2016年06月01日

顔付き

6月になりました。
今月が終わればもう今年も半分、
「何かやったっけ?」と、
大して変わり映えのない日々を振り返ります。

テレビは殆ど見ないのですが、
昼食や夕食でついている時にニュースを少し、
今日は都議会の中継をたまたま目にしました。
神妙な顔をした方がアップに、
そのポーカーフェイスに「へえ〜」と思う、
やっぱり年を取ると顔に出るんだと再確認しました。
写真はまだしも、動画になれば、
顔の筋肉の一つ一つがその人の生きてきた道を示す、
どんな状況下でどんな仕事を暮らしをしてきたか、
そういう意味では、
今日テレビに大写しになった方は、最もそれらしき職業の方、
だからあんな表情になるんだと面白く見ていました。
いや、面白がっちゃいけないんだけど (笑)

切った張ったの世界で生きている人は、
やっぱり鋭い顔付きになるのでしょう。
そうでなくてもどこかに支障が出てくる、
先日美声の友人が来たとき、
彼の専門である喉、声帯の話をしました。
「どんな人が」
「声帯を悪くするか」
声帯を悪くする、つまり声が出なくなると、
うちに唄いに来ているお客様は大変です。
もちろんうちもお客様が減って大変 (笑)
答えは、
「使いすぎる人」
なーんだ (笑)

患者さんで多いのは保育園とか幼稚園の先生だそうです。
なるほど納得、
たしかに学校の先生たちは大声を出して叫んだりしている、
顔付きこそ優しいのでしょうが、
身体のどこかは傷んでいるのでしょう。

以前も書いたことがありますが、
30半ばまでお付き合いして、しばらく疎遠になった方が、
フェイスブックで繋がり父の古典講座へ、
僕の顔を見るなり、「いい顔になった」と口にしました。
30半ば、会社経営が傾いていた頃、
よっぽど酷い顔付きだったのでしょう。
切った張ったしてた (笑)

今も決して経営は楽ではありません。
でも、切った張ったしているなんて、まるでない、
音楽に囲まれ笑顔に囲まれ、
出逢い別れ、人生の重みを噛みしめながら日々を過ごしています。
顔が物語る、
そんな歳になってきました。
posted by セキシュウ at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする