2017年04月10日

差し入れ

ギタアル売人 (笑) やてふさんからコメントが入りました。
大学生時代楽器店でバイトを、ギタアル、いやギター1日100本売ったとか?
土曜日は、その時の話になりました。
「時給いくらだった?」「500円」「安い!」「好きなことだから」
そんな話をしたからでしょうか、
お客様と遊びに来ていたピアニストの斎藤敦子さんが、
「私もウエイトレスの経験が」と言ったのは意外、
「え?」
「じゃ、トレンチ持ってみる?」

あくまでイメージですが、
トレンチを扱えそうなタイプと、そうでないタイプがあります。
動きがキビキビしている、スッスッと動く人は、
レストランのホールなど経験ありか、
わりと、ゆったりしている人は先ずない、
斎藤さんもどちらかといえばゆったりタイプ、
なので、ウエイトレスの経験に驚いたのです。

トレンチを渡すと、一応持ってはみたものの、空の状態、
「グラスを置いて、どう?」
苦笑いしながらの答えが面白かった、
「私、キャベツしか切っていなかったから・・・」
キャベツ?
「え、それって厨房?」
ウエイトレスじゃないじゃん (笑)
それも、よく聞くと、キャベツを持ってくる係とか、
キャベツの切り方は横で見ていてわかったとか・・・
「なんだそれ!?」

これが、やてふさんのコメントの爆笑話です。
まあ、実のところは、
音大に通う斎藤さんが、知り合いの喫茶店を少し手伝ったという話か、
今のようにマニュアルだなんだとうるさくない時代、
個人経営の店が多かったのですから、
遊び半分、というところでしょうね。
1980年代の話でしょうか。
緩い時代でした。

やてふさんの@の後ろ、豚チョコは、
三杯目のコーヒーの付け合わせに、
お客様から頂いた差し入れのお裾分け、
ピンクの豚が中にデザインされた、メダル大のチョコレートです。
なんとなく、やてふさんに上げたくなった (笑)

差し入れは、貸切パーティーなどやる関係で、
半端物がよく残ったりします。
昨日も、山口の銘菓、珍味、
セレブなお菓子、値引きのついたフルーツ (笑) などなど、
中でも、山口から日帰り飛行機で参加の精神科医は、
一升瓶を持って登場、おまけに小瓶も、
さすがに一升瓶は飲みきれないだろうと、店のキープになりました。
さていつ飲むか?

銘柄はあれです。
もう世界進出までしているという・・・
昨日の記事でも箱は写っています。
大中小、
珍しくそれぞれ違う種類が揃いましたので、
ちょっとお披露目。

02das.JPG

松竹梅は、真ん中、向かって左、右、の順です。
まあ、お酒を飲む方ならご存知でしょう。
最近はずいぶん入手しやすくなりました。
posted by セキシュウ at 20:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする