2017年05月28日

続アコナイ13

今回は華やかな、いや今回も (笑) 華やかなメンバーでした。
お当番の地味綾部さんが作ってくださったチラシに、
女性の出演者、
「女子力 過去最大級 (当店比)」と、
いかにもやり手の営業マンの書く文句 (笑)
たしかに京角さん、池田さん、Nekoさん、
新しく参加のivrogne(イヴローニュ)さん、コウタさんと、
8組中5組を女性が占めたのです。
イヴローニュさんはバンドで4人編成、
メインのボーカルが女性でした。

コウタさんは映画などにも出演している方でトランスジェンダー、
今回は綾部さんの計らいでゲスト参加、
だからと言って特別扱いではなく、皆さんと同じ客席に座り、同じように演じ、笑い、
とても丁重で、周りを気遣われる素敵な方でした。
演奏時間も皆さんと同じ、
これぞ、ゴトーさんが言うところのトラディショナルなアコナイ (笑)
始めから終わりまで良い雰囲気でした。

京角さんが次の予定ありということで一部のみ参加、
(それでも料金はきっちり頂きました・笑)
なので、いつもは終わって撮る集合写真を始まる前に、

ako13.jpg

午後6時。
まだ外は明るく、ガラスのドアからは外光が入っています。
わかりますかね?
女優のコウタさんは直ぐわかるでしょう。
お当番の綾部さんは「いいね」ポーズ、
自らたくさん飲んで、売り上げに貢献してくださいました。

Momokoさんがお当番のとき出演したウクレレ亭ロータさんは、
その日遊びにいらした綾部さんが惚れ込んで早速オファー、
全盲なのでガイドさん付き、
これがまた若くてかわいい女性で (笑)
ソフトドリンクですが2人でたくさんおかわりを、
おにぎりもいっぱい食べてとても楽しそうでした。

終わった後、「出演者からたくさんお金を頂いて」と、
綾部さんのチェックのとき申し訳なさそうに言ったら、
ガイドの女性やロータさんが、
「それでも良心的な値段ですよ」とフォロー、
「まずはやる場所がなかったら・・・」とガイドさん、
そう言ってもらえてホッとしました。

新しく参加のイヴローニュさんは、ジプシージャズを、
2部では久保田早紀さんの異邦人をアレンジしてなかなかのもの、
4人編成で使ったのはベースアンプのみで、
他3つのギターは生音でしたが丁度良いバランスでした。
女性のボーカルは透明感があり声も控えめで、
これがまたギターの生音とマッチしていたように感じます。

コウタさんは、ギターのインストでオリジナルを、
要介護5、4の両親を送ったあとに作った曲は、
哀愁と平穏がミックスしたゆったりとしたメロディー、
2部では昭和歌謡、「恋のバカンス」を、
皆さんと一緒に唄うという企画で盛り上げました。

おしゃべりの楽しい綾部さん、
京角さん、池田さん、アンビルマンさん、Nekoさんは、
もう何度も出演していてお馴染み、
僕には、ですけど (笑)
ロータさんのビリージョエルも良かった、
書くときりがありません。

やてふさんがいらしたのは2部の後半で、
皆さんお帰りになったあと、いつもの軽いミーティングを、
きちんと意見を言ってくださるのでとても有り難い、
がんばってアコナイを長く続けようと改めて思いました。

6月は行志堂さん&小島さんに、
7月は去年やった企画、ビートルズアコナイでやてふさんに、
そして8月を、昨夜出演のNekoさんにお願い、ご快諾頂きました。
Nekoさんお当番は初めてです。
どんなメンバーになるか・・・
そう言えば6月も行志堂さんがユニークなメンバーを集めてくださって、
これまた楽しみ。

少しずつ広がってきているように思います。
5年後くらいには、
蒲田屋さんに負けないくらいの十条の名物になっていたい・・・とか (笑)
まぁ、それよりもまず店が潰れないようにしないと・・・ですけどね。
posted by セキシュウ at 20:26| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする