2016年06月30日

バタバタと

今日で6月も終わり、
ここ数日なんとなくバタバタとしています。
趣味の深夜弾き (笑) は封印、
その時間は日曜日のゆるゆるの譜面チェックに勤しんでいます。

ゆるゆるは、毎回新曲に挑戦するという大技を、
その為の譜面作りが大仕事で、
それが終わったら半分、いや9割終わった感じ (笑)
演奏は事前リハのときと、当日リハで練習するくらいなのですが、
今回は加藤薫さんという素晴らしきサポートがあり、
彼の足を引っ張るような演奏は許されない、
よって、毎夜、少しでも譜面に慣れておこうと小1時間ばかり弾いているのです。

自分で作った譜面でも、迷子になることがあります。
リピートが複雑な曲、テンポが早くノリノリの曲、
ボーッとしているとさびの繰り返しを忘れることもある、
先日のリハでも、何度かありました。
そこを入念にチェックしながら繰り返す、
ふりうたの個人レッスンでは、みなさんに、
「練習して何度も失敗することが大切です」とアドバイスするのですが、
そういう自分は大して練習もせずに本番を迎えているのですから、
棚に上げて・・・ですね (笑)

加藤さんのブログには、
資料音源が届いたら、それにまつわる曲を動画サイトであれこれ調べ、聴き、
1曲1曲それぞれのイメージを膨らませるとの記述がありました。
ただその曲を譜面通りに弾くのではなく、
どんな時代に作られ、当時何が流行っていたか、
細かいところまで調べて曲に向かう、
そうすると、その曲の音色やノリはもちろん、アドリブにもそれが反映される、
「なんでもかんでも同じ」にはならないのだと思います。
たしかに、古い時代のものを、今風の弾き方で弾いてしまうと、
「えっ?」
「ちょっと雰囲気違うのでは ?」と感じることがあります。
加藤さんと知り合えたおかげで、また一つ勉強になりました。

ところで、今日は我が町十条もバタバタとしていました。
人が・・・大勢 !

01maturi.jpg

商店街の中ほど、
この賑わいは、十条出身の方なら誰でもご存知、
「おふじさん」です。
天気が崩れず何よりでした。
明日もあります。
好天のようですね。
posted by セキシュウ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

涙の理由

僕が人前でお金をいただき伴奏したのは、
まだカラオケボックスをやってる頃のことですから、30代後半、
全くの拙い腕でしたが、
それでも出来たのは歌手の方にファンが大勢いて、
ライブハウスを満席にできる力があったからだと思います。
以前からブログをお読みの方は、
僕がどうしてその歌手と知りあったか成り行きをご存知、
たまたま北区のボランティア祭りでピアノを弾いていたら、
ライブハウス、赤羽ウッディーのオーナーから声をかけられたことは、
今思い起こせば大きな転機でした。

女性に年を尋ねるなど失礼で、
その歌手の年齢は定かではありませんが、
多分、僕より10才は上でしょう。
AMANEになってからもその方と定期的に、
お客様は彼女の同年代から上、ちょうど今の僕くらいか、
彼女の歌に涙を流す方がいたのですが、
正直なところ不思議でした。
曲目は全てカバー、僕には、
「ああ、これはあの人の歌だね」くらいにしか聴こえない、
歌唱力はもちろん素晴らしい、
でも、曲を聴いて感動するは、まあ、ありとしても、
「泣くなんて・・・」

自分が悲しい思いをして泣くならわかります。
そうじゃなく、
たまたまライブで聴いた歌で、
「泣きますか?」
今の話ではありませんよ。
40代前半の話 (笑)

半世紀、50過ぎてやっとわかりました。
人生は、悲しみが募っていくもの・・・
だから、
ふとした瞬間、
何かのきっかけで悲しかったことが甦り、
例えば、歌のあるフレーズで、
泣けてきてしまう。

おぐのあかりで肢体不自由の利用者さんが、
みんなで唄っているとき、急に泣き出しました。
それを見ていた理事長の川口さんが、
笑いながら言った言葉を今でもよく覚えています。
「涙を流すのは」
「いいことなんですよ」

その川口さんですが、先日ある用事であふネットへ、
経営する「おぐのあかり」の裏に、

02ogu.jpg

また一棟、障がい者が住むグループホームを建築しているところを、
案内してもらいました。

01ogu.jpg

同い年、地域の為に頑張ってます。
別会社を作り、
あちこちから資金を借りてやっていると言ってました。

ogu.jpg

「う〜ん」
「50代、まだまだこれから・・・」
川口さんの挑戦する姿勢に奮い立ちました。
posted by セキシュウ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

雨とギター

今日は朝から雨でした。
月末ですし、さすがにこの雨なら暇だと覚悟した朝のさわうた、
9時50分過ぎてたった二人、
「やっぱりね〜」
ところがそこから怒涛のような攻撃 (笑)
さすが噴火の火曜日、始まってみれば21名、
「すごい・・・」

01003ウイング.JPG

遠くは逗子から、しかも貴重な男性客 (笑)
二回目の女性は浦和から、
「仕事が休みだったので」とフルで参加、
前回は2部から入っていらしたのでした。
帰り際、日曜日のゆるゆるも申し込まれて、ありがたい限りです。

そのゆるゆるですが、
先週までイマイチだった予約が、
あっという間に増えて、只今確定30名、仮で2名、
おかげさまで満席になりました。
ありがとうございます!
今回は、ギターの加藤薫さん目当ての方もいらっしゃり、
選曲もそれを意識して、
そのリハを今日の夕方やったのですが、
初めて合わせたとは思えない柔軟性、
そして曲の雰囲気、ダイナミクスを出す加減、
音色の甘さ心地よさ、
どれを取っても流石プロ、
圭未も自分の歌を忘れてしまうくらい、聴き惚れていました。
圭未さん、ギターだけで酔える (笑)

ブログには写真が出てます。
松本圭未のブログ
記事にあるように、本当に優しい方で、
人柄ゆえの音なのでしょう。
最近、そういうことが若干わかってきた、
年を重ねれば重ねるほど内面が何かの形で自然と出てくる、
生きるということ自体がクリエイティブに繋がる・・・
「おもしろいなぁ」

リハは午後4時スタートだったのですが、
もうその頃には雨が上がっていて、
ギター、エフェクターと大荷物の加藤さんには幸い、
誰が晴れオトコか晴れオンナかわからないけど (笑)
良かった〜!
でもまた明日の夕方くらいから崩れるようですね。

昨夜の営業終了後、今日のリハ譜面のチェックをして、
外に出たら、ちょうど雨が降り出しました。
傘を差してふらふら帰路へ、
ふっと横を見ると、

01necoc.jpg

「あ!」

濡れ始めた路面、
それを避けるように隅に座っています。
「そこなら濡れないね」

02necoo.jpg

よく見たら知った顔でした。
posted by セキシュウ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

七夕飾り

激務の土曜日、くたくたになったかと言うと、
そうでもない、
それは一にも二にも店内の雰囲気が良かったからで、
特に同年代と演奏するというのは、
1つのチームのような感じ、
例えば中学高校時代に夢中になったバスケも、
3学年でチームを形成するのですから、
小島さん、ハイブスさんは範囲内、
斎藤敦子さんは僕より4つ下ですが、まあ細かいこと言わないで〜 (笑)

やてふさんからは、早速ライブの音源が、
僕の聴きたかった曲3つがデータで夕方送られてきました。
ボーカルは勿論、ギター、ベースがアンプを通して、
ピアノだけが生音だったので、
どんな風に弾けば存在が確認でき、効果があるのか、
リハ音源を聴き返しながらの本番でしたが、
まあまあ有効に、
グランドピアノでなければ出ない音色が出せたと安心しました。
明らかなタッチミスや、バランス、リズムに反省点はありますが、
これもまた上達の一歩、
反省点を見つけることから次に進むのです。

終わって斎藤さんからは、
「天の川のようにキラキラとしたピアノだった」と、
にこやかな顔で言われ、
普段褒め上手なのはわかっているけれど、それでも嬉しい、
「僕も、少しは見習わないと」と苦笑でした。

昨日は全休、今日は半休、
天気が良いのは今日までとか・・・
なら、

bk01.jpg

ですよね (笑)

公園の入り口、管理事務所の前には、

03taa.jpg

毎年のように七夕飾り。
「今年は」
「短冊に願い事、書いてみようかな?」

02taa.jpg
posted by セキシュウ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

小島ハイブス2016

昨日は心配された天気も崩れることなく、
お客様は順調に、順調に、順調に・・・
いらっしゃること総勢32名 !
は、2014秋、小島&ハイブスで一番最初にやった時の29名を超え、
新記録になりました。
ありがとうございます !!
ワイド画面で撮ると、

01kh.jpg

こんな感じ。
今回は1部を小島さんのステージ、
2部をハイブスさんに、
それぞれ単独ステージにしたことで、
小島さんが終わったら帰るお客様が数名、
そこを、ハイブスさん目当ての到着の遅いお客様が埋めるという、
実にラッキーな展開でした。
その分、すごく忙しかったけど (笑)

02kh.jpg

まずは小島さん。
今まで、いろいろなミュージシャンのサポートを受けてのパフォーマンスも、
今回は原点に戻ることも考えたか、
一人のギター弾き語りを中心に、
じっくり聴かせる歌唱はすでにベテランの域と感じました。
曲の中の語りもよかった、
小島かおるそのものが素朴に、しかし何かを強く訴えている、
思わずキッチンの中で洗い物の手を止めてしまいました。

ピアノの椅子に座っていたのは誰あろう、斎藤敦子さん (笑)
始まって席がなくて座ってたのですが、
もちろん、

03kh.jpg

弾きます。
彼女がピアノで3曲サポート、
行志堂さんがブルースハープで1曲サポート、

04kh.jpg

お客様も楽しそうですね。
最後はピアノを。

00kh.jpg

僕はアコーディオンで1曲だけ手伝いました。

後半はハイブスさんが登場です。
入れ替えが数名と、追加オーダー、洗い物などで、
なかなか手が空かず、
演奏全曲サポートだったので、始まりが予定より遅れてしまいました。
「洗い物なんか後で・・・」と思うかも知れませんが、
最低でもジョッキは洗って冷やしておかないと、
ライブ後に予定されているメンバー関係者打ち上げに美味しいビールが出せない、
冷えてないジョッキで出てくるビールほど、
間の抜けた物はない、とか〜 (笑)

行志堂さん、やてふさんに話でつないでもらい、
「さあ、やりますか」
ピアノに座る・・・

11kh.jpg

ハイブスさんは立ち・・・

10kh.jpg

ごめんなさい、一人だけ座って楽してます (笑)

05kh.jpg

初めて彼らのステージを見る方も多かったのですが、
みなさん親しみがあったのは、
行志堂さんが、小島さんと一緒にさわうたに来たのも関係しているでしょう。

全8曲プラスアンコールを1曲、
いずれもハイブスらしいオシャレでオトナな洗練されたサウンド、
僕も今まで数曲賑やかしでサポートした程度が、
今回は全曲参加で真剣勝負、
何度もリハをして、
音により厚みを加え、装飾したつもりですが、果たしてみなさんのお耳にどう届いたか・・・
来週、さわうたで話が出るかも ?
32名のうち15名がさわうたのお客様でした。

06kh.jpg

終わって、

07kh.jpg

メンバー、関係者ご一行様 !!
この打ち上げも僕にとっては大切、
何しろ飲みっぷりが〜(笑)

この日、ハイブスさんからみなさんへプレゼントがありました。

08kh.jpg

リハ音源が5曲入ったCDです。
盤面のデザインはやてふさん、イラストはやてふさんのご友人のイラストレーター、
中には、曲紹介が書かれたライナーノーツ、
その封入を、

09kh.jpg

小島さんのリハ中に、
メンバー全員でやっていました。
「上げたのはいいけど」
「十条駅に捨てられてないか ?」なんて心配も、
大丈夫、うちのお客様は電車使わないし〜 (笑)

それに、CDケースは僕が提供したのですが、
これ、実は亡くなった難病の友人のお母様が、
「よければ使ってください」と送ってくださったものなんです。
たぶん、生前、彼がケース売りで購入したもの、
必要なくなったので、僕の元へ、
何かの時に使えたらと思っていたので、今回、有効利用できて良かった、
彼もあの世で喜んでいるはず・・・

ハイブスさんは今回で一度区切り。
まずはお疲れ様でした。
いい記念品も用意できて良かった ! (笑)
小島さんもお疲れ様でした。
50代、共に頑張りましょう。
posted by セキシュウ at 20:03| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

昨夜は、「金曜アマネ会」の開催日ではなかったのですが、
まつさんからメッセージ、
「今夜もおじゃまします !」
前回は貸切状態、今回は一般のお客様が6名も、
わいわいがやがや閉店時間まで盛り上がりました。

そして、そのままの勢いで今夜は小島さんハイブスさんのライブ、
蒸し暑い中、大勢のお客様が見える予定、
がんばりましょう !

で、ブログは4コマ。
突風が吹くとこうなりますね。

さわごえ君第71話ブログ用.jpg

posted by セキシュウ at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

スーパーテクニック

6月最後の週末になりました。
やっと梅雨らしく、今日は1日曇りから雨、
これが終わればいよいよ夏です。

昨夜は、明日のライブの機材を事前搬入にやてふさんが、
先客が帰ったのが運の尽き (笑)
二人で動画漁りをしてしまいました。
昨日の記事に書きましたが、
世の中知らない曲が、いや、知らないアーティストが山ほど、
やてふさんがギター弾きということで、
昨夜はスーパーテクニックを持つギタリストたちの動画を、
驚きの連続でした。
「これ」
「見始めたら、終わらないですよね?」
「ええ」
「だから僕、自宅にパソコン置いてないんですよ」
家呑みもしないというやてふさん、
信念のある方です。

ギタリストには、スペインの巨匠がいて、
若かりし頃の動画がまた素晴らしく、
コードはなんだろうとピアノを触ったものだから、
またまた深夜弾く羽目に (笑)
「あ〜あ」
「ヒマなやつ」と半ば呆れるも、
やっぱり面白くてやめられない、
民族調の哀愁をどうアドリブするのか、
柔らかく且つキレよく弾くにはどうすべきかなど、
全く生産性のないことに夢中になってしまう、
「そんな時間があるなら」
「もっとお客様を呼ぶ努力をしなさい」
ですよね〜(笑)

ありがたいことに、明日の小島さんとハイブスさんのライブは満席予想、
ところが翌週、圭未とのゆるゆるが思わしくありません。
普段来られる方が先約で来られなかったり、
飽きているというのも、正直あるでしょう。
ライブに集客の悩みはつきものです。
今回はスーパーテクニックをお持ちのギタリスト、
加藤薫さんがゲストです。
どんな方かは検索すればわかるかと・・・
まだまだ残席あり、
ぜひご予約ください!

ゆる.jpg

これは以前にも紹介した画像ですね。

ならば、おまけに新しいのを (笑)

雨上がりの公園。

01ak.jpg

誰かいますね〜。
すべり台の上にも、

02ak.jpg

あ、いた (笑)

03ak.jpg

いつものシロちゃん。
「おまえも」
「ライブにおいでよ」
posted by セキシュウ at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

朝から

今日は朝から霧雨が降ったり止んだり、
けれど午後に入り明るくなって止んだと思ったら、
急に日が差してカァッと暑くなりました。
ちょうどその時間買い物で外にいたのです。

今週のさわうたはリクエスト、
火曜・水曜と難なくこなしたら、
やっぱり木曜日 (笑)
突拍子もないのが出てきて検索検索でした。
前半の最後から参加した Momokoさんと一緒 (笑)
彼女は弱視なので、
タブレットパソコンで歌詞をその都度検索しながら、
顔をギリギリまで近づけて歌うのです。
今日、僕は何曲検索したか・・・
却下もしませんでしたから、
いかにみなさんがご存知で僕が知らない曲があるか、
世にある歌の数は未知数だ〜 (笑)

火・水・木と朝から歌って笑って、
それが当たり前のようになっているのですが、
昨日の朝の出勤時、
資源ごみの集荷に回っているお兄さん達が、
あることを教えてくれました。

トラックの3人組、
一人は走ってゴミ置場まで移動、
一人はトラックの荷台、もう一人はドライバー、
様子を見たことがある方も多いでしょう。
多分一番下っ端が走り (笑)
その彼が、
雨具兼ねて来ていたウインドブレーカーが暑かったのか、
前を開けて走ってた、
すると、紐らしきものが、止めてあった自転車に引っ掛かって、
「おおっと!」とずっこけそうに、
それを見ていた 荷台の上の上司が、
「ワッハッハ」

例のように、描きましたよ (笑)

jiten.jpg

絵はそうでもありませんが、
二人とも若い、ちょっとイケてる系のかっこいい男だったので、
なおさらそのアクシデントが面白かった、
それで思わず貰い笑いしてしまいました。
荷台の上司は目ざとく僕の笑顔を見つけて、
「おい、笑われてるぞ〜」と下っ端に、
失礼しました〜。
でも楽しかった (笑)

「朝から笑うって、気持ちいいんだな」
改めて感じました。
10年目に入っているさわうたです。
自然に笑いが溢れる、
日々そんな営業を目指したいですね。
posted by セキシュウ at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

月のパワー

1年で一番昼が長い夏至と満月が重なるとのことで、
なんとなく毎夜、空を見上げて月を探しています。
ふつうの方たちと違って、夜の水商売、
出勤時に帰宅時に、ときに営業中ふらりと外へ (笑)
夜空を眺める時間はたっぷりあるのです。

19日、日曜日未明、

01tuki.jpg

澄んだ空にきれいな月。
梅雨時期にこんなに綺麗なのは貴重?

21日、火曜日未明。
満月は前夜の20時ころとか、

02tuki.jpg

夏至がこの日で、
この時の満月が一番パワーがあるとか・・・
う〜ん、おぼろな感じがなんとも神秘的。

翌22日、水曜日未明。

03tuki.jpg

相変わらず月は空に。
「良い月ですよ !!」
真夜中の工事人たちは気付いているかな (笑)

月のパワーは僕にはよくわかりませんが、
もしも何かお願いが出来るとしたら・・・

友達の顔が浮かびました。
「ね」
「そうだよね ?」

04tuki.jpg
posted by セキシュウ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

落ち葉と誤算

昨日、さあシュートだと意気込んでコートに入ったら、
半乾きのアスファルトの上に、異様なものが落ちてました。
1枚だけポツンと、大きさは子どもの掌くらいで、
色合いがあまりにも派手だったので目に付いたのです。
「アートだ・・・」

04aba.jpg

深夜まで降り続いた雨で落ちたのか、突風のせいか、
それとももう落ちる時期だったのか、
何れにしても、写真に撮らないわけにはいかない (笑)

貧乏暇なし、日々追われているので、
殆どのものを見過ごして過ごしています。
たまたま派手だったから落ち葉が目に入りましたが、
そうでない、地味な落ち葉だって、
じっくり見れば表情があって個性があって、
何かを訴えているのを感じるでしょう。

どんなふうに落ちたのか、
どう思いながら落ちたのか、
覚悟して落ちた、悔やみながら落ちた、
不意に落とされて考える間もなかった、など・・・

「落ち葉にそんなもの求めるなんて〜」
ええ、確かに変ですよね (笑)
でもこれこそ人間が持ち得た特別な感情で、
花を愛でたり、木々に感じたり、
そこから古くは和歌ができたり詩ができたり、
お世話になっている (笑) 歌もそうです。

些細なものから日々を感じ、
何かを表現する、面白いですね。

ところで今週末はおじさん達のライブ (笑) なのですが、
嬉しい誤算、
AMANEのお客様の予約が今現在15名、
これに小島さん、ハイブスさんのお客様ですから、
大入り確定?!
ありがたい限りです。
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

下心

昨日は歌倶楽部さんの貸切の後、夕食、
その後ずっとパソコンの前でお絵描きでした。
4コマ漫画ですがネタは全く考えてなく、
まさにゼロから、
なんとか夜のうちに描き上げて、
日付けが変わってから店に行き、翌日の準備・・・
よくやる (笑)

そんなに遅くまで無理してやるのには、
もちろん下心があった、
「月曜日、もしかして晴れたら・・・」
予報は五分五分、
何しろ日付けが変わっても雨は降ってましたからね。
下心は言うまでもなくバスケ (笑)
遊ぶために無理をする、
その甲斐あって?
晴れてくださいました。

お天道様、ありがとう!

02aba.jpg

いつ見ても良い公園。
室内競技のバスケ、グラウンドとは無縁の僕ですが、
もはやスポーツというより健康管理、息抜きにバスケをする年齢、
この景色は贅沢です。
四季が楽しめるのも嬉しいところ。

コートの隣では、

01aba.jpg

バトミントン部 (笑)
この暑い中、頑張ってます。
ウォーキング中の女性が近づいて見学したり、
足の不自由な男性が、休憩中、話の輪に加わったり、
すっかり交流の場になっている様子が面白く、
ここにも1つのコミュニティが形成され、
役立っているんだと勉強になります。
主宰の方の心意気を感じます。

遠くから作業している音が聞こえました。
「何だろう?」
行ってみたら、

03aba.jpg

噴水の清掃でしょうか。
夏になると、上から水が流れ落ち、下に溜まり、
小さな子どもたちの水遊びの場となるのですが、
「今年は・・・」
「大丈夫なの?」
水不足、解消されるといいですね。
楽しみにしている子たちが沢山いるのです。
posted by セキシュウ at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

通り過ぎて

今週は休みなし、日曜日も仕事です。
ピアノで唄う、歌倶楽部さんの定例の貸切なのですが、
今回で一度区切り、もしかするとこれが最後ということでした。
主宰の方のご事情とのこと、仕方ありません。
また何かの形で復活を期待しましょう。

区切りと言えば、
25日の土曜日ライブをするハイブスさんも、今回のライブで年内活動中止、
こちらもリーダー他、それぞれのご事情だとか、
残念ですが、同じく仕方ありませんね。
来年再スタートか・・・
もちろん期待しています !!

長く店に携わっていると、
このようなパーティー、イベント、ライブが一旦区切りに、或いは終わりになることや、
何かの都合で店を利用しなくなってしまう、
逝去、石川陶器店さんのようなケース、
自然消滅、一緒に来てた仲間がいなくなって来なくなったケース、
その他、興味がなくなったり飽きたり、
気分を害してもあるでしょう (笑)
お客様は大なり小なり通り過ぎていくもの、
それが店というもの・・・

と同時に、新しい出会いもあります。
金曜日いらしたまつさんは、今回の集まりが好評だったとのことで、
これからも金曜日の夜に、不定期で、
「金曜アマネ会」なるものを開催してくださるとのことです。
ありがたい !!

まつさんの周りは、ピアノが弾ける方が多く、
先日の集まりも7名中、6名がピアノを、
お互いの演奏を披露したり、歌の伴奏したり、
カラオケを一切使わずにオール生 !! (笑)
僕が伴奏をしてオール生の日はありますが、
お客様が加わっては希有、
みなさん臆することなくピアノに向かう姿は頼もしく、
「ピアノも喜んでいるだろう」と思う、
だって、ピアノにしてみれば、
「なんだよ」
「いつもいつも」
「おれを鳴らしてくれるのはこのオッサンだけかよ」と嘆いているはず (笑)
隔週くらいのペースで開催出来たらとのこと、
そうなると嬉しいですね。

2003年、開店当時には「土曜会」というのがあり、
カラオケ好きの近所の方たちが10名前後、
毎週いらしていました。
その会は自然消滅したのですが、
その中の数名は、今も朝のさわうたにいらしています。

会はなくなっても、
何かの形で続くケースもありますね。
店をやっている限り、出会い別れは必然、
あとは、店をどこまで続けられるのか・・・
「そして誰もいなくなった」まで?
限界まで、というのが答えでしょうか。
まあ、がんばりましょう。

そうそう、まつさんたちの金曜アマネ会は貸切ではありません。
ピアノの演奏を聴いてみたい方や、ピアノ伴奏で唄ってみたい方、自分も弾きたい方など、
(もちろんカラオケもあり)
社会人音楽家に理解のある方ならどなたでもOKです。
ぜひ覗いてみてください。
決まり次第スケジュールに載せる予定です。
店のスケジュールページ
posted by セキシュウ at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

感情の袋

1日1日が頼んでもないのに綺麗に消されていきます。
今日の空を見て、
昨日はどんな空だったのか思い出そうとしても思い出せない、
そんなことが日々増えていきます。

若い頃は感情剥き出しで生きてきたように思います。
それが、いつの頃からか、
感情を溜めるようになった、
きっと、感情を溜める袋を、
誰かが知らず知らずのうちに分けてくれたのでしょう。
溜めていくうちに、
袋が伸びるようになって、容量が増えてきた、
溜めた感情は、間接的な方法で排出できるようになった、
それが今は音楽であることは述べるまでもありません。

けれど、その袋もずいぶん古く傷んできました。
一昨夜は、
思わぬ知らせに袋が破れ、
味わったことのない、
いや、味わいたくもない異様な匂いのする感情が、
弾いても弾いても弾けなかったのは、
そのせいなのだろうと諦めたのです。

知らせについては、少々語弊があり、
勝手に僕が知ってしまったと書いた方が正しいでしょう。
何のことかわからない方はごめんなさい。

昨夜は、そんな僕と同じように音楽に身を寄せる社会人、
まつさんたちが大人数で遊びに来ました。
昼間はふりうたで常に予約のお客様が、
一人ぽっちは少ないのですが、
夜はお客様が見えなければずっと一人、
感情の袋が破れた時は、一人ぽっちは如何ともし難い、重い空間です。
まつさんたちに救われました。

彼らが笑いながら、時に緊張しながら
唄ったりピアノを弾いたりする姿が微笑ましく、
こんな時は、
店をやっていて良かったとつくづく思う、
お金を頂いて言うのもどうかですが、
気がまぎれる、というのが正直な気持ちです。

終わって、前日放り投げた曲に再挑戦しました。
なんとか弾けました。

posted by セキシュウ at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

午前3時

昨日の父との打ち合わせはほんの十数分、
一時間の中の大半は世間話でした。
まずはお騒がせのSEKOIさん (笑)、そしてその後釜は?
都民として大切な話題ではありますが、
身に降りかかる災いなどではない、
「平和な会話」とは父の言葉です。
もっともっと深刻な場面は、
どの家庭にもいずれは訪れる、
世間話で盛り上がれるだけ花、でしょうか。

夜は、雨の中久しぶりに美声の友人がカウンターに座り、
先日あった親戚の葬儀の話をしてくれました。
都内某所の斎場で、
僕も名前は聞いたことがあるところ、
その様子はまるでファミレスかコンビニかと思わせる、
何ともマニュアル通りの、味も素っ気もない、
実に淡々としたものらしく、
アテンド役の女性も「ツアーコンダクターのような・・・」

なんとなく察しはつきます。
それだけ需要があり、
どんどんこなしていかないと追いつかない、
「人間を葬る」ということについて、
斎場側はいちいち情など入れてられないのでしょう。
美声氏はともかく、
参列した彼のお父様はそのドライぶりに驚き、不機嫌になられたそうで、
何度か会ったことのある僕は、
「そりゃ、お父様なら怒るだろう」と納得、
その遺伝子を受け継いでいる美声氏も、
徐々にお父様に似てきたと静かに笑うのでした。

彼が帰り、
ソファー席のご夫婦が帰り、
外を見たら、まだ雨、
「今夜は・・・」
「素直に帰る気がしない」

どうしても弾きたい曲がありました。
山のように積まれたクリアファイルの、
どこかに挟まっているはずなのですが、
なかなか見つかりません。
「1年以上前に弾いた曲だからなぁ・・・」
深夜弾きを始めた頃に短く弾いたのは覚えているけれど、
さすがに暗譜はしていないのです。
コードがやや複雑で転調もある、
「譜面がないことには・・・」
ずいぶん探して、やっと見つける、
「あの頃より」
「ちっとは、うまくなりましたかね?」

弾くこと一時間以上、
「ダメだ」
「全然うまく弾けない」

時計を見たら3時近くなっています。
「今夜は帰ろう」

どうしてうまく弾けなかったのか、
理由はわかっていました。
「また明日だな・・・」
譜面をファイルの一番上に置き、
「やれやれ」と店を出ると、
雨上がりの静かな夜が、
悲しみだけを残して待っていました。
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

失言

失言というのは、普段は思うだけで口にしない、
ブレーキがかかるところを、
なぜかその時だけは無意識に発してしまうこと、
口から出てしまうことだと思います。

失言かどうかはわかりませんが、
今朝のさわうたで、
普段なんとなく思っていることが、つい口から出てしまいました。
あまり朝からするような話ではない、
縁起の良い話ではありません。

怪奇現象を信じているわけではないのですが、
店に毎日一人でいて、
電球がパッと切れたり、プロジェクターが急にスッと暗くなったり、
マイクがプツッと入らなくなったりすると、
ふと、「誰か死んだかな?」と思うのです。
とか、
「あの世で誰かが悪さしている」など。
おかしいですかね (笑)

今朝は、最近時々起こるプロジェクターのアクシデント、
急に暗くなる現象が歌唱中に、
原因は多分プロジェクターランプがそろそろ寿命だからなのですが、
唄い終わって、お客様からの「暗くなった」の発言を受けて、
ポロリと言ってしまったのです。
「誰かが死んだんですね」

ザワザワっとする店内・・・
ヤバい (笑)

慌てて前述のようなことを説明し、
「みなさんも、そう思いませんか」
「電球とか切れた時・・・」
「ああ、誰かが亡くなったんだなって?」

「思いません!!!」
大声で否定されました。
ですよね〜 (笑)

こんなことを思うようになったのは、
わりと最近のことで、
何の根拠もない極めて非科学的なことに、
心を捉われている自分に気づきます。

「どうして」
「そうなった・・・」
今日の夕方、
父宅へ古典講座の打ち合わせに向かいながら考えます。
幸い雨は小康状態、
小さな公園を過ぎようとしたら、

new1.jpg

「あ!」
2週間前にいたネコ、
トボトボ近寄ってきました。

new2.jpg

午後5時前、奥では、
道路工事の片付けが始まってます。

「かわいい顔してるね!」

new3.jpg

ほんとうに (笑)

「いつか、ずっとずっと先」
「電球が切れたりした時は・・・」
「君のことを思い出すね、必ず」
posted by セキシュウ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

吹き出し口

今日は1日ずっと曇りで、時々雨がちらつきました。
涼しいのですが、店内はやはり冷房、
消すとムッとしてくるのと、湿気、これは鍵盤に顕著です。
ただ、冷房にすると困るのは、
吹き出し口の下の方が長時間座っていると冷えてくることで、
以前より、なんとかならないかと考えていたのですが、
風向を変えられるパーツを、エアコンを取り付けた業者さんが見つけてくださり、
月内に工事することになりました。

吹き出し口は、プロジェクターのある辺りと、
ピアノの斜め上の客席寄りに、そしてカウンターの上にあります。
カウンターの吹き出し口はスクリーンの裏の位置で、
お客様には直接関係ないので、
他の二カ所に設置する予定です。
専用パーツは両面テープで留めるようになっているのですが、
それでは万一を考えると危険、
ドリルで穴を開けて、アンカービスで天井にしっかり固定することにしました。
費用はかかりますが、
これからのことを考えると、今、やるべき、
いや、本当はもっと早くやるべきだったか (笑)

前に書いたこともありますが、
夏場は、ピアノをずっと弾いていると直接当たる冷房の風に、
体調を崩すことがあります。
崩さないまでも、肩が凝ってくる、
まだこの年だから耐えられるけど (笑)
この先はどうか・・・
それはお客様も一緒でしょう。
朝の営業でも、吹き出し口の下のお客様は、自衛している、
1枚上に羽織ったり、首にスカーフを巻いたり、肩に布を掛けています。
常連さんなら用意しているから平気ですが、
初めて来た方には辛い場所、
しかし冷房を弱めると、吹き出し口から遠い方が暑くなる、
サーキュレーターを回しても追いつきません。
ライブなどではクレームになることも珍しくない、
つい先日の米田まりさんの時も、
吹き出し口の下の方から「寒い」と言われ平謝りでした。
さわうたは、唄っているので、まだ多少の寒さは我慢できる、
ライブとなると、じっと静かに聴いているので寒さは堪えるのです。

7月3日のゆるゆるには間に合うと思います。
小島さんとハイブスさんの時はどうかな・・・
ギリギリか、 無理かも。
まあ、小島さんとハイブスは夜、
お酒を飲みながら賑やかにやるでしょうから、
寒さは気にならないでしょう (笑)

AMANEも夜の営業中心だった頃は、
吹き出し口のことなど全く考えませんでした。
お客様からクレームなどもない、
それが昼の営業を始め、
ライブなども昼開催を増やしたことで、
店内の環境に配慮することが増えてきました。
敏感になったということです。

これは世の中全体の流れでもありますね。
高年齢層に好まれる空間作り、
そして日常にはないサービスの提供、
これが僕らのような店の生き延びる秘訣だと思います。
posted by セキシュウ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

希少価値

昨日は早めにブログを書いて正解でした。
ピアノで唄う方たちの貸切が午後9時まで、
その後ゆっくり書く手もあったのですが、
なんとなく忙しくなる予感、
その通りで、
貸切の間に「これから行っても大丈夫ですか」の問い合わせ電話が2本、
「9時以降でよければどうぞ」と返事を、律儀に2組いらっしゃいました。
「じゃ、他の店にしよう」にならなくてよかった (笑)
まぁ、他の店と言っても、
生演奏で唄える店はそうはないので、
もしそれが目的なら少々待っても来るでしょうし、
時間がなければ諦めて解散になると思います。

忙しさは今日に引き継がれました。
朝のさわうたは、最近火曜日が20名を越えることが多く、
火曜日だから、名付けて「噴火の火曜日」・・・どうですかね?(笑)
今日は22名、熱気ムンムンでした。

午後はプチ・シャンソン、
これまた前月少人数だった反動か、13名は今年最も多い参加者です。
新しい方が一人、二回目の方が二人と新鮮、
新しい方は、午後2時頃、表でどうしようか迷っていたところを、
たまたま遅れていらした方が声をかけてくださり、一緒に入店、
見学のつもりが、周りの方が譜面を貸して唄うことに、
すっかり気に入ってお帰りになりました。
良かった〜 !!

夜は常連の男性とじっくりと、
昨夜の忙しさと正反対です。
趣味で石仏や石像、石碑を見て歩きブログに紹介している方で、
最近は唱歌の石碑に興味があると仰いました。
「うちでは毎朝、いやって程唄ってますよ(笑)」と、
叙情歌の歌詞画面を見せながら紹介、
「ほう」とご覧になりながら、
「君、これ全部弾けるのか?」と、
「ええ、もちろん !」

「希少価値なんだろうな・・・」
ポツリと仰いました。
AMANEの存在が、です。
定期的なイベントとしてはあっても、
いつでも行けばピアノの生演奏で、
古くは童謡唱歌から新しくは発売したてのJPOPまで唄えるところは、
数えるくらいしかないでしょう。
しかもそれが十条という、東京の北の、マニアックな場所に (笑)

そう言えば、ゆるゆるのゲストの加藤薫さんも、
自身のフェイスブックに「初めて降りた十条駅」と投稿してましたね。
AMANEで十条を知った方が増えるのは光栄なことです。
posted by セキシュウ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

雨が幸い

久しぶりと言えば、今日の雨はずいぶん久しぶりの気がします。
たしか、今は梅雨・・・
関東のダムは水不足だとも聞きました。
今日の雨は足しになるのでしょうか。

昨日から今日にかけて、
頭の中は音符だらけになっています。
いつもなら月曜日は赤塚公園でバスケなのですが、
雨が幸い、
楽譜を2枚仕上げました。
そのうち1枚は手書き、
これが細かい !
参考に一円玉を置いてみたのですが・・・

1en.jpg

よくも狭いところに音符を並べてる〜
と思いませんか (笑)

作業は自宅でしたのですが、あいにく老眼鏡を店に忘れ、
目をこらしながら裸眼で書いたので、
疲れた・・・

こんな時は目に優しい緑がいいですね。
気分転換に歩いて買い物、
雨は激しく、風は強く吹いてましたが、

ame01.jpg

街路樹の緑が気持ちよさそうで満足、
雨もまた良いものです。
posted by セキシュウ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

安堵

久しぶりのお客様が続くときは続きます。
なぜかと解析してもまずわからない、
たぶんそれこそ人の、いや生きるものが持ち合わせた神秘の力・・・
なんて大袈裟な話ではないけれど〜 (笑)

昨日は待ったなしだったのです。
まず昼からふりうた、夕方はハイブスさんとのリハ、それから一般のお客様、
ハイブスさんのリハは午後8時半終了で、
終わるのを廊下で待つお客様が、
「ライブが楽しめて良かった」と思わぬ反応でした。

問題のお客様は、
廊下で待ったお客様たちが引き上げる間際、入れ替わりのように現れて、
第一声「やってて良かった〜」
あら、またですか (笑)

女性二人連れ、一人は見た顔で、
「お久しぶりです !」
顔つきもありますが、低い声色で覚えていた、
ただし、どなたと一緒に来ていたかは思い出せなかったので、
素直に聞いてみたら、よく知った方で、
「ああ、あの・・・」
苦笑いせずにいられなかった方、と書けば大体どんな方か想像つくはず (笑)

その女性とも、もう7、8年ぶりです。
前日のことがあったので、
すっかり店の存在を疑って「やってて良かった〜」と発したのだろうと思う、
女性が席についてもう一度口にしたので、
「ありがとうございます」
「もう潰れていると思ったでしょ?」と半分開き直り気味に (笑) 言ったら、
「そうじゃないのよ」
「今日土曜日でしょ」
「閉まってるかと思ったのよ」
「マスターはピアノが弾けるんだから」
「潰れるなんてちっとも思ってないわ」

「あっ」
「それは失礼しました・・・」

お連れの方に、
「ピアノがあるおもしろい店がある」と話したら、
ぜひ行ってみたいと言われたので来たのだと仰いました。
東十条から歩いてきたそうです。
なるほど、わざわざ来て、定休日だったり貸切だったりで入れなかったらがっかり、
それで「やってて良かった〜」になったのでしょう。
安堵のセリフ・・・
僕の勝手な勘違い〜(笑)

お二人が楽しまれて帰ったことは言うまでもありません。
ありがとうございました。
posted by セキシュウ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

唄い方

昨夜、お客様が入ってくるなり、
「久しぶり」「覚えてる?」と聞いてきました。
同世代くらいの男女、
聞いてきたのは男性です。
「えっ?」
う〜んと焦る、
「あっ」と思い出し、
「もしかして、あっちのカラオケボックスの頃からいらしてた」
「タグチさんですか?」
ハズレ〜 (笑)
タグチさんが少し老けた感じと思ったのです。

最近、夜のお客様をすぐに思い出せなくなりました。
「そう言えば」と交わす会話で思い出す、
昨夜もしばらく経って、
「そうだった」と当時の記憶が甦り、
もう一度その男性の顔を見て、
「こんな顔つきだったかなぁ・・・」と。

男性は、店でのあるシーンを覚えていました。
それを僕も覚えていて、
「あ、あの時に・・・」
「いらっしゃいましたか・・・」
たぶん8年か9年か前のこと、
いや、もっと前かな。

そんな曖昧な状況でも、
男性がマイクを持ったら、

0karen.jpg

「この唄い方」
「たしかに・・・」
「いたいた !!」(笑)

不思議ですね。
顔は覚えていなくても、唄い方は覚えている、
すっかりカラオケスナックのマスターが染みついてきた (笑)

しかし、お客様を思い出せないのには困ったものです。
まぁ、それだけ多くのお客様と会っているという証拠なのですが、
それはお客様にとっては関係ないこと、
覚えてないと感じ悪いのは確かです。

男性がポロッといいました。
「いや、申し訳ないけど」
「もう無くなっているかと思ってたよ」
でしょうね。
殆どの方が、AMANEがここまで持つとは予想しなかったと思います。
「申し訳ないなんて・・・仰るとおりですよ !!」
笑って答えました。
posted by セキシュウ at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

日陰の小道に

やてふさんからコメントが入りました。
そのやてふさん、行志堂さんたちとは、明日夕方最終リハ、
こちらもずいぶん熱心に回数を重ねてきました。
「プロはだし」とはこういうことでしょうか。
お客様にお金を頂くのだから、
きちんとした音を聴かせるべき、という考えが素晴らしい、
よく「演奏者が楽しそうで良かった」というライブの講評を目にしますが、
正直それは褒めているとは思えません。
楽しそうなのは、お客様であるべきで、
演奏がどうだったのか知りたいところ、
褒めどころがなく、そのコメントになったのかと疑ってしまいます。

ただ、どんなに素晴らしい演奏をしても、
人には好みというのがありますし、
一度聴いたら充分という人もいるので、
同じ演奏者のライブを毎回満員にするのは一苦労です。
ですからアコナイのように、
集客を気にしなくて良いイベントが流行っていくのでしょうね。

アコナイで進行役をなさった Tedさんは、
地元八王子でオープンマイクイベントを8年続けていると、
昨夜フェイスブックの投稿で知りました。
その運営ポリシーは賞賛に値する、
なるほど長期間続いているわけです。
勉強になりました。
うちのアコナイも、来年からは月イチの開催にしたい、
社会人音楽家の輪を広げられたらと思います。

ところで、
僕のフェイスブック投稿は、ネコが主なのですが (笑)
そこに載せてない内緒の画像をブログで紹介します。
今日の昼、ふりうたの休憩時間に撮ったものです。

01bn.jpg

ご存知うちの前の風景。
小道に何かいますよ。

02bn.jpg

ちっちゃいのが・・・

03bn.jpg

日陰のアスファルトは冷たくて気持ちいいのでしょう。
かわいいですね。
posted by セキシュウ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

ギタリスト

今週からまた譜面作りを始めています。
どっさりオーダーが来るのは、ゆるゆるの選曲、
今回も圭未から、僕の推薦からと容赦なし (笑)
やる度に10曲近く加算されているのですから、
トータル何曲になったのか・・・
もうやったことすら忘れている曲もあるでしょう。
現に、千葉の宏美さんの店に出張したときの選曲で、
やったのに忘れていて、
圭未に笑われてしまったことがあった (笑)

今回のゲストは大物です。
ギタリストの加藤薫さん、

katoh.jpg

やてふさんが引き合わせてくださいました。
桜の咲く頃のことです。
ご存知キタヲタ、ギターおたくのやてふさん (笑)
加藤さんともギター繋がりだとか、
ありがとうございます!

加藤さんは最初地方の箱バンのギタリストからスタート、
その後ビックアーティストと共にコンサート、レコーディング、
そのうちの1枚はミリオンセラーになったとか、
武道館などでも何度も演奏しており、
本来AMANEのような場所で演奏するような方ではないのですが、
快く引き受けてくださいました。
今はご自身のやりたい音楽をと、
「写楽」名義でアルバムを発売、

sharaku.jpg

僕も先日購入、聴きましたが、骨太な内容に痺れました。
時に泣き時に踊り、強く訴えたり弱く囁いたり、
ギターの喜怒哀楽とはこういうものか、
そしてそれを支えるバックの効果音、数曲の歌ものと、飽きさせません。

感心したのは、
1枚目のアルバムをライブ盤にしたこと、
写真のは2枚目です。
どうしてライブ盤にしたかは演奏をする人なら直ぐ分かる、
まず実力はどれくらいかを示すため、
今はパソコンで何でも出来てしまう時代だからです。
嘘、というと語弊がありますが、
レコーディングはいくらでも修正ができる、
ライブとなるとそうは行かない、一発勝負、
実力がわかります。

今回、加藤さんの2枚目のアルバムの中から1曲、
圭未に唄ってもらうことにしました。
音源を圭未に聴かせたら、
「ヒャー!カッコイイ!!」
でも難しそうとも。
頑張ってもらいましょう。
一発勝負さ (笑)

加藤さんからは、事前にリハが出来るか尋ねられました。
加藤さんクラスになれば、
当日リハだけでも充分対応出来るのでしょうが、
さすがプロフェッショナル、
きちんと思うような音が出せるか確認したいのでしょうね。

7月の最初の日曜日、まだ席はあります。
どうぞお早めにご予約ください!
posted by セキシュウ at 19:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

食卓

6月も第2週になり、
刻一刻と今年も半分終わろうとしています。
月日は無情にもと思うのは、
少しずつ別れが増えていくこと、
これは人生の後半に行けば行くほど避けられない現実で、
過日も陶器店の石川さんのことで思い知りました。

この世との別れもありますが、
常連さんの中には定年退職される方もちらほらと、
そうなるとどうしても店との距離が遠くなる、
実質、別れです。
時々「あの方どうしてるかな?」と、
AMANEで大騒ぎしてた頃を懐かしく思い出す、
「またひょっこり来るかな?」と、
廊下の扉を眺めたりするのです。

水商売は人を好きにならなければ出来ない仕事です。
自分というものを持ちながらも、
相手のことを受け入れて、
それでも必要以上に相手に立ち入らない、
もっと言えば、変な気持ちにさせない、
とてもバランス感覚のいる仕事だと思っています。
出来るかどうかは別として (笑)

ですから、ふと梅雨のように心が湿った時、
別れのことが頭を過ぎり、
自分も含めて殆どが若くない周りを見渡し覚悟する、
「いよいよ」
「店も」
「後半戦なのか・・・」
野球で言えば、何回でしょうか。
麻雀なら南入とか (笑)

そうそう、今日が祖父の命日です。
六本木で働いている頃は、
ずいぶん祖父や祖母の住む麻布の家に遊びに行きました。
僕と一回りくらい上の叔母もいて、
思えばまだ叔母も当時は30代だったか、
他愛もない話で盛り上がったのをよく覚えています。
「あまね君、あまね君」と可愛がってくれた、
かなり危なっかしい僕を (笑) ですよ。

台所に大きな食卓がありました。
よくそこで座ってお喋り、昼食などご馳走になったのですが、
その食卓は、今、父のところにあります。
古典講座の打ち合わせは、その食卓でするのですが、
「こんなに小さかったっけ?」と不思議になります。
子供の頃だったらわかります。
でも、麻布にしょっちゅう出入りしてた頃は大人の身体、
それなのに何故・・・

あの頃大きく感じたのは、
「夢の大きさからだった?」

遠い、果てしない未来を、
あの場所で感じていた・・・
本当は、
狭い台所でそんなに大きくもない食卓だった・・・
おもしろいですね。

久しぶりに店に来る方が、
「あれ」
「ここ、こんなに狭かったっけ?」と仰ることがあります。
それも同じことでしょうか。
現実とはそういうものかも知れません。
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

真剣勝負

梅雨入りで鬱陶しい気候になりました。
今朝のさわうた中ポツリポツリと、
外の様子を見ていたお客様が傘を確認、
「降り出した」と仰います。
と同時に店内もジメジメし始める、
一番分かるのは鍵盤で、
これがべたついてきて、
「まるでカルピスの原液をこぼしたよう」とは我ながら上手く言った (笑)
うちの店ではカルピスは出来上がったものでなく、
原液を希釈して作っています。
色が白いのと鍵盤の白いのが同じ、
「ジュースをこぼしたよう」では鍵盤に色がついてしまう (笑)

べたつきだけでなく、音も鳴らなくなってきます。
こもってくる、と言うべきでしょうか。
いつもは閉じている譜面台の蓋を開ける、
すると、音は少し大きくなったものの、
鍵盤が余計べたついてきたのは、
開けたところから外気が入って湿ってきたからでしょう。
15分くらいしてやっと収まりました。

例年この時期はこんな感じだったのだと思います。
しかし今日は特に気になった、
何でだろうと後で考えたのですが、
きっと最近は、音やタッチにこだわって弾いているからだろうと気づきました。
ちょっとした変化で音色は変わります。
べたつけば、指の動きが悪くなり、
出したい音も出せなくなる、
それが以前より気になるようになったのです。
よりソフトに柔らかく弾くには、タッチが大切、
鍵盤に違和感があればタッチが悪くなるのは当然でしょう。

かつては、そんなことを全く気にしなかったことが、
昨夜の営業で判明しました。

カウンターに座ったのは、
高校の同級生で唯一の水商売仲間、
高田馬場で雀荘を経営する男です。
ニックネームくらいはいいでしょう、せきたん君。
せきたんの「せき」は関ですよ (笑)

彼と、赤羽会館でやった草原1周年記念のライブ映像を見たのですが、
その時の僕のピアノ、伴奏の荒っぽさと言ったら!
思わずせきたんに、
「ピアノ、下手だね〜〜」と叫んだら、
あまり詳しくないせきたんですら、
今の僕のピアノを知ってのことでしょう、
「本当だ、音がなんか強いね」と同調しました。
「これ、8年前だよ」

別に間違った音を出しているわけではありません。
1つ1つの音が尖がっていて、
なんだか耳に刺さる感じです。
耳障りまではいかないけれど、それに近い、
圭未もあの伴奏でよく唄ってるよ (笑)

ところで、どうしてそんな古い映像、DVDを見たのか、
それはせきたんのところで、面白い企画を始めたからです。
うちのさわうた・ふりうたのようなもの・・・

麻雀をやらない方はご存知ないでしょうが、
ここ近年、「健康麻雀」というのが流行りだして、
「賭けない・飲まない・吸わない」を原則とした、
ゲーム感覚の、頭の体操のような麻雀が、
高齢者や女性を中心に広がっているのです。
せきたんのところでも始めました。
と同時に、初心者向けに麻雀教室もスタート、
これ、なんとなく、うちの昼間の営業に似てる (笑)

まだまだ軌道に乗ってはいませんが、
教室の利用者が、人伝てに増えてきたとか、
そこでうちのさわうたの例などを出し、
いかに口コミが強く効果があるか、
そしてついでに草原の話もして、
赤羽会館の映像も見せたというわけです。
あの時は、
まさかここまで続けられるとは予想だにしていないし、
高校の同級生に、
僕と同じような水商売で、
客層を変えようと試み努力する同志が出でくるとは思わなかった、
人生って面白いですね。

実は先日、せきたんのところで健康麻雀をやってきたんです。

mj.jpg

手前がせきたん。
真剣勝負だ〜!!(笑)

まだ始めて数ヶ月。
1年後はどうなってるでしょうね。
楽しみです。
その頃、草原は10年です。
posted by セキシュウ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

ライブ告知

今夜は短文ですがライブ告知を2つします。

【6月25日(土) 小島かおる&ハイ・ブースターズ LIVE】
開場18時30分 19時〜22時30分 2000円(1ドリンク付き) 要予約
出演 : 小島かおる ハイ・ブースターズ
*ハイ・ブースターズ 行志堂(Ag&Vo) やてふ(Eg&Vo) チャーリー(B&Vo)
*ゲスト(サポート) 斎藤敦子(Pf) 関周(Pf&Acc)


20160625.jpg



【7月3日(日) ゆるゆるサロンライヴ】
開場14時 14時30分〜16時30分 3,000円(1ドリンク付き) 要予約
ボーカル:松本圭未 ピアノ: 関周 ギター:加藤薫 (ゲスト)


ゆる.jpg

いずれもブログをお読みの方にはお馴染みでしょうが (笑)
どうぞよろしくお願いします !!
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

梅雨入りに

そろそろ祖父の命日ということで、
全休を利用して父とお墓参りに行ってきました。
関東地方は偶然にも今日梅雨入り発表、
けれど幸運にも雨には祟られず、
気持ちよくお参りが出来ました。

梅雨と言えば、

a01.jpg

桜坂に今こそと咲き誇る紫陽花、
雨を待ってましたと騒いでいます。

騒いでいるのは、

a03.jpg

うちの墓の中の樹木も・・・
「モミジ、勢い良過ぎ (笑)」
本当に日当たりが良いのです。
おかげで、

a04.jpg

墓地内は暗い、
思ったより雑草が生えてなかったのは、
そのせいかも知れません。

ヤツもいましたよ。

a02.jpg

番ネコ。
まるまると元気なのは、誰かが可愛がっているのでしょうね。
僕ではありません。
見る目つきが違います (笑)
posted by セキシュウ at 21:44| Comment(0) | オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

下火と生

夏が自転車に乗ってやって来るような、
それを振り返り呟きながら待つような、昨日の写真、
けれど好天は今日の昼までで、
ゆっくりと下り坂、来週にはいよいよ梅雨入りです。

昨夜はまつさんたちが遊びにきました。
三々五々集まってくる、
一番最後に登場したのがまつさんで、
もう既に宴の最中、
と言っても呑むより弾く (笑)
みなさん社会人音楽家なのは、まつさんの仲間なら当然でしょう。
昨日は6名中4名がピアノを、
これはAMANEにとって、とても喜ばしいこと、
13才になったグランドピアノも殊のほか嬉しそうでした。

和やかな雰囲気の中にはなぜか、やてふさんも (笑)
置いていた機材を引き上げるのにいらしたのですが、
丁度良いタイミングと、まつさんを紹介しました。
元を辿れば、オープンマイクと記事に書いたことがきっかけで、
まつさんが来店するようになったのです。
形はオープンマイクと少し違いますが、
やてふさんと相談しながら「アコナイ」をスタート、
と同時にまつさんたちの貸切イベント、発表会へ向けての練習など、
新しいAMANEの流れが出来てきた、
まだまだ昼間のさわうた・ふりうた程ではないですが、
じっくり続けていけば、
社会人音楽家が集う楽しい展開が将来待っていると考えています。

下火とは語弊がありますが、
「カラオケ」という遊びは、
なくてはならないものではあるけれど魅力という点では薄いのか、
少なくともうちでは、
「カラオケがしたい!」と鼻息荒く入ってくる人は随分減りました。
やはり下火です。
昨夜も主は演奏で、
ピアノで弾き語りしたり、ピアノ伴奏で唄ったり、
ブルースハープの男性がアドリブを入れたり、
ちょっと間が出来たところでカラオケ、
箸休めのような感じ (笑)

昼間のふりうたでも、
主はピアノでしっかりメロディーを覚えてもらい、
最後の最後にカラオケできちんと唄えるかチェック、
生演奏の時間の方が圧倒的に長いのです。

やてふさんが今朝のブログに面白いことを書いてました。
「生」
どうすれば、聴衆に喜ばれる音を出せるか。
歌ももちろん同じでしょう。
どうすれば、喜ばれる歌唱が出来るか。
うちに限って言うと、
僕は自分の手で演奏しながら歌を唄ってもらっています。
強く感情を込めたいところは強く弾き、
ややテンポを落としてみたり、
ノリ良くいきたいところは軽くリズミカルに弾く、
歌唱者が、ピアノ伴奏で自然に表現出来るよう心掛けています。
機械、カラオケではそうはいきません。
楽譜通りに、歌手そっくりに唄えても、
何かが足りないことに必ず気付くはず・・・
「生」
それはまさに生きている、血が通っているということ、
演奏には血が通ってないと・・・

場数を踏むことも大切ですね。
周りに磨かれることが多分にある思います。
posted by セキシュウ at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

初夏の公園

ここ数日、風がよく吹きます。
そのせいか、とても空が綺麗、遠くの景色もよく見えます。

昨日の夕方は、父のところで来週から始まる古典講座の打ち合わせ、
父のマンションは9階です。
なにしろ日々平地ばっかりで過ごしている僕ですから (笑)
9階なんて高いところはもの珍しい、
ふだんはあまり気にしない窓からの景色が、
昨日は眩しいくらいに綺麗で、見てもいないのに目に飛び込んできました。
わざわざベランダまで行って確認はしてないのですが、
スカイツリーもきっとくっきりはっきり見えたでしょう。
空気もカラッと乾いてますね。

父のところへは、16時30分の約束で、
大抵遅れることはないのですが、昨日は遅刻、
「すいませ〜ん」と謝りながらドアを開けました。
「かまわないよ」とすぐに返事がきたので、
遅れた理由を言いませんでしたが、
実は道草を食ってた・・・
写真を撮ってたんです。

なんの写真か見せたら、怒ったかも ??
「打ち合わせより」
「そっちが大事か !」

でも・・・

01neco.jpg

通りすがりの小さな公園。
初夏の風景。
こんな写真なら・・・
許してくれますかね (笑)
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

声帯と告知動画

昨日、声帯のことを書きました。
美声の友人の受け売りですが、もう少し付け加えます。
なぜ保育園や幼稚園の先生が、
あるいは喉を酷使する人が声帯を悪くするのか、
それは「休めないから」だそうです。
きちんと治るまで声帯を休めないまま、どんどん使ってしまう、
声が枯れているのに無理に出してしまう、
だからどんどん悪化して、
声帯 (2つの筋肉) が閉じなくなり、酷い人になるとブヨブヨになる、
考えてみれば至極当然のことですが、
仕事柄声を出さないわけにはいかない人は、そうも言ってられないのです。
歌手などが傷めるのは、
使い過ぎで筋肉が擦れて固くなってタコのようになる、それがポリープ、
それも説明されれば納得、
タコは、ペンダコなど、手に出来るのと同じ要領ですね。

結論として、歌を長く良い声で唄うには、
声帯を休ませてあげることが大切ということです。
しっかり唄ったら、
静かに黙っている時間を取ることもお忘れなく!

今朝のさわうたでは、
いつもメールで予告してからいらっしゃる小島さんが抜き打ちで (笑)
久しぶりの木曜日の登場に店内が沸きました。
一緒に岡山まで草原を唄いに行ったお客様もいるのです。
「久しぶりですね〜!」と声をかける小島さんに笑顔で答える方、
途中の休憩で話しかける方など、
すっかりさわうたではお馴染みの姿になり、
お客様と小島さんの年の差は永久に変わらないけれど、
人間としての差は随分近くなってきたと思う、
「あと6年で定年だよ」と言う小島さんの言葉は、
月日の流れを感じさせるに充分過ぎるものでした。

その小島さんと、同世代バンド、ハイブスさんのライブは、いよいよ今月末です。
やてふさんが告知動画を作ってくださいました。
バックに流れているのはリハの音源です。
僕のピアノの音色も聴こえてきますよ。
動画の中にもありますが、今回は全曲参加、
どうぞよろしくお願いします!

posted by セキシュウ at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

顔付き

6月になりました。
今月が終わればもう今年も半分、
「何かやったっけ?」と、
大して変わり映えのない日々を振り返ります。

テレビは殆ど見ないのですが、
昼食や夕食でついている時にニュースを少し、
今日は都議会の中継をたまたま目にしました。
神妙な顔をした方がアップに、
そのポーカーフェイスに「へえ〜」と思う、
やっぱり年を取ると顔に出るんだと再確認しました。
写真はまだしも、動画になれば、
顔の筋肉の一つ一つがその人の生きてきた道を示す、
どんな状況下でどんな仕事を暮らしをしてきたか、
そういう意味では、
今日テレビに大写しになった方は、最もそれらしき職業の方、
だからあんな表情になるんだと面白く見ていました。
いや、面白がっちゃいけないんだけど (笑)

切った張ったの世界で生きている人は、
やっぱり鋭い顔付きになるのでしょう。
そうでなくてもどこかに支障が出てくる、
先日美声の友人が来たとき、
彼の専門である喉、声帯の話をしました。
「どんな人が」
「声帯を悪くするか」
声帯を悪くする、つまり声が出なくなると、
うちに唄いに来ているお客様は大変です。
もちろんうちもお客様が減って大変 (笑)
答えは、
「使いすぎる人」
なーんだ (笑)

患者さんで多いのは保育園とか幼稚園の先生だそうです。
なるほど納得、
たしかに学校の先生たちは大声を出して叫んだりしている、
顔付きこそ優しいのでしょうが、
身体のどこかは傷んでいるのでしょう。

以前も書いたことがありますが、
30半ばまでお付き合いして、しばらく疎遠になった方が、
フェイスブックで繋がり父の古典講座へ、
僕の顔を見るなり、「いい顔になった」と口にしました。
30半ば、会社経営が傾いていた頃、
よっぽど酷い顔付きだったのでしょう。
切った張ったしてた (笑)

今も決して経営は楽ではありません。
でも、切った張ったしているなんて、まるでない、
音楽に囲まれ笑顔に囲まれ、
出逢い別れ、人生の重みを噛みしめながら日々を過ごしています。
顔が物語る、
そんな歳になってきました。
posted by セキシュウ at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする