2016年09月30日

10月の初企画

もう9月が終わりです。
何がどうだったか思い出す間もない、
ただひたすら店を開け、閉めの繰り返し、
明日も仕事、明後日も仕事、その次も、
なんと10月は23日まで休みがありません!
以前書いた、地元中学校の同窓会が明後日、
20名と大人数で長時間、
翌週の連休は初企画、白鳥写真展とミニライブ、
その次の週は、都留市合唱祭・・・
「うーん、身体は持つのか?」
まあ、適当に抜きながらやりましょう。
昔は年中無休でやってたんだし (笑)

翌週、10月9日、10日のご案内をします。
さわうたにいらしてる方はすでにご存知、
「行きます」
「楽しみにしてます」など仰っているのですが、
その方たちだけでなく、もし興味があり、時間が合えば、
是非ご覧になって頂きたいのです。
上記二日間、店内が白鳥の写真に囲まれます。
そして、二日目には、ミニライブが、
写真を撮っている古川幸子さんはロシア語を、
歌も唄っていて、自身でも訳詞に作詞、
僕の草原のロシア語歌詞を作ったのも彼女で、
今回はその発表も兼ねてライブを企画したのです。

IMG_0985.JPG

彼女はふりうたで練習してきたので、
声を聴いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
歌唱曲は、写真にもありますが、ロシアの曲として有名な「百万本のバラ」
「草原」はもちろん、「すずらん」というこれまたロシアのかわいい歌、
唱歌「故郷」にはオリジナルのロシア語の歌詞をつけ加えて、と、
今までにない新しい趣向、それも壁面に飾られた白鳥たちの中で、
しかも、それがたった千円(ドリンクお菓子つき)という・・・ (笑)

写真展だけでも構いません。
撮っているのは飛来する白鳥、
シーズンになるとあちこち飛び回っているそうです。
そちらは、五百円(ドリンクお菓子つき)
9日は午後1時から4時、
10日は午後1時から3時と時間帯は限られてしまいますが、
ふらっと覗いてくだされば嬉しいです。
特に予約は必要ありません。

もう一種類の写真をどうぞ。

IMG_0986.JPG

こちらは彼女が今日まで表参道でやっていた展示会場のカフェに、
次の告知として置かれていたものです。
AMANEでも、タイトル通り、写真のそばにそれぞれエッセイがつきます。
どんなのがつくのか・・・
僕も知らない (笑)
楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

独唱会と喜寿

独唱会にはMomokoさんもいらしてくださいました。
きっとこのブログを見たのでしょう。
彼女のブログも味があります。
読者も多いのではないでしょうか。

春秋恒例の独唱会は、
回数も18回と重ねてきて、店のイベントとしてはかなりくだけた感じ、
お客様に見せることを意識しながらも、
演奏後のコメントは包み隠さず、
「失敗しましたね〜」などと軽く突きながら笑いながら、
ゲストの松本圭未さんの存在も大きい、
なんせ「ゆるゆる」ですからね (笑)
緩いのです。
その圭未さんも、リハなし1曲目の「東京ドドンパ娘」では、
2番を堂々と失敗して大爆笑、
乗りはとても良かったので、きっとどこかでリベンジすると思います。

プチシャンソンからも見学のお客様が、
こちらも思いがけずで嬉しかったです。
観客の大人数は特に期待していないのですが、
やはり多いほうが・・・
ソファー席がいっぱいになってありがたい限りでした。

出演者は、それぞれ課題を持ってのステージで、
小さなことから大きなことまで、
「本番で出来るか否か」が緊張に繋がります。
普段ピアノでばかり唄っているので、
バイオリンが入ると勝手が違い戸惑う、
リハの時、うまく唄い出せなかったりは仕方がない、
ついつい演奏を聴いてしまうからです。
「バイオリンが演奏しているから、まだ唄わないのかな?」
人が好い (笑)
不尽子さんは、しっかり音源を聴いて音を採ってくるので、
歌い出しギリギリまで弾くことがある、
それを聴いていると出遅れてしまうんです。
これは慣れるしかありませんね。
ちなみに僕だけの時は、唄い出しやすいようにきっかけを作っています。
ピアニストの斎藤敦子さんなんかもそうですね。
少し間を作ったり、少し遅くしたり、あるいは弱くしたり、
「あ、ここから唄うんだ」と気付かせています。

写真は圭未さんの方におまかせです。
やっとデビューしたスマホで撮ってましたよ。
ポケモンもやってました。
「ここ、何にも出ないわ」
ごめんなさいね〜
AMANEポケストップ使えない (笑)

終わって居残ったテンテルさんのご主人が、喜寿になられたということで、
ちょっとしたサプライズがありました。
予測だにしなかったこと・・・

それはカラオケタイムでのこと、
残ったメンバーでマイクを回し、
不尽子さんの精密採点高得点に驚いたり、
圭未の低さに笑ったり、
いよいよラスト1曲になり、ご主人が唄って締める場面に、
歌唱曲を知っている僕が、
「じゃ、有楽町で逢いましょう、にしましょう」と勧めたら、
「いや、唄わないよ、俺は」と、
この反応はいつものことで、「やっぱりね・・・」(笑)

と、そこで不尽子さんがいきなり、
「私、伴奏しましょうか !」
「これ、バリバリの十八番ですから」
あっ、そうかと思う、
彼女は同曲作曲者の、吉田正記念オーケストラで、コンサートミストレスをやっている、
有楽町で逢いましょうは、暗譜しているのでしょう。
仕舞ってあったバイオリンをケースから取り出す、
「ちょっと」
「ご主人」
「こんな機会滅多にないですよ !!」

カラオケがかかりました。
前奏で生のバイオリンの音がかぶさってくる、
「うわ〜」
「いい〜〜」は圭未、
カラオケと同じフレーズを弾いているのですが、
もう音質が全然違う、
「これが」
「生だ・・・」

すごかったです。
AMANEの環境もいいのでしょうね。
バイオリンの箱の中にいるような感じでした。
ご主人が喜寿で、良い体験が出来ました。
posted by セキシュウ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

小曲

今日もムシムシする一日でした。
だけど、昨日よりはマシ、ピアノの調子がまずまずだったのを、
朝のさわうたで話したら、
「昨日は人数が多かったからじゃない?」とお客様、
ブログは読んでいない方なので、勘なのか情報なのか (笑)
たしかにその通り、
それでも今日も19名ですから、多いほうです。

午後になって湿度はさらに上がり、
3時からスタートした独唱会のリハーサルでは、
鍵盤がジトッ、不尽子さんのバイオリンもチューニングが必要、
出演の方々は久しぶりのバイオリンにやや戸惑うし (笑)
その本番の様子は、
いつものように応援に来た圭未のブログ共々、後日書きましょう。

昨夜営業終了後、
ふと詩が頭を過ぎり、
得意の?深夜遊びをしたのですが、
メロディーはともかく、歌詞がなんとなく面白かったので、紹介します。
私の思い、という小曲です。

「私の思い」
町は歌で溢れてる
少し歩けばほら
ママが歌ってる
♪私は恋を思い出したわ
子どもも大きくなったしね

町は歌で溢れてる
少し歩けばほら
ネコが歌ってる
♪私は主人を思い出したわ
ときどき反抗ゆるしてね

町は歌で溢れてる
少し歩けばほら
花が歌ってる
♪私は空を思い出したわ
もうすぐ自由になれるのよ
posted by セキシュウ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

母子と4年前

今日はまた夏、いや、梅雨に戻ったような蒸し暑い一日、
不快指数100パーセントと言えそうな一日でした。
朝のさわうたでは、エアコンが避けられず、冷風がやけにきつい、
それ以上にピアノのコンディションが悪く、
鍵盤が重い、表面がベタッ、ジトッ、
お客様には「ラップをかけて上から触った状態」と表現してみましたが、
伝わったでしょうか・・・
指が全くすべりません。
新しくいらしたお二人には、
「本当はもっとピアノ上手いんですよ〜」と言い訳を、
本当かい? (笑)
今日は22名と大盛況でした。
湿気はそのせいもあったと思います。
文句を言っちゃいけませんね。

湿度の高さは昨日もでした。
午前中行った赤塚公園のバスケは、
10分くらい動いただけで汗が、僕にしては珍しいことです。
隣のコートでは、小さな男の子にお母さん、
自分の身体の3分の1くらいはありそうなバスケットボールを見事に操って、
これまた背丈の3倍はあろうゴールにシュートを、
下から打ってですが届き、入るのですから驚きました。
「将来はバスケの選手だな・・・」
お母さんもバスケ経験者のよう、フォームやボールさばきでわかります。

ところが30分くらいしたら、そそくさとボールを片付け、
乗ってきた自転車を移動、
後ろの荷物カゴからバトミントンを取り出してグラウンドへ、
二人で楽しそうに始めたんですから、
「な〜んだ」 (笑)
「また僕の勝手な思い込み・・・」

グラウンドでは園児たちが色とりどりの帽子をかぶって走り回っています。
いつもの光景、
それも11時になれば計ったようにピタッと終わり、
帰り支度を始めるのは、園に戻りお昼になるからでしょう。
バトミントンの母子も、同じようにグラウンドを出る、
「あ、帰るな・・・」
そう思ったら、
またバスケのコートへやってきたではありませんか。

「ママ、もう少しやって帰ろうよ」
遠くかすかに聞こえました。
耳がいいんです、僕 (笑)
ママもうれしそうです。
「本当は」
「ママがやりたかったのかな・・・」
子どもより先にシュートを打ってましたからね。
母思いのお子さんです。
感心しました。

さて、明日は独唱会。
早、18回目になりました。
今朝フェイスブックを見たら、
「4年前の今日」の写真が、

4年前.jpg

2012年9月27日。
その時の独唱会は、こんなメンバーだったんですね。
スマホで撮ったややボケ気味の写真が、妙に懐かしかったです。
posted by セキシュウ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

赤羽の神社

やっと青空が出てほっとした方も多いと思います。
都内はずっと愚図ついた天気、
いらっしゃるお客様も口々に「今年は変」とまるで愚痴のよう、
洗濯物や布団をお日様に当てたいと思うのは昔ながらの方? (笑)
でも、それが真理です。
花粉の時期は別なんでしょうけど・・・

花粉といえば美声の友人、耳鼻咽喉科のドクターですが、
オカケンは、ブログを読んで「美声は誰」と思っていたようで、
先日再会を果たし、やっと認識したようでした。
しかし生歌は聴いていないので、
近いうちに是非、ニモのパパの来店時でもいいですね。

ところで、昨日のこと、
少し遅いお彼岸のお墓参りに行ってきました。
期間中天候が悪かったせいか、
昨日にずらした方たちで青山墓地は混雑、
普段はどの車でも進入できる墓地内の坂は、
警備員が出て、墓参客のみ通行可に、
坂の途中にある駐車場も満杯でしたが運良くすぐ空き、
待つことなくお参りできました。
ついでにその後の食事でも、
駐車場が1台だけ空いていて、入れたらすぐ後続車が、
タッチの差とはこのことでしょう、ついてた!(笑)

なんとなく、「これは何かの・・・」と思いました。
父をマンションまで送り届けたあと、
「そうだ」
「ちょっと拝みに行ってみるか」
赤羽で、眺望の良い神社があったのを思い出し、
車で駐車場まで急な坂を上がる、
5台置ける駐車場の残り1台が、
「やっぱり」
空いてます (笑)
「こんなものだなぁ」
礼服姿の家族連れがいたから混み合ってたのかも知れません。

久しぶりの青空。

01yaha.jpg

空には薄く飛行機雲。
下には線路、
ターミナル駅らしい風景です。

別の場所で人だかり、
「あ!もしかして」

05yaha.jpg

複数の電車が行き来している、
シルバーのボディにグリーンは馴染みの埼京線、
その奥、

06yaha.jpg

「新幹線!」
やっぱりカメラのお目当てですね (笑)

静かに拝んだ後、
境内でかわいいものを見つけました。

02yaha.jpg

ウサギ。

03yaha.jpg

因幡の白兎です。
縁結びなんですね。
その腕に、

04yaha.jpg

五円玉!
「誰がまた・・・」
僕じゃありませんよ。
思わず笑っちゃいました。
posted by セキシュウ at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

プレHo'ike

さて、昨夜のイベントを書きましょう。

01ho.jpg

Ho'ike、ホイケ、ハワイ語で発表会という意味ですが、
その前に「プレ」をつけて、
本番の発表会のための交流会、或いは自信をつける会にしたいのだと、
同級生から相談があったのは、ほんの2週間前のことです。
彼は去年初めて発表会に出て、ずいぶん緊張したのだとか、
それを回避するにはどうしたらいいのか、教室の先生に相談したら、
「人前で演奏して慣れることだ」と、
そこで、ふと僕の店のことを思い出し、
「AMANEなら、ひょっとして」と連絡してきたのでした。
アコナイのことなどもブログやフェイスブックで見てたのでしょうね。

話はトントンと進みましたが、時間があまりない、
どれだけ参加するかが心配だったようですが、
ふたを開けてみれば10組11名、良かった !!

02ho.jpg

午後7時、先頭を切って同級生が、
彼は集まったメンバーから、「オカケン」と呼ばれていたので、
僕もそう呼ばせてもらいましょう。
中学校の同級生は、その愛称でわかるかも (笑)

正面から。

03ho.jpg

おおっ !
いけるじゃないですか〜 !!
渋いですね。

演奏は、ところどころアクシデントはあったけれど、
しっかり弾ききって良かった、
これから先、リタイア後も含めて楽しみが増えますね。
音楽は「ここまで」というのがない、青天井です。

ギターが主だったのですが、

04ho.jpg

ウクレレも。
ほとんどがインストルメンタル、
南国のゆったりとしたリズムが心地よく、波の音が聞こえてきそうな雰囲気で、
ここ最近の悪天候を吹き飛ばすにもってこいなイベントでした。

05ho.jpg

最後の方では、ライブに出演するくらいのベテラン勢が、
「一緒に演奏どうぞ」と呼びかけ、
客席でギターやウクレレを手にするシーンはとても和やか、
女性ボーカルも聴き応えあり、
宇多田ヒカルさんの「花束を君に」はギター伴奏でしたが、
僕のピアノでもどう?と一瞬思ったくらい (笑)
トリを務めた男性も良かったです。

楽器持って全員集合〜 !!

06ho.jpg

オカケン、おつかれさまでした。
ここで燃え尽きないように (笑)
Ho'ike は2週間後。
僕は仕事で行けませんが、成功をお祈りしています。
もちろん、他のメンバーの方も !!
出ない方もいらっしゃるようですが、
これからも、機会があればぜひこの企画、2回目、3回目とよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 18:19| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

B♭mでアドリブ

今日も1日音楽漬けです。
楽しみな同級生のイベントでは、メンバーの女性から、
「アマネさんはどんなジャンルを弾くんですか?」と聞かれ、
「もう、なんでもです」と、
たしかにピア二ストであるなら、
クラッシック、ジャズ云々、専門のジャンルはある、
僕の場合は専門は何にもなく (笑)
ただ需要に任せて・・・
特に伴奏となると、例えば今日のふりうたなら、
フォーク、ポップス、シャンソン、演歌・・・
縛りなし (笑)

同級生のイベントは全くの裏方ですが、
アコギ、ウクレレの心地よい音色がずっと、
閉会後、一般営業でカラオケ、
絶えず音楽が鳴りっぱなし、
こんな1日もあるのです。

イベントのことは明日にでもゆっくり書くとして。
今夜はたまにはピアノアドリブを。
雨が一向に止まずに憂うイメージを、
昨夜営業終了後、B♭mでポロポロと弾いてみました。
Am、Bm、Cmと違って黒鍵を多く使うので、
少し曇った感じが出ると個人的には思っています。

posted by セキシュウ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

独唱会とスラッキー・ギターの会

今日も雨は降ったり止んだり、
「いい加減にして」と思っているのは僕だけではないでしょう。
朝からふりうた、
出勤は9時半と少し遅めだったのですが、
歩いている人は少ない、
先の方から疲れ顔のサラリーマンがノーネクタイで、
「あら、朝からどうしました?」と心の中で、
その僕も、もしかしたら大して変わらない顔つきか (笑)
不定期な祝日の、不安定な天候は、どうしても体調が今ひとつです。
これが爽やかな青空だったらまた違うでしょう。
気分も盛り上がる・・・

けれど、ひとたびピアノに向かって弾き始めれば、
もうぐずぐず言ってられない、
いらしたお客様が、「こんな天気なのに来て良かった」と思えるように、
指を動かし耳を傾けます。
ほとんどの方が来週の独唱会の仕上げを、
それも、はや18回目になろうとしています。
見学のお客様は昨日今日予約がパタパタと、
まだまだお席に余裕がありますから、
よろしければどうぞ覗いてみてください。
(予約なしでも大丈夫です)

第18回独唱会
9月28日(水) 19時開場 19時30分開演
・8名の出演者が順番に歌唱
・1曲目はピアノ伴奏、2曲目はピアノとバイオリン伴奏 (鈴木不尽子さん)
・終わって松本圭未さんの歌唱2曲


22時前には全て終了します。

ところで、明日の夜は貸切ですが面白いイベントがあります。
僕の中学の同級生が先日来店、卒業依頼の再会をしたのは書きましたが、
8月24日のブログ
その彼がギターを習っていて、
それもハワイのスラッキー・ギター、
普通のギターとチューニングが違う、ゆるい感じの、
いかにも南国ハワイらしい奏法、
その練習会を企画してくれました。
集まるのは、習っている生徒さんたち、
彼の音楽仲間と言ったところでしょうか。
毎年1回、大きな発表会があり、それが来月、
今回は事前に人前で弾くことで、少しでも慣れておこうというのが目的です。
どんなメンバーが集まるのか楽しみ!

「社会人音楽家」とブログに書いて久しいですが、
こんなふうに、約40年ぶりに会った同級生と音楽で繋がるのは、
とても愉快、
「しかも東京で・・・」
いや、東京、都会だからこそ、
こういう需要が頻繁にあるのでしょう。
東京近郊、神奈川や千葉からも参加するとのこと、
多くの方はフェイスブックもやっているので、
また機会があれば2回目、3回目と計画できますね。
おっと、その前に、
明日のスラッキー・ギターの会のイベント「プレHo'ikeオープンマイク」を、
まず滞りなく、楽しく終えなければ (笑)
裏方に励みます。
posted by セキシュウ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

チョウチョ

今日は秋分の日、祝日ですが仕事です。
しかも朝から激しい雨・・・
「これは少ないだろう」はさわうたのお客様の予想、
当たり !! 本当に少なかった (笑)
それでも二桁、11名は、大雨の、彼岸の中日にありがたい限りです。

大田区から見えるオオツカさんも今日はお休み、
2部から参加の、自転車で来る男性もお休み、
男声が聴こえずちょっと淋しい感じも、
リクエストが途中から僕のオリジナル曲攻めに (笑)
作った当時を想いながら懐かしく伴奏しました。
ほとんどの曲が5年以上前に作られているのです。
まだ40代、若かったなぁ・・・

昨日、今日と連続して出た「雨上がりの午後」は、
昨日は唄える方がほとんどいない、
今日はまあまあ、
その心は、ひとつに、まず忘れている (笑)
それともうひとつ、新しい、最近のお客様が増えたということもあるのです。
作ったのが2009年1月、
課題曲としてみなさんと唄ったのが2009年3月・・・
もう7年以上前のことですから。

人数が少なく、なんとなくリラックスしてしまい、
「ここが気に入ってるんです」と歌詞の一部を自画自賛してしまいました。
ここです。

『ただ逢いたいと思うことさえ やめようと迷った夜
 夢の中でも逢わないように 朝をじっと待ってた』

2番のAメロ、
今でも覚えているのは、この歌詞を書いたときのこと、
みなさんはどうかわかりませんが、
僕の場合、ワンコーラス、歌詞メロディー入りでしっかり仕上げた後に、
2番、3番と歌詞をはめていく、
「歌詞探し」することも多々あるのですが、
雨上がりの午後の上の部分は、すんなり出てきたんです。
当時のブログを見ても、
2009/1/28のブログ
記事中、2枚目の写真が下書き、見にくかったので拡大してみたら、
左ページ、大幅に修正している箇所とそうでないところ、
上の部分は、ほとんど手を加えてません。
(ブログって、こういう時便利ですね〜笑)
自信のフレーズ!

けれど、みなさんには、
「こんな経験ありますか〜、ないでしょ〜」などと軽口を叩いて笑いを取りながら、
「あくまで自己満足です」と付け加えます。
作詞作曲に限らず、創作活動、物を作るということは自己満足、
他者を喜ばすのは並大抵では出来ないのでしょう。
運良く、最初「いいな」と思われても、
やがて飽きてきちゃいますしね。

昨日。
雨上がりの午後がありました。
店の前の路地。
入って横を見ると、

c01.jpg

「あっ」
「チョウだよ !」

c02.jpg

ひらひらしてるね。

c03.jpg

近付いて・・・

c04.jpg

「黄色いチョウチョ、きれいだね」

このコの瞳も・・・

c05.jpg

澄んだ水色、
きれいなのはご存知の方も多いでしょうね。
posted by セキシュウ at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

依頼

祝日の最も多い週に入っていますが、
全く休みという気がしません。
先週から取り掛かった作曲をなんとか仕上げ、
と同時に急遽の依頼は仮歌入れ、
ただ音符だけ書かれた譜面にコードを付け、
キーを合わせて伴奏をピアノで、歌詞を見ながら唄って録音する、
ジャンルは演歌・・・
僕の歌(仮歌)を元に練習して、どこかの業者さんとレコーディングするそうで、
この依頼は初めてではなく、かつて何度かやっています。
そのうちの一曲はカラオケにも入ったそうで、
確認すると、たしかにうちの低位機種にも入ってましたから、
これは大したもの、
「よくやるなぁ」と感心しました。

バイオリンの不尽子さんからも連絡があり、
28日の独唱会の譜面がようやく仕上がり、送ると伝え、
昨日郵便局で発送しました。
コンビニで取り扱うメール便が廃止になり、
譜面などA4サイズのものを折らずに送る (A3は半分に折ります) のが、
正直なところ不便に、
代わりになるサービスもあるようですが、企業対象で、
我々のような個人は当てはまらず、
「これはもうデータのやりとりしかないのか」と思います。
すでに前々から、パソコンに明るい人には譜面はPDFファイルで添付、
各自で印刷をお願いしているのですが、
不尽子さんはどうでしょう・・・
アナログに限りなく近そう (笑)

昨日の記事で、音楽が日常、
忘れたいくらいの日もある、と書きましたが、
ピアノを弾いたりするのが嫌という意味ではありません。
忘れたいのは、
仕事が次々とあって、気になっているのを忘れたい、
「譜面を作らなきゃ」
「ライブの演奏準備をしなきゃ」
どれも期限つきなのです。

それでも、仕事があるのは幸せなことです。
逆だったらどうでしょう。
何にも依頼がなかったら・・・

明日は秋分の日です。
彼岸の中日。
「暑さ寒さも彼岸まで」
本当にその通りですね。
秋の青空も間もなくでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

続雨の戸山

ステージでは高校生の軽音楽部が準備を始めていました。
雨は無情、止む気配がありません。
午後になって本格的に降り出すとの予報は、
今日ばかりは当たらなくていいのに当たってしまう、
「これは中止だろうか・・・」
天候次第だったトリを務めるはずの別の高校のブラスバンド部は、
午後1時の時点で早くも中止が決まりアナウンス、
少人数とはいえ、ドラム、ギター、ベース、ボーカルの編成、
「この子たちも・・・」

a01t.jpg

しかし、予想に反し、準備は進められました。
「やるんですね〜」
ちょっと驚いたように言った僕の言葉を、
横で聞いていた行志堂さんが返します。
「そりゃ」
「この子たちは一生に一度ですから」

一生に一度。
なるほど。
すっかり音楽が日常になり、
ともすれば忘れたいくらいの日もある、
いやでも毎日やってくる僕には、
この子たちが、今日のこの晴れ舞台を飾るという大切さが分からなかった、
しかも高校生、青春の1ページ・・・
「そういえば」
「高校時代の同級生たちも」
「集まれば、バンド話を懐かしそうにしてたっけ」
その頃の僕は音楽とは全く無縁、
ただただバスケに明け暮れていたので、
尚更、この子たちの気持ちになれなかったのでしょうね。

a02t.jpg

始まりました。
小雨降りしきる中、アップテンポな8ビートが鳴り響く、
ボーカルの子、

a03t.jpg

うん。
たしかに、今、してる。
1ページ。

本人たちには自覚がないのかも知れません。
過ぎて、
遠く過ぎ去って、気づくもの・・・

その過ぎ去った代表格のオッサンたち (笑)

a04t.jpg

何やってんのさ!
「いや」
「わたしたちは雨に濡れると」
「風邪引いちゃうから〜 (笑)」
は冗談、
機材が濡れるのを避けて、

a05t.jpg

テントの中でやることになったのです。
終わりかけていたゲームコーナーを片付け、荷物を移動していただき、
キーボード、マイクなどを運び込み、接続、
前回も思ったのですが、
音響さんは本当に好意的で、よく一人で動かれ、素晴らしい、
こういう、いろんな方が集まるイベントにはうってつけでしょうね。
僕も裏方を頻繁にやるだけに、見習わないと・・・

さて演奏シーンです。
上の写真共々、行志堂さんから頂きました。
助かります!

a06t.jpg

小島さんのギター、アコーディオンのセキシュウはお馴染み、
この次には行志堂さんがブルースハープで加わり、
僕はキーボードに、
ただし写真はなし、自撮りは無理、
「自撮り棒」があっても同じ、手がふさがってるもん (笑)

小島さんはキーボードも。

a07t.jpg

行志堂さんといい、小島さんといい、すごいですよね。
キーボードで弾き語り・・・
少なからずAMANEの存在も影響している?
これからも、ぜひ場数を踏んでもらいたいです。

演奏は3曲、
遠く離れたスピーカーの音を確かめながら、
小島さんの歌をサポート、
パイプ椅子を反転させ、傘を差しながらの観客に目をやると、
AMANEのお客様の顔も、
お運びいただきありがとうございます!

ブラスバンド部が辞退したため、
トリは僕たちの後の、ソプラノ歌手さんになりました。
同じテント内のステージ、
平林園子さんの、

a08t.jpg

一際高い、美声が公園に響きます。
けれどMCで、
「今日まで唄ってない」と、
体調を崩し、声が出なかったそうで、
今日の本番まで必死に治したのでしょう、
それでも少しかすれ気味の高音を、
アカペラでアメージング・グレースを唄いながら懸命にかばう、
そのひたむきさが伝わり、
思わずいつもの癖で、終わって「ブラボー!」と。
いや、本当は「ブラバー!」あるいは「ブラビー!」ですけどね (笑)

a09t.jpg

真正面に座っていらしたのは、
ファンの方か生徒さんか、
平林さんの「わざわざ雨の中どうも」とお気遣いの言葉に、
大きな拍手、花束も頂いてました。

a10t.jpg

晴天なら、この広くオープンな会場を多くの人が埋め尽くしたでしょう。
でも雨のこんな1日もまた、美しく記憶に刻まれていくもの・・・

a11t.jpg

閉会の辞。
シャイな司会が新鮮でした。
スタッフの朗らかさが何よりこのイベントの持ち味でしょうか。
「来年もよろしくお願いします」と最後に。

閉会を待っていたかのように雨は強く降り出しました。
「始めからこれだったら」
「体育館だったな」
アコーディオンを車に積んで走り出したら更に激しく、
「今頃スタッフはびしょ濡れで片付けているのか」
そう思うと、何もしないで帰ったのがちょっと後ろめたい、
「でも立場もあるし・・・」
妙な言い訳を見つけながらアクセルを踏み続けます。

おつかれさまでした。
楽をさせて頂きました。
小島さんからのギャラ分、主催者からのお弁当お茶分、
仕事できたか疑問ですが (笑)
また機会があれば、緑の中の野外コンサート、よろしくお願いします。

a12t.jpg
posted by セキシュウ at 21:16| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

雨の戸山

行ってきました、雨の中を・・・
直前まで、野外にするのか屋内にするのか迷った開催本部、
結局強行突破の野外となったようで、
「ほんとに〜」と連絡のメールに我が目を疑いながらも、
アコーディオン持参で戸山公園まで行ってきました。
着いた午前11時過ぎ、曇天ながらも雨はなく、

01toya.jpg

「まあ」
「なんとかなるでしょう」
行志堂さんが追い着くようにやって来て、

02toya.jpg

「第18回戸山公園野外コンサート」
ステージでは、小学校の吹奏楽部の演奏で開幕、
親御さんも、屋外で出来てカメラ片手にホッとしたご様子でした。
改めて、今日の演目、

00toya.jpg

一組目が中止になり、少し時間が早まっています。

03toya.jpg

雨天対策にテントが、
一番手前の緑が音響さん、
次の白が開催本部、奥の緑がゲームコーナーだったのですが、

04toya.jpg

開催本部用のテントは、
間もなく小雨が落ちてきたので、
毎回出店している、スワンベーカリーさんのパン売り場へ移動、

05toya.jpg

お昼時ともあり、飛ぶように売れていました。
んっ ??
後ろ姿に見覚えあり・・・
傘を持つ右手が哀愁を帯びている (笑)
小島かおるさんです。

隣のゲームコーナー、
新宿リサイクル活動センターさんのテントの片隅が、
小島さんや行志堂さんの楽器置き場、

06yoya.jpg

手作りブーメランを作っています。
ゲームコーナーと言ってもポケGOじゃないよ (笑)
晴れたらもっと大勢の子どもたちが来たのでしょうね。
残念・・・
でも天気ばかりは仕方ないです。

07toya.jpg

ビルの谷間に緑が囲む、都心ならではのシチュエーション、
草花たちは、この雨が嬉しいのかな?

08toya.jpg

結局雨は、激しくならないだけが幸い、
降ったり止んだりの中、ステージは続きます。

09toya.jpg

高校生の手話ダンス、
卒業式のときに必ず唄うという学校のオリジナル曲は、
ちょうどお弁当中だったのですが、
箸を止めて鑑賞の価値あり、
曲も良かったし、ダンスも初々しくて良かった、
でも、2年前のハイブスさんみたいに、終わって声を掛けるわけにはいきませんね (笑)

この戸山公園の野外コンサートは、
サポートという気楽な立場なのですが、
ハイブスさんとの出会いがあった思い出深いイベントです。
今回は、メンバーの行志堂さんが、
バグパイプ奏者「さきえる」さんと出演、

10toya.jpg

傘を差しながらお客様が、
ありがたいことです。

11toya.jpg

バグパイプの音は、公園の端の端の方まで届きそうなくらい、
独特の音色は、こういう屋外のお祭りイベントにはピッタリですね。
この後、行志堂さんはバンジョーを手に、
そして、

12toya.jpg

キーボードまで !!
やりますね〜 (笑)
僕もこの後1曲キーボードでサポート、
無事終了、ステージは後半へと移ります。

13toya.jpg

相変わらず雨は落ちてきます。
心なしか強くなってきた模様、
さあ、どうなる?
つづく
posted by セキシュウ at 20:15| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ネコ等写真

ニモのパパからコメントが入りました。
たしかに公園のシロは、毛並みといい、人間慣れしていることといい、飼い猫かも知れません。
首輪をしてないところをみると、「半飼い猫」「家・外ハーフ」でしょうか。
可愛がっている人がいることはたしかでしょう。

岩合さんとは褒め過ぎです (笑)
写真はスマホのフラットの状態で、
特にズームは使いません。
目で見える範囲で撮る、
近付いて、警戒されたり、逃げられたりしたらそれまで、
自然のままが一番・・・
妙なこだわり? (笑)

では、おだてられついでに、写真、行ってみましょう。

01nc.jpg

目が大きい、鼻もピンク、
まだ子どもでしょうね。
トリミングを。

02nc.jpg

目はこちらも。

03nc.jpg

でっかい (笑)

04nc.jpg

上から目線もあります。

05nc.jpg

なんかむかついてる? (笑)

06nc.jpg

ネコばっかりじゃないですよ。

07nc.jpg

蝶。
雨上がりが嬉しそうでした。
ぐずついた天気がしばらく続きそうですね。
posted by セキシュウ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

手!!

今日も日差しはなく湿度は高いけれど涼しい、
昨日の記事の4コマは全くいつの話やら・・・
こうなると夏が恋しかったりするのですから、
人間、勝手なもの。

漫画のネコは手を毛づくろい、
いや、厳密には前脚というか、
多くのネコ好きは手という?
器用だからでしょうね (笑)
「猫の手も借りたい」

その手・・・

te01.jpg

手!!
伸び過ぎて写真に入らない (笑)

te02.jpg

おやすみ中だったんです。
どこで寝てたか・・・

te03.jpg

「ありゃ、こんな場所で (笑)」
公園のシロちゃん、やってくれますね。

ところで公園といえば、
明後日、19日は新宿戸山公園で野外コンサート、
チラシが届きました。

te04.jpg

今回のはシンプル、でも手書きで温かいです。
出番は、
「行志堂&さきえる」が午後1時過ぎ、
さきえるさんはバグパイプ奏者で、
僕も1曲だけキーボードでお手伝い。
「小島薫とその仲間たち」が2時過ぎ、
こちらはキーボードとアコーディオンで、
ギャラも前払いでいただいたし (笑) 頑張ります!
雨にならなければいいですね。
晴れ男セキシュウや、いかに?
ご都合良ければいらしてください。
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

外した

あんまり外さないほうなのですが・・・
とは、さわ通をお読みの方はご存知でしょう、
4コマのネタ (笑)
思ったより涼しくなって、
完全に外してしまいました (汗)
気象予報士じゃないし・・・
お許しを。

さわごえ君第74話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

旧友と調律

ニモのパパが、ミナトくんからのコメントを我がことのように喜んでくれました。
ミナトくんに「ブログに載せるから、セキシュウで検索して」と言ったら、
手にしたスマホで早速サイトを見つける、
その早さったら (笑)
しかし、高校生で制限があるので中は見られない、
「あとでWi-Fiで・・・」
何のことかわからない方はごめんなさい (笑)

その日は動画も撮って、フェイスブックにアップしたのですが、
今日、それにコメントが入りこれまたビックリ、
高校時代、一緒に国体に出た仲間、
高校は隣の市にある私立高校で、
ゲームでは負けたことがないのですが、個人では僕より上のレベルのプレーヤー、
何しろ中学時代から目立っていたのです。
コメントは、
「試合に出る?」
そう、彼は今もまだ地域のクラブチームで活躍中、
マスターズの全国大会まで行っているのです。
写真を見たらすごくオッサン (笑) でもすごい!

彼に関しては、不思議な縁があります。
高校時代、国体の強化練習や、本番の時くらいしか話したことはなかったのですが、
なぜか結構気が合って、
当時はどちらかと言うといわゆるワルっぽいのとつるんでた僕 (笑)
彼もなかなかのワルだったようで、
それを教えてくれたのが、亡くなった同級生、茂雄です。
同じ高校。

もう10年くらい前になるのか、
茂雄の家に言った時、バスケの話を、彼の名前も出て、
いきなり電話、茂雄らしい (笑)
久しぶりに、国体以来ぶりに話をしたのでした。
これはもう時効なのでしょうが、
当時、彼のチームがあまり強くならなかったのは、
彼が、茂雄にそそのかされて、練習をサボってP店へ行ってたからだとか、
「それって」
「茂雄のサポートだ!」
うちの高校が彼の高校に負けなかったのは茂雄のおかげと、
大笑いしたのを今でも覚えています。

そんな練習をサボってた彼が、
今もクラブチームでプレーしているのを知り、
本当に好きだったんだと改めて思いました。
「いつか、一緒にプレーできるといいな」
僕のような、ちんたらした草バスケと違い、
激しい動きが要求されるゲームでは、
思わぬ怪我も考えられるので、身体を相当鍛えておかないと無理でしょう。
可能かどうか・・・
ちょっと希望はある? (笑)
今の仕事が落ち着くのが先決でしょうけど。

ところで、外はすっかり涼しく秋めいてきたのですが、
ムシムシ、湿度が高いです。
昨日は約3ヶ月ぶりの調律、2時間ビッシリやってもらいました。
気のせいかも知れませんが、
今年は湿度の高い日が続いているような気が、
「こんなにピアノのコンディションが落ち着かない年って」
「あったっけ?」
どうでしょうと答えながら、調律のまっちゃん、
動きが悪くなる現象を、中から鍵盤全部を引き出して説明、
「鍵盤から、弦を叩くハンマーまで行く間に」
「4つのアクションがあり」
「それらを繋いでいる部分の動きが」
「湿気によるフェルトの膨張で、悪くなるんです」
なるほど、だから上蓋を開けて弾き始めると急に重くなるのだと納得、
今まで乾き気味だったところに、
蓋を開けた途端に湿った外気が入って、動きを鈍くする、
考えてみれば簡単なことですね。

対策として、鍵盤に一番近い接合部分に潤滑剤を差してくれました。
軽く弾きやすくなった、
ただしこの作業が、冬場、空気が乾いてくると仇になることもあるそうで、
まさに楽器は生きもの、
これぞ、生です。

調律したてを見計らったかのように、昨夜は斎藤さんがお客様と、
早速弾いてもらいました。

saitou.jpg

うん、素敵な音。
彼女が弾くとまた違う、
品の良い、ゴージャスな音色に変わります。
ピアノもさぞかし喜んでいたことでしょう。
posted by セキシュウ at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

音符中毒

昨日から今日にかけて、頭の中は音符がぐるぐる回ってます。
久しぶりのまともな作曲、
普段遊びで軽く作ってその場で唄ってるのと訳が違う、
詩を与えられての、本格的な作曲で、
多分ですが、後にも先にも僕にとって最も難しいと思われる詩、
昨夜、それを出した本人でさえ、
「これは曲にならないだろうから」と小声で仰いました。
さあ、どうなるか・・・
ベストを尽くしましょう。

早速、昨夜営業終了後、
「こんな感じしかないだろう」とピアノに向かう、
いろいろな条件から考えての結果、
一番は、聴衆がどんな状態でそれを耳にするのか、
つまり、その曲をどんな気持ちで聴くのか、
それを考えると、
あまり凝ったメロディーは必要ないのだと思う、
ただ単純でもいけない、
すると・・・

まあ、あれこれ屁理屈言わないで (笑)
きちんと作品になってからの話、
依頼者からオッケーが出て、採用され、発表されてから。

寝ている間も音符は常に、
夢なのか現実なのかわからない感覚は、
ちょっとした「音符中毒」とでも言っておきましょう。
経験ある方もいらっしゃるはず・・・

ところで昨夜、その依頼者がいらしている時、
一人の男性がふらっと入って来ました。
白のTシャツ姿の軽装、
「初めてですか?」
「どなたかのご紹介で?」
いいえと首を、そして、
「バスで聴いて」
「気になっていて」

バス?
「あっ」と思う、バスの中の車内放送です。
今現在3路線、
店の前の「上十条3丁目」は長く、メインですが、
その他2路線、
「帝京大学病院前 (バス停の都合で金沢小学校前で代替放送)」
そしてもう一つ、今月から「上十条5丁目」でも放送がスタートしたのです。
全部にキーワード「ピアノ」が入っていて、
病院などの宣伝が多い中、耳を引く内容になっています。
成果があった!

「そうですか」
「バスで!」
聞いたら、店の前に停まる路線ではなく、帝京大学病院を通る路線、
ご自宅もその近くのようで、
これはとても嬉しいケース、
思わず笑顔で接客してしまうのが、また調子の良いところ (笑)

とても歌がお上手な方でした。
依頼者も思わず聴き入ってしまう、
でも特別何かやっているわけでもないとご自身が、
「やっぱり才能豊かな人は」
「どこにでも隠れているものだ・・・」
依頼者と二人、無言で頷き合ったのでした。
良い夜でした。
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

意表

今日は朝早くから雨、それも激しく降っていました。
当然心配はさわうたの入り、
「こんな日でもいらっしゃるか?」
僕の出勤時も、お客様の来店時間も、結構な降り、
ところがみなさん頼もしい (笑)
雨具装着でゾロゾロと、いつもの感じで18名、
ありがとうございます!

雨具装着とは合羽に長靴、いえいえ、レインコートにレインブーツ (笑)
最近はとてもオシャレなのが沢山、
ついでに傘もそうですね。
傘だけはアンブレラとはなぜか言わない、
昔風に言えばジャノメ、コウモリでしょうか。
歌にも使われてます。
「蛇の目でお迎えうれしいな」
これは多分みなさんご存知、
では、
「ぬれてるあの子コウモリへ」
これはどうでしょう?
坂本九さんの名曲ですよ。

午後からのプチ・シャンソンもおかげさまで二桁人数、
最近レギュラーメンバーになった方もいらして、
和気あいあいのムードでした。
お一人の方から意表をつく質問、
「ここのお客様の平均年齢はどれくらいかしら?」
プチ・シャンソンが主の方で、
他の企画をあまり知らない方、
「そうですね・・・」
「昼間は、70歳くらいでしょうか」

「それじゃ」
「この先が心配ね・・・」
そう来ましたか (笑)
しかしそこは僕には返す言葉があります。
「近頃は」
「僕くらいの年齢の方による音楽イベントも」
「定期的に開催してるんですよ」
そう、アコナイのこと、
「ちょうど、プチ・シャンソンのようなやり方で」
「代わる代わる演奏するんです」

「あら、そうなの」と仰る、
でもまだそれは、みなさん殆ど社会人、働いている方中心なので、
そんなに多くは期待できないと付け加え、
「ですが」
この先、5、6年経ち、仕事がひと段落したら、
あるいは、参加者の頭数が増えれば、
「何かもっと大きな形に変化しているかも知れない・・・」
と、最後は心の中で思ったのでした。

意表を、と言えば、昨夜のお客様が面白いことを、
発端はちょっとした恋愛話からですが、
記憶についてのことです。
「旅行だけど・・・」
「どこに行ったか、じゃなくて、誰と行ったか、なんだよ」
意味がわかりますか?
意表をついてる?(笑)

その心は、
「どんなに素晴らしいところに行っても」
「一人じゃ記憶にあまり残らない」
「誰かと一緒に」
多分この「誰か」とは、もう何となくわかる (笑)
「行くから記憶に残るんだ」

たしかに、と思いました。
恋愛話の流れなので、そういう「誰か」ですが (笑)
そうでなくても、
旅行した記憶は、誰かありき、
家族でも友人でも、クラスメイトで同じでしょう。

古い記憶ですが、今でも高校時代を思うと、
バスケで国体に出た時の栃木県の旅行、
県大会で三位になり行った島根県への旅行など、
試合内容含めてよく覚えています。
特に島根県松江市で開かれた中国大会は、
1回戦1点差で負けた松江北高校が優勝を、あの悔しさは今でも忘れません。
「勝っていればなぁ・・・」

僕がまだバスケットボールを触っているのは、
そんな思いを忘れたくないのもあるのでしょうか。
たかが高校の、たかがバスケの地方の試合、
第一線でも何でもない、
世間に注目されるようなことでも何でもない、
「だけど・・・」
自分にとっては大切なこと。

おっと、意表の話から逸れてしまった (汗)
昨日の記事のミナトくんからは、丁寧なコメントを、
嬉しかったです。
posted by セキシュウ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

続燦々ライブとバスケ

前回の記事に「日野さんの正面の」、などと書きましたが、
よく考えたらお客様でフェイスブック利用者は少ないですし、
それより何より、演奏中、写真を撮っている気配がほとんどありませんでした。
「ピアノを弾いてて背中を向けててわかるのか?」
はい、なんとなく〜(笑)
それだけみなさん固唾を呑んで聴いていらっしゃった、
もう、囁くようなピアノの音色、ピアニッシモ、ピアニシシモまでも、です。
(pp ピアニッシモ 非常に弱く ppp ピアニシシモ ごくごく弱く)
これは演奏家冥利に尽きると同時に、ともすれば息苦しい場面でもあり、
綺麗に決めるには普段の練習しかないと思います。
日野さんの歌唱も、僕のピアノの抑揚を感じるが如く合わせてくる、
そしてたまにやってしまう僕の演奏ミスもなんなくやり過ごしつつ、
けれどそれをきちんと指摘してくる、
唄いながらですからね・・・
おもしろい (笑)
と、笑ってちゃダメですね。
ピアノ、まだまだ。

日野さんの横からはあります。

yoko.jpg

昨日の写真に毛が生えたような (笑)

この写真はトリミングしたものですが、
していない全体の写真と、正面からの素敵な2ポーズは、
ご本人のブログでご覧になれます。
日野美子さんのブログ

黒のドレスは2部のとき。
日中のライブで、「夜も更けてきて」とは行きませんでしたが (笑)
お客様の中にはお酒も入ってほろ酔い加減の方、
間の休憩時間に日野さんと直接話すことで親しみも募り、
夜っぽいムードある選曲、
それと、あの著名な「コーヒールンバ」は「お酒ルンバ」「お薬ルンバ」に変身、
笑わせてくれました。
トークも必ずオチがある、
真剣な話のようで最後は「ドッ」と沸く、いやいやお上手です。

みなさんお帰りになって、
着替えを終えた日野さんが楽屋から出てきて「一杯飲みたいわ〜」とおっしゃるので、
生ビール中ジョッキを、
グイグイと良い飲みっぷり (笑)
さぞ美味しかったことでしょう。
おつかれさまでした !!

今日のブログはこれで終わりではありません。
もう一枚写真を !!

バスケぞく.jpg

午前中行った赤塚公園で、少年たちと。
学校が文化祭の振替休日で、遊びに来ていたのです。
向かって右がミナトくん、
彼一人でやっているところに、
「入れてもらっていいですか」と聞いたら「どうぞ」と、
そのうち後の二人が買い物から戻ってきて、
隣のコートが空いたのもあり、僕は隣に移ったのですが、
それから一時間くらい、
全員が汗を流したところで、一緒に記念撮影しました。
「なんでまた?」
なんででしょうね (笑)
へんなオッサンの申し出に嫌がることなく応えてくれた、
ミナトくん、おともだち、どうもありがとう !!
今度会ったらジュース御馳走するからね。
posted by セキシュウ at 15:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

燦々ライブ

今日は仕事、日野美子さんのソロライブでした。
とっくに予約は締め切ったのですが、訳あり直前申し込みが滑り込み、
開けてみれば33名・・・
「ぞろ目ですか!」
日野さん、日だけに燦々と、と軽く親父ギャグを思いながら (笑)
「何しろ雨予報が外れて良かった・・・」

03hino.jpg

スマホのカメラでは全員が撮りきれないのはいつものことです。
一度AMANEにはミニライブで出演の日野さんですが、
多くの方が初めて日野さんを観るとあって、
どんなものかと興味津々、
お客様の方が少々緊張気味のところを
スッと和ましてしまうあたりがさすがベテラン、
1曲目からノリノリで、
2曲目はいきなり全員歌唱、
「オーシャンゼリゼ」ですっかり日野さんのペースになりました。

実はセットリスト、曲順は昨夜遅くメッセージで届いたのですが、
まさか2曲目に全員歌唱を持ってくるとは思わなかった、
しかし今日のお客様の反応を見て、それが正解だったとわかる、
やっぱりまだまだ自分は経験不足なのだと感じました。
あちこちの舞台、ライブハウス、シャンソニエで揉まれた方は違う・・・
僕が一国一城の主などとはちゃんちゃらおかしい、
井の中の蛙、ですよね (笑)

日野さんの正面の写真が欲しいところですが、
伴奏なので撮れませんでした。
どなたか撮っているか・・・
フェイスブックの投稿に期待しましょう。
無ければ横顔はあります (笑)
記事はその時また追加で書くとして・・・

ちょっと逸れまして、
昨夜のことを。
日付も変わり、そろそろ営業も終わりというところで外に出たら、

01neco.jpg

誰かが見てる !!
「あれ?」
目が合ったので、さっと店に入ると、

02neco.jpg

「ありゃ」
「もう閉店だよ〜〜」
また来てね。
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

スクリーンミュージック

数日前から譜面作りに勤しんでいます。
多くは月末に予定している独唱会のもの、
バイオリンの不尽子さんに送るものです。
最近は移調して弾くのも慣れてしまい、
練習や、ピアノだけの演奏なら、譜面を書き換えず使用、
2度3度の上げ下げくらいなら、メロディー共々弾くことが出来ます。
ところが、発表会など他者に譜面が必要な場合はそうもいかず、
直前になって慌てて作り始めるという事態 (笑)
今回もそうです。

ライブの伴奏はAMANEを開店する前から、
赤羽のウッディーさんでもやっているので、
かれこれ15年になるのでしょうか・・・
もう、前にやった曲は忘れているのが多くあります。
「やったかな、どうだったかな?」
数ヶ月前のでもそう、
パッと譜面を出されて、
「えっと、これ、どんな曲でしたっけ?」
わからないまま弾き始め、歌が始まってからようやく、
「そうそう、これこれ!」と思い出す、
大袈裟じゃなくかなりの量が頭の中に詰め込まれている、
喜ばしいことなのか、そうでないのか微妙なところ、
所謂「やっつけ仕事」になっているような気がしないでもありません。

昨夜、独唱会の他に、頼まれた譜面を仕上げ、
確認で弾いていたら、
ふと、アレンジを変えて遊びたくなりました。
いつもの深夜弾き (笑)
フェイスブックには性懲りもなくアップしているのですが、
たまには動画サイトにも。
スクリーンミュージックというやつですよ。

posted by セキシュウ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

音楽により

近頃は本当に便利になり、
とは、音楽愛好家にとってですが、
昨日の記事のように直ぐに動画を撮影、公開できる、
多くの人にお披露目、宣伝は勿論のこと、
検索することでネタ探し、音源探し、模範演奏探しなど、
容易くできるようになりました。
動画を見て練習したという方も多いでしょう。
記事で紹介した大木さんの歌唱は、きっと良いお手本になっているはず!

うちでも再々動画検索を、
昨日のさわうたでは、「花の首飾り」
リクエストはなんと今週もいらした (笑) オオツカさん!
荒天予想で、「今日はさすがに・・・」とみなさんに話した直後見えて、
「おおっ」とビックリ、
「よくいらっしゃいましたね〜!」
後半始まる前には、Momokoさんまでもが (笑)
いやいや大人数、22名です。

01momoko.jpg

大雨だから暇だろうと思ってたら、
予報は外れ、
大忙しになってラッキーでした。
こんなことがあるから水商売はやめられない、
ズルズルと何年?
忘れちゃった (笑)

後半が始まって声がするなと思ったらMomokoさん、
iPadに顔を近づけて歌詞を先読み、
隣のオオツカさんへの心遣いです。
弱視の方が全盲の方を助ける素敵なシーン、
心温まります。
Momokoさんとアコナイで知り合い、
彼女の発信するブログにより、
目が不自由な方たちが、いかに生活をしているか、
とても身近に感じるようになりました。
「見えなかった世界が見えてきた」
そんな気もします。

変わって、今日は朝からふりうた、
3か月、お休みしていた方が復帰しました。
もうこちらが最後に何の曲をやっていたか忘れるくらい (笑)
しかし久しぶりにしては、しっかり唄ってらしたので、
「お休み中も練習していたんですか?」と尋ねたら、
首を大きく横に振り、
「いいえ」
「一つも唄いませんでした」
ちっとも唄う気になれなかったのだと、そして、
「やっぱり健康じゃないと」と仰いました。
病気になったら、そのことばかり考えて、
歌どころではなかったそう・・・
「そうなんですか」
経験がないのでわからない、
「でも良かったです」
「来られるようになったんですから!」

音楽に携わるようになり、いろいろな方と話をし、
暮らしを知り、考えを知りました。
これは、曲をたくさん知ったこと以上に財産かも知れません。
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

300

昨日のはとっておきの記事、
写真で短く済ませてしまった理由はもうおわかりでしょう、
夜の営業が忙しかった・・・
たまにはあります (笑)
人数は6名ですが、ピアノメインだったので、
ゆっくりパソコンに向かう時間がありませんでした。
ちょっとした隙を狙って書く、
その隙とは、ブレイクタイム、イコール、カラオケタイムです。

カラオケ業界、やはり大変なのでしょうか、
うちの取引先のカラオケ業者さんが、
「機械を新しくしませんか?」と営業にいらっしゃいました。
入れ替えることで、もちろん毎月のコストが上がる、
最新の素晴らしい機種なのですが、丁重にお断りします。
「ごめんなさいね」
「うちはカラオケはオカズなので・・・」
「えっ?」と不思議そうな顔、
「あ、メインじゃないっていう意味で・・・(笑)」
「ピアノ伴奏がメインなので」と加えました。
最初からそう言いなさい! (汗)

「それでも」と営業の方は食い下がります。
「マスターのところは、300唄ってますから!」
今度は僕がふと考える、
「300・・・」
「ああ、月間300曲唄ってるということだろう」
カラオケ業者さんは当然端末のデータをすべて把握している、
情報提供している店が、毎月どのくらいカラオケを利用しているか、
それぞれの担当エリアの営業マンに知らせているのでしょう。

「300唄ってますから!」の言い方は、
うちのようなスナック営業の店では多い方なのかも知れません。
1日計算10曲、しかし定休日もあり、また、昨夜のように殆どピアノの日もある、
カラオケを唄う日は、まとめてドカンと唄っているのでしょう。
昔は1曲カラオケを唄うのに100円払うというのがありましたね。
300曲なら、店の収入は月3万円ということになりますが、
これだけを考えると完全に経費割れです。
それだけ厳しいということです。
「うーん、ごめんなさいね」
改めてお断りしました。

ところで、昨夜のお客様は、以前書きましたが、
2年前のシャンソンコンクールで優勝した大木さん、
今回は突然じゃなく予告あり (笑)
譜面も多々持参でいらっしゃいました。
「アマネさんは知らないでしょうが」と、
面白がりながら譜面を出す、
それをハイハイと面白がりながら受ける僕、楽しかったです。
シャンソンは、圧倒的に女性への伴奏が多い中、男性は新鮮、
山形在住なのですが毎月定期的に都内へ、
月1回とは言いません、隔月くらいに夜のシャンソン会なんて良いですね。
大木さんのコンクール優勝動画があります。



このコンクールは、米田まりさんが審査員とか?
世間は狭いですね。
posted by セキシュウ at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

着いていく

虫の知らせ、というのがありますが、
僕には別の知らせがあります。
それは、

01nuko.jpg

「あっ !」
日曜日の午後、赤羽のライブの帰り、
なぜかどこでも会ってしまう (笑)
ま、気にしているのもあるかも。

で、トコトコと歩いているのが、
虫の知らせならぬ・・・
「ネコの知らせ」
ノコノコと後を着いていきます。

と、
だーん !!

02nuko.jpg

堂々たるお方。

で、さっきのコは、さらにトコトコと・・・
「まだ行くの〜」
と、
日々、振り回されるのでした (笑)
posted by セキシュウ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

影響

「定年」などという言葉は、まだまだ遠い先のこと、
まして自営業の僕には縁のないことなどと、随分前から思っていましたが、
昨日リハを終え、
小島さんの口から「あと5年だから・・・」と出た言葉に、
「そうなんだ」と、とても身近なものに感じました。
学年では一つ上ですが同い年、
近しい人から聞くと、自分もそんな年だったと改めて思う、
「もし僕がサラリーマンだったら・・・」
あり得ない?(笑)
「周はサラリーマンは無理だろう」
いつか父が言ってましたっけ (笑)

その父とした「鋳銭司」の会話に、
同い年の (笑) GO本さんが過剰反応を示しました。
そりゃそう、まさか自分の生まれた場所が僕と同じ町、いや、村だったとは、
びっくりでしょうね。
厳密には、生まれたのは病院ですが、
確か小郡の病院だったと思います。

どうしてその地だったか父が話してくれました。
実は、そんな話になったのは、ある方の名前が出たからで、
その名前と、鋳銭司の家の大家さんの名前が一緒だった、
ちょっと珍しい名前です。
「この名前には縁があるんだよ」
「山口に引っ越して初めて借りた家の大家さんが・・・」ときたわけです。
大家さんは、借主を大学の先生にと希望していたそうで、
東京から右も左もわからないで来た、父と母にとって、
鋳銭司の家はたぶん学校側が用意したもの、
通勤に1時間半もかかるとは思ってもみなかったと容易に想像できます。
あ、あくまで推測ですから・・・
間違ってたらごめんなさい (笑)

「鋳銭司」という地名は、とうの昔に父や僕の記憶の底深く沈んでいたのですが、
ある方の名前が呼び起こしてくれました。
そうして、この記事にも書き、周りにも影響を、面白いですね。
不思議といえば不思議、
ただの偶然といえば偶然、
こじつけとも言える?
まあ、なんでもそうやって物事は進んでいる、
どこかに、なにかの接点がある、
熱く語るか冷めて見過ごすか、その時その時でしょう。
消したい記憶だってあるはずですからね。

店の方は今朝からさわうたがスタートしています。
今週はリクエストで今日はなぜかデュエットが多発 (笑)
火をつけたのが 「ふたりの大阪」、
その後定番「銀恋」「居酒屋」「青い山脈」も!
男性が3名いたのが良かったのでしょう。
いつもと少し雰囲気が違って面白かったです。
音楽などでは、偶然何かに影響を受けることは多々ありますね。
posted by セキシュウ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

野外コンサートリハ

つい先日、大手カラオケチェーンが大量閉店とニュースに、
僕もネットで読みました。
その後たまたま夕方のテレビのニュースで、
最近のカラオケボックス事情を、
カラオケだけでなく打ち合わせ場所に、
流行の一人カラオケでは英会話の勉強になど、
本来のカラオケ目的と違う利用法は、
経営上は工夫の見られる良いアイデア、
しかしカラオケ業界を考えれば残念、
広く言えば音楽業界、ぜひ盛り返してもらいたいと他人事のように (笑)
見て感じました。
人々が音楽離れにならないように・・・

まあこれは、一般的な話で、
少なくとも僕の周りは音楽だらけ (笑)
昼間はもちろん、
夜もポツポツとではありますが音楽好き、歌好きが、
先週も金曜日の夜、土曜日の夜と、ピアノを弾く場面がありました。
土曜日は、久しぶりの女性、年はちょうど一回り下の方が、
職場の仲間たちを二人連れて、
二人とも初体験のピアノ伴奏に興奮 (笑)
楽しさを存分に味わって頂きました。
「十条で飲むならアマネ」
彼女の職場では穴場的な存在になっている様子、
これからもよろしくお願いします!

今日は好天の月曜日、
ならば午前中はバスケ、いや〜、暑かった・・・
でも気持ちの良い汗を、
シャワーを浴びて少し休んだ後は、
先週に引き続きリハーサル、
前回は日野美子さんでしたが今日は小島さん、
月曜夕方にアポを入れることが多いのです。

小島さんとは、19日の新宿戸山公園のコンサートのリハ、
「暑いね〜」と来るなり、
ギターケースを置いて一息入れた後、
おもむろに財布からお札を取り出して、
「関さん」
「これ」
「信頼関係だから」
当日のお手伝いのギャラです。
何が何枚かは内緒 (笑)
「え?」
「前払いですか!」
気前が良い、でも人間不思議、
やっぱりこうされると、これからやるリハも気分が乗ります。
現金ですかね〜? (笑)

お金を仕舞いながら思いました。
「そういえば・・・」
「幻のコンサート」

初めて小島さんと出ることになった第15回、
2013年は台風により中止になったのでした。
そのポスターを持って。

toyama.jpg

19日の月曜日 (祝日)
第18回野外コンサート、
戸山公園こどもの広場で14時50分頃に出番です。
今回はアコーディオンも。
13時過ぎには行志堂さんが出演、そちらのサポートもします。
お時間がある方はどうぞ!
無事開催できますように。
posted by セキシュウ at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

写真

昨日の記事の花とネコを撮った後のことです。
「また道草を食ってしまった・・・」
時計を見たら、父宅への約束時間の5分前、
慌てて自転車に乗り、いつもの道のりを、左手には小さな農園があります。
辺り一面、白いシートがしてありました。
中に工事車両、
「あれ?」
横を気にしながら前を、
すると道の先にカメラを農園方向に向けた男性が、
「えっ!!」
見慣れた構えで誰だかすぐわかる、
「木村さんだ・・・」

「木村さん !」
久しぶりに会ったのですが、それをお互い意識しない無味な挨拶は、
今に始まったことではない、
そうやってずっとお付き合いしてきたのです。
「どうしたんですか?」

「ここに」
「マンションが建つんだよ」
「生まれた頃から」
「ここは農園だった・・・」

「へえ、そうなんですか」
写真を撮り続ける木村さんに「じゃ」と軽く会釈し、
自転車を漕ぎ始め、考える、
「木村さんが生まれた頃なら」
「もう70年近く前のことだ」
時代は変わります。
思いもひとしおでしょうね。
「最後の風景を撮っておきたかったのだろうか・・・」
僕なんかと違い、
この地で生まれ育ち、人生の終止符を打とうとしている人は、
普段見慣れた景色にも特別な感情が湧くことがあるのかも知れません。

父とは、古典講座の打ち合わせ後、僕が生まれた家の話を、
「勤務先の山口大学から」
「一時間半のところに家を借りて・・・」
「その時の家賃が、月1,400円」
「月給が15,000円だった」と、
もちろん覚えて、いや、物心ついたとき聞いたのでしょう (笑) 知ってます。
「ええ」
「鋳銭司の家ですよね?」
ちょっと驚いて父、
「へぇ」
「よく知ってるね」
「結局、通うのが大変で」
「一年半後に引っ越したんだけど」
それも知ってます (笑)
記憶は写真で植え付けられているのです。
分厚いアルバムに、白黒写真が貼ってありました。

写真と言えば、今日午後から、まつさんのバンド演奏を観てきました。
会場は前回と同じ、
入ったら、熱気ムンムン、

02tf.jpg

「おっ、観客がいっぱいだ !!」
まつさんとブルースハープの男性、ボーカルの女性の3人編成、
「テイク・ファイヴ」

01tf.jpg

こういうところに出演するアーティストはギターが主、
ピアノとブルースハープの組み合わせは希有でしょう。
ジャジーな雰囲気も個性的です。
これからが楽しみ !

手前のお洒落な帽子の男性も金曜アマネ会のメンバー、
録画中をちょっと失礼して、

03tf.jpg

ふむ、今流行りの縦撮りね (笑)

04tf.jpg

歌唱曲は、ホイットニー・ヒューストンと松田聖子のナンバーから、
よく声が出ていました。
AMANEで聴くときとまた違い、大きく伸びやかに、
まつさんの伴奏に安心して唄っている、
やはり歌と伴奏は一心同体、信頼関係なくしては成り立ちません。
練習では少々ぶつかるかも知れませんが、(僕なんかはそう・笑)
それもこれも本番のためです。

ピアノとブルースハープのインストルメンタルは、

05tf.jpg

ミラー越しに写真を撮りながら、
ルパン三世の三拍子アレンジを、じっくり聴かせてもらいました。
まつさんのソロ、ブルースハープの男性のアドリブもナイスでした。
posted by セキシュウ at 18:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

花の先

まだまだ暑い都内です。
今日は昼からふりうた、夕方からドリームVさんのカラオケ貸切、
その後一般営業と待ったなし、12時間店内なのですが、
出勤時や、合間出る外の様子は夏模様、
夜になってやっと涼しくなりました。
予報通り、雨になるのでしょうか。

Momokoさんからコメントが入りました。
そう、Momokoさんと同級生、存じ上げてます (笑)
オオツカさんが仰ってましたから。
お年の関係もあるから書きませんでしたが、
ご本人承諾なら!
オオツカさん、僕とそんなに変わらないと仰ってましたよ〜。
大田区からのオオツカさん、またお待ちしています。
Momokoさんももちろん!

オオツカさんがいらしたのは木曜日、
その日の午後は父のマンションで古典講座の打ち合わせでした。
少し早めに出て、ちょっとふらふら、
例の公園を通るからです。
ネコの・・・(笑)
予想通りいましたが、年配の男性と戯れていたので素通り、
元気ならいいんです。
先の道で、違うコが、

花の先、

01hana.jpg

「おや」
「こんにちは!」

02hana.jpg

「綺麗な花だね」
「一緒に撮ろうか?」

03hana.jpg

「え?」
どこに行くのでしょう・・・

04hana.jpg

「あ、そこね (笑)」

花を撮れということだったんでしょうね。
posted by セキシュウ at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

日野美子さんのライブ

お客様相手の仕事なので、日々いろんなことが、
全く想定外のことも起こったりして、ブログの話題には事欠きません。
ただそれを、書くべきか書かぬべきか、
はたまた書く時間があるか、気力があるか、
タイミングを逃すと、まずそのことは消えていきます。
忘れてはいないのですが、
次々に起こる新しい出来事に、古いことは記憶箱の奥の奥のほうに押し込められる、
ブログに取り上げることはなくなっていくのです。

「どこかで書かなきゃ」という出来事は常に2、3あり、
今日はその一つを、
今週月曜日の午後やったリハーサルのことを書きましょう。

今月の11日にやるライブのリハ、
お相手はシャンソン歌手の日野美子さんでした。
昨年11月に、歌倶楽部さん主催のミニライブで初顔合わせ、
今回は店主催で先々月よりご案内を、
先月中旬には30名、予約を締め切りにしました。
すごい!
ありがとうございます!!
このブログで書く間もなかった (笑)

hino.jpg

こちらは歌倶楽部の主宰の方が作ってくださったポスターです。
これも貼ったり配ったりする必要なし、
情報を「さわ通」に載せた程度で、
ほとんどのお客様はクチコミで集まりました。
「プチ・シャンソン」という企画を毎月第2火曜日にやっているので、
日野美子さんのような業界のベテランは、
「勉強のために見てみたい」と人気で、
水織ゆみさんや、米田まりさんの時も一緒ですね。
もちろん僕も勉強になる (笑)

今回は、仕掛けの多い難曲もたくさんあり、
日野さんから身振り手振りで曲のアドバイスを、
何しろ知らない曲をいきなり、
見慣れていない譜面で弾くのです、大汗でした。
難曲はお客様のリクエストなので、
是非応えようと日野さんの心意気、僕も必死 (笑)
まだ時間はあります。
最近は便利なことに動画サイトが、
日野さんのパフォーマンスもずいぶんアップされているので、
参考にしながら練習です。

日野さんはブログも毎日几帳面に綴っていらっしゃいます。
話題は植物系が多いかな (笑)
日野美子さんのブログ
8月30日、僕とのリハのことも書いてありますよ。
よろしければどうぞ !
posted by セキシュウ at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

テレビと昨夜

月が変わり9月、
いつものように朝9時に家を出たら、日差しはあるものの秋の空気、
「やっぱり月が変われば・・・」
ところが店にいらしたお客様は、
「暑い暑い」と、
たしかにさわうたを終えて外に出たらジリジリ、夏の陽気のままでした。

一週間前にさわうたにいらした男性は、全盲の方、
Momokoさんのお知り合いで、彼女のブログなどでうちを知ったのでしょう、
大田区からお一人でいらっしゃいました。
「一度は来てみたかったんだろうな・・・」
多分、遠いし、もう来ないだろうと思っていたら、
ありゃ、今朝も (笑)
「いらっしゃいませ〜」
歌は幅広くご存知で、
先週はお客様のリクエストだったから、知らない歌は隣のお客様が歌詞を先読み、
今週は僕の選曲なので、なるべくその男性の唄える歌を選びました。
このところご無沙汰ですが、女性のキヨチャンも全盲、
よく歌を知っています。
覚えて唄うのが当たり前で、その回路が普通の人より発達しているのでしょう。
好きな歌は自然に頭に入っていくのだと思います。

男性は僕より年は上ですが、
叙情歌などは思ったほど詳しくない、
その理由に、「文語体の歌詞は何を言っているかわからない」と仰いました。
たしかに、歌を聞いただけでは意味が通じない、
活字で見るからまだ何となくわかるのです。
意味が理解できなければ覚えるのは辛い・・・

先週、今週と、男性は唄えないけれど、
どうしてもやらなければならない歌がありました。
課題曲、「明日への手紙」です。
それを紹介するとき、
「ドラマの主題歌です」と、
唄い終わって、次の曲、
「じゃ、その前の課題曲で」
「これは朝ドラの主題歌で」
「365日の紙飛行機、○△さん、ご存知ですか?」と何気なく質問、
今日はそんな調子で一曲ずつ尋ねながらやってきたのです。
すると、
「私はテレビ見ないから」
あ、しまったと思う、
「そうですよね (汗)」

まあ、これもまた、昨日の記事のように特に気にされた様子もなく、
一瞬店内に緊張が走っただけで後は何事もなく、
大人数の歌声笑い声に救われましたが、
まだまだ未熟です。
「どこまで行っても」
「この調子だろうなぁ・・・」

そうそう。
昨夜、8月の締め括りは愉快で楽しい営業でした。
金曜アマネ会のメンバーで、ピアニストのMr.M と勝手に(笑)が、
仕事関係の若い方と、
僕の代わりに伴奏してくださいました。

01gamen.jpg

コードサイトを出して、歌詞のスクロールは、唄う若い方ご本人が、
僕はその様子を楽しむだけ (笑)
その後Mr.Mは、弾き語り、ソロ演奏、
学生時代に作られたというオリジナル曲「山」は、
「お連れの若い方に捧げる曲は何かありませんか?」の僕のリクエストに応えたもの、
素晴らしかったです。
ちなみに、その若い方は十条生まれ十条育ち、
店の前をよく通っていて一度は来てみたかったと、
こんな形でいらしっしゃることになり、何よりでした。
posted by セキシュウ at 19:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする