2017年04月06日

ラ・セーヌ個展5

今日は朝から暖かく、ぐっと気温が上がりました。
さわうたでピアノを弾き始め、いきなり違和感、
「おっ」
「鍵盤が動かない!」
重く、やや、べたつくのです。
「もしかして・・・」
熱気で湿度が上がった? よくみるとお客様が興奮気味?
なわけなくて (笑)
単純に空気が湿っている、
ついこの前まで暖房で乾燥していたのが嘘のようです。
湿度計はないのですが、ネットの天気予報を見たら湿度70〜80%でした。
午後からは風も強く、突風も時折、
そして雨になり荒れるのは案外「春らしい天気」とも言えるでしょう。

春らしいと言えば、
昨夜看板を出して、中に入ろうとしたら、
「あーまーねー」と大きな声が遠くからしました。
「んっ お客さん?」
声のした方を見たら、自転車に乗った小さな女の子が通り過ぎていく、
小学生低学年か幼稚園か、
「なんだ」
「看板を読んだだけか」
電飾看板の真ん中、音符の中に平仮名で「あまね」
読みたくなったんでしょうね、どうしてって、春ですから (笑)

さて本編に入ります。
つづき。
昨日、もったいぶって終わった「びっくりが起こった」、
果たして何が・・・

00su.JPG

プラザホテル寿の朝食。
これをこの僕が御飯までおかわりし完食したんです!!!
「それはびっくり・・・」
しない (笑)

ほんとはこれ !

01su.JPG

自撮り。
ホテルのフロントの方と・・・
「なにがびっくりなの?」
この写真だけでわかった人は関係者 (笑)

このフロントマンこそ、プラザホテル寿の社長なんです。
朝起きて、1階に降り、フロントを通ったらびっくり、
「えっ?」
「仕事に出てるの?」
お客様のチェックアウトをしていたのが社長、
社長はおおげさか、僕の同級生、それこそ幼稚園からの友達です。
昨夏の中学同窓会の3次会でもちょっと写真で顔出ししましたが、
飲んだくれの顔 (笑)
いや、正直、その彼が自ら月曜日の朝からフロントに立っているとは、
「おどろいた〜 !」

「おおっ、関君 !」
泊まっているのは勿論知ってますから、
フロント業務が落ち着いたところで話を、
日曜日は人がいなくて、ナイト出勤し、フロントに入ることがあるとのことでした。
「零細企業ですから・・・」
なにをおっしゃる、
「そんなこと言ったら、うちはどうさ(笑)」

03su.JPG

中学からは部活も違い、あまり接点はなかったのですが、
幼稚園、小学校低学年はよく一緒に遊びました。
前にも書いたことがありますが、家が近所だったのです。
幼稚園に入る前に湯田温泉に引っ越し、
彼や、元生徒会長、ニモのパパ、精神科医、
父と同業の娘、建築屋さんの娘 (笑)・・・
などとはよく遊んだものでした。
湯田温泉の高田公園でも。

04su.JPG

今は井上公園と名称を変え、綺麗になっています。

当時はなかった、

05su.JPG

中也の記念館。
月曜日は閉館日でしたが、
ふと、貼り出してあった詩を読んでみる、

06su.JPG

「飲み助の気持ちか・・・」
中也が酒好きだったのは有名な話、
皮肉にも、僕は酒場稼業を生業にするようになり、
中也の詩がより身近なものになりました。
(ギタアルとはギターのこと)

湯田温泉の路地をいまだ覚えています。
用水路沿いに歩く小径、
誘われるように入っていきました。

07su.JPG

ありゃ、
「こんにちは」(笑)
どこでも会ってしまうのは、もはや宿命か・・・

「この町も変わったね」

08su.JPG

でも、ところどころ過去が残っているのが、
今の僕にはとても嬉しいのです。

09su.JPG

湯田温泉駅に二両編成のディーゼル車が来ました。

10su.JPG

「中学からこれに乗って学校に通った・・・」

山口駅。

11su.JPG

歩いた道。

11.3su.JPG

どこの場所にも、名も知らない草が生えていますね。
つづく

「まだ引っ張るのかい!」
ごめんなさい (笑)
posted by セキシュウ at 18:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする