2017年03月04日

近所が閉店

3月最初の週末を、ほとんど店内で過ごしています。
昨日も今日も日中はふりうたがあり、
特に昨日は朝10時過ぎから夕方5時過ぎまで、
その後、ライブの打ち合わせで来客、そして一般営業と、
プレミアムどころか缶詰フライデー (笑)
おっと、プレミアムは先週だった・・・

飲食店で金曜日忙しいのは繁華街、
ターミナルステーションがあるところだけの話です。
昨夜のお客様も、そのことをよくご理解、
「こういう場所は、逆に暇なんだよね」と、
おっしゃる通りと笑いました。

先月いっぱいで、うちの店の少し先のステーキ店が閉店しました。
夕方からの営業でした。
一時は明け方までやっていましたが、
最近は早仕舞い、
深夜客が見込めなくなったからでしょう。
そして遂に・・・

チェーン店ですから、不採算店の撤退は当然です。
内情はわかりませんが、
収支がトントンでも、この先を考えたら、
例えば、家主との契約更新時に撤退を決める場合もあるでしょう。
外食産業の時短営業が進む中、
売り上げのよくないロードサイド店は、今後どんどん閉店すると思います。
返って、路地裏の目立たない小型店が、
ランニングコストの少なさも助け、健闘する、
うちはどちらかというと目立つ、通り沿いの店ですから、
グループとしてはステーキ店と同じ「苦戦組」です。

そんな中、昨夜のお客様は嬉しい限りでした。
5名グループだったのですが、
おひとり遠方で、おひとり眠たくて (笑)
ものの1時間も経たないうちにチェック、
ところが、前述の、
「暇なんだよね」と仰った男性が、
一度十条駅までお連れを送った後、
また二人伴って戻ってきてくださったのです。
暇な金曜日、助かりました。
ドリンクのお代わり、ピアノの伴奏と、追加料金を頂きました。

その方が、店のことを思って遊んでくださったとは思いません。
自分がもっと飲みたかった、唄いたかった、
ピアノで唄うなんて、そうあることではない、
遊ぶのは夜だけ、まだバリバリの現役社会人です。
けれど、
なんとなく、
「ひょっとして店のことを・・・」と思ったりもする、
正反対のことを言ってますが、正直な気持ちです。
「店を心配してくれたかなぁ?」

飲食店の受動喫煙問題が話題になり、
小規模店の目安として、30平方メートル以下、とありました。
みなさんも記事などで目にしたと思います。
うちは、延べ床面積、52.24平方メートル。
規模としては中規模、
中途半端な中、でもある (笑)
なんとかやれているのは、ひとりでやっているから、
人件費がかからないからです。

けれど、この広さをひとりで、とは、
もし他の方が借りるとしたら考えつかないと思います。
最低でも2人
多ければ3人、あるいは4人、
多くのサービススタッフ、いや、女の子など使って (笑)
派手にやろうと考えるに違いない、
それもあり?

いや、ないでしょう。
僕が店を借りる前、
そのような申し出で幾人も借りにきたようですが、
大家さんは全てお断りしたそうです。
「そんなことしたって、持たない・・・」
結果的に正解でした。
大家さんは先見の目があった、
そりゃそうです、この地で50年以上商売してきたのですからね。
posted by セキシュウ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする