良い方なら気づいているかも知れません。
以前は、いろいろな引き出しを開けながらあれこれと、
接客しつつブログを書くのも全く平気でしたが、
今は集中出来ず、なかなか筆が進みません。
能力は加齢と共に明らかに落ちている・・・
おっと、暗い話になってきた〜(笑)

2日間ともお客様は開店時間から閉店時間まで、
もちろん立ちっぱなしです。
火曜日は朝さわうた、昼シャンソン、そして夜と3部、
夜のお客様に、
「顔が疲れてるわよ」と言われて苦笑、
キッチンにある鏡を覗き込みましたが、
まあ、いつもとそんなには変わらない、
でもそういうことにして、
「そうなんです、朝からずっと営業してますから」と答えました。
否定するところではありません。
かと言って、お客様も容赦してくれるわけでもなく、
閉店時間まで、
ピアノの伴奏にお話の聞き役に、時にカラオケの入力に、
しっかりお付き合いしました。
疲れていようがいまいが、営業するなら当然のこと、
よっぽどなら看板をしまえば良い・・・

昨日は午後休みだったので夜は少し楽でした。
3組いらした中の1組は、女性同士で歌の先生生徒のご関係、
ただ、生徒さんの方はもう歌のレッスンを辞めたのだと聞きました。
理由はわかりません。
先生との関係が不味くなったのなら一緒に来ないでしょうから、
それはない、
ご高齢の方ですから、体力的なこともあるのでしょうね。
カラオケ、ピアノ伴奏でも唄われました。
危ないところは、横で先生が唄ってリード、
ピアノ伴奏のときに前に出るように勧めたら、
「先生が横にいないと」
とおっしゃったくらいですから、
いかに先生を頼り、良い信頼関係が築かれているかがわかります。
「一番古い生徒さんなのよ」と先生。

とても品の良い、綺麗な声の方です。
「歌、またおやりになればいいのに」と僕、
いくつになっても出来るのに・・・
うちのお客様の顔を思い浮かべながら (笑)

「楽しかったわ」
「こんなに楽しいところがあるなんて!」
帰り際におっしゃいました。
先生のところで、また歌を始めてくれるといいな。

「あそこに行くと何かが変わる」
東京の北、十条という端っこの方に、
そんな店がある・・・
漫画のような話ですかね? (笑)
でも、そうなりたいです。
posted by セキシュウ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

男性客

昨日は午後プチ・シャンソンでしたが、
午前中はもちろんさわうたで営業しています。
火曜日のさわうたは、最近男性客が安定、毎回たいてい3名なのですが、
昨日はプラス1名、4名と心強い !!
ついついゲスっぽい話もしてしまいました。
今、ブームですからね〜 (笑)

水曜日のさわうたに男性が来ることは滅多にありません。
が、今日は・・・

koko.jpg

わざとらしく何か持った二人・・・
って、持ってもらったんですけど (笑)
小島さんに行志堂さん、
6月のライブの告知がてら、遊びに来てくださいました。
ご覧の通り、あとは女性20名、でも違和感ないですよね。

みなさんの前で、改めて行志堂さんたちハイブスと出会った縁を話しました。
戸山公園でノリ弁を食べながらピンときた話です。
はや、懐かしい昔話に・・・
まだ2年も経ってないんですけどね。
ハイブスのみなさんを、ずいぶん前から知っている感じです。
posted by セキシュウ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

男と女

今日は第二火曜日、午後からプチ・シャンソンでした。
新しい方がお二人、
水織ゆみさんのライブでAMANEを知ったお客様たちです。
ゆみさん関係では、
水曜日のさわうたにいらしているお二人もそうで、
「ふるさと水織劇場」をやることで、広がりが出来、嬉しい限りです。

プチ・シャンソンはピアノ伴奏でひとり3曲歌うのですが、
今日は11名、計33曲弾きました。
やはり気遣うのは初めての方で、
こんな言い方をすると、他の方に失礼かも知れませんが、
他の方の3倍は気遣うかと・・・(笑)
でも1曲やれば、大体その方のことがわかるので、
あとは慣れていくだけです。

それから譜面も大切です。
その方が出した譜面をそのまま弾いてもよいか、
キーが合っているかどうか、
シャンソン教室等で配る譜面はときどき原曲キーになっていることがあり、
そのまま弾いてしまうと、やたら高いか低い、ということがよくあります。
多くは、男性歌手の曲がそうなりますね。
もちろん歌唱者が女性の場合ですが・・・
今のところ、プチ・シャンソン参加者は女性ばかり、乞う男性 ! (笑)

ところで男女のことが出たところで、
(わざと出した ??)
昨夜、久しぶりに営業終了後ホワイトボード画したので紹介します。
ホワイトボードといっても、
iPadのアプリで指描き〜 !!
これ、癖になりますよ。
描いたのは、Un homme et une femme、男と女そのものです。

ホワイトボード画.jpg
posted by セキシュウ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

2本の木

やてふさんの@、アットマーク以降の「お疲れモード」は、
言うまでもなく気分、状態を表しているのですが、
その原因は趣味健康管理を兼ねてのロードバイク、ポタリングで、
土曜日のリハの前に随分走ったとのことでした。
花見がてらのご様子、フェイスブックでお仲間たちの勇姿を拝見 (笑)
楽しそうでしたよ。

刺激されたわけではありませんが、
今日、月曜日は昼間オフ、僕も趣味健康管理にお出かけは、
毎度の赤塚公園です。
暖かいと思ったらとんでもない、
北風がビュンビュン、じっとしてたら寒いくらいでした。
春休みが終わった公園は、
いつもの静かな佇まい、
その中を、近所の園児たちが大勢、元気いっぱいで和みます。

01ab.jpg

さすがに強風でバスケは僕だけ、
すぐそばでやっているバトミントンも今日はなし、
ただ、主宰の男性だけは自転車で通りかかり、
僕を見つけて、
「がんばるね〜」と、
いやいや、おじさんこそ、前屈型の自転車で颯爽と乗りつけて、
しかも前カゴに大根が・・・
その大根、どうするのかつっこみたくなりましたが、
話が長くなりそうなので (笑) パスしました。
たしか、80は越えていたはず、これまたお元気!

バトミントンは、園内の木と木の間にロープを張りネット代わりに、
コートは木の枝などで土の上に線を引いて作っています。
木が役立っているのです。

02ab.jpg

今冬、職人さんによって剪定され、随分すっきりしました。
自分のお墓のモミジのこともあり、
剪定に関してはちょっと敏感とか (笑)

剪定されたことで、
思わぬ発見が・・・

03ab.jpg

コートのそばの2本の木ですが、
向かって右は真っ直ぐ、きれいに扇のように伸びていますが、
左は、左に反って伸びているんです。
「へえ〜、こうなっていたのか」
とてもバランスよくなっていることに感心すると同時に、
左側の木が健気に思えてきた、
「右の木に」
「従っているのかな・・・」

それぞれに番号がついています。

04ab.jpg

右が、

05ab.jpg

5番。
左は、

06ab.jpg

4番。
その足元には、

07ab.jpg

タンポポ。

「やっぱり好かれるのかも?」
自分を犠牲にしているようにも思える斜めの4番に、
ほんの少し情が移ったのでした。
posted by セキシュウ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ハイブスリハ

準備万端に限って裏切られることはよくあることで、
昨夜も、ハイブスさんの公開リハ中に一般のお客様が来てもいいように、
ブログを早めに、その他雑用も済ませ待ち構えていたら見事空振り、
いらしたのは、
「このあたりに銭湯はありますか ?」と訪ねてきた男性一人でした。
うちは、もちろん銭湯ではありません (笑)
駅の方に真っ直ぐ歩いて行き、
踏切を渡って5分くらいの場所にあることを教えました。
もっと近い、十条銀座から少し入ったところにも1軒あるのですが、
ちょっと複雑で道を案内するのが大変なのです。

不思議だったのは、その方が銭湯に行く格好じゃなくスーツ姿だったこと、
それと、
「交番でこのあたりにあると聞いたのですが」と言ったこと、
以前も書きましたが、たしかに何年か前までは隣の隣が銭湯でしたが、
ずいぶん昔のこと、
おまわりさん、古い地図を見たんでしょうか・・・
まさかね (笑)
その男性が、方向を間違えたことも考えられます。

ほんの数分のやりとりの後、
どなたにも邪魔をされずハイブスさんのリハをやれたのは、
営業的にはどうかですが、ライブをより良くするためにはラッキーでした。
今回、僕は、ハイブスさんの楽曲に全て参加することになったからです。
音源データのやりとりはフェイスブックなどの充実で容易に出来ますが、
大切なのは実際に合わせることで、
僕のピアノやアコーディオンが、ハイブスさんの思うイメージで弾けているか、
曲を壊してないか、
メンバーに入念にチェックしてもらわなければなりません。
よかれと思って弾いていても、
「いや、もう少し派手に」とかその逆とか、大いにあり得るのです。
楽曲は行志堂さんとやてふさんのオリジナルですからね。
予想通り、やてふさんからは、細かい注文が入りましたよ (笑)

すでにポスターも出来ています。

ハイブス0625.jpg

やてふさん作です。
6月25日(土)、まだまだ先のようですが、
きっと、あっという間にやってきますね。
いつものピアノとはひと味違う雰囲気を出しますよ。
ぜひ聴きにいらしてください !!
posted by セキシュウ at 19:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

アコナイ4

昨夜遅く居合わせたお客様は30代から60代の男女、全て常連さんなのですが、
40代後半の男性が、
「マスター、お若い方もAMANEにいらっしゃるんですね」と、
いつもは自分より上の方たちばかりなので、驚かれたようです。
その方は、やしきたかじんが十八番で、
僕のピアノで唄いだしたら、
「うまい !」と、違う席の30代の方たち、
これで一気に場が打ち解けたので幸い、
知らない者同士だと、空気が張り詰める時がある、
しかも遅い時間、酩酊気味ですから、いざこざが起こらないように要注意なのですが、
またも音楽に救われました。

年代であまり気遣わずに済むのはやはり50代、同年代です。
コメントをくださったranaさんは、もう完全な同級生ですし (笑)
小島さんやハイブスさんたちもそう、
線路の向こうが職場の常連さんたちの中にも、多くいらっしゃいます。
しかし、みな働き盛り、そう頻繁には来店できないので、
昼間の営業で上の層をターゲットに、
なんとかかんとか操業しているというところでしょうね。

さて、そのハイブスさんのひとり、行志堂さんがホスト役で、
月末に4回目のアコナイを開催します。
ポスターを用意してくださいました。

10アコナイ4チラシ.jpg

またまた新顔が !
楽しみ !!

そして今夜は、ハイブスさんの公開リハです。
貸切ではないので、一般客が入る可能性あり、
前回は上手い具合にリハからカラオケへと切り替えられましたが、
今夜はどうでしょう。
バタバタするかも・・・
ということで、ブログは早めに更新したのでした (笑)
posted by セキシュウ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

散桜

4月は金曜からですから、もう2回目の週末になりました。
毎日、追われているように過ごし、
ブログを書くのは大抵1日が終わろうとしている時、
矢のように早くやってくるように感じます。
最近は、つい数日前何を書いたか思い出せない、
完全にきてますが (笑)
同年代は似たようなものでしょう。
早い同級生では、54の誕生日を迎えた人もいて、
フェイスブックで彼の投稿を見て、
自分も今年その年になるんだと改めて気づいたのでした。

昨日の予報では、夜、風が強くなるとのことでしたが、
大したことはありませんでした。
けれど、サクラは綺麗に散ったようで、
今日少し歩いたらあちこちに花びらが、
細い道が絨毯のようになっていたので見上げると1本の大きな木、
たった1本なのにこんなにと驚きました。
掃除が大変ですね。
美しさの代償、楽しさの代償、宴のあと・・・
店の片付けにも同じように感じることがあります。
誰かがどこかで処理をしているはずで、
散った花びらは地域の方が掃除したり清掃業者が回ったり、
川に流れた花びらも、
しかるべきシステムにて回収されているのでしょう。
それらも皆、人の手が介されています。
何かを楽しむために誰かが骨を折る、
実に単純なことなのですが、日々慌ただしく過ごしていると、
ついつい忘れてしまいがちですね。

深夜のひとり弾きでも、桜ネタで何曲かやりました。
1曲、アドリブで弾いたのを紹介します。
雨に散り、川に落ち、下流へと向かう様子・・・
イメージが湧くでしょうか。

posted by セキシュウ at 20:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

趣味と仕事

今日は昨日と打って変わって悪天、
午後になって雨は止みましたが、夜は強風とか、
桜もきっと吹雪のように舞い散るのでしょう。

花見らしい花見は特にせず、
青山墓地は坂の往復を二回、通り過ぎた程度です。
赤塚公園も、店のそばの街路樹や学校の桜も、
その他、探さずとも桜は其処此処に、
ほとんど一斉に咲くのですから、見ない方が珍しい、
しかしそれを花見と思えないのは、「花見で一杯」しないから?
やっぱりお酒でも飲みながらが花見でしょう (笑)
桜の木の下に陣取って、料理を食べながら、
とは言いませんが、
カップ酒片手にホロ酔い気分で桜並木を歩く・・・
うーん、似合いませんかね (笑)

相変わらず毎日同じことを繰り返しています。
よくもまあ飽きずにと思いながら過去を振り返ります。
「どんな仕事も」
「こんなに飽きずにやったっけ?」
いろんなことをやりました。
すぐに辞めたこともあるし、長く続けたこともある、
でもどれも、
仕事と割り切ってやっていたことばかりで、
今のように、趣味と仕事が入り混じっていることはありませんでした。
唯一、DJや、圭未たちとレビューショーの仕事をやっていた頃は、
確かに好きなこと、内容も面白く華やかな世界でしたが、
あまり真剣に向き合っていたような気もしない、
若かったんでしょうね。
「こんなところで使われていたくない」なんて本気で思ってました。

店を持ち、会社を作っても、それは勿論仕事、
そこにあったのは、組織として如何に発展させるのか、
店舗を如何に黒字にするのか、
その為にどうするのか、
赤字になってからはどうお金を回すのか、
それらを日々やっていても、
何ら自分の中に「成長している」「進歩している」という手応えはありませんでした。
結果として、そういう苦労を味わい、今がある、
それはそうなのですが、
その時は、先のことなど考える余裕なんてないのです。

今は違います。
毎日、同じようで同じではない、
音楽という世界の中で、
少しずつではあるけれど自分に身についているものがある、
ピアノの技量も、牛歩ではあるけれど上がっている、
それが、同じ日々を繰り返す気力に繋がっているのです。
どこまで出来るのか・・・

深夜のひとり弾きをするために、
参考としてよく動画を見ます。
先日、オスカー・ピーターソンを見ていて、
流れるような指使いに驚きました。
「こんなふうに弾けるようになるか・・・」
まあ、無理でしょうね。
でも、ダメだとも思いません。
弾けないから明日に困るわけではない、
今のままやっていって、
毎日弾いていれば、
「それっぽくはなるかも?」
そう思うと、ちょっとワクワクしてきました。
posted by セキシュウ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

二組のお客

今朝の出勤時、正装した親子連れを多く見かけました。
「そうか・・・」
「今日、入学式・・・」
晴天の桜咲き誇る中、絶好のスタート、というところでしょう。
後ろ姿を追いかけながら、こっちも気合が入る、
単純な性格 ?
いや、そうでも (笑)

昨夜は入れ替わりでお客様が、
最初のカップルは先生生徒の関係で、
駒込に店を持ち、歌を教えている先生は、何度かうちにいらしてます。
始めていらしたのは8年前だったか、
ピアノを弾く面白い男性です。
その過去は、なんとなく僕に似ているからか妙に親近感、
お話に共感できる部分、勉強になる部分がたくさんあって、
年齢が20才上ということもあり、存在だけで安心するタイプです。

似ている部分は、まずピアノが我流であること、
それから手広く店舗経営し、潰してきたところ (笑)
まあ、そんな人は、探せば多くいるのでしょうが、
今もなお、店を経営している人は少ないと思います。
その方は、29才で店を持ったというから、僕と殆ど同じ時期、
もし僕がその方を超えるとしたら、
あと20年以上はやらなければならない・・・
な〜んて (笑)

次のお客様は男性二人、リピーターです。
ちょっとワル系の青年はアラフォーくらいか、
「お兄さん、オレたち覚えてます?」
「もちろん!」その時飲んだドリンクを答えたら目を丸くしていました。
数ヶ月ぶりですが、
今夜飲む約束をし、どこに行くか相談してたら、
片方の強面の方が (笑)
「ピアノの店」と言ったともう一人の方が、
ありがとうございます !!
自分で言うのも何ですが、
結構、硬派系から人気あるんですよ (笑)

その方が言いました。
「お兄さんて、見た感じ、とっつきにくいタイプだよね」
初めて入った時に思ったのでしょう。
つまり、ちょっと面倒なタイプ・・・
苦笑いでした。
posted by セキシュウ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

息が長い

息が長い・・・とはこういうことか、と思うことが昨夜ありました。
多くの方は既にご存知でしょうが、
僕の母は、長い間、布団綿を再生してシャツを作っています。
そのことをまとめて、絵本「こっちゃんといとぐるま」を出し、
公式サイトを立ち上げたのは2006年のこと、
ちょうど10年が経ちました。

サイトでは絵本の販売もしています。
けれどもう発売10年、
さすがに・・・
というところに昨夜、注文のメールが入ったのです。
母のことをラジオで聞き、感銘し、ネットで調べたとのこと、
「いまだに、こうして」と改めて驚いたのでした。

こんな感じで、年何回かは注文が入ります。
どこのどなたかわからない方が、
何かの機会に母の活動を知り興味を持ち調べ、
サイトを見つけ連絡、本を注文してくる、
それが10年も続いているのです。
息が長い・・・

情報過多、出ては消えする昨今、残るのは、
母のような芯のある活動なのかも知れません。
僕も頑張らなければと・・・
母のような奇抜なことはできませんけどね (笑)

話は変わりますが、
昨日午後、雨が上がったのを良いことに、
久しぶりにバスケに行ってきました。
もう、やっぱりバスケ〇〇 (笑)

01bas.jpg

少しやってたら、子どもたちが来たのでコートを譲る、
将来がありますから〜 (笑)
で、園内の桜を少し。

02bas.jpg

一瞬迷子になりそうな。

03bas.jpg

不思議な空。
桜は絵になります。
posted by セキシュウ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

花見墓参り

昨日はお彼岸から少し遅れのお墓参りに行ってきました。
お世辞にも好天とは言えない、
向かう車中、時折フロントガラスに雨が当たる、
傘を差すほどではないだろうと思うものの、
「折角の・・・」とやや残念なのは、
お墓参り兼お花見だったからです。
晴れオトコ、どうした ? (笑)

しかし、青山墓地について、
いつもの西麻布交差点側から島村花店さん横の坂を上がる、
そこに来て思いました。
「好天じゃなくて良かった !」
見るからにお墓参りとは違う人たち、
それも外国人らしき人たちが大勢坂を上り下りしています。
「それでも」
「少ない方だろうな・・・」
これが絶好のお花見日和だったら、たぶん凄い人だったでしょうね。

車を、坂の途中のパーキングエリア (お墓参りの人は無料)に駐車、
外に出たら雨は止んでいてラッキー、
島村花店の若主人に挨拶してお花にお線香を購入、
「ずいぶん伸びたでしょう」と若主人、
うちのお墓のモミジの具合をチェックしてくださったようです。
「そうなんですよ」
「枯れたら剪定お願いしますね」
よく枝が伸びるのは日当たりが良いからと言われ納得、
以前は大銀杏の木やその他ごちゃごちゃと、
日陰でうっそうとしていたのが、
近年伐採や整理で綺麗に開放的になった分、
うちのモミジだけがポツンと1本、
そりゃ、伸びても仕方がないのでしょう。

島村花店からの上り坂はたしかに見事です。

01sak.jpg

上り下りしたくなるのもわかりますね。
ところどころの木に、

03sak.jpg

名札が・・・

04sak.jpg

ふむ、さすが港区、国際的 (笑)

鳩たちも花見でしょうか ?

02sak.jpg

お参りも無事済んで、
「撮っておきますか」

05sak.jpg

父は元気です (笑)
後ろにはカップルが、
彼らもお花見の散歩でしょうね。
通りすがり「ハロー」と声を掛けたのは父でした。
posted by セキシュウ at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

学校の裏

AMANEから一番近いサクラは、
前の道を駅と反対方向に少し歩いたところにある街路樹ですが、
実はもう1ヵ所、
店の裏にある小学校のサクラ、
小学校は隣の整形外科の横の道を入っていったところにあります。
距離的には同じくらいか・・・

ふと気になって、昨日の夕方の休憩に見に行ってみました。
近づくと子供たちの声が、
どうやらサッカーをやっている様子、
教えているのは高校生くらいの若い子たちで、
「最近はこういう交流もあるのかな ?」と思ったりしました。
縁の無い世界です。

校門近くにある2本のサクラは満開、すでに散り始めて、
前の小道に花びらが多く落ちていました。
「ふ〜ん」と思いながら見上げる、ただそれだけ (笑)
踵を返し店へ、
ふりうたと貸切の間の時間は、そんなに余裕はない、
軽い夕食を取ってスタンバイしなければなりません。

小学校の敷地ももう終わりという所に、1本のサクラの木を見つけました。
校舎の裏の狭いスペースに、短く刈られて高くそびえています。
「あっ」
「ここにもあったか」

なんでこんなところに、と思います。
すぐわかりました。
「そうか」
「きっとこれは」
「まだこの辺りにこんなに家がなく」
「広々としていた頃からあったサクラなんじゃないだろうか ?」

学校を囲うように背の高いコンクリートの壁があり、
小道を挟んですぐ住宅が、所狭しと立ち並ぶ、
「まだ、それらがなかった頃から」
「この木はあった・・・」

本当かどうかは僕にはわかりません。
でも、
白い印のように、ところどころ花を付けた木を見ていると、
なんとなくそんな気がしてきて・・・

00sak.jpg

花曇りにお似合いでした。
posted by セキシュウ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

深夜のひとり弾き

月末から月初へ、
桜の開花と同時に慌ただしく過ぎていきます。
日曜日が八千代台遠征だった為、休日無しの2週間勤務は、
昨日今日のロング営業も相まって、やや疲労気味、
けれどそれも、あと数時間で終わりです。
明日は全休、明後日月曜日は半休!

春休みだったことや、天候が悪かったことで、
しばらくバスケから遠ざかっています。
月曜日、久しぶりにと思うのですが、どうやら雨の様子、
次の週に期待でしょうか。

健康維持には適度に運動とわかっていますが、
どうも、そううまくは行きません。
たまには走ってみようかと、しかし腰が重い、
その他、水泳とかジムに通うとか色々あるのでしょうが、
今ひとつ気が向かない、
バスケ以外興味ない、という感じでしょうね。
バスケ〇〇 (笑)

疲労気味と言いながら、深夜のひとり弾きは今でも、
全てフェイスブックに動画でアップしているのですが、
今日、その数がどのくらいあるのか見てみたら、
200本ですって!
「そんなに、何を弾いたんだろう?」
中には弾いたことを忘れている曲もあるでしょう。
この調子でアップしていると、
フェイスブック側から制限がかかるとか?
まあ、1本あたり2分前後なので、
200本でも、長さにしたら大したことはありません。

なんとなく思いついて始めたことも、
積もれば積もるものですね。
始めて間もなく、高校の同級生が、
「楽しみに聴いている」とコメントくれたことを心に留めています。
期待に応えることが、我々の仕事では重要だと思います。
posted by セキシュウ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

さくらとの

4月になりました。
花曇り、夜は花冷えです。
各所で花見を楽しむニュースが流れていますが、
僕は残念ながら仕事、
しかし欠片は味わっています。

昨夜は、1つ下の後輩のHIDEKIくんが仕事帰りに、
来る途中、満開のサクラを撮ってくれました。

さくら0331.jpg

この先にAMANEがあるんです。
なんとなく看板が見えますか ?
この場所を知っている方も多いでしょうね。
サクラとのコラボです。

僕も撮ってますよ。

さくら033101.jpg

何とのコラボか・・・

さくら033102.jpg

見え見え〜 !
花より・・・ですかね (笑)
posted by セキシュウ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする