2017年02月28日

店のこと

今日で2月も終わりです。
「早いなぁ」と昨夜カレンダーを見ながら、
誰もいない11時半頃のこと、
ふと悪癖、またまた徒然小曲活動をしてしまいました。
早く帰ろうと思ったのに・・・(笑)
ちょっと風邪気味なのです。
駄作なので特に紹介はしません。
それより、昨日の記事の続きを少し書きます。

店員さんをべた褒めしましたが、
実は店員さんは、はじめ僕の態度が不思議そうでした。
なぜもっと怒らないのか?
そうじゃないにしても、そういう顔付きをしないのか?

不手際が店側にあったのです。
こちらの未確認もありましたが、
当初の予定時間から1時間遅れに、
1時間、待つはめになってしまったのです。

昔の僕だったら、態度が違ったでしょう。
そのままふてくされて帰ったり、
あるいは、ごねて早くしてもらったり、
もしかすると、大きな声で文句言ったり、
それが今はニコニコ笑いながら静かに待っているのです。
「変わったな・・・」
オトナになった?(笑)

いやいや、大人だって怒りますし、切れますよね。
なぜそうしないか。
そんなにのんびりやさんではないのに。

それは僕が同じ接客業をしていて、
苦労がわかるからもありますが、
その時、周りに大勢人がいたからです。
「嫌な空気にしたくない」

少し自分が我慢すれば済むことなのに、
そこで赴くままに、人前で感情を出すことに、抵抗があります。
AMANEは、日頃からその場の空気を売りにしているのです。
いかに楽しい雰囲気を作るか、
居心地の良い空間を作るか、
大した飲食は提供せず、演奏だって一流ではない、
店の構え、空気でお客様を集めているのです。
その主人が、
「空気を壊すようなことをしてどうする!」

とはいえ、僕も人間ですからね、時と場合によっては、もある (笑)
開店以来、ずいぶんお客様を失ってきましたし、
それは現在進行形でもあります。
でも、それが商売というもの。
お客様が最初から最後まで、全員ついてくるのなら、
例えば、店なら、
一度開店したらどの店もまず潰れない、
新しい店など出来る余地がないのです。

現状は違いますね。
うちの周りも新しい店が増え続けています。
posted by セキシュウ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

店員さん

昨日は日差しがあり快適でしたが、今日はまた寒さが戻りました。
昨日、今日とゆっくりしています。
本来なら4コマやさわ通の制作日、
前号を発行して4週間なのですが、
今年から特に急ぎの案内がなければ、5週おきにと変更しました。
勝手に、ですが (笑)

と言うのも、案外日曜日はイベントが入り、
前日土曜日の夜はアコナイや貸切、
翌日月曜にも何かが、
そうするとパソコンにゆっくり向かう時間がなくなるからです。

それと、年もある (笑)
土曜日は昼からふりうた、町会のボランティア、
その後ノンストップでアコナイ、片付け終えて深夜2時近くまで、
食事もままならず、さすがにバテました。

さわ通は、5週間に一度で間に合うでしょう。
マンガが下手になりそうですが・・・
元々あんまり上手くないけど・・・(笑)

今日は月曜恒例のバスケはお休みしました。
なんとなく身体が重かったし、
行くとやり過ぎてしまうでしょうし、
もう、若い頃みたいに、気持ちで疲れを吹き飛ばすなんて無理です。
休む勇気も必要。
しがない個人商店ですからね (笑)
車で買い物には出ました。

買い物と言えば、
昨日、所用で訪れたあるショップの応対の良さに驚きました。
詳しくは書けませんが、
自分の接客が恥ずかしくなるくらい・・・
まだ若い、雇われの店員さんです。
「僕なんて」
「彼らの年の頃は・・・」
今思うと恐ろしい (笑)

時代もあるのかもしれませんね。
厳しい時代です。
接客も相当訓練されているのでしょう。
けれど、そこの店員さんたちは、
特に一人の男性は、
とても自然な気遣いで、マニュアル通りとはいえ、心が感じられる、
なかなか出来ることではありません。
「本来持ち合わせたものかな」
物腰の柔らかさが現れているのです。

その姿を見ながら、自分を思いました。
まだまだですし、
彼が持ち合わせている柔らかさは、僕にはない、
だからお客様と、ちょっとしたいざこざも起きるのでしょう。
どちらかと言えば、接客業は向いてない?
でもこれで食べてます。
なんとか (笑)

まあ、今、どうこうしても間に合いません。
このまま、身体を壊さず、マイペースでやることでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

第10回アコナイ

すごいアコナイでした。
満員だろうとは木曜日矢崎さんがいらした時に予想したのですが、
開場時間30分前のリハ中に、まずお一人、もう少ししてからと告げ、
開場時間5分前にはすでに並んでいる・・・
「これは、まさかの非常事態か」(笑)

ぞくぞくといらっしゃいます。
10名くらい入ったところで、
本来アコナイは出演者もお互い楽しもうという趣旨、
演者を客席から応援するのですが、今回は早々に断念しました。
「すいません」
「みなさん、楽屋に移動お願いします!」
ホストの矢崎さん以下、出演者7名がぞろぞろと、
楽屋は4人が限度なのですか致し方ありません。
みなさん快く了承してくださいました。

その後まだまだお客様が、開演時間が迫ります。
「これは大丈夫か・・・」
矢崎さんのお客様が半分以上いらっしゃいます。
つまり、AMANE初めての方、
勝手をご存じないので、スムーズに案内しなくてはなりません。
さすがの僕も焦りました。
しかも料金の徴収まで、
これがまた、500円チャージプラスオーダー、
ひとりひとり料金が違うんです。
生ビールを頼めば500円+500円で1000円、
ソフトドリンクなら500円+300円で800円と、
その中お客様は容赦なく増え続け、
ななな、なんと!28名とは〜〜(笑)
アコナイ始まって以来でした。

もうこうなったら開き直りです。
「順番に応対します」
「今日のシステムはチャージ500円とオーダー」
「お一人ずつ伺いますのでお待ち下さい!」
丁寧になどと言ってられない、
大きな声で一気にみなさんに案内しながら、
オーダーを5人ずつくらいまとめて尋ねる、
料金を告げお金を預かる、作る、運ぶ、おつりがあれば渡す、
そして次の方たちにオーダーを尋ねる、
の、繰り返〜し (笑)

でも良かった、開始時間5分遅れでスタート出来ました。
最初がホストの矢崎さんです。
「矢崎さ〜ん」
「なんとか、間に合いました〜 !」

アコナイにしては異様なムードです。
まるで通常のライブと同じ、
そんな中、矢崎さんはじめ、さすが場慣れした方たちの集まり、
緊張しつつもいつものパフォーマンスを披露しました。
久しぶりの方や、

01akonai.jpg

新しい方、
それぞれオリジナリティーに溢れていたと思います。

初めてご来店の方の中には、
座りきれなくて、矢崎さんのステージだけ見てお帰りになった方や、
僕の慌てたオペレーションに呆れた方や、
店のサービス内容にご不満の方もあったでしょう。
その他、ちょっとしたトラブルもありましたが、
店をやっている限り、全て受けなくてはなりません。
久しぶりにいろいろ考えさせられました。
第1部が終わってほとんどの方が席を立ったのも現実です。

逆に良かったのは、
第2部になると、がらんと空いた席に出演者がゆっくり座れたことでした。
それに、サプライズで (笑) 1部の途中見えた行志堂さんや、
(これで観客29名、出演者7名、36名がいらしたことになります!)
小島さんのピアノの先生、斎藤敦子さん、
若干残った矢崎ファン、小島ファン、新規参加のFullbodyファンで和やかに、
普段のアコナイになったこと・・・
みんなでハモったり、
野次を入れたり、
今回、歌に専念したやてふさんが、
矢崎さんの粋な計らいで、ご自身のパフォーマンスの時に、
ギターでアドリブを入れてとお願いされ、慣れないアコギで爪弾いたり (笑)
楽しい時間を共有出来ました。
忙しさといざこざでこわばった僕の顔も、やっと緩み、
溜まった洗い物を遠慮なくさせてもらいながら、
出演者全員伝票にしたドリンクオーダーを、
「さあ、飲んでください」とばかり作る、
みなさん沢山ご注文いただき嬉しい限りでした。

出演者もアコナイ参加料を払っている大切なお客様です。
彼らなくしては、アコナイは成立しないのです。
気持ちよく演奏してもらうこと。
それが最優先なのです。
「アマネのアコナイは」
「雰囲気悪いから出たくない」
そうならないように。

矢崎さんが、出演者を集め、
最初と最後に円陣を組んで声を出してくださいました。
最後は、

02akonai.jpg

残ったお客様、行志堂さんも加わり大声で、
初回から参加の小島さん、やてふさんと頼もしいメンツ、
結束を固めてお開きとなりました。
11回、12回・・・どこまで続けられるか。
「100回」
この際ですから、大きく出てみます。
どうぞよろしくお願いします。

次は桃の節句、Momoko さんのお当番 (笑)
昨日とは全然違う雰囲気になるでしょうね。
楽しみです!
posted by セキシュウ at 21:44| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

しろ

昨日はプレミアムの金曜日だとか、
全く無縁、ネットで他人事のように見ていました。
周知のように金曜日は、
僕にとってロングラン営業、朝から深夜までです。

息抜きは、少しの空き時間に、外の空気を吸いに行く程度・・・
どうせ吸うなら、
「いるかなぁ?」

01fu.jpg

いた (笑)

02fu.jpg

くるみちゃんを彷彿させる、
かわいいコ、瞳はブルーです。

ブルーな瞳と言えば、
先日のコも。

02siro.jpg

一部の方から、
「あのコじゃないの?」と確認があったのですが、
そのあのコ・・・

03siro.jpg

ちょっと違いますね。
近所なので、兄弟かもしれません。

さて、今日はアコナイです。
忙しくなるので、ブログはこのあたりで・・・
ユースト中継もあります。
posted by セキシュウ at 16:59| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

アコナイ打ち合わせ

昨夜は賑やか、
カラオケのお客様グループや、久しぶりに山本先生、
とは、一つ下の後輩の秀樹くん (笑)
岡山時代の旧友や仲間を連れてやってきました。
彼がお客様と共にくると、うちの店は、
「山本迎賓館」に様変わり (笑)
これがまた面白い!

秀樹くんとの出会いもまた偶然といえば偶然、
同級生の兄が、
「十条で面白い店をやっているから行ってみて」と、
秀樹くんの仕事場が目と鼻の先だったからです。
初めて来た日は、
僕がテレビ局勤務の同級生と制作屋さんと、
山口の空撮場所を打ち合わせていた日で、
その場で秀樹くんも加わり、
マップをスクリーンに投影して、ああじゃないこうじゃないと、
懐かしい思い出です。
それで一気に親しくなりました。

もちろん、そんな偶然のタイミングじゃなくても、
友人にはなるのでしょうが、
お互いを知る上で、何か一つの議題で盛り上がることは大事、
どういう考え方をするのか、
どういう振る舞いをするのか、
ある程度気持ちのやり取りが出来て、
人間関係が早く構築されると思います。
音楽もその一つですね。

昨夜はこんな方も。

syazaki.jpg

え?
どこの社長?

いえいえちょっと正装しているだけ (笑)
社長は社長ですが、うちに来るときはラフ、
土曜日のアコナイのホスト、矢崎さんです。
撮った写真を見せたら、
老け具合を嘆いてましたが、いやいやおしゃれな紳士、
「王子のジェントルマン」と僕は呼んでます (笑)
王子は地名ですが、
この地名がまた良かった!
十条じゃねぇ・・・(笑)

当日の打ち合わせもしました。
出演時間を決めたのです。
以下。
どうぞよろしくお願いします!
満席予想です。

★第10回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/2/25(土)開場18:00〜 開演18:30〜
【第一部】
18:30〜18:45 ガッチャン矢崎
18:50〜19:05 小島かおる 
19:10〜19:25 小山トシヒロ
19:30〜19:45 ジョニー楠本
19:50〜20:05 高野克昭
20:10〜20:25 Fullbody
【第二部】
20:45〜21:00 小島かおる
21:05〜21:20 ジョニー楠本 
21:25〜21:40 高野克昭
21:45〜22:00 ガッチャン矢崎
22:05〜22:20 Fullbody
22:25〜22:40 小山トシヒロ
*時間は多少前後する可能性があります
*ご観覧はチャージ500円、1ドリンクのご注文をお願いします
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

譜面の内職

昨日は午後から久しぶりに内職を、
譜面の制作をコツコツやりました。
日曜日の歌倶楽部さんの会に参加した方からの注文で、
女性ですが男性歌手の曲、
本人歌唱だと少し低いかと思いますが、
まずは原曲通りに作って、後で移調します。
洒落たジャズ調のナンバーで、歌詞はやや演歌寄り、
こういうのを僕は「演歌ポップス」と呼んでますが、
まあ、怒られたりはしないはず (笑)

カラオケ好きの高年齢層をターゲットに、
レコード会社が次々と作品を出してくる、
それをカラオケを唱う店で知ることも多く、
露出の少ない歌手は、
カラオケの「本人映像」がアピールの場、
僕もこれで顔と名前が一致するようになりました。
あとは動画サイトでしょうね。

譜面作りは、始める前が気が重い、
自分で曲を作るならホイホイと、
疲れている深夜でも、喜んで五線譜に向かうのに (笑)
音源からの、しかもよく知らない歌の、一からの音採りは、
急な坂道を目の前にしたようなもので、
気合いを入れて、一気に登りつめなければダメです。
「さ、やろう!」
仕上げはパソコン、何度も音源を聴き返して、
ミスがないかチェックする、
面白いことに、5回チェックすれば5箇所見つかる、
本当に、たぶん制作者しか気付かないミスですが、
必ずどこかにあるものです。

「思い込み」がそうさせています。
基本中の基本の音符の位置、つまり音程も、
なんとなくの思い込みで、聴き間違えることもあるのです。
よく聴いたら違っていた、
その音じゃなかった、
納品した後だったら、大変なこと・・・

しかし、売られている譜面にも、ときどき、
同じようなミスがありますから、
本来なら、何人かでチェック、校正すべきなのでしょうが、
そうも言ってられないのが現状なのでしょう。
それと、新曲の譜面の場合、
CDを発売する前に出来てしまうことがある、
つまり、歌手がレコーディングする前に出来てしまうことがあり、
歌手本人やディレクターの意見で譜面通りに唄わず、
少し変えてしまうことがあるようです。
これは、カラオケ専用雑誌の譜面などでわりと多く見られ、
原稿の締切に関係しているのだと思います。
「あてにしない」は言い過ぎですが (笑)
まずは音源と譜面が同じか確かめてから、
歌唱するのが好ましい、
ふりうたでは必ずそのようにしています。

さて、その金曜日のふりうたを皮切りに、
週末に突入、
町会のボランティアがあったり、アコナイがあったり、
そして来週はもう3月、弥生です。
早い!

おっとその前に今夜も (笑)
何人か来店のメッセージあり、
パソコンはここまで、
本業に勤しみましょう。
posted by セキシュウ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

毎日のように

今週のさわうたはリクエスト週、
まずは一曲目、「高原列車は行く」、
さあ調子よく行こうと弾いていたら、
なんと、三番までの歌詞なのに四番まで弾いてしまいました。
四番は元々ありません。

どういうことかと言うと、
三番が終わり、ページをめくったら真っ暗、
「あれ?」
「なんで?」
そうか、一番の後、二番を飛ばして三番になったと思い込む、
慌てて三番をもう一回唄ってもらい、終了・・・

ところがお客様がキョトンとしています。
「え?」
「三番まできちんと唄いましたっけ?」

そうなんです。
てっきりツーコーラス、2回しか唄ってないと思っていたら、
しっかりスリーコーラス唄っていた、
スタートから大きな勘違い (笑)

実は、ちょっと考え事をしながら弾いていました。
さんざん弾いている曲は、
勝手に指が動いてくれるので、
今回に限らずよくあること、
終わっているのにサビを繰り返した、なんて失敗も、
少し前のことですが、しましたね。
いらっしゃった方は覚えてるかも (笑)

知らない人が見たら、
そんな、何も見ないで、別のこと考えながら、よく弾ける!
と驚くでしょうか。
でも、です。
毎日のように弾いているんですから、
「出来なきゃおかしい」

草原のDVDの取材で、山口の実家へ帰ったとき、
ずいぶん前のことですが、
昼食を支度しているところを撮影、
妹が見事にうどんを生地から作っているのを見て、
「すごいね〜」と言ったら、
横で料理をしていた母が、
「毎日のようにやっているんだから」
出来るようになるのは当然だと、涼しい顔をして言ったのを覚えています。

若い頃は、自分の力量も分からず、
勢いや自惚れや、それどころか他人の力を借りて、
なぜでしょう、
焦って、何でも認めてもらおうと思ったものです。
それが上手く嵌れば、
確かに一時的には成功する、
それが僕の場合、会社を興したことだったと思います。
ところが周知の通り、10年と持たずダメになった、
時代の流れもあるのでしょうが、それ以上に力不足、分不相応でした。

今、AMANEは14年です。
店を切り盛りしながら、ピアノを日々弾くようになったのは、
10年前に始めた、さわやかうたごえ、「さわうた」があるからです。
夜の営業だけでは、到底、今の数は弾けないし、
曲を覚えることもない、
さわうたから派生した、ふりうた、プチシャンソンも、
その数をさらに増やすことになっています。
そしてライブ。

やっと力がついてきたかな?とときどき思います。
が、深夜弾きで、アドリブを入れて、全然納得が行かなかったり、
徒然作曲を翌日聴き返して、下手さに愕然としたり (笑)
やっぱり、まだまだと呆れます。
でも楽しい。
音楽に関しては、充実していると言い切れます。
他は・・・
ええ、悪くはありませんよ (笑)
あまり気にしていないのです。
posted by セキシュウ at 18:51| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

経験と作品

2月も残り1週間になりました。
水曜日始まりの火曜日終わり、
今日は第3火曜日、
うちの地区は燃えないゴミの日、でもありますが (笑)
古典講座の日でもあります。
さわうたを終えた午後1時から、10名の方が集まりました。

今日は源氏物語・若紫巻の最終日、
先々正妻になる紫の上の、若い頃の物語、年は8歳ですから、
今で言えば小学校低学年、
まだまだ何にも分からない年頃のことです。
これまでは光源氏の相手は、いっぱしの女性、オトナのオンナ (笑)
そこにこの少女の話が、
どのように書かれるのか興味深かったのですが、
さすがは、と言うのはあまりに失礼か (笑)
千年読み継がれてきた世界最古の長編小説、
登場人物それぞれの心境をおもしろおかしく、
最後には男女の関係を的確に表現、
今までの巻より、印象深かったのは、
諸説ある中で、源氏物語がこの「若紫巻」から書かれたというのが、
有力であるということに沿っていると感じたのでした。

若紫巻の最後の、男女の関係のところですが、
現代語訳では、
「変に分別心がついて、なにくれと厄介な関係になってしまうと、
こちらの気持にも多少おもしろくないことが起りはせぬかと遠慮立てが生じ、
また相手のほうでもとかく恨み心を抱いたりして、
思いもよらぬいざこざもしぜん起きようというもの」
とあります。
この男女観こそが、
作者の言いたかったところ、
作者、紫式部の経験から出てきた一節であろうとは、父の弁ですが、
全く持ってその通りと思うと同時に、
深く共鳴できるのは、自分にそれなりに経験があるからだろうと思ったのでした。
それなりに (笑)

僕も自らをシンガーソングライターなどと称し、
あやふやな作品を (笑) 発表していますが、
ふざけた曲は別にして、
ここと言う時に出てくる歌詞やメロディーは、
経験から生じているものが殆どです。
理屈ではありません。
技巧でもありません。
ずばり感覚。

それを聴く方の感覚も、
また僕のそれとは違う、
これがまた作品の持つ面白さでしょう。

今でも印象深かったのは、
「草原」を作って、店でお客様の前で披露し始めていた頃、
ある男性の方から、
(たぶんブログに書いたことがあると思います)
唄い終わった後、
「マスターは」
「素直な人だったんだ!」と感激して言われたことです。

「え?」と思いました。
僕は、最近お客様にもつっこまれましたが (笑)
なかなかのひねくれ者、
過去にはずいぶん悪さもした、そのしっぺ返しもきた、
それで出来たのが「草原」と言う雑草、野草が主人公の歌です。
決して真っ直ぐ生きてきたわけではないし、
健気なんてとんでもない (笑)

しかしその男性の、作品に対する作者像は、「素直」だったのです。
面白いですね。

ただし、
それはあくまで曲を聴いた第一印象、
素直な優しいメロディーと、
空とか、風とか、暖かいとか、広いとか、
もちろん真っ直ぐ、健気、変わらず、信じてなどの、
柔らかい単語で構成されているという、
表面的な部分を感じただけだろうということを付記しておきます。
多くの、僕をあまり知らない方は、そう思っているでしょうし、
そう思われて何ら悪くはないからです。
posted by セキシュウ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

ピアノ奏者の譜面

昨日の歌倶楽部さんの貸切は7名、
人数はなんてことないのですが、
ピアノ伴奏はお一人4曲ですから、合計28曲、なかなか大変です。
しかも、3カ月に一度程度の開催、
それもその時っきりなので、
合わせる回数が少なく、新しい方もいて、神経はかなり使います。
譜面もまちまち、
中には移調が必要なのや、字がやたら小さいもの、
ほとんどの方が譜面に精通されていないので、仕方ありません。

仕事上、いろいろな方の譜面を伴奏しますが、
言うまでもなくピアノ奏者の書く、
それも、僕と同じように歌伴奏を主としている方の書く譜面は、
手書き、パソコンソフト仕様いずれも読みやすく、
弾くのに苦労しません。
ところが、弾いた経験のない方のだと、
(お金を頂いて、です)
「あれ?」と思うところが時々ある、
これも仕方のないところでしょう。

譜面については、実は僕も最初は安易に考えていて、
あくまで演奏するためのメモのようなもの、
その場で適当に合わせればいいんだと思っていたのですが、
もう随分前、
ブログにも書きましたが、
バイオリンの不尽子さんから、
まるで先生のように「あまねさん、きちんと」と注意され (笑)
考えを改めるようになりました。

今思えば、当時、
独唱会の伴奏を不尽子さんと一緒に始めた頃は、
あまりにも腕がなかった、
譜面をきちんとしたところで、大して弾けはしなかった、
一辺倒のコード弾きプラスちょっとしたアドリブ程度だったのです。
歌唱を盛り上げる弾き方、
聴衆に訴える弾き方、
そんなのは皆無 (笑)

今はそれが少しは出来るようになり、
そうすると、それをする為に、
しっかり音符を、メロディーを見ながら、
歌唱者と一体になって弾きたいと思うようになり、
なるべく読みやすい譜面を、と望むようになりました。
もちろん、
大抵の方は譜面のことはわからないので、
その場その場で対応、ない頭を一生懸命使って伴奏 (笑)
ですから、昨日のような、たった2時間半程度のイベントでも、
終わったら「ふ〜」と深呼吸、ストレッチ、
疲労感はあるのです。
体を使ったときとは違うものです。

で、今日。
体と言えばバスケ (笑)
午前中、穏やかな合間に行ってきました。
1時間半ばかり動いた後、
帰りに。

01hak.jpg

白梅です。
いい感じ!

ところで、この白梅、どんな場所に咲いていると思いますか?
こんなところ。

02hak.jpg

駐車場の裏手です。
3本あるんですよ。
あまり気にされないところに咲いているのが、
また好みなのです。
posted by セキシュウ at 20:13| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

空と歌倶楽部とアコナイ

今日は日曜日ですが出勤、歌倶楽部さんの定例のイベントでした。
日曜日の出勤は久しぶり、
少し風は強かったけど気持ち良い好天、
「こりゃ、良いことある?」
絶対ある、と空を見上げると、

IMG_1430.JPG

おお、飛行機雲が、
「やっぱり!」
これが良いこと (笑)

かつては大人数の開催で、
長丁場6時間もあった歌倶楽部さんのイベントですが、
ここのところ少人数、今日は7名でした。
それでも主宰の方と、細々とでも続ける価値ありと相談し開催、
新しい方も一人見えて、楽しんでいただいたよう、
これは前回に引き続きで、
前回の方もリピートをしてくださり、嬉しい限りです。
少ないからと手抜きするのではなく、その反対、
こういう時こそ、最大限の伴奏をして、濃い営業、
次に繋げる営業をする、
これは水商売のキモの部分だと思います。

昨夜は、一週間後に迫ったアコナイに出演の、
やてふさんとご友人が、
一曲だけ僕がピアノで加わるということで、
リハ、プラス飲みに (笑) いらっしゃいました。
「昨夜、朝まで飲んでて」とのご友人は、
始めは控えめに生ビールを、
しかし段々エンジンがかかり、
終わってみれば、やてふさんを追い抜いてジョッキ8杯、
やてふさんは及ばず7杯・・・
って、レースかよ (笑)

リハを終えて、別の店で打ち上げをせず、
そのままお残りになって、
うちでお金を落とそうという心意気、
ありがとうございます。
今後のアコナイの話も出来、
いよいよ軌道に乗った感・・・
いやいや、まだまだ、
気を緩めず、しっかり計画、サポート、アフターフォローしましょう。

まずは第10回です。
どうぞよろしくお願いします!

★第10回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/2/25(土)開場18:00〜 開演18:30〜
出演 : ガッチャン矢崎 小島かおる 小山トシヒロ 
ジョニー楠本(New) 高野克昭(New) Fullbody(New)
posted by セキシュウ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

追加

昨日の記事に欲求不満の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「えっ?」
「ネコ」
「これだけ?」

そいつは失礼しました (笑)
ありますよ。
行ってみましょう。
彼らの僕を見る表情に注目です。

01nec.jpg

奥のシロは知っているコ、
手前のは、「誰、おまえ?」的な (笑)

このコも。

02nec.jpg

店の前、道路を隔てた細い路地です。
僕のことは知っているのでしょうが、
やはりノラ、警戒心たっぷり。

大きな木の下に。

03nec.jpg

よく見ると、

04nec.jpg

かわいい (笑)

いつものさび猫。

05nec.jpg

知らんぷり〜。
で、

06nec.jpg

さようなら (笑)
以上、追加でした。
posted by セキシュウ at 19:42| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

人相

今日はまた暖かかった、
予報は聞いていたのですが外に出てびっくり、
風がなければ半袖一枚でいけたかも知れません。
その風は、春一番の名の通り嵐のよう、
小柄なふりうたのお客様は「飛ばされそうです」とおっしゃいながら、
道路のあちこちにゴミが散乱していました。
うちも、表のドアの隙間から枯葉が侵入、毎度のことです。

金曜日ですし、ゴミの集荷はない、
けれどゴミが飛ぶのは誰かが道に捨てているからです。
目ざとい僕は、信号待ちのときや、
自転車で通行中、素知らぬ顔してポイっとゴミを捨てる人を見る、
それがいかにも捨てそうなタイプと、
「えっ?こんな人が!」がいることに気づきます。
多くはいかにもタイプ、
ブツブツ文句を言いながら歩いていたりして、
「そんなことしているから」
「ブツブツ言いたくなるんでしょ!」
「いいことないんでしょ!」とツッコミたくなります。
何にでも八つ当たりする、その気持ちはわからないでもありません。
そんな荒れた時期が、僕にもかつてあった・・・
さすがにゴミのポイ捨てしませんけどね。
一応、お育ちはある (笑)

「徳を積む」とよく言います。
やっぱり人間は、心を穏やかにするために、
何か人知れず善い行いをして、
いつもニコニコ暮らしたいものです。
テレビやネットなどで、犯罪者の画像映像を見るにつけ、
やっぱりそういう人相だと思う、
わざわざ、それっぽいのを使っているということを差し引いても、
たとえば、うちの店にその人が入ってきたら、
客商売をしている僕ですから、顔つきに、ただならぬ気配を感じるでしょう。

自分はどんな・・・と思います。
街ネコたちを撮っているとき、
特に、逃げられたとき、
「あっ」
「怪しまれた」
「人相が悪いせいか?」

逃げないときは安心 (笑)

hsiro.jpg

昨日の夕方は、たぶん初めてのシロちゃんですが、
ここまで近づいても平気でした。
ホクロが特徴的。

ちょっと嬉しかったので、
早速、深夜徒然作曲を。
単純 (笑)
歌詞が我ながら上出来だったので紹介しますね。

「豊齢線」
君を見る時 どんな顔しているか想像してみる
自意識過剰 否定しながら鏡覗いている
目尻下げて少しにやけて ほうれい線浮き彫りに
いい年をしてこんな事して 何が楽しいやら

それでも僕は君を見る時
そんな顔をしているでしょう

人が言うには 愛は惜しまず注ぐものです
しわが増えても 君が幸せになって欲しいです
posted by セキシュウ at 20:25| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

さわうたとアコナイ

夜は昨日書いたように、
何もなければチョボチョボの (笑)
一月に一度か二度爆発する程度の営業なのですが、
昼間はおかげさまで安定して忙しくなりました。
今週のさわうたは、少ない日が17名、
あとは21名に19名、グッと株価は上がっています。

週2回いらしている方がベースになり、
曜日を決めて毎週レギュラーの方、
曜日を変えながら来る方、
月一ペースの方、
気まぐれな方 (笑)
それがうまく絡み合い、
決してぶつかることなく良い味を出している、
やっとここにきて、
「さわうた」のレシピが確定したというところです。
それも秘伝の味 (笑)
10年かかりました。

今日は気まぐれを自他共に認めるMomoko さんが登場、
前半の部のラスト「隣組」を唄っている時に、
ノリノリで入ってきました。
歌唱は廊下まで、
つまり表の扉を開ければ聴こえてくる、
それが「隣組」ですから、
知らない人が聴いたら、「なんだこの店は?」でしょう。
♪ 格子を開ければ顔なじみ 廻して頂戴 回覧板
ご存知ですか?
Momoko さんは、乗ってるくらいだから当然知ってる (笑)

後半は、唄う合間に、アコナイの告知も少しだけしました。
「私がお当番を務めさせていただきます」とMomoko さん、
それが3月18日のアコナイ、
そして4月も既に決定、出演者も出揃った!
ホストはゴトー ウィズアウト カメレオンズさんです。
昨年10月に引き続きお願いを、
「ゴトーさんは顔が広いですよ」と、紹介者の格子戸さん、
いや、行志堂さん (笑) のおっしゃる通り、
今回も新顔が多数、楽しみ楽しみ。
5月をどうするか思案中です。
2月のアコナイが終わる前から、3ヶ月先のことが考えられるなんて、
とても有り難いことです。

今日、小島かおるさんのフェイスブック投稿で、
懐かしい写真を見ました。

kj.jpg

初めて出た戸山公園の野外コンサートです。
この後、すぐ帰らなくて良かった、
パイプ椅子に座りのり弁を頬張りながら見たのが、
ハイブスさんの演奏、
オナツキ、「同じ月をみてるなら」にインスピレーション、
何度も書いた話です。
いや、何度も書きたい話です。
そこから全ては始まった・・・
音楽は無限大。
間違いありません。
posted by セキシュウ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

噂話

昨日はずいぶんピアノを弾いた日ですが、
夜、だめ押しがありました。
オープンして早14年近く、
お客様の質は、当たり前ですがかなり変わった、
開店当時のスナック客は今はほとんどいなくなったのです。

スナック客という表現が妥当かどうかはわかりません。
なんとなく男性ばかりをイメージしますか?
そんなことはない、
お酒を飲んで唄うのは男女一緒で、
どういうご関係かはいずれにしても (笑)
男女連れだって飲み回る、飲み屋のハシゴをする、
その一軒がうちでした。
スナックのママさんやマスター、
小さな居酒屋のママさんやマスターなどが、
お客様といらっしゃることも、よく、
それこそ開店当初は毎晩のようにあった、
それも十年一昔、最近はあまり見なくなりました。

昨夜遅くいらしたのは、新規のお客様ですが、
いかにも前述のスナック客でした。
男性は、僕がやる以前の、大家さんが直接経営していた頃のお客様、
連れだった女性は、どこかでうちの噂を聞いてきた様子、
僕の素性をいきなり口にしましたが、軽くスルーです。
これ、結構なテクニック (笑)

スナック客イコールカラオケ、
それだけで十分楽しんでいたのですが、
やっぱりピアノをと、あるきっかけで勧めました。
「お兄さん、一緒に唄って!」と言われたのです。
お兄さん (笑)
「一緒は無理ですが・・・」ピアノ伴奏ならと、
酔って気が大きくなっていたのか承諾、初挑戦です。
カラオケのように字が消えていかないので、
調子がつかめない様子でしたが、
そこは百戦錬磨、待ちながら、リードしながら合わせていく、
隣の男性が驚いて見ていました。
「音大出てるんだろ?」は常套句です。
いえいえと、これまた軽くスルーして、男性にも勧める、
仲良くピアノで2曲づつ唄ってお開きになりました。
これで800円プラスです。

どうやら女性の方が飲みたい心境だったようで、
「これからどうする?」「もう一軒行くわよ」の会話を、
外でしているのを廊下で聞きながら、
こういうお客様も珍しくなったと思う、
もし僕が、
スナック客相手だけの商売をしていたら、
「もう一軒行かせないくらい」
「うちで飲ませていただろう・・・」
うちでは一杯だけだったのです。
代わりにピアノ。

お酒を勧めるよりピアノを。
その方が今の時代に合っていると思います。
また来てくださると良いのですが。
まあ、そうでなくても、
きっとどこかで噂話をしていることでしょう。
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

程よく軽く

幼稚園の先生の、伝統という言葉にブルッとしました。
自営業を始めて久しく、大きなものに巻かれることなく、
自分で自由に何事も決めてきた、
過程、結果はいずれにせよ、です。

ですから、伝統、古くから伝わるしきたりに沿い、
遵守、受け継ぐなど、もうとっくに忘れていて、
自分の記憶の隅の隅の方に、
多分、バスケを現役でやっていた時代で終わっています。

会社員なら、それとは違いますが、
社訓というものがあるでしょうし、
自営業者でも、代々続いているものなら、家訓があるか、
ずいぶんと重たいものを背負っているでしょう。
今の自分がいかに軽いか、改めて思いました。

まあしかし、やっていることがやっていること、
重っ苦しいものでもないのです。
所詮、と言ったら語弊がありますが、
余興、遊びの世界です。
ちゃらんぽらんはダメですが (笑)
程よく軽い方が良い、店はくつろぐ場所ですからね。

今朝は9時55分になってお客様は二人、
今日は少ないかと思ったらさにあらず、
来る来る来る (笑)
車いすのエリちゃんまで来て、21名でした。
お母様からは、男性に粋なプレゼントはチョコレート、
バレンタインですからね。
火曜日にいつもいらっしゃるので、
男性の顔を把握しているのです。
いつも娘を可愛がってもらっての感謝の気持ちでしょう。
休み時間、帰り際に話しかけているのをよく目にします。
「マスターもどうぞ」
僕にもですか〜 (笑)
ありがとうございます。

午後からはプチ・シャンソン、
こちらも12名、少し遅れてお一人、13名と大入りでした。
これだけ入ると、40曲近く唄うので、
終了はなんと夕方5時!
もっとも、間に譜面のことを打ち合わせたり、
休み時間も長めに取ったりと、ノンビリやったせいもあります。
ピアノ伴奏は、徐々に盛り上げていく感じ、
最初から一気に弾きまくると、聴いている方がだんだん疲れてくる、飽きてくる、
要所要所、気合いを入れることにしています。
こっちもすべて全力投球は無理 (笑)
それは、さわうたでも同じで、
長く通っている方は、僕の加減がよくおわかりだと思います。

徒然作曲は数日おきに、
先日ふと街路樹を見て思った曲、
いや、思いを街路樹に託した曲を、
歌詞だけ紹介しますね。

「芽吹き」
青い空に街路樹が揺れている
芽吹いている横顔に問いかける
こんなに短く切られても
おまえは笑っているんだね
枯れて朽ちることを知って花を付ける
年を重ねる
どんなに相手にされずとも
おまえは黙って揺れている
posted by セキシュウ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

競演

ちょーやさんからコメントが入りました。
「峠の我が家」のジャズヴァージョン、それは面白そう、
しかもノリノリということはスイング調でしょうか?
深夜弾いてみるか (笑)

しかも早いものでさすが2月、もう明日で半分です。
昨日も今日も結構な風で、
「寒いだろうなぁ?」はバスケのこと、
またもホイホイ行ってきました。

今日は振替休日だったのか、隣のコートに先客あり、
しばらくしたら、
僕のやっている方のコートにもお客が・・・

01hat.JPG

鳩です (笑)
これがまた、

02hat.JPG

懐っこい。

03hat.JPG

僕がドリブルしたりシュートをしても、
怖がらずチョコマカチョコマカ、
コートの中や手前の地面をつついている、
普通なら飛んで逃げそうなもの。
「ハトくんに好かれた?」

こうなったら一緒に撮るか!」

05hat.JPG

残念ながらカメラ目線なし (笑)

実際はそれだけ必死に食べていたわけで、
別に僕に懐いたわけではありません。
彼らはチャンスを逃さない、
人間なんかよりよっぽど頑張っています。

鳩にからかわれながら風の中、
頑張ってみた成果が上の顔 (笑)
寒かったのがわかると思います。

ところがそんな寒さでも、
幼稚園のマラソン大会が今日も!

04hat.JPG

先生や親御さんの声援の中、頑張って走る子どもたち、
いや〜、よくやる!

帰り際、駐車場で幼稚園の先生の車と隣り合わせ、
「お疲れ様です」とにこやかに話しかける、
普段、営業では見せない顔? (笑)
少しお話を聞きました。
年長さんは知ってましたが、年少さんでも3周走るんだとか、
約1kmです。
「そんなに!」
「すごいですね」と言ったら、
「50年続いている伝統行事です」と。

なるほど。
それならわかります。
伝統は重いものですからね。
良い話を聞けました。
男性の先生でした。
posted by セキシュウ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

アンテナ

早速ちょーやさんには、星めぐりの歌の譜面をメールで添付、
好タイミングだったのでしょうか、
今日はからたち合唱団さんの本番の日、
もしかすると「次の曲は・・・」と紹介しているかも知れませんね。

音楽は「音を楽しむ」のは読んで字の如くですが、
何をどう楽しむのか、
自分で見つける場合もあれば、そうでない場合もある、
特に楽曲になってくると、何かのきっかけで、
たとえばテレビで見た、ネットで見た、誰かのを聴いたなど、
いつどの機会にかは、全く予想が付かない、
もし機会がなければ、
たとえば歌なら、唄いたい歌に巡り会わなければ、楽しむことはできないのです。

そういう意味でいうと、
僕らの仕事は与える側、
常にアンテナを張って、音楽の情報を集めている、
以前、恒太先生が言っていましたが、
「講評に行くことで」
「我々も勉強になる」
その通りです。

僕の場合、アンテナは他にも張っています。
何のことかわかりますね (笑)

01do.JPG

あ、見〜つけ。

02do.JPG

あれ、何か、下が気になるみたい・・・
誰かいるみたいだ!

視線を追うと、

03do.JPG

おっ、クロ。
どうするのかと思ったら、

04do.JPG

ピョ〜ンと飛び乗って、

05do.JPG

おお、上に。
何か始まる??

06do.JPG

えっ、おまえまで・・・
大丈夫か〜〜

07do.JPG

ありゃ (笑)
向き合ってチョコンと。
仲良かったんですかね?

08do.JPG

の、ようですね。
posted by セキシュウ at 19:37| Comment(1) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

祝日でも

今日は祝日ですが仕事です。
昼間のふりうただけですが。

今年は話によると、いや話によらなくても (笑)
土曜日の祝日が多い、
サラリーマンは悲鳴だとか、お察しします。
もともと土曜日は休みの方が多いですからね。

土日は休みですが、デイホームやリハビリセンターなど高齢者の施設は、
平日の祝日は営業をしているのをよく見かけます。
うちの店も、さわうたやふりうたに関して言えば同じ、
始めたおよそ10年前に決めたことですが、
案外いいセンスしていたと自画自賛しています。
唄いに通うことが生活のリズムになっているのですから、
休むことは、返ってバランスを崩してしまうのだと思います。
来客数も、祝日だからといって大きく減ることはありません。

夜は休みです。
僕にとって貴重な時間。
昼間の仕事の後ですから、なんとなく仕事の延長線上にいる、
店での接客はないけれど、
音楽のデータを整理したり、譜面を作ったり、
ホームページのスケジュールを更新したり、
打ち合わせのメールをしたり、
メールに返信したり・・・

やっぱりと笑ってしまったのは、
早速昨日の記事に反応が、
同級生の音楽仲間ちょーやさんから、
「音楽の循環にぜひ!」の標題でメールが届きました。
星めぐりの歌、
彼女が指導している、からたち合唱団さんで唄いたいようです。
良かった !!
分かち合いの輪がまた広がりました。
posted by セキシュウ at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

音楽の循環

今朝は晴天、綺麗な青空を眩しく見たのですが、
午後から薄雲が、急に寒くなりました。
暗い空に、
「これはひょっとして雪に」とふりうたのお客様と、
夕方、一度自宅に戻るとき、
ハラリはらりと舞う、
「当たった!」(笑)
みなさんのところは如何でしたか?

西日本は大雪とか、
高校のバスケ部が新人戦で鳥取に、
その様子がコーチが管理するフェイスブックページに投稿され、
大雪の中、大会会場入りする様子に目を奪われました。
昨夏コーチの40周年で帰ったとき、
そのページを紹介されフォロー、
大会ごとに細かくアップしてくださるので有難い、
離れていても身近に感じられます。
「良い時代になったものだ・・・」

もちろんその逆もあり、
個人が自由になんでも情報を流せる時代、
ひとつ間違えば命取りになることがあります。

細心の注意を払って投稿すべきは言うまでもないことなのですが、
何かの拍子に突然ブレーキが効かなくなるのか、
失敗した例を数多く見ます。
そうでなくても、
みんなはそういうチャンスを狙っている、待っている、
ここぞとばかり・・・
意味はわかりますよね。

「嫌な時代」と言うでしょうが仕方がない、
今はそういう時代と認識すべきでしょう。
僕の周りにはブログは勿論、
フェイスブックなどSNSもやらない人は多い、
或いはアカウントはあっても発信しない人は多い、
忙しさもあるのでしょうが、
上記のような煩わしい面があるから敬遠しているのもあるでしょう。
おや、
ちょっと話が逸れてしまった (笑)

昨夜は予想通りお客様が、
忙しくはありませんでしたが、ブログは早めで正解でした。
さわうたの今回の課題曲のネタもと、
つまり、僕に曲を教えてくれたお客様です。
小学校で絵本、物語の読み聞かせの授業をしている方で、
そこで使用したのが宮澤賢治、
なんと作詞作曲もしてたのです。
ご存知でしたか?
「星めぐりの歌」



キーを少し下げて譜面を作り、
今週火曜日から唄っています。
短いので、すぐに唄える (笑)
ちょっと不思議なテイストのある曲、
ハモっても綺麗でしょうね。

もちろんネタもとさんにも譜面を上げました。
「市販のと少し違いますが」
「この方が唄いやすいですよ」
喜んでました。
さわうたでも唄っていることを伝え、
「これが音楽の循環です」と言いながら、
良いセリフを思いついたと内心、
みんなで幸せを分かち合うことが出来るのが音楽、
僕が店を続けていられるのも、
そんな要素があるからだと思ったのでした。
愉快な仕事です。
posted by セキシュウ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ねこ様

予報通りか予報に反してか、午後から雪になりました。
霙混じりの、と言った方が適切でしょうか。
日付が変わるくらいまで降るとか・・・
今夜はお客様が来るでしょうか。
意外とこんな日に、が考えられます。

昨日のさわうたは20名、今日は15名でした。
ふだんは多い木曜日も、こういう逆転現象があるのが水商売、
後半から参加の男性は今日は欠席です。
「おもしろいなぁ・・・」
何がって、
一週間前の夕方、偶然ですが、
その方と自転車ですれ違ったのです。
すれ違う瞬間気付いたので、声はかけなかったのですが、
(自転車同士、急に止まったりすると、人通りがある時危険、迷惑なのです)
「あ」
「こんな時間まで十条にいるんだ」と初めて知ったのでした。
午前中うちで唄って、ランチをするのか、
その後どこかで遊んで帰る? 買い物? それともその日は特別?
今日いらしたら、帰り際ちらっと尋ねてみようと思ってたのがお預け、
これもまた、待ちの営業の水商売ならではです。

さて、今日は久しぶりにねこ様いってみます。
「ねこ様」(笑)
少したまってます。
フェイスブックでご覧の方も、見てないカットがあるかと・・・
大したことはありませんが (笑)
どうぞ。

ねこと日なた

01ne.JPG

Momokoさんはスポットライトと言ってましたね。
たしかに。

ねこと日なたその2

02ne.JPG

軽々と

03ne.JPG

これは少し寄ってみます。

04ne.JPG

ねこにとってはお安いご用 (笑)
どんな顔か気になりますか?

05ne.JPG

おおっ!
けっこう貫禄ある (笑)

おまけ

06ne.JPG

こちらはまだ子ども。
じっと見つめてかわいいですね。
posted by セキシュウ at 17:06| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

クラッカー

昼間は圧倒的に女性客の多いうちの店ですが、
夜は男性がまだまだ多数なのは、
飲み屋として営業しているからでしょうが、
それにしても、野郎ひとりのところによく来る (笑)
野郎というよりオッサンか?

昨夜も威勢よく扉が開いたかと思ったら、
「マスター、久しぶり!」とテンション高め、
直ぐにトイレに入るところからして、飲んでいる証拠です。
近くなりますからね (笑)
何度か来ている男性二人の常連さん、
年は僕より10歳下ですが、
気安くタメ口、それなりの厳つい風貌です。

前にも書いたと思いますが、
案外、うちはそういう男性のお客様が多い、
いわゆる、ちょっと注意しないと怖い系 (笑)
これは何故か昔からで、
六本木で働いていた頃から、そういう人たちに可愛がってもらってましたから、
元々、僕が持っているものなのかも知れません。
AMANE開店当時も、そういう輩を苦にせず営業できたのも、
今考えてみれば、彼らが僕に一目置いていたからでしょう。

それはさて置き。
その二人、まずはこうです。
「お兄さん」
「今日はまだ時間も早いし」
「一緒に飲もうよ!」
もうひとりが言います。
「こいつ、良いことがあって」
相当ご機嫌の様子、
営業中は飲まないことを伝えるのですが、
「そんなこと言わないで」
「どうせ誰も来やしないよ」

ここまで読むと、なんて失礼な、
冗談にしてもきついと思うでしょう。
それを笑いながら交わす、
というより、一緒に飲みたいという気持ちを嬉しく思う、
それこそが彼らの人間性です。

誰彼構わず同じことを言われて、笑えるなんてありません。
たとえ顔で笑う、あるいはスルーしても、
心の中では、「なんてことを」と思う、
「ふざけた人だ」と思う、品を疑う、
でも彼らにはそれを感じない、
見た目こそ怖いのですが、人の良さ、優しさを備えているのを、
何度かの来店で知っているからなのです。

さらに、僕のピアノでしか唄いません。
昨夜は、
糸、いとしのエリー、恋、そして締めにまた糸。
仲良く二人で歌詞の1行ずつ唄う、
これがまたそれぞれの味が出てナイス、
唄い方にも生まれ持った人柄が現れます。
まあ、これは僕の勝手な思い込みもありますが (笑)

おつまみとして出したチーズクラッカーの、
クラッカーが、
酔いも手伝ったか、
ひとりの方の手からするっと落ちて、床に転がりました。
「あ、もったいない」
と言って急いで拾う、それをすっと取り皿の脇に置きました。

お帰りになって片付けながらクラッカーを見る、
半分ばかりの大きさです。
「もったいない」
その一言で彼らのことをまた好きになりました。
すぐに拾ったのは、
踏んで店を汚すのを避けたからでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

個展

今日は昨日の風をそのまま引き継いだのか、
風が強く、前に進めないほどでした。
歩いて、じゃなく自転車 (笑)
もちろん高級な電動式でなく、
オンボロの、
ライトは前輪をこすりながらのタイプなので、
古さがわかるでしょう。
でも一応愛車 (笑)

実はタイヤは履き替えていて、
前後輪とも石橋さんの (笑)
近所の自転車屋さんに勧められてそれにしたのですが、
乗り心地がさすがに良い、
買った時のはどこのだかわからないメーカーでした。

そんな強風にもめげず、
さわうたには18名のお客様が、
調子よくリクエストをこなして課題曲、と思っていたら残念 (笑)
出来ない曲に当たってしまいオロオロ、
それが自分の曲なので大笑いです。
春の足音、花は咲くもの、
いずれも、僕が作り唄い、みんなで課題曲として唄ったのですが、
春の足音はなんとなく、花は咲くものは全然覚えていない、
焦って譜面を探しても出てこない、
「すいません、次回やります・・・」
情けない (笑)
当たり前ですが、譜面があれば思い出します。
しかし、さわうたで譜面を見るのは滅多にない、珍しいことなのです。

昨夜はボイストレーナーで歌手の女性が、
ピアニストの友人と遊びに来ました。
そこで譜面の話、
生徒さんにどうやって譜面の読み方を教えるのか、という話題になったのです。
これは僕も関係のある話で、
彼女の言うことに興味津々、
逆に彼女も「マスターはどうしてますか?」と、お互い情報交換しました。
その後、ピアニストさんが伴奏、
ジャズに長けた方でアレンジも多様に、
僕がアコーディオンで入ってセッション、
お客様は男性お一人でしたが、贅沢な時間、楽しかったです。

ところで、このところ画像をアップしてません。
最後にしたのは、僕の下手な4コマ、
かわいくないネコ (笑)

ではこちらはどうでしょう?
妹の絵です。

こっちゃん.jpg

母と妹が今年の春、3回目の個展を開催、
僕も2日の午後には顔を出す予定です。

ラ・セーヌさんのHP
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

気楽

昨日は休みだったのですが、1曲譜面を作りました。
音源の頼りはやっぱり動画 (笑)
明日のさわうたから唄う課題曲ですが、
今回は少し変わったものを、
口頭では告知していますが、ここでは割愛、来てのお楽しみです。

休みと言っても結局何か仕事に関係することはやっていて、
これはもう、店を始めた当時からの習性なので、早25年か、
特にそれが嫌とかいうレベルは超えています。

会社経営者、自営業者、フリーランスなどなど、
同じようにオフでも仕事をしている人もいれば、
全く仕事から離れて、体を休めたり、趣味などに勤しむ人もいるでしょう。
近いところでは美声氏ですが、
彼なんかは完全に離れている、
それだけ厳しい仕事、ということだと察します。

僕は、趣味を仕事にしているようなところもあり、
カラオケボックス経営時代はさておき、
今のスタイルになってからは、
1曲でも多く知ることで、例えば昨日譜面を作った曲、
すべてが知識となり、演奏や創作の糧になるのですから、
多少手が掛かっても、やったことが後々活かされてくる、
これは、お稽古事の世界と一緒ですね。

今日はいつものように朝からバスケ、
またもグラウンドは幼稚園のマラソン大会で賑やか、
年長さんか、一周300メートルあるコースを、
何周走るのかとシュートを打ちながら見ていたら、
なんと5周 !!
1.5qですから大したものです。
しかも先生たちも一緒に走っていました。

先週も半袖でしたが今週も、
気温はさほど高くなかったけれど、風がなかったんです。
日も差してきて、
「これは暑くなるか・・・」
バトミントンの方たちも早速ネット代わりの紐を張って、
土に水を撒き埃が立たないようにし、
さあ、始めようと思ったところで強風、
土埃が舞い、まるで竜巻のようでした。
それが数分おきに続く、
やがて「こりゃ、だめだな〜」と大きな声、撤退をし始めました。
主宰の男性が僕に近付いてきて、
「またね」と笑顔で言い残し、
7、8名がまとまってぞろぞろと、入口の方に向かいます。

グラウンドのマラソン大会も終了、
園児たちは引き上げ、観戦のお母様方も三々五々解散、
丸くなってミーティングしている保護者、役員さんでしょうか、だけを残し静かです。
ハトがここぞとばかりに降りてきて、何かをつついています。
それを見ながら僕も手を洗い駐車場へ、
車にボールやシューズを片付け、
さあ、出ようとハンドルに手を掛けたら、
目の前の、ずっと先の方でひとかたまりの団体、
よく見たらバトミントンの方たちでした。
何か広げています。
「もしかして」
「昼食か・・・」
風よけになっている場所なのでしょう。
「あんなところで食べるんだ」
「楽しそう!」

ちょうどお昼時です。
帰路では、大きなビルからぞろぞろと、スーツ姿の男女が出てきます。
少し脇に逸れたら、工事現場からぞろぞろと作業服姿、
みんなでまとまって食事に行くのでしょう。

まだサラリーマンだった頃のことが甦りました。
平成の初めのころ、たった数年でしたが、
会社は四谷三丁目、よくまとまってお昼に行きましたっけ。
「あれはあれで」
「楽しかったなあ」
ずいぶん気楽でした。
今でも気楽ですが、何かが違う、
それは、ニモのパパも言ってましたが、残された時間なのかも知れませんね。
posted by セキシュウ at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

使用者

今日は久しぶりに雨が降りました。
少しは湿度は上がったか、う〜ん、そうでもないような、
暖房も相まって、室内はかなり乾燥しています。

徒然作曲の仕上げの歌は、たいてい深夜1時から2時頃の間に唄うのですが、
声が多少かすれ気味なのは、乾燥も影響しているでしょう。
特に金曜、土曜はふりうたで声を出しているので、
遅い時間に枯れてくるのは仕方がない、
しかし歌手ではないのであまり気にしていません。

昨日はふりうたの後、ドリームVさんの貸切、終わって予約のお客様と、3回転でした。
ドリームVさんも参加者が多く、
人気曲「前前前世」は予想通り、恐ろしく短い「PPAP」も (笑)
さらに昭和歌謡、
「なんで知ってるの?」と思いますが、きっと親御さんの影響でしょうね。
それに今は動画サイトもあります。

動画サイトは、僕などのような音楽を商いの材料にしている人間にとって、
とても有り難いツールです。
歌詞サイト、コードサイト含め、どれだけ役に立っているのか、
「もしなかったら?」と思うと、ぞっとします。
ネタ探しから、採譜から、資料作りから、或いは練習、
すべてを専門誌、CD、有料ダウンロードでまかなうとしたら、
「どれだけの費用と」
「それを調達する時間が必要か」
たぶん、今のサービスは諦めなければならないと思います。
瞬時にしてなんでも唄えるなんて、まず無理、
当然そうなれば、
店の魅力はダウンするので、お客様も減ることは間違いないでしょう。

今、ちまたでは音楽著作権のことが問題になっています。
某協会が、音楽教室から徴収を始めるとか・・・
うちには全く関係のない話ですし、
コメントする立場でもありませんが、
某協会が、批判を覚悟でそこまでしなくてはならないのには、
上記のような便利なサービスがあるのも理由の一つになっていると思います。

音楽ビジネスは、ネットのない時代に構築された、古い形のものです。
そのまま同じ形で続けていくのには無理があるのでしょう。
どう変わっていくのか・・・
関係者として興味深いところです。
もちろん僕はもう何年も、
それこそカラオケボックスを始めた30才から!
某協会に使用料を納め続けている、優良 (笑) 使用者です。
posted by セキシュウ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

夢の中で

昨夜のお客様は常連さんで、
その中のお一人は、いらっしゃると友達同士でカードを、
カードといってもゲームじゃなくて占い、
いろいろ集めるのがご趣味のようで (笑) 毎回違う占いを、
やり方は、切っていてポロッと1枚落ちたのがその人の運勢、
カードを見て説明本を広げ、あなたのは云々と調べるのです。
僕もときどき「アマネさん、やりませんか」と勧められ、
断る理由もないし、まあ遊びのうち、お付き合いします。

今まで何度もやりましたが、これがなかなか当たるんです。
昨夜はちょっと驚きました。
このところご無沙汰だった深夜の徒然作曲を、
そろそろやろうかと思っていたのです。
最後に作ったのは1月30日の夜中ですから、間が空きました。

カードは夢占いとか。
トランプの2倍くらいある大きさのカードを、
念じながら切るとパラッと落ちた、
それをお客様に渡すと、
「一、ですね」
「アマネさん、スタートですよ !」
カードの説明が書かれてあるページを差し出してくださいました。
読むと、あらびっくり (笑)
「新しいこと」
「創造するのがよい」と書かれてあるではありませんか !
これはまた・・・
まあ、偶然と言えば偶然ですが、おもしろいです。

カードがなんで「夢占い」なのかよくわかりませんが (笑)
夢をテーマに小曲を作ってみました。
相変わらず作って直ぐ弾き唄いなので、たどたどしいですが・・・
詞と共に紹介します。



「夢の中で」
夢の中で作った歌が良い曲で
急いで起きて書こうと夢の中で思っている
永遠の愛を奏でる歌に目を腫らし
急いで顔を洗って夢の中を探している
過去と今と未来と夢と現実が駆け巡る
そしていつか天に向かう
夢の中で歌った曲が消えてゆく
夜明けと一緒に音を立てずに消えてゆく
posted by セキシュウ at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

オチていない

ニモのパパからコメントが入りました。
rana さんはわかりませんが、
美声氏はどうでしょう、
子どもの頃なりたいと思っていたものは、もしかして別にあったりして・・・
サッカー選手や野球選手という、オーソドックスな夢をもっていたかも知れません。
いずれも活躍していたのは同級生なら知るところでしょう。
僕はピアノをやっていましたが、
残念ながら「ピアニスト」の夢は皆無、
それが今、端くれとして生業の手助けをしているのですから、
人生、不思議というか、皮肉というか・・・(笑)

人によってそれぞれ違うのは生きてきた道ですが、
過ぎた時間だけは一緒ですね。
ニモのパパが先週金曜日来店して、早、1週間が経ちました。
幸いなことに、先週は二人で貸切状態、大いに唄えて良かった !
今夜はグループ客が見えています。

こういうタイミングの良さは、我々業界では、
「水商売の神様」が取りはからってくださると言います。
そっぽを向かれないように、コツコツとやりましょう。

さて、今週からさわうたで配っているさわ通の4コマ、
今回は全然オチていない感じが・・・
ずるい作戦、ネコにまかせてしまいました (笑)
どうぞ。

さわごえ君第79話ブログ用.jpg

posted by セキシュウ at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

節分の前に

rana さんからコメントが入りました。
子どもの頃から好きなことを、
ずっと続けてやっているというのも、これまた凄いことです。
自分に置き換えると何がある?
うーん、何もない気が・・・(笑)
気が多いのでしょうか?

話は少し変わりますが、
子どものなりたい職業というのが生命保険会社の調査で毎年発表されます。
(1位から10位)
男の子の上位にはスポーツ選手、女の子の上位には食べ物屋さんは、
当たり前といえば当たり前ですが、
やはり男の子は戦う姿に憧れる、
女の子は料理などを作ったり出したりする姿に憧れる、
男女の差別にナーバスな世の中でも、
子どもの、本能的に憧れる感覚は、昔とそう変わりないのだと思うのです。
音楽関係はやはり女の子で、
歌手、アイドル、ピアニスト、ピアノやエレクトーンの先生が、
中位や下位に、
男の子は10位までランクインしないのもまた面白いものです。
男の子は奥手 (笑) もう少し経ってから思うようになるのでしょうか。
それとも職業としては食べるに厳しいと感じるのでしょうか。

2月も2日が過ぎ、明日は節分、明後日は立春です。
なんとなくそわそわと、
何かが起きそうな予感がするのは、まさに春だから、
芽吹く季節が一番力強い、
パワーが漲る、
ならばいいけれど、
ちょいとおかしくなる時期でもある (笑)
これからが要注意です。
我々の仕事が、ですが。

なるべく冷静にと思うのですが、
何十年客商売をやっても、
持っている性格はそうは変わらない、
スルーできない、見過ごせない場面が出てきます。
そこをどう凌ぐかが毎度の課題です。
お客様は、少しでも気分を害せば、
たとえそれが自らの行為によるものでも、
しばらく遠ざかるか来なくなるか、
特に夜のお客様は難しい、
予約や貸切、ライブなどがない日はポツポツ営業、
それをどう続けていくか、
たった一人の一見さんも大切なのです。

子どもの頃になりたいものではなかった、
と言うより、何になろうかなんて深く考えてなかった僕が (笑)
今のこの、酒場の、昼間なら音楽サロン、
音楽ラウンジの店主となったのも、何かのお導きでしょう。
鬼は外、福は内!
明日はひとり、豆まきでもしますかね (笑)
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

光に

「反動」と言うのにはあまりにも出来すぎ、
今朝のさわうたは、昨日の高値22名から一気に売られ (笑)
14名と少人数でした。
それでも、小島かおるさんのアポなし来店や (笑)
古くからのメンバー、最近のメンバーとお馴染みが揃い、
今週は僕の選曲、くだらない話を織り交ぜながら進行しました。

リクエストの週は、時間配分があり、人数と相談しながら、
余裕があるときは長めの雑談、
ないときは余計な話はせずにリクエストをこなしていく、
時計はキッチンの中に大きい壁掛けのがあり、
ピアノに座った位置から見えるようになっています。

今日は植物の話になりました。
昔から親しんでいる人は別として、
「どうして人は年を取ると植物に興味を持つのか?」
みなさん、うんうんと頷きます。
「私なんかもそうよ」とある方が。
病気がちの方です。
別の方がおっしゃいました。
「生命力よ」

実は僕も、どちらかと言えば、いや、言わなくても (笑)
植物に興味はありませんでした。
それどころか、
今はこれでもかと撮っているネコを始めとする動物にも、
そう、40代半ば頃までは全く見向きもしなかった、
そんな状況ではなかった、
立ち止まる余裕がなかった・・・
自分のことでいっぱいだった。

植物が気になり始めたきっかけは、
(決して今でも詳しいわけではありませんが)
もうブログをお読みの方ならご存知のように、
草原という曲を作り、歌詞を書いたから、
音楽が大きく関係しています。
「人は変わるものだなぁ・・・」

昨日。
通りの花壇に花が咲いていました。

01kad.JPG

丁度、日が沈みかけた、
夕焼けチャイムの鳴る頃、

02kad.JPG

心なしか、
みな、日の方向を見ているように感じました。
「光に向かってる」

03kad.JPG

ふと見た花ですが、いのちを思いました。
posted by セキシュウ at 17:29| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする