2017年05月04日

ツツジと

今日も昨日と同じようなパターン、
朝はさわうたを、夕方打ち合わせでした。
さわうたは、先週土曜日に行った都留市ボランティアまつりのフィナーレで、
天野先生が「ドレミの歌」を歌唱指導、
「ドはドーナツのド」と唄う最初の「ド」を力強く唄いましょうと、
「レ」「ミ」「ファ」まで、
「ソは青い空」から普通にを、
なかなか愉快だったので、天野先生に、
「さっそく店の営業でネタとして使います」と一応使用許可をとり (笑)
今週からみなさんと楽しんでいます。
しかし全体的に生真面目な方が多く (笑)
「ド」を強く唄うのは良いとして、音程をドの音で保ってしまう、
そうすると、大して変わらない、
「もっと外して」
「高く出すんです」と例を、
するとみなさん直ぐに飲み込まれて上手に、
「ドー!」と吠えて (笑) くださいました。

夕方の打ち合わせは、去年10月に催した「キリン児会」の幹事さんたちと、
嬉しいことに、またAMANEで今月21日にやってくださることになったのです。
「それにしても」
「5月とは早いですね」と尋ねたら、
10月は寒くて不評だったのだとか、
それならもっと時節の良い5月にと変更したそうで、
今回も担任の先生含め19名の出席だとか、ありがたい限りです。

僕より20才上の方々です。
6クラスあるうちの一クラス、
生徒数は60名ですから、出席は半分以下、
「まぁ、そんなものだろう」
クラス会をスタートした当時から出席しない方がいたり、
亡くなった方、要介護の方、闘病中の方と、
1時間半の打ち合わせの中、75才を迎えようとしている方々の様子を聞きながら、
ふと、先日催した父の大学のクラス会を思い出す、
「いつまで続くか・・・」と若干弱気の幹事さんに、
「10名になっても」
「うちは構わないので」
「ぜひ続けてください!」と進言しました。

父の同窓会で、会を来年で解散するという話になり、
メンバーと意見交換したとき、ある女性が、
「こうして」
「1年1回集まることが」
「元気の素になっている」と、
僕にも十分理解できます。
まだその年代ではありませんが (笑)

幹事の男性は、
「闘病している友人がいる」と、名前を挙げて話してくださいました。
再々見舞いに行くのだとも、
その理由は、自分が大病を患ったとき、その友人が随分励ましてくれたからだそうで、
その時ベットで友人の顔を見ながら、
「よし、元気になろう」
「元気になって」
「もし友人に何かあったときは」
今度は自分がと決意、それを実行しているのだそうです。

打ち合わせは有料でした。
生ビール、ウーロン杯、アイスコーヒー、ウーロン茶、
飲み物代を明朗会計で頂いて (笑)
「ありがとうございます」
「わざわざ開けてくれて悪いわね」
いえいえ。
良い話が聞けました。

そのまま所用を済ませ、午後7時前、
いつもと逆に帰路へ、
通りがかった例の場所、
天晴れのツツジ、

tutuzi.jpg

月を見上げています。
半月・・・
「満月になる頃まで」
咲いているでしょうか?
「もし散ったとして」
来年も咲く?
わかりません。
ちょっと楽しみです。
posted by セキシュウ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする