2017年03月31日

新月

咲いた桜も蕾に戻ろうかと思うような、
肌寒い今日が、3月の終わりなのに驚きです。
「ひと月間違えた?」

Go本さんからは褒めすぎな (笑) コメントを、
いや、褒めたのは弟か、
どっちにしてもスーパーマンじゃなく、そこらのスーパーオヤジ、
弟さんとは4つ違いなのですが、
「この4才の差は・・・」
「大きい」
若々しく見えます。

若々しいと言えば、昨夜は珍客、
しかも僕が店に来る前にすでに待っていたという、
(遅刻しただらしない店主・笑)
サプライズ男は、誰あろう園主・・・
とブログ内の呼び名にしていますが、
彼とも話し、もう園主ではないので、改名しようと、
それについては、またの機会に書きます。
今現在は、園主じゃなく、小高い丘のギタリストにしておきます、長いけど (笑)
とにかく彼が待っていて、
遠目から、
「あれ?」
「誰か、うちの客に似つかない」
「若い子が待ってるな〜」
と思う、これ、本当ですよ。
声で気付き、
一緒に店に入って、今一度顔を見たら、いい艶している、
「おお〜、顔色いいね〜 !」と小さく叫んだくらいです。

夜、彼が来るのは久し振りです。
ならばと美声氏にメール、
返信もなく、電話もなく、突然現れるのが美声氏 (笑)
仕事帰り、トートバッグ片手にやって来て、
カウンターに座りました。

不思議なことに、
こういう日に限ってお客様がソファー席にずらっといらっしゃいます。
カラオケをBGMに長話、
「こんなことは、過去によくあったなぁ」
AMANEを開店した当時のことを思い出す、
結局二人とも閉店時間まで、
お客様が帰った23時過ぎからはカラオケタイム、
小高い丘のギタリストのカラオケは何年ぶりに聴いたのか・・・
楽しゅうございました。

実は昨日の開店が遅れたのは、
寄り道して写真を撮ってたんです。
こんな・・・

01月.jpg

細い月が美しく、
通りがかりの電話ボックスが愛おしく、
つい先日の撤去を見てましたからね。
「中から見えるかな?」

02月.jpg

「見えた!」
小さいけれど、たしかに見えます。

03月.jpg

ふっと詞が浮かびました。
深夜、作曲、歌詞だけ紹介しますね。

「新月」
時計の針を巻き戻すことが
出来たことに感謝します

違う船に乗っていた
でもいつの間にか
同じ岸辺歩いてた

新しい月が細く揺れている
明日の空に漕ぎ出してゆく
posted by セキシュウ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

そんなことに

昨夜は異動になった後輩が遊びにきました。
今日から新しい赴任先へ、
最後の東京の夜は「AMANEで!」
なんと健気な後輩・・・
ではなく (笑)
結果そうなっただけで、
本当は昨日の昼間、さわうた終了後に来る予定が、
時間が押せ押せになり夜に変更したのでした。
それでも来るのはエライ!

押せ押せになった理由がなかなか面白く、
今日からの新しい職場へ、手土産を持っていこうと東京駅へ、
駅のデパートに入り、すぐ買えると思ったところが、
「30分待ちの行列です。おそるべき東京」(本人メールより)
そんなことになってるんですねえ、世間は (笑)

彼の会社は石油会社です。
異動になり、なんの仕事になるのか、
「まさかガソリンを売る仕事じゃないよね〜?」
「製品?」
そうです、と、
どんなものを扱っているか説明してくれました。
「例えば、吉野家の箸です、六角形の」
「ご存知ですか?」
最近ご無沙汰で、見たという記憶は遠い過去ですが、
想像はつきます。
昔は割り箸、今はどこのレストランも使い回しの箸、
「なるほど、あれも石油製品・・・」
食器洗浄機にかけるため、耐熱性も必要とか、
箸の市場まで石油会社大手が食い込んでいるとは、
「ふーむ」
「そんなことになってるんですねえ、世間は」
またか (笑)
どれだけ世間知らず、
世の中から乖離しているのか・・・
相当ずれてますかね〜。

それはともかく、新任地でがんばってください。
異動は関東圏内、
自宅から通勤できる場所なのは幸いでした。
また仲間連れて遊びに来てくれるでしょう。

昨日は、彼と会う前の開店前に美容室へ、
そこで、またまた面白いものを見せてもらいました。
スタイリストはいつもの広瀬氏、
面白いものはブローの時に出てきた、
時間のなかった僕に、
少しでも早く乾かすために取り出したるは、

ダイソン.jpg

じゃーん!
わかりますか?
広瀬氏の右手のコンパクトなドライヤー、
あの、ダイソンのなんです。
「わー、初めて見たー!」
ついつい写真を・・・
あれ、急いでるんじゃなかったの? (笑)

まったく。
東京駅の話といい、吉野家の箸といい、
美容室のドライヤー、
世の中からずいぶん遅れをとったものです。
年をとるとは、そんなものでしょうね。
posted by セキシュウ at 18:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

調律

どうも最近話が逸れ、昔の苦労談のようなものになってしまいます。
昨日も、そんなつもりなく書いているうち、
電気代のことで余計なことを思い出す、
ついそのまま書き殴ってしまいました。
いかんいかん (笑)
いろんな方が読んでるだろうに・・・

と考えると、書くのは慎重にと思うのですが、
まあ、自分のことなら誰に断る必要もない、
よそ様が出るときは要注意です。
けれど、あまりにもヨイショは変ですし、
かと言って、イジリ過ぎもダメ、
なかなか難しくはありますが、
そこは普段の接客と一緒、
自分なりに書くしかないと思っています。

先日も書きましたが、
書けないことの方が面白いのは事実です。
なぜ書かないかは、いろいろありますが、
これぞ客商売の基本、
やたらめったら個人のことを話に出さない、
差し支えないと思われるものだけを、
なるべく誰だか特定出来ない形で書いています。
小島さんとかやてふさん、その他いろいろ出ますが、
あれは、ちょっとした話の盛り上げに使っているだけ (笑)
プライベートまで踏み込んではいないつもりです。
口の軽い店主を誰が好むでしょう。

と、話がまた逸れてきた (汗)

昨日の夕方は、待ちに待った、というと大袈裟ですが、
楽しみにしていた調律でした。
前はそうでもなかったのですが、
最近は日々、特に深夜弾きを始めたせいか、
音の鳴り方を気にするようになり、
調律後の美しい響きったら!
もうたまりません。
使用前・使用後、かな (笑)
化ける、いや、本来の姿に戻る、
冗談抜きに、1ヶ月一度くらいのペースで調律したいと思う、
今は3ヶ月、
「儲かったら・・・」
は、前も書きましたが、いつのことになるやら (笑)
でも、希望は捨てません。

深夜弾きは昨日はなし、
今日のさわうたで、音色を存分に楽しもうと思ったら、
「あれ?」
「指の動きが今ひとつだ・・・」
そんなものです。
毎日調子が違う、
僕の場合は全てがアドリブで暗譜、
既製の譜面をそのまま弾いているのではないので、
ちょっとした迷いが指の動きを悪くして、
聴かせるところが聴かせられなくなってしまいます。
歌の伴奏をダラダラ弾いていても、
勝負所は必ずあって、
ピアノと一緒に盛り上がっていくところ、
或いは、歌の合間、間奏でドキッとさせるところ、
調律後は、特に高音部のキラキラが生きる、
それが今朝はあまりうまく表現出来ませんでした。
忙しかったのもありますかね・・・
22名でしたから。
先週に引き続き、水曜日は20名超え、ありがとうございます!

今夜は弾きますか、どうしますか。
気分次第です。
posted by セキシュウ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

来月10年

3月も今週金曜日で終わりです。
1年なんて本当にあっという間、
来年、3月25日に約束した父の同窓会も、
このペースだと直ぐにやって来そうな気がします。

昨日の夕方から天気は良くなりましたが、
まだまだ暖かい春には程遠く、
今朝出勤して、まずは暖房を、
「電気代が値上げするというのに・・・」
もう少し先の話 (笑)
今夏から影響が出るでしょうね。

さわうたは今週も好調です。
今朝も出だしは遅くも、スタート時に18名と揃い、
ホッとしたのはいつものこと、
何年、何十年やってもお客様の入りは心配です。
決してサービス内容が悪いとは思っていないのですが、
だからと言ってお客様が必ず入るとは限らない、
「こんなに頑張っているのですが」
「お客様が来ないので」
「電気代、まけてください!」
却下 (笑)
通用しません。
無情にも止められるだけです。

また逸れますが、
カラオケボックスを多店舗展開している時は、
もう、今だから笑い話で言えますが、
電力会社にはよく出向いたものでした。
まだ今ほど取り立てが厳しくなく、
資金繰りの都合上、引き延ばせるものは目一杯引き延ばす、
公共料金なんかもその類で、
多少遅延損害金はつくのは仕方がない、
急いで払うもの優先でお金を回していました。
「公共料金も払えないのか」と呆れるでしょうが、
1店舗じゃない、何店舗もまとめてですから、
金額は相当大きくなるのです。

当時は、こちらから電力会社に電話して、
遅くなることを予め伝え、誠意を見せ (笑)
随分待ってもらい、支払いは直接電力会社の窓口へ、
それぞれ管轄があったので、
あちらこちら出向いたものでした。
その途中、別の業者さんから支払いの催促の電話が入ったり・・・
まあ、よくやってた (笑)
そうなってしまったのも、
もちろん経営者としての未熟さはある、が、商売の厳しさ、
仁義なき競争であることは間違いない、
同じ業態で何年も儲かるなんて、まず皆無だと思います。

そんな経験から、
今朝もふと心の隅で、よくないことを考える、
「もしかすると」
「あれが原因で」
「あのお客様、来なくなるかな?」
客商売をやっている人の多くは、そう思う瞬間があるはずです。

さわうたは来月で10年になります。
おめでたいことですが、
特に何もイベントは予定していません。
よく考えてみれば、それぞれ通った年数が違う、
10年の方もいらっしゃれば、8年、5年・・・
まだ1年にも満たない方もいらっしゃる、
その中で、「10年ですよ〜!」と祝うのもどんなものでしょう。

ということで、
来月も普段の月と変わらず、
けれど、課題曲はそれらしく、
みんなに感謝して、元気よく、
「みんながみんな英雄」を用意しました。



このままだと女性には少し高いので移調、
譜面を配り、

saw.jpg

今朝から唄っています。
歌詞の付け方がなかなか凝っているのですが、
さすが鍛えられた皆さん (笑)
しっかりついてきて、頼もしい限りでした。
posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

その頃

本来聞かないふりをするべきでしょうが、
聞こえてきて、いや、つい聞いてしまうのはお客様の会話で、
昨日の同窓会の個々のスピーチや、
何気なく交わされる会話の中に、
人生の重さ儚さを感じてしまうのは、
この商売ならではでしょう。

内輪の同窓会に、まるでオブザーバーの如く居る他人は、
サービススタッフや、付き添いのスタッフくらいしかいないでしょう。
前職はカラオケボックスで、
同窓会に限らず、個室の中に長い時間滞在することはない、
しかしAMANEは、貸切にしてしまえば、店全体が個室、
その中でサービスをするのですから、
内輪の会話は全て聞こえてくる、
それもかなり踏み込んだ話まで、
一種独特の雰囲気の中で時を過ごすのです。

父と仲の良かった同級生は、
僕も上野駅で一度だけお会いしたことがあるのですが、
介護生活になり同窓会は欠席、
皆さんとても残念がっていましたが仕方ありません。
ずいぶん愛妻家であられたよう、
数年前奥様を亡くしてから、ガクッときたとの話が、
仕事しながら聞いていたので、
それがその方とは断定できませんが、
たぶんそうじゃないかと思う、
もう一人、父の中学の同級生がそうで、
そちらは昨年早々父とお見舞いに、
「ご家族から喪中ハガキが来たよ」と聞かされたのは昨年の終わり、
「会っておいて良かったですね」
それしか返事は出来ませんでした。

父くらいの年になると、どう考えるんだろうと思います。
以前、美声氏ともそんな話になり、
「たぶん、少しずつ、覚悟していくんだろう」
「自然に、心構えしていくんだろう」と、
まだ、なってもいないのに背伸びして想像してみます。
その頃、自分は何をしているのか?
まだピアノを弾いてる?
まだ曲を作ってる?
ネコの写真はどうかな?

で、ネコ (笑)

そうそう、話は前後しますが、
先週土曜日、
やてふさんとユニットを組んでアコナイに登場、
5月にはホストをやってくださる地味綾部さんが、打ち合わせがてら遊びに、
フェイスブックに随時アップのネコは、
「撮り溜めしたものからですか?」と質問してきました。
いいえと否定、
「撮って直ぐ」
「その時の心象を添えてアップしてます」と、
そうしたら、
「そんなにたくさんネコいるんですか!」と驚かれました。
「当たりをつけているんです」
もう何年も、
この街でネコを撮ってますから (笑)

今日の夕方、雨上がり。

01nea.jpg

上から見たら、

01cs.jpg

数日前の好天では、

02cs.jpg

眠たそうです。
こんなに近づいても平気なのは、
人間慣れしてるから?

近づいてくるのは、

03cs.jpg

知らんぷりもいますけど (笑)

おまけ。

04cs.jpg
posted by セキシュウ at 20:59| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

B8会

冬に戻ったかのような10℃いかない寒い雨の日は仕事、
父の大学時代の同窓会でした。
卒業60年目ということ、
毎年開かれていた会は、今回父が幹事で会場を変えAMANEで、
東京湾、竹芝桟橋の会館から、直ぐ先は埼玉という十条のスナックへ (笑)
果たして参加はどれくらいだろうと心配されましたが11名、
昨年は10名ですから上出来です。
預かった名簿によれば、全会員は47名、
その2割強の参加なら、年齢を考えれば達者揃いだと思います。

b8.JPG

B8会。
会の名前もあります。
そういえば、昨年10月に初めてやった地元の中学の同窓会にも、
キリン児会なる名前がついてましたっけ。

スタートは午後2時とお昼をかなり過ぎていましたが、
遅い昼食を近所の馴染みのお寿司屋さんから出前、
その後一人一人近況報告、
国語学科卒業生ならではのお話はおもしろく、
中には小説を出している方、詩集を出している方、
人生の最終ステージを満喫のご様子でした。

一番お若い方で昭和10年2月生まれ、82才です。
会の中程で、この会をいつまでやるかとの話になり、
一人でも二人でも参加があれば開催したいとの意見もある中、
会則や、幹事の心配や、繰越金の処理などの関係で、
来年の開催をもって区切ろうという結論に達す、
B8会の歴史を閉じることになりました。
以降は、会ということでなく、有志で集まる、
そのことについては、
「来年の会のとき相談しましょう」と父、
会場はAMANE、
「その時まで、店を維持してもらい・・・」と、
はい、がんばります (笑)

やっぱりと言うようなスピーチは、
この会にまた参加することを思い、1年を元気に過ごす、というもので、
これはたぶんどの同窓会でも話されるもの、
1年後の再会を願い、笑顔で別れていくのです。

ピアノの出番は閉会前の30分弱、
「せっかくAMANEでやるんだから」の父の気配りをよそに、
いらしたお客様から、
「YAMAHAのピアノね、ぜひ聴かせてください」と先に振られ、
「かしこまりました」
仰げば尊しから伴奏しました。
自然に歌唱が、
その後唱歌を数曲、替え歌も飛び出し、ソロ歌唱も、
こちらは父と共に幹事を引き受けた男性の出番、
昨秋打ち合わせにいらした時にお手合わせしているので、
バッチリ決めていただきました。
前日も、カラオケで練習してきたそうですから、真面目〜(笑)

1年後は何名参加になるのでしょう。
みなさん、元気にいらっしゃることを祈るばかりです。
水戸からの方もいらっしゃいました。
遠くまで、ありがとうございました。
父が保存していた当時の集合写真を7点、
スクリーンに映しての会話も盛り上がり、何よりでした。
posted by セキシュウ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

思い出す

昨夜はブログを書き上げたところでお客様が、
来月から異動になるからと、
高校の後輩が挨拶がてら遊びに来ました。
後輩と言っても、かなり下、
一回り以上下ですから、まだ40手前とか、
「今年、なるんです」と言ってましたっけ。
うーん、若いなぁ、いいなぁ (笑)

いつも数人で来てたので、
カウンターで向かい合ってじっくり話すのは初めてです。
半分以上、僕の話になりました。
彼の方から興味深そうに聞いてきたからです。
昨日も書いた通り、
(ニモのパパにうけた〜!笑)
僕の通ってきた道はかなりアブノーマル、
記憶の限り話し続ければたぶんエンドレス、
残念ながらこのブログに書けないことも山ほどあります。
書けないことの方が面白いのが皮肉 (笑)
しかし、まあ世の中そんなものでしょう。

ところどころ、「自慢話じゃないけど」と入れなくてはいけないのが、
実は話すときに、しつこくないか気掛かりです。
話しながら、もう一人の自分が、
相手の顔つきを探っている、
「イヤな気持ちにさせてないか?」
これは仕事柄常日頃思っていること、
相手を大切に思えば思うほど、言葉遣いに気がいきます。

自分の過去の中には、
なんと言うか、持っているものだけで、
つまり何も努力をしなくても、
いい線いけたことが多々あった、
社会に出た前半はそう、時代の助けもありましたしね。
高度経済成長期からバブル期です。
それを話すと、自慢話に近くなる、
素直に聞いてくれればいいけれど、
「どうだろう?」
その気持ちが、上記のような断りの一文になるのです。

彼が一番面白がったのは、
僕の周りで、成功したある男性の話、
有名俳優になる前の、
一緒に働いていた頃の話でした。
よくある話ですが、
子どもの頃から強い信念を持ち続けていた、
「必ず役者になる、有名になる」と思い続けていた、
それが人一倍強かったということを、
エピソードを交えながら話したのです。

こんな話も、
ともすると、自慢話にも聞こえる、
「そんな人知っているんだ」
だから、そうじゃない、
自分をアピールしたいのではなく、
成功者たる所以はどこにあるのかが言いたい、
さすが後輩 (笑) わかってくれたようでした。
「なるほど」
「強い信念ですね」
「僕も」
「今の仕事に就く頃のことを思い出しました」

「どんなふうに思ってたの?」

大学は東京、就職は山口です。
「実は教員免許を持っていて」
「大学の時、中学校に教育実習へ」
「その時、山口っていいところだと、新たに気づいたんです」
「それで」
「山口を今よりも良くしようと思って・・・」

彼の勤め先は県庁。
そんな志も、
十数年経つうちに忘れてしまったようでした。

大きな組織の中にいれば、仕方ないのでしょう。
彼には妻もいて小さな子どももいる、
与えられた職務を、そつなくこなすのが仕事、
彼だけでなく、
ほとんどの勤め人はそうだと思います。
なる前の、志など・・・
いつの間にかフェイドアウトしていくもの。

だけど、時々思い出すのも大切なことですね。
二回、がっちり握手して送り出しました。
まだ40前、これからです。

思い出すと言えば、
またまた小曲を・・・
お彼岸にちなんだ曲を拙く唄ってみました。



「鉛筆」
あなたは今頃どうしているでしょう
あちらの世界で歌っていますか
ピアノはどなたが弾いていますか

私は一本の鉛筆を新しく削って音符を探します

あの世に私が行ったら一番に
私のピアノで歌ってください

短くなるのは新しい鉛筆と音符を探す
私の人生 豊かな人生
posted by セキシュウ at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

外して

昨日はお彼岸の奇跡か、
2年前AMANEで最後のソロライブを、
その3カ月後、静かにこの世を去った女性のご主人と、
道でばったり再会、
嬉しかったと同時に、時の速さに驚く、
「もう2年が経っていた・・・」
会った時、1年ぶりかと勘違い、
少し経って考え直したら2年と気づきました。

夕方は買い物へ、
いつものスーパーのレジは店員さんが暇そうに、
「あ、テレビを見てるのか?」と思う、
関心の高い出来事が今盛んに放送されています。
ネットも賑やか、フェイスブックもしかり、
どうなってしまうんだろうと思っている方も多いでしょう。

簡単にまとめられることではないですが、
ただ言えるのは、
どこまで自分に正直にいられるのか、
そのさじ加減が、そのバランスが難しい、
その人その人の立場背景で物事は成り立っている、
時には意に反することもしなければならない、
それが嫌なら、降りるしかないでしょう。
脱サラする人の多くは、それが理由でもあるのでは?

それで、念願叶って独立して、
僕のように会社を興したとしても、
全て自分の思い通りに行くとは限りません。
経営の失敗は、まあ良いとして、
以前も書きましたが、一歩間違えば僕は犯罪者に、
八王子のカラオケボックスのスタッフが未成年に酒を提供、
事件が起こり、僕は責任者として取り調べを受け、
検察まで行き、ギリギリ、不起訴で済んだ、
もう少し事が大きくなっていたら、
例えばですが、死者が出ていたら、
僕は間違いなく、未成年者飲酒禁止法の、供与者として、
罰せられていたと思います。
取り調べ、地検まで行ったのも初めてのことでした。

ちょっと話は逸れますが、
取り調べで今でもよく覚えていることがあります。
最初に本人確認、
名前、住所、生年月日などを、その後学歴と、
まるで履歴書に書いていくように聞かれるのですが、
刑事さんから幼稚園はと、
「山口大学教育学部附属・・・」と答えたら、
その刑事さん、
「これは公立?私立?」と質問してきたのです。
えっと思う、
そんなことを考えたこともなく、
自分の通った学校なんて、当時は全く興味もなく、
それよりも今の会社をなんとかしなきゃと必死、
僕も、自分の幼稚園が何立だか・・・(笑)
でも大学は国立 (20年くらい前の話)、だから、
「国立、でしょう」と答えたのです。
小学校も中学校も同じ、
全て書き終えた刑事さんが言った言葉、
「幼稚園に国立があるのか・・・」

その時は若かったし、
刑事さん、知らないんだと、ちょっと呆れたのですが、
(イヤな奴・笑)
今になって、それは違うとわかりました。
刑事さんはそんなの知らなくて当たり前、
僕の進んだような学校に行く人たちは、
刑事さんの顧客じゃないんです。
僕が道を外してしまったということ。

あ、ずいぶん話も外れてしまった! (笑)

もう元には戻せませんね。
今日はこんなところで雑文は終了、
一つご案内をしましょう。

店で行われるライブはざっと3種類、
店主催のもの、ゆるゆるとか、各種シャンソンライブとか、
参加型のもの、ようやく軌道に乗ったアコナイとか、
それからお客様主催のものがあります。
始めに書いた2年前のソロライブもそう、
店側は観客を集めることなく、
その方の知り合い、ファンで行うタイプ、
それが一週間後の金曜日にあるのです。

あずみlive.jpg

ボーカルは、あずみさんというボイストレーナーを生業にしている女性、
うちでもミニライブで唄ったり (写真はその時のもの)
お客様として遊びにきて、歌のミニアドバイスをしたり、
あるときは僕の楽曲を唄ったり、
譜面の作成を頼まれたりと交流の深い方、
低音が魅力の素晴らしいシンガーでもあります。
今回はトリオで出演、
陽気なジャズライブになるでしょう。
僕も数曲アコーディオンで賑やかし予定、
出るか、チンドン屋 (笑)

もしかして見てみたいという方は、
ご一報ください。
空席があるか、あずみさんに確認します。
打楽器カホンも楽しみです。
posted by セキシュウ at 21:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

お彼岸の終わりに

まだ春の陽気というには程遠く、
例年もこんな調子だったかと1年前の記事を、
確かに3月の記事には「寒い」の文字が並ぶ、
後半も同様、
そこに千葉に出張ゆるゆるに行った記事があり、
そんなこともあったと懐かしく思い出しました。
当日は圭未が風邪で絶不調、
唄うには唄ったけど、帰りの電車でダウン寸前、
キャリーバックの上に座り、半目を開け辛そうな様子、
「タマミ、死ぬんじゃない!」は大嘘 (笑)
涼しい顔で見ていました。
冷たいオトコ・・・(笑)

最近は外で弾くことは少なく、
井の中の蛙というか裸の王様というか、
どっちも適当ではないような (笑)
とにかく店でひたすら弾いています。
さわうたは、リクエスト週はライブ感が強い、
何が出るか、何が起こるかわからないのがライブ、
昨日のように、
お客様がスピーチした後、心を一緒にして歌唱、
これぞライブ、
筋書きのないドラマ、とでも言いましょうか。

今日は大塚さんが前半スタート後に、
Momokoさんが前半終了間際に、
東西横綱揃い踏みとなりました。
どっちが東?
そりゃMomokoさんでしょ (笑)
その後Momokoさんは、午後から、日野市まで夜のライブ出演にと、
1日がかり、
弱視のMomokoさんにしては少々無理のあるスケジュールを思うと、
これはあくまで僕の推測ですが、
先週いらしてくださった観覧の方々にお礼を言いにきたのだろう、
大塚さんも、でしょうね。
仰々しいことは口から出ませんでしたが、
なんとなく、そう感じました。
そして、帰り際、
「私の友達もみんな喜んでいて」とMomokoさんが僕に、
それは良かった!
お金を払って出演して、そうじゃなかったら大変 (笑)
またお当番をお願いしました。
Momokoさんは小指をケガして、ギターは前半だけ、
次回までには治して頂き、真骨頂を楽しみに待ちましょう。
シェイカー片手にアカペラで唄った南米ベネズエラの子守歌は、
以前ライブで呼んだ、アルゼンチンギタリストのエドアルドを彷彿させ、
もう一度じっくり聴いてみたい素敵なメロディーラインでした。

エドアルドが出演したのは2年前の夏ですが、
彼が初めてAMANEに来たのは、ちょうどこのお彼岸の時期、
ある方のシャンソンライブの時でした。
もう故人です。

「そう言えば、ご主人元気かな?」
家族で故人の歌の活動を応援していました。
ご自宅は店からほんの1分か2分のところ、
道路を渡ってすぐなのですが、
今日、さわうたを終え、ふとその家に行く道の前で、
最後にご夫婦に会った日のことを思い出す、
「花屋さんで・・・」
「偶然会ったんだった」

もう2年近くご主人とはご無沙汰、
と同時に、予感が走る、
「もしかして、今日会うかも?」
そして、
駅前で用事を済ませ、細い路地に入り、
自転車を漕いでいたら、
向こうから・・・

いや、作り話だろうと笑うかも知れません。
証拠はありませんから (笑)
予感した、という証拠は。

会ったのは事実。
元気そうな姿に安心しました。
「店はどうですか?」と逆に気遣われ、
「なんとかやってます」と答えると、
「じゃ、また行きますよ」と、
「ええ、ではお嬢さんと一緒に!」

お彼岸の終わり。
故人が会わせてくれたのだと思いました。
posted by セキシュウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

めぐり

昨日降り続いた雨は僕が帰る深夜1時過ぎには上がり、
空を見渡すと星がたったひとつ、
「一際明るいのは金星か・・・」
あとは、晴れているはずなのにこれっぽっちも見えない、
それが都会の空です。

そんな中、よくもまああの曲を選んだと思う、
さわうたの課題曲「星めぐりの歌」
都会ではほとんど無縁の星座の歌、
でもだからこそ選んだのかもとも思うのです。

満天の星空を見たのは、もう遠い昔のこと、
帰省はしますが眺めるのは夜遅くまで友人の顔、
その後は千鳥足で帰る (笑)
星空のことなんて頭にありません。

それでも選んだことで、ブログを読み、
ちょーやさんが合唱団で唄うことにしたり、
ふりうたで唄う方が出るなど、歌の広がりが出来て楽しい、
これぞ、「めぐり」と思ったりして、
このブログもまあ役に立っている、
つまらない乱文も時には為になる、
そんな気持ちが、日々ブログに向かうエネルギーになる、
いや、エネルギーじゃない、
ネタ、ですかね (笑)
好きで書いてます。

3月8日の記事の最後に短く書きましたが、
AMANE開店来のお客様で、
はじめは毎週土曜日の夜のカラオケに、
その後、朝の水曜日のさわうたに通っていた方が、
今月初めに逝去、
8日が告別式で、朝10時から、
それに参列したお友達が今朝のさわうたにいらっしゃいました。
みなさんに一言ご挨拶したいとおっしゃるので、
今週はちょうどリクエスト、
その方の番で「どうぞ」と勧めると、
お立ちになり、ご家族からのお言葉と、故人の最後の様子をお話しになりました。
「もう一度、ここに来たいと言ってたのに」の後、
言葉に詰まり嗚咽が、
「ここが大好きで・・・」

落ち着いたところで、
「川の流れのように」をみなさんで、
今日は21名と大入り、しかも小島かおるさん付き (笑)
再度、大きな声で唄い、ご冥福をお祈りしました。
明日までお彼岸です。

夕方、よく通る小さな公園の早咲きのサクラ、河津桜がすでに散り、
緑の葉が繁っていました。
その中に、

kawazu.jpg

夕日に照らし出された花びらの散った様、
とても綺麗に思えました。
「あとは、まかせた!」
そう言っているようでした。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

墓に桜に曲に

朝から予報通り雨になりました。
1日早ければ、お墓参りは躊躇ったかもしれないと思うとラッキー、
短く剪定してもらった墓地の中の紅葉の樹皮が数カ所剥げ、
素人なりに水が足りないのかとも、
今日の雨に濡れている姿に少し気が休まりました。
もはや老木と言えるでしょう。

うちの墓の、一つ挟んで、ちょうど向き合っている、
ひときわ大きなお墓は、ある芸能人家のお墓で、
墓地で見かけたことがある、
僕より少し年上の男性で、
まだあまり売れていない頃、一緒に仕事をしたことがあるのですが、
会った時は奥様連れ、
一瞬目を交わしただけで話はしませんでした。
もう30年近く経っていて、
僕は覚えているけど向こうは疑問、
案外そういう芸能人はたくさんいるのです。
僕の仕事はDJ、派手な仕事でしたからね (笑)

いずれは、その彼と、
向き合ってお墓に入ると思うと面白い、
以前父が、近くに志賀直哉のお墓があることを、
お墓に入ったら、
本人に小説のことで聞いてみたいことがあると言ってましたが、
僕も真似して、その彼に、あの時のこと覚えているか聞いてみようかと、
「ほかにも」
「あの彼女とはどうなったか?」とか、
まあ、くだらない話もあり (笑)
過去を遡れば色々あります。

今週のさわうたはリクエスト、
今日すごいのが出ました。
「同期の桜」
最近テレビを見て流れたからとか、
もちろん曲は知っていますが伴奏は初めてです。
メロディーは途中から怪しく、
お客様にリードをしてもらった (笑)

最後の歌詞に靖国神社が、
「こんな歌詞なんだ・・・」と思っていたら、
午後ニュースで東京のサクラの開花を知る、
言うまでもなく標本木は、靖国神社のソメイヨシノですね。

一方、店から一番近いサクラ、

sakura.jpg

力を蓄えている様子。

この木を見ながら曲を作ったことを思い出しました。
2012年、春のこと。
ほんの少し開花したところで激しい風雨、
負けずに咲いているのを歌詞にした、
それは、
闘病中だった茂雄に心寄せていた時期でもあった・・・

今年も花を見事につけるでしょう。
曲のタイトルは「夢のよう」
メロディーは・・・
一部あやふや (笑)
譜面がなければ弾けません。
もう5年前の、少しの期間だけ唄った歌ですからね。
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

チョウとネコ

昨日今日と2連休です。
ゆっくり体を休めて・・・
と言うのも、明日から4週間忙しい、
各日曜日毎にイベントが、
父の同窓会、母妹の個展、中学の同窓会と続き、
母妹の個展は仕事ではないのですが、
前回もそうだったように小間使いをする予定 (笑)
日曜に出発し一泊、翌日午前中、一緒に片付けの手伝いも出来たらと考えています。
なにしろ、はっきり言って、超親不孝息子 (笑)
超ですよ、チョー? チョウ?

で、チョウです。

02aoy.JPG

石垣に花が咲いたように留まっていました。

03aoy.JPG

胴体上部のふわふわの緑がきれい !!
「今年初めて見たかなぁ」

見た場所は、青山墓地です。
今日の午前中、
本来月曜バスケの日なのですが、
祝日で赤塚公園のコートは先客必然、
ならばとお墓参りに行ってきました。
バスケが出来ないからお墓参りなんて、先祖に失礼 (笑)

坂のサクラは、

01aoy.JPG

今にも咲きそうな感じ。
来週あたりが身頃でしょうか。

いつもの墓守ネコも。

04aoy.JPG

たくさんお参りの方がいる中、
平然と、我が物顔で歩いていました。
主でしょうね。
posted by セキシュウ at 18:40| Comment(0) | オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

第11回アコナイ

程良い入り具合になりました。
昨夜のアコナイのことです。
出演者が7組9名、観覧が10名、
ちょうどコの字型のソファー席に収まりました。
お当番Momokoさんの堂々たる進行ぶりは、他所で磨かれたものか、元来のものか、
それだけでなく、一足先にお帰りになるお客様を店の外まで送り出したり、
合間を見てお客様のテーブルに話しに行ったりと、縦横無尽 (笑)
さらに自身のステージでは、同居の90才の母との苦労話を、
親子げんかをしながらも、
「こんな私を育ててくれた」の母への感謝の気持ち、
弱視のMomokoさんならではの、心温まるスピーチでした。

初めての方の中に、やはり同じ盲目の方が、ウクレレ帝、いやウクレレ亭 (笑)
ウクレレ亭ロータさん、
ガイドさんを伴っていらっしゃり、そのまま最後まで観ていくという、
「料金は半額かサービスしましょうか?」と尋ねたら、
「いえいえ、普通にお願いします」とのこと、ありがたく頂戴しました。

その他、オルゴールで唄うという野川小麦さんは不思議の国の世界を演出、
ピアノ弾き語りの小堀有美さんは、耳馴染みのフォークソングで優しく、
それに行志堂さん、マキさん、とんこつ君と古株組 (笑)
そして木曜さわうた来店のオオツカさん、
大塚工さんの声帯模写、漫談・・・

01あこ.jpg

実は先週いらした時、
ポロッとおっしゃった、
「2回ステージはきつい」
ネタがないということか・・・
昨日も一番早くいらして、誰もいないとき同じことを、
ちょっと困っている様子でした。

出演順にリハ、
大塚さんの番になり、ものまねなどしつつ、歌を唄われました。
ふと思いつく、
「これ、きちんとピアノ伴奏つけたら」
「ネタになるんじゃないか・・・」

2ステージ目にやりました。
ユーストリームからのダウンロードで粗いですが、
音を持ち上げ再編集したので、声は楽しめると思います。



菅原洋一さんのものまね、いかがですか?

最後は恒例集合写真。

02あこ.jpg

午後9時半過ぎには終わって、
小1時間メンバー交流を、
5月のホスト、地味綾部さんは、盛り上げ部長呑み部長 (笑)
いつもありがとうございます !!

今回はMomokoさんのお仲間がずらりと出演、
第10回とはまったく異なる雰囲気で、
女性が多かったこともあり、それもみなさん奥ゆかしい感じ、
夜のライブですが、
野外、そう、まるでお花畑の中で会を楽しんでいるようでした。
桃の花も咲きました。
ありがとうございました。

第12回はまたまた反転 (笑)
なにやら●△い雰囲気のようで・・・
これまた楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

@裏方

@素人録音さんからコメントがありました。
やてふさんの@の、アットマークの意味は、
通常居場所を表すところを、心の居場所、心境、状態などを表したもので、
その都度変化するのがなかなかオツです。
僕でやってみると、
あまね@裏方・・・とか(笑)

そう、僕は裏方、今日は第11回目のアコナイです。
一ヶ月に一度にしたら、なんかすぐにやってくる感じ。
ついこの前、大入りすし詰めでヒーヒー言ってたはず (笑)
矢崎さんホストの回でした。
あれは、矢崎さん自身仰っていたように、ご祝儀、
日頃お世話になっている、お世話している方々が、
主催する矢崎さんの応援に大勢かけつけたからで、
しかもAMANEという店自体どんな店か興味があったのかと思われます。
よく言うところのビギナーズラック、
これに限らず、
恒太先生によるプチコーラス、父の古典講座など、
スタート時は大人数で座りきれないくらいでした。

さて、今日はどんなものでしょう。
5月のホストをお願いしている地味綾部さん、
ジミー綾部?(笑)こそ、
やてふさんコメントのいっぱいお召し上がりになる方、
今夜もお召し上がりになるか (笑)
Momokoさんの執事役は行志堂さん、
みなさんで協力して、きっと楽しい会になることでしょう。

通勤路に白木蓮が咲き誇っています。
昨日、ふと見上げたら、

ひよ.jpg

鳥がついばんでます。
くちばしや脚の色からヒヨドリ?
一心不乱に食べてました。
こんな都会で・・・
彼らも必死に生きてますね。
ヒヨドリ@必死、ですかね (笑)
posted by セキシュウ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

明日のアコナイ

天気は良いのですが、まだまだ寒い、
今日のふりうたのお客様は完全冬服、
外を見てもマフラーを巻いて歩く人、
中には春らしい軽装もいますが、
そういう人は体温が高いのでしょう、羨ましい (笑)
僕は平熱が36度くらいです。

明日もこんな陽気が続くとか、
それでも雨じゃなくて良かった、アコナイだからです。
お当番のMomokoさんは弱視でギターを担ぎ、
初登場のオオツカさんは全盲で大田区から、
雨は厄介でしょう。
お天気に恵まれそう!
日頃の行いが良いのは、Momokoさん?
あ、オオツカさんもか (笑)

さわうたのお客様も観にいらっしゃる予定です。
復習しておきましょう。
まず、開場時間は夕方5時30分です。
スタートが6時。
料金はドリンクの注文時に、
チャージ500円プラスドリンク代、
生ビールなら500円プラスチャージ500円で・・・
計算、できますね (笑)
ドリンク追加は、その都度清算です。
たくさん飲む方は伝票で後清算でもオッケー、
やてふさんなどは、いつも伝票ですが、
明日は欠席、ハイブスさんのレコーディング、
そう、いよいよ自主制作でCDを出すとか?
とても楽しみです。
1曲くらい、かませてもらおうかなぁ・・・は単なる思い込み (笑)
おっと、話を戻して。

7組のアーティストが、下記の順番で、約10分ずつ演奏します。
入れ替わりの時間を考えると、全行程1時間45分くらいか、
それが2ステージ、
予定では9時30分から10時の間に終わります。
1ステージだけ観て帰っても良し、
好きな時に来て、好きな時に遠慮なく帰れるのが特徴です。
料金もチャージ500円と安い、
ただしその分、出演者が気持ちよく演奏できるよう応援を、
みなさん社会人で仕事をしながら音楽を、
四六時中練習しているわけでもないでしょう、
演奏中ミスなどもあるかもしれませんが、
温かく見守ってくださればと思います。

音楽の技量を競うイベントではありません。
音楽で交流を図るイベント。
AMANEのアコナイを通して、
人生を豊かにして欲しい・・・
なんて、カッコつけ過ぎ?

第11回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/3/18(土)開場17:30〜 開演18:00〜
【出演メンバー】出演順です!
Momoko(ギター弾き語り)
野川小麦(オルゴールとピアノ弾き語り
ウクレレ亭ロータ(ウクレレ弾き語り)
小堀有美(ピアノ弾き語り)
大塚工(声帯模写)
とんこつ君(ボーカル&ギター)
そらいろサウンド(ボーカル&ギターデュオ)


ご案内だけだったので、ちょっとオマケ。
写真ですよ。
と言えば〜 (笑)

take.jpg

春らしく、キリッとした姿。
今日は彼岸の入りですね。
posted by セキシュウ at 19:52| Comment(1) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

仕事と創作と

昔話に同級生話と、あたかも仕事をしていないようですが、
してます (笑)
今週は火曜日がプチシャンソンで忙しく、
さわうたも順調にアベレージ17名ペース、
昨日、今日と新しい方も見えて、嬉しい限りです。

ですが、やっぱり心の中では、
「今がマックスだろう」と思っている、
それがつい口から出てしまったのが今朝のこと、
心配に思ったお客様が真顔で、
「そんなことないわよ」と慰めた?(笑)
ちょうどドリンクを出し終わり、ピアノに向かおうとした時のことでした。

そのままそのことには触れず、
しばらくいつものように唄います。
お客様は唄いに来ているのですから、
僕のつまらない話で白けさせてはならない、
何曲か唄って、一息いれるタイミングで世間話です。

その話をまた持ち出しました。
「商売とは、そんなもので」
「良い時代は長続きしない」
例え話として、AMANEの開店当時を、
連日連夜賑わっていたと、
ところが、数年経ったら、3年くらいか、
「ずいぶんお客様が減りまして・・・」
ついでに冗談半分、
「ほら、僕、態度悪いし」と、
これまた面白い出来事を交えつつ説明しました。
そうしたら、
「そんなことないわよ」と慰めてくれたお客様が、
手を叩いて大笑い、よくご理解頂いたようで (笑)

よく、と言えば、よくちゃんから久しぶりにコメント、
ニモのパパからもいただき、コメント欄が賑やかになりました。
ニモのパパの文中には、
卒業後、広島で再会し、それ以来良い関係がと、
よくちゃんと僕については、高校の同窓会繋がり、
50才がスタートでしたが、それもかれこれもう4、5年、
印象深かったのは、地元山口のパーキングで偶然会ったこと、
よくちゃんが江戸金のラーメンを食べた後だったはず・・・
元気で何よりでした。

50を過ぎればいろいろありますね。
「元気にしてるかな?」
一昨日から昨日にかけての雨に、
またまた創作欲が (笑)
お耳汚しですが、どうぞ。



「あれから貴方」
3月の雨に浮かぶのは貴方の顔
あれから貴方はどうしていますか
元気ならいいです
返事はいりません

思い出すあの瞳
透明の傘に音もなく雨が当たる
雫がひとすじ涙に変わる
3月の空に悲しみの幕が下りる
僅かな隙から薄日が覗く
あれから貴方はどうしていますか
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

1枚のハガキ

3月も半分、変わりなく無事に過ごせています。
無事にとは、意味ありげな言い方、
そう思ってしまったのは、
2日前に届いた保健所からの1枚のハガキ、
内容は、店の飲食店営業許可の有効期限が5月いっぱいで切れる、
「やっと来たか・・・」
営業許可書を出して、待っていました。

有効期間は7年、
2010年に一度更新し、新しく発行し、
古いものの上に綴じてあります。

17155944_1391589544249041_3394249098174813357_n.jpg

これを見ていたら、
営業者の住所が、かつてやっていたカラオケボックスのものと気づく、
と途端、その頃のことが頭の中を駆け巡り、
最後の頃は苦しかった、彷徨っていた、
「あれから14年・・・」
よく今こうしていられる、
「呑気に」
「ピアノなんか弾いて」
「商売できている」
無事に、です。

今度集まる同級生のひとりの言葉が、今でも鮮明です。
このブログにも書いた記憶がありますが、
そちらは鮮明でない (笑)
彼が初めて店に来て、
同窓会で集まった2003年7月のことですが、
以降やりとりしたメールに、
「関くんは、東京で店を開いてすごいね」とあったのです。
そのときは、
「え?」
なんでと思う、
失礼な言い方ですが、
東京の外れの方で、小さなスナックのような店一軒、
「全然すごくないよ・・・」
もっとあちこちでやっていた、
西麻布には事務所を構えていた、
それがダメになって・・・

AMANEを開店した頃は、
今のようにピアノを自由に弾けるなんて夢にも思わない、
グランドピアノを配してみたものの、
ただの客寄せパンダ、
営業的には、呑んだくれ相手の (笑) カラオケスナック業態だったのです。
当時は自分も呑んでやってましたっけ。
ですから、
「何か、すごいことをやっている」なんて感覚はない、
売上だって、
かつて手掛けた店の1日分が、AMANEのひと月分だったりする、
「こんなので大丈夫か?」
それが正直な気持ちでした。

14年、あっという間でした。
今回ももちろん更新手続きを、
次の7年のスタートです。
無事にゴールできるでしょうか?
1日1日を積み重ねるのみです。
posted by セキシュウ at 17:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

続く同窓会

同級生で盛り上がり、あいすいません (笑)
あいすいません、
正確には、あいすみません、
相済む、の否定形ですが、あいすいませんの方が語呂がいい?
は、どうでもいい話 (笑)
ニモのパパが出るまでもなく、
男子の同級生がわかって良かったです。

結局その日は、新顔が持て囃されるパターンは毎度のこと、
彼からカラオケがスタートし、
みんな大して唄わなかったけれど、
最後も彼で締める、
それも荻野目ちゃんの (笑) ダンシングヒーローとは懐かしい、
盛り上がってお開きになりました。
バブル絶頂期の歌ですね。

これに始まり、店では同窓会が続きます。
今月最後の日曜日は、父の大学のクラスの同窓会、
初の試みでどうなるか、十数名の参加予定です。
4月の第2日曜日は、今度は僕の中学の同窓会、
これもまた十数名の参加予定、
55歳の節目に久しぶりに広く集合をかけました。
遠くは福岡から来る予定・・・
ダンシングヒーローの彼のように (笑)
地方から出張ついでにAMANEに来ることはあっても、
大抵はバラバラ、
みんなで、一同で店に集まるというのは、滅多にないことです。
中学の同窓会は、恩師がいらしたときや、茂雄が来たとき、
盛んだったのは10年くらい前のことですね。

茂雄と言えば、
闘病中に植物を愛でていたのが思い出されます。
中学時代から想像すると、
「え? そんなキャラだっけ?」と驚くのは失礼か (笑)
でも正直意外でしたが、
前も書いた通り、今となってはよくわかります。
昨日のチューリップに目が行くくらいですからね。
以前はスルー (笑)
好き、嫌い、
興味ある、ない、じゃなくて、
ついつい眺めてしまう・・・
しかし決して深く知ろうとは思わないのが、
まだまだ未熟なところでしょうか?

昨日は月曜日恒例バスケへ、
梅が咲き誇る駐車場の裏のスペースに、
一本の、わりと背の低い木が、
それはそれは美しい花をつけていました。

ume.jpg

豊後梅。
3月の曇り空が妙にお似合いでした。
posted by セキシュウ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

実写

rana さんからコメントが入りました。
女子正解 (笑) 同級生の掲示板などでお馴染みですよね。
男子もそんなに難しくはない、
C組で卒業し、高校は僕と同じクラスに入った大きい男・・・
職業は美声氏と一緒です。
ニモのパパはすでにわかっているでしょうね (笑)

さて、今日は実写を行ってみましょう。
先日の4コマ、
電話ボックスが撤去された歩道です。

01tanp.JPG

きれいに舗装されたのがわかります。
写真、右の端にタンポポが、
見えますか?

別の角度から。

02tanp.JPG

こんなコが寄って来たりして。
「たくさん咲いたね」

03tanp.JPG

街路樹の植え込みに、
電話ボックスが消えたのを惜しむかのように、

04tanp.JPG

小さな白い花が咲いていました。

これはオマケ。

05tanp.JPG

チューリップ。
なんとも芸術的な姿。
通りに面した小学校の花壇で見つけました。
新入生を迎える準備万端です。
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

私、誰だか

昨夜は貸切、高校の同級生が集まりました。
4年前、東京同窓会の幹事役で親交を深めたメンバー、
しかし、この時期、年度末で仕事が忙しかったり、家庭の用事など、
いつもより少人数でしたが、その中に初めて参加したのが一人、
これがとても愉快でした。
中学も、高校もクラスメイト、昨夏の同窓会でも会っていて、
AMANEにも来店経験があるのですが、
高校の集まりに出てくるのは初めてです。
関西在住、都内で勉強会があるついでに立ち寄ったのですが、
「久しぶり〜」とか、
「初めまして〜」とか、
そんな彼に、試練が待ち受けていました。

同窓会に出て一番困ること。
これはみなさんにも経験あると思います。
卒業以来会っていないと・・・
「私、誰だかわかる?」

「え〜〜」

ここからは地元ネタになります。
質問の主は女性なのですが、
彼女も中学・高校と一緒、
高校はたぶん接点はなかった、
昨夏の中学の同窓会に彼女は出ていないので、
会ったのはやはり卒業以来か・・・

女性の方には、彼が来ると事前に伝えてあったのと、
彼が当時からあまり変わっていないことで、
すぐにわかった様子、
と書くと、女性が変わってしまったような・・・
ま、そのあたりは想像にお任せして (笑)

困った彼に、ヒントを出しました。
「旧姓は」
「●△ヤ さんだよ」

たとえば、オオヤさんとか、フルヤさんとか、ヨロズヤさんとか、
おっと、ちょーやさんじゃないよ (笑)
ヤ、が旧姓の最後につく女性です。
同級生でわかる人はいるはず。

彼の答えが凄かった、
「ちまきや」
大爆笑!!
なんというボケかたでしょう。
それともマジか (笑)

地元ネタです。
わからない方はごめんなさい、
ちまきやは山口市にあったデパート名、
今は井筒屋に変わっています。

楽しい夜でした。
仕事、暮らし、それぞれ違いますし、
今に行き着くまでの過程も違う、
だけど、青春時代を共に同じ地で過ごした仲間、
たとえ当時交流がなくても・・・

「AMANEでこうして知り合えて楽しい」
彼をよく知らない同級生の一人が、
そう言い残して帰っていく後ろ姿を見送りました。
まだまだ夜は冷えますね。
posted by セキシュウ at 19:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

今夜だけは

Momokoさんから、4コマに短いコメントが入りました。
題のところのイラスト、
黒のほうがわかりやすかったでしょう、ダイヤル・・・
知らないだなんて (笑)

街角の電話ボックスが消えていくのは、
電話会社の規定で、ある一定額に売上が届かない場合、
撤去していく方針だからなのだそうです。

ただ、広い幹線道路、環七などを通ると気付くのですが、
どうみても使用されていない電話ボックスが、
等間隔にいまだ存在しているのは、
緊急事態、つまり6年前の今日のようなことが起こった時を想定している・・・
とは勝手な僕の推測ですが、
当たらずとも遠からずでしょう。

昨夜、久し振りに徒然作曲を。
もちろんテーマは、3・11。
6年前のことですが、忘れようにも忘れられない、
いや、忘れてはいけない出来事です。



「今夜だけは」
弥生の空の夕暮れ高く
鳴き声一つ鳥が飛んでいる
あの日のことは遙かに遠く
時の重さに埋もれ眠ってる

割れた硝子を集めながら
君の帰りを待ち続けた夜
今夜だけは思い出して
今の暮らしを見つめ直そう

信じられない出来事だけど
心寄せ合い祈り続けてた
今夜だけは思い出して
君と待とうよ桜咲くのを
posted by セキシュウ at 14:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

公衆電話

金曜日、朝からふりうたで出勤です。
いつも同じ道を通り、
曜日ごと、大抵同じ時間に店と自宅を行き来する、
ただそれだけのことなのに、
暇なのでしょう (笑) いろいろなことに心寄せる時があります。
何かを欲しているのか・・・?

僕が生まれた頃には、
電話は一家に一台ありませんでした。
およそ55年前のこと。
それが半世紀経った今では、
赤ちゃん、幼児は別にして、1人一台になった、
と同時に、
不要になっていくものも出てきました。
知らない間に消えていく・・・

今日の4コマはそんなネタ。
つい最近、僕の通勤路で起こった出来事です。
見た瞬間、描くことを決めた、
今回はネタ探しに苦労しませんでした (笑)

さわごえ君第80話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

心拍数

日中、日差しがあり風がなければ暖かいのですが、
夜はまだ冷え込みます。
夕方、父のマンションへ講座の打ち合わせに、
行きは暖かだったのが、
ちょうど日の沈む5時半にはすでに寒く、
日の長さを感じるとともに、まだ春は本格的ではないとも感じる、
あと少しでしょう。

昨夜はスイッチは特に入らず、
今朝もまあほんの少し (笑)
途中オオツカさんが見えたあたりから、
オンになったり、オフになったり、
リクエスト週のせいもあります。
久しぶりの曲や、メニューにない曲はオン、
でもオンにも段階があり、
扇風機で言えば、弱・中・強、
強になることは、滅多にない、なったときは心拍数が高い?
多分そう (笑)

よく音楽用語で「走る」と言いますが、
心拍数にも関係してくると思います。
かつて、今ほどピアノが弾けなかった頃は、
(今も大して弾けないけど)
録音を聴いたら、ずいぶん走っていることがわかりました。
弾けないから焦る、早く終わらせたいと本能的に思う、
プラス、
弾けないんじゃないかという不安でドキドキ、
心拍数が自然に上がってしまう、
すると、テンポ♩=60 1拍1秒の曲が、
1秒満たない、0.45、0.50秒などと早くなる、
早くなれば、さらに指が転び、引っかかる、と悪循環なのです。

結局は、練習し、場数を踏んで、
自分の演奏に自信を持つことしかないわけで、
今振り返れば、小学校の時コンクールで優勝出来たのも、
人より練習量が多かったからじゃないかと思うのです。
まだ幼稚園、小学校一年、素直だった、
それから段々ずる賢くなり (笑)
練習のサボり方を編み出し、ついにはやめてしまった、
それが今またやっているのは、
食べるためもありますが、
自分なりに上手く弾けた時の充実感があるから、
お客様から喜ばれて嬉しいから、
純粋に、音楽が楽しめているのだと思います。
ここまで来るのに10年掛かった・・・
もちろん、店があり、お客様がいたから出来たことです。

今朝のさわうたの休憩中、
お客様から良い話を聞きました。
ある方が、僕のことを褒めてたという内容、
そんなことは滅多にないので驚いて、
「えー?」
「珍しいですね、僕なんて、けなされたことはあっても」
褒められたことはない、と続けたら、
「そうよね〜、愛想はないし!」と周りのお客様たちが、
笑いながら付け加える、
「わかってまーす」と答えながら、空いたお皿を片付け、
キッチンに引っ込みました。
スイッチは完全にオフ状態でした (笑)
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

スイッチオン

昨夜は、普段冗談を言わない美声の友人が、
「今日明日は私、独身です」と言いながらカウンターに座りました。
もちろん離婚なんかではなく、
家人が不在ということ、
面白くもないジョークですが (笑)
聞き流さずしっかり、
「そう、旅行なの?」と答えるのが友情、
いやいや、そんな大袈裟なものでもありませんね (笑)

近所の中華店で遅い夕食を済ませたそうで、
AMANEから数分、チェーン店ですがお気に入りのよう、
何度か利用しています。
「駒込にもあるんだけど」と美声氏、
「あ、知ってる。入ったことあるよ」と僕、
店の風景が頭に浮かびました。
「十条の方が」
「メニューも豊富で・・・」

十条の店は数年前に開店、比較的新しいのに比べ、
駒込は古くからあり老舗です。
チェーン店でもフランチャイズ形式で別経営かも知れない、
だとすると、
ファミレスのように加工済み食材を簡易調理するのとは違い、
それぞれの店に、味の特徴を持たすことができ、
古くからの常連客がある店と、
新規出店では味に差があるのだと思う・・・などと、
まあ、どうでもいい話をしながら (笑)
やがて、自分たちの仕事の話、
オンとオフの話になりました。

美声氏の大学の同級生には、病院経営を手広くやっている友人がいます。
「俺は決して彼のような」
「分刻みのスケジュールをこなすようなことは出来ない」
色々な役職にもついているそうで、
それはまるで売れている芸能人並み、
多忙な政治家並み、オフがほとんどないのでしょう。
診療以外は、ぐったりのんびり、自分や家族のこと、それが美声氏 (笑)
でも一般的には、それが普通だと思います。

ふと自分はと思いました。
一応、店にいない時間で、内職もしていない時間を、オフとしています。
でも、果たして店にいる時や、内職しているとき、
「オンのスイッチが入っているか?」

入っていないと思いました。
オフのときと変わらない。
では入るときは?

何か難しい事態になったときです。
例えば、予想外に忙しく煽られたり、
先日のアコナイなどがそう、
お客様の相談事もそう、
ピアノ伴奏で自らスイッチを入れるときもあります。
しかし、圧倒的にオフの時間が長い・・・
「こんなのでいいのか?」
うーん、どうでしょうね (笑)

今朝のさわうたでは、
水曜日のメンバーで、AMANE開店来の常連の女性が、
闘病の末、3月4日に旅立ったことを偲び、
みなさんで美空ひばりの「川の流れのように」を唄いました。
献歌です。
ピアノ伴奏のスイッチ、オン。
告別式がちょうど今日でした。
ご冥福をお祈りします。
posted by セキシュウ at 21:16| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

うかうか

今日は午後、急に暗くなったと思ったら、
雨が降り出しました。
ひと雨あると聞いていましたが、その通り、
その後一度上がり、夕陽も差したのですが、また雲ってしまいました。

そんな様子を午後ゆっくり味わうのは久しぶり、
週末からバタバタど慌ただしい、
やっといつものペースに戻ってホッとしています。

今朝のさわうたで、一番にいらっしゃる方が、
興味深いことを教えてくださいました。
その方は、区の運営する体操教室に通っているそうで、
最近そこでは昼食の提供があり、
その後、歌集が配られ、歌を唄うコーナーが出来たとのことでした。
「あるだろうな・・・」
別に驚くような話ではありません。
事実、僕も過去にそういう場所で何度となく伴奏していますし、
今も町会のお誕生会には定期的に、
時々、他所からも声がかかります。

「ここに来ているおかげで」
「たくさん唄えて」とその方が続けます。
歌集の中の曲をよく知っているという意味でしょう。
「それは良かったですね!」と作業しながら答える、
と同時にふと不安がよぎりました。

大抵の施設は、そういうことを無料で提供しています。
デイサービスなどもそう、
そこに行けば、セットで歌を唄うことはついてくる、
もう至る所にそのような施設はあるのです。
「そこと」
「うちとの違いはなんなのか?」

その方もいずれは、その体操の、昼食の後の歌だけで、
事足りてしまうかも知れません。
わざわざ千円を持って、
朝から、その方にとっては距離のあるAMANEまで、
通う必要性がなくなることも充分に考えられる、
その方に限らず、お客様全てがそうでしょう。

これは資本主義、自由競争社会の原則で、
需要があれば、必ずあちこちで供給が始まり、
「奪い合い」などと殺伐じゃないまでも、
お客様の、消費者の確保には苦労をする、
今朝のその方のお話から、
この先の昼間の営業に関して、ずいぶん考えさせられました。
やはり、店として、
「何か」を売らなくてはならない、
しかも、ラーメン屋さんのように、麺で勝負ともいかない、
コーヒー屋さんのように、豆で勝負ともいかない、
勝負するものは空気しかないのです。
音は、空気の振動ですからね。

一回平均17名近い朝のさわうたも、
うかうかはしていられません。
今が多分マックス、高値です。
これをどれだけ維持できるか、
そして次の軸を作ることができるか、正念場のような気がします。

昨日のシャンソン教室で、ピアニストとしてまだまだと思い知りました。
腕一本でお客様を呼ぶには程遠い、
果たしてそこまで、生きているうちになれるのか・・・
こればかりは、
やってみなければわかりませんよね。
posted by セキシュウ at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

表現力語彙力

3月もとんとんとんと、調子よく過ぎていきます。
3月だけに、三拍子? (笑)
ワルツでしょうか。

今日は午後から、初の試み、
水織ゆみさん講師によるシャンソン教室を、
個人レッスンのお客様が8名いらっしゃいました。
都内のほか、名古屋、京都、奈良と教室を、
「水織音」と書き、ミオリネ塾という名前で開いていて、
今回、水織さん自身が長く北区在住ということで、
半ば、地域に恩返しという意味もあり、AMANEで開講と至ったのです。
月一回、30分のショートレッスン、
しかしその中身はとても濃いもので、
ピアノを弾きながら唸ることしきりでした。
今年でシャンソン歌手生活30年、さすがです。
的確なアドバイスに加え、
その表現力、語彙力たるや、作詞・訳詞を手掛けるだけあり豊か、
いや、豊か過ぎ・・・
真面目なレッスンなのに思わず吹き出したりして、あいすいません (笑)

長丁場、夕方の小休憩でコンビニへ、
「ちょっと小腹が空いて」とおっしゃるゆみさん、
手には肉まん、おにぎり2個、
それらをパクパクっと平らげる、
「それが小腹ですか!」
じゃ、普通の腹はどんな腹ですか (笑)
「アマネさんが少食なんでしょ?」と、
ゆみさんが食べている最中に入っていらした受講生、
このように、みなさん和気あいあい、まずは好発進でしょう。

歌手生活30年の節目に、いよいよ地元で教室を、
じっくりと、末長く続けていけたらと思います。

ところで、先日同級生の店で健康麻雀を、
その日の深夜、おふざけで作曲をしました。
ゆみさんに負けてられるか! の語彙力?で (笑)
麻雀の出来る方にしかわからないけど・・・
その名も「リャンソウ・ブルース」、
途中のヨイヨイヨイヨイ・・・は電線音頭から頂きました。



「リャンソウ・ブルース」
2索と5索と 1枚ずつ持っていて
当然と2索切ったら 3索を持ってきた
(ヨイヨイヨイヨイ おっとっとっと)

三色のカン2索待ち 5索を捨てている
喜んでリーチいったら 上家が2索暗カンした
(ヨイヨイヨイヨイ おっとっとっと)

3索の壁だからと 対面の親のリーチに
ためらいなく2索切ったら 七対子で一発ロンだった
(ヨイヨイヨイヨイ おっとっとっと)

シャンポン待ちの安い手に 2索振ってホッとして
裏ドラを開けてみたら 一羽の鳥が眠ってた
(ヨイヨイヨイヨイ おっとっとっと)
posted by セキシュウ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

愛想のない

昨日、ブログで夜の営業についてぼやいたからでしょうか、
実際の昨夜の営業は、まあまあの入りでした。
同情票が入ったとか・・・
いや、ブログを読んでいらしたわけではありません。
酔った勢い・・・でしょうね (笑)
夜も、少しずつではありますが、常連さんがついている、
一度いらして、また、
或いは、久しぶりにいらして、また来るようになる、
夜の営業については、まだ目は残っているような気もします。

昨夜は、久しぶりにいらしてからは、ちょくちょく来るようになった常連さん二人が、
「マスター、実はお願いがあります」と、
真顔で何をと思ったら、
自分たちがボランティアで唄いにいく伴奏を手伝って欲しいとのこと、
「もちろんいいですよ!」
スケジュールが合えば喜んでいきますと伝えました。
有償無償は関係ない、
格好つけた言い方ですが、そんなものは後からいくらでもついてくる、
きちんとしたものを提供すれば、
例えその場で実らなくても、以後、どこかで必ず実るもの、
それは、長くボランティアをやっているからわかることです。
僕のピアノだって、ボランティアがスタートだった・・・

一夜明けて今日は朝からパソコンに向かっています。
4コマ漫画のお絵描きは5週間ぶり、
それだけ空いたにしては、すんなりと描ける、
ネタを早めに決めていたせいもあるでしょう。
その後、さわ通の編集に取り掛かりました。

午後からは所用で夕方まで外出、
寒くはなかったのですが、暖かいとも言えない、
まだ春とは決め難い空に向かって、

「春よ」
「早くおいで」

01haru.JPG

黄色い花が唄っていました。

そうそう、
前々日の記事に Momokoさんがコメントを、
「愛想のないチラシ」とご謙遜でしたが、
いえいえ、文字だけで Momokoさんの愛想の良さを感じます。

愛想のないとは、こういうことではないですか?

02haru.JPG

いつものサビ猫。
「ちょっと、顔見せて」

03haru.JPG

おおおっ!
一見、愛想のない、どころか、恐い顔 (笑)
でもそれは顔だけで、
本当は甘えん坊で懐っこい、
サビ猫は概してそうであるとは、猫好きさんには有名な話です。
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

近所が閉店

3月最初の週末を、ほとんど店内で過ごしています。
昨日も今日も日中はふりうたがあり、
特に昨日は朝10時過ぎから夕方5時過ぎまで、
その後、ライブの打ち合わせで来客、そして一般営業と、
プレミアムどころか缶詰フライデー (笑)
おっと、プレミアムは先週だった・・・

飲食店で金曜日忙しいのは繁華街、
ターミナルステーションがあるところだけの話です。
昨夜のお客様も、そのことをよくご理解、
「こういう場所は、逆に暇なんだよね」と、
おっしゃる通りと笑いました。

先月いっぱいで、うちの店の少し先のステーキ店が閉店しました。
夕方からの営業でした。
一時は明け方までやっていましたが、
最近は早仕舞い、
深夜客が見込めなくなったからでしょう。
そして遂に・・・

チェーン店ですから、不採算店の撤退は当然です。
内情はわかりませんが、
収支がトントンでも、この先を考えたら、
例えば、家主との契約更新時に撤退を決める場合もあるでしょう。
外食産業の時短営業が進む中、
売り上げのよくないロードサイド店は、今後どんどん閉店すると思います。
返って、路地裏の目立たない小型店が、
ランニングコストの少なさも助け、健闘する、
うちはどちらかというと目立つ、通り沿いの店ですから、
グループとしてはステーキ店と同じ「苦戦組」です。

そんな中、昨夜のお客様は嬉しい限りでした。
5名グループだったのですが、
おひとり遠方で、おひとり眠たくて (笑)
ものの1時間も経たないうちにチェック、
ところが、前述の、
「暇なんだよね」と仰った男性が、
一度十条駅までお連れを送った後、
また二人伴って戻ってきてくださったのです。
暇な金曜日、助かりました。
ドリンクのお代わり、ピアノの伴奏と、追加料金を頂きました。

その方が、店のことを思って遊んでくださったとは思いません。
自分がもっと飲みたかった、唄いたかった、
ピアノで唄うなんて、そうあることではない、
遊ぶのは夜だけ、まだバリバリの現役社会人です。
けれど、
なんとなく、
「ひょっとして店のことを・・・」と思ったりもする、
正反対のことを言ってますが、正直な気持ちです。
「店を心配してくれたかなぁ?」

飲食店の受動喫煙問題が話題になり、
小規模店の目安として、30平方メートル以下、とありました。
みなさんも記事などで目にしたと思います。
うちは、延べ床面積、52.24平方メートル。
規模としては中規模、
中途半端な中、でもある (笑)
なんとかやれているのは、ひとりでやっているから、
人件費がかからないからです。

けれど、この広さをひとりで、とは、
もし他の方が借りるとしたら考えつかないと思います。
最低でも2人
多ければ3人、あるいは4人、
多くのサービススタッフ、いや、女の子など使って (笑)
派手にやろうと考えるに違いない、
それもあり?

いや、ないでしょう。
僕が店を借りる前、
そのような申し出で幾人も借りにきたようですが、
大家さんは全てお断りしたそうです。
「そんなことしたって、持たない・・・」
結果的に正解でした。
大家さんは先見の目があった、
そりゃそうです、この地で50年以上商売してきたのですからね。
posted by セキシュウ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

アコナイチラシ

カメラに向かってあんなに笑うことは珍しい、
ましてピースなど、
撮った関谷氏も半ば呆れていました。
まあ、それだけ気を許していたのでしょう。

でも気づいていないのは自分だけで、
普段は、わりと笑うことが多いのかも知れません。
営業中、お客様の反応に吹き出したり、
自分の失態をごまかし笑ったり、
朝のさわうたは特によく起こるのです。

昨日は、いつも1部の終わり頃いらっしゃるMomokoさんが、
少し遅れて登場、
「やっぱり、いらした・・・」
お客様には、予め見えるかもと伝えておきました。

アコナイのお当番のMomokoさん、
ご自身でチラシを作り、
僕にチェックを頼んできたのが、前日、水曜日のことです。
お友達にも渡すのでしょうが、
「さわうたの皆さんにも」と、
早速、昨日持ってきたのでした。

弱視のMomokoさんが、
自分でチラシを作り、店に持ってきて、
お金を払ってさわうたに参加、
なんと素晴らしい!

こんな可愛いチラシです。

02momo.jpg

持っているのは、もちろんMomokoさん。

01momo.jpg

さわうた終了後、みなさんお帰りのとき、急いで撮りました。
なぜって、
Momokoさんも、みなさんとお昼を食べに行くからです。
お待たせしては申し訳ない、
たくさん唄ってお腹空いているでしょうからね (笑)

第11回アコナイは来週土曜日、
どうぞよろしくお願いします!
posted by セキシュウ at 19:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

3時間のリフレッシュ

宝くじなんて当たったってー
買わないしー
宝くじ、平たく言えば賭け事ですが、
「興味なし」などと言った舌の根が乾かないうちに、
今日の午後、

ama01.jpg

おお!
麻雀、賭け事してるじゃないですか!
なんてヤツ・・・
は、冗談 (笑)

以前も書きましたが、高校の同級生の雀荘へ、
健康麻雀をしに行ってきました。
店主の関谷、愛称せきたんが、
最近フェイスブックを始め、
麻雀教室の講師に勤しむ姿に僕がコメントを入れたら、
「おヒマなら遊びに来てチョンマゲ」とふざけた返信 (笑)
じゃ、ご無沙汰だし「行ってやろうの助」と、(笑)
さわうたを終え、軽く昼食、雨の中、傘をさして高田馬場まで出かけたのです。

後ろで僕のヘボぶりを眺めるせきたん。
まあ賭けないし、いいじゃん、なんでも・・・

いやいや、それは違います。
麻雀というゲームを純粋に楽しむ。
やらない方はピンとこないかも知れませんが、
麻雀は、四人で競いながら、
(三人もあり)
その浮き沈み、ツキがあったりなかったり、
たった一手の違いで上がれたり上がれなかったり、
人生によく似たところがあるのです。
そして、それぞれの人間性もゲームに出る・・・

一対一でやるゲームとはまた違い、
そう、音楽で言うならバンドを組んだようなものか、
或いは、セッション、
広がり方が面白いのです。

大きな声では言えませんが (笑)
お金が関係してくると、
例えば、たくさん持っている人とそうでない人は、
麻雀の打ち方に影響が出てくるでしょう。
負けが込むと、なんとか取り戻そうと無茶をすることもある、
どうせお金を払うんだからと、
マナー悪くプレーすることもある、
そういうことが重なるとストレスになり、
発散どころか溜めることにもなり兼ねないのです。
今のこのストレス社会こそ、純粋に楽しむ健康麻雀がいい!
店内は終日全面禁煙。
空気がとっても綺麗です。
うちは夜は喫煙可ですから、
いくら朝の営業やライブなど禁煙にしても、
微妙にタバコの匂いが残っています。

せきたん、いや関谷氏はよく英断したと思います。
煙モクモクなイメージの雀荘から、
健康志向へ、そして教室の開催、
教室は多くのマダムで賑わっているとのことでした。

料理も凝ってます。

ama02.jpg

テレビの「アド街」でも紹介されたカパオライス、

ama03.jpg

目玉焼きが美味しそう!

テーブルに運ばれて。

ama04.jpg

若い学生さんたちの卓です。
食欲旺盛、こんなのペロリですね (笑)

今の若い子は麻雀をやらないと聞きますが、
そうでもない、
まずはゲームソフトやオンラインゲームから、
そのうち、実践してみたくなるそうです。
ゲームソフトと言っても強敵、オンラインゲーム然り、
ですから、若い子でもとても上手なんだそうで・・・

おっさんはどうする?

ama05.jpg

あ、この喜びようは何ですかね〜。
いや、混一色の六面待ちを上がったんです。
六面待ちなんて、そうは出来ないので撮ってもらいました。
ルールを知らない方はごめんなさい (笑)

3時間。
短時間ですが、リフレッシュ出来ました。
お店のページはこちらです。
麻雀OZのHP
posted by セキシュウ at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする