2017年02月17日

人相

今日はまた暖かかった、
予報は聞いていたのですが外に出てびっくり、
風がなければ半袖一枚でいけたかも知れません。
その風は、春一番の名の通り嵐のよう、
小柄なふりうたのお客様は「飛ばされそうです」とおっしゃいながら、
道路のあちこちにゴミが散乱していました。
うちも、表のドアの隙間から枯葉が侵入、毎度のことです。

金曜日ですし、ゴミの集荷はない、
けれどゴミが飛ぶのは誰かが道に捨てているからです。
目ざとい僕は、信号待ちのときや、
自転車で通行中、素知らぬ顔してポイっとゴミを捨てる人を見る、
それがいかにも捨てそうなタイプと、
「えっ?こんな人が!」がいることに気づきます。
多くはいかにもタイプ、
ブツブツ文句を言いながら歩いていたりして、
「そんなことしているから」
「ブツブツ言いたくなるんでしょ!」
「いいことないんでしょ!」とツッコミたくなります。
何にでも八つ当たりする、その気持ちはわからないでもありません。
そんな荒れた時期が、僕にもかつてあった・・・
さすがにゴミのポイ捨てしませんけどね。
一応、お育ちはある (笑)

「徳を積む」とよく言います。
やっぱり人間は、心を穏やかにするために、
何か人知れず善い行いをして、
いつもニコニコ暮らしたいものです。
テレビやネットなどで、犯罪者の画像映像を見るにつけ、
やっぱりそういう人相だと思う、
わざわざ、それっぽいのを使っているということを差し引いても、
たとえば、うちの店にその人が入ってきたら、
客商売をしている僕ですから、顔つきに、ただならぬ気配を感じるでしょう。

自分はどんな・・・と思います。
街ネコたちを撮っているとき、
特に、逃げられたとき、
「あっ」
「怪しまれた」
「人相が悪いせいか?」

逃げないときは安心 (笑)

hsiro.jpg

昨日の夕方は、たぶん初めてのシロちゃんですが、
ここまで近づいても平気でした。
ホクロが特徴的。

ちょっと嬉しかったので、
早速、深夜徒然作曲を。
単純 (笑)
歌詞が我ながら上出来だったので紹介しますね。

「豊齢線」
君を見る時 どんな顔しているか想像してみる
自意識過剰 否定しながら鏡覗いている
目尻下げて少しにやけて ほうれい線浮き彫りに
いい年をしてこんな事して 何が楽しいやら

それでも僕は君を見る時
そんな顔をしているでしょう

人が言うには 愛は惜しまず注ぐものです
しわが増えても 君が幸せになって欲しいです
posted by セキシュウ at 20:25| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする