2016年04月16日

店内は

昨夜、営業終了後、独唱会の応援に来てくれる圭未から頼まれた楽譜を、
相変わらず急で (笑)
まぁ、いつものことだからと残業・内職していました。
一通り終わって、ふっとネットを見たら、
また地震速報・・・
結果的には、それが本震になったとのことでした。
広範囲でしたからね。

テレビはほとんど見ないのですが、
夕食の時間に少しだけ、
流れてくるのは当然被災地の様子です。
リポーターさんが、「すごいですね〜」などと言いながら、
時としてそれが興味本位のように、観光で遺跡にでも来たように聞こえ、
思わず目を逸らしてしまいました。
彼らも仕事ですから、それらを否定するつもりはありません。
やりたくてやっているわけではない、
だから僕はなるべくテレビを見ないようにしている・・・
特に被災している様子はです。
東日本大震災のときも、ネットて活字として読むだけでした。
偶然テレビがついてたら仕方ないけど (笑)

こういう時には、いろいろな著名人がコメントを出します。
ブログなども紹介されますね。
ごく当たり前の無難な文章、
多少、「らしさ」はあったとしても、批判されるよう内容ではない、
けれど、なんとなく不快になるコメントが存在します。
それはなぜか。
きっと、文章を読みながら、読者がその著名人の顔を思い浮かべている、
日頃の言動を思い出している、
やってきたことを思い出しているから・・・
結局は文章も人柄が出るのでしょう。

もし、素晴らしい文章を書く人がいたとして、
その人と会ったら、とても嫌な人だったとしたら・・・
それはプロの書き手かも ?
人の心が読める相当の策士・・・
な〜んて (笑)

今日はおかしな記事になってしまいましたね。
接客しながらだからかな。
今夜は二組4名の方が楽しくカラオケ中、
店内は平和です。
これでいいのでしょうね。
東京だって、いつまた被災するかわからない、
楽しめるときに楽しむ、
「その時」が来たら覚悟して事に当たる、
それしかありません。
僕たちは自然の中で生かされているんですからね。
posted by セキシュウ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする