2017年03月22日

めぐり

昨日降り続いた雨は僕が帰る深夜1時過ぎには上がり、
空を見渡すと星がたったひとつ、
「一際明るいのは金星か・・・」
あとは、晴れているはずなのにこれっぽっちも見えない、
それが都会の空です。

そんな中、よくもまああの曲を選んだと思う、
さわうたの課題曲「星めぐりの歌」
都会ではほとんど無縁の星座の歌、
でもだからこそ選んだのかもとも思うのです。

満天の星空を見たのは、もう遠い昔のこと、
帰省はしますが眺めるのは夜遅くまで友人の顔、
その後は千鳥足で帰る (笑)
星空のことなんて頭にありません。

それでも選んだことで、ブログを読み、
ちょーやさんが合唱団で唄うことにしたり、
ふりうたで唄う方が出るなど、歌の広がりが出来て楽しい、
これぞ、「めぐり」と思ったりして、
このブログもまあ役に立っている、
つまらない乱文も時には為になる、
そんな気持ちが、日々ブログに向かうエネルギーになる、
いや、エネルギーじゃない、
ネタ、ですかね (笑)
好きで書いてます。

3月8日の記事の最後に短く書きましたが、
AMANE開店来のお客様で、
はじめは毎週土曜日の夜のカラオケに、
その後、朝の水曜日のさわうたに通っていた方が、
今月初めに逝去、
8日が告別式で、朝10時から、
それに参列したお友達が今朝のさわうたにいらっしゃいました。
みなさんに一言ご挨拶したいとおっしゃるので、
今週はちょうどリクエスト、
その方の番で「どうぞ」と勧めると、
お立ちになり、ご家族からのお言葉と、故人の最後の様子をお話しになりました。
「もう一度、ここに来たいと言ってたのに」の後、
言葉に詰まり嗚咽が、
「ここが大好きで・・・」

落ち着いたところで、
「川の流れのように」をみなさんで、
今日は21名と大入り、しかも小島かおるさん付き (笑)
再度、大きな声で唄い、ご冥福をお祈りしました。
明日までお彼岸です。

夕方、よく通る小さな公園の早咲きのサクラ、河津桜がすでに散り、
緑の葉が繁っていました。
その中に、

kawazu.jpg

夕日に照らし出された花びらの散った様、
とても綺麗に思えました。
「あとは、まかせた!」
そう言っているようでした。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする