2017年05月01日

自分磨き

5月になりました。
昨日の青木FUKIさんのライブの余韻に浸る間もなく、
今日午後からは水織ゆみさんがいらしてのシャンソン塾、
月を跨ぎながら、
業界の中堅どころに接するという贅沢な営業をしています。
僕のような若造が (笑)
よく知らないシャンソン界の話をするのは生意気ですが、
二日続きでお二人と、
同じ中堅でもその違いは明らかで、
例えば水織さんは、
今日いらっしゃるときは嵐になりそうな雨、
傘を差していらっしゃる、間、天気は変わり帰る頃には晴れ、
FUKIさんは、のっけからの青空そのもの、
ズバッと晴れて終わる、
それはまるでお二人のステージを表しているが如くです。
タイプが違うところに、それぞれの魅力があるのです。

お二人に共通しているのは、
FUKIさんが途中話したMCの中、
門下生の方々の発表会でのことで、
シャンソンと巡り会って、いかに人生が輝いたか、
多くの方々は、
それまでただ精一杯、家のこと、仕事とやってきて、
何も「自分磨き」が出来なかった、
生徒さんがステージに立つとき、
「先生より」
「綺麗に、派手になって唄っていいですか?」と聞かれると、
FUKIさんが笑いながら話したのです。
「どうぞ!」と答えるとも。

今日は、そんな話を水織さんにしたら、
やはり同じように先日の奈良の教室の発表会の話を、
いかに生徒さんたちを鼓舞してやったかの苦労談、
おかげで涙涙の成功を収めたとのことでした。

その話は、シャンソンだけに限らないことは、
もう歌を唄う方なら、
いや、習い事をしている方ならわかると思います。
アコナイなどは、
そこまでは行ってないにしても、
自分に何かを課してやるというプロセスは同じ、
もちろん、昨日の記事の独唱会もそうですね。
自分磨きは痛快!

さて、あまりダラダラ書いているとダメ出しされそうなので (笑)
その独唱会から、
圭未の歌唱シーンを1曲、
動画に撮ったので紹介します。
カメラ位置が少し前で、頭が切れていますが・・・
ま、雰囲気で。
昭和の懐メロです。
ダンスなんかも、自分磨きの一つですね。

posted by セキシュウ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする