2017年07月28日

ウオルフィーさん

7月最後の週末がやって来ました。
金曜日、なんたらフライデーは特に影響なし (笑)
ローカルと言い切れないまでも、
東京の北の、埼京線十条駅、
夜の繁華街のイメージではないでしょう。

開店当時から、金曜日が目立って忙しいことはありません。
どんな曜日でも忙しくなる日は忙しい、
最近では木曜日、
先週・今週と連続でバタバタとお客様が、
それも偶然が重なったりするのが水商売ならではです。

昨夜は、なんと!
Momokoさんが夜の一般営業にお友達と、
予告なしでのご来店、
それもお友達は大きな荷物を背負ってですからびっくりです。
Momokoさんは可愛らしいネコ柄のバッグ (笑)

お客様とカラオケを楽しんでいる最中に現れたのは、
これぞ偶然、やてふさん、
同じアコナイ関係者です。
「こんばんは〜」と例の調子でMomokoさん、
「あ、どうも」と例の調子でやてふさん、
って、どんな調子だ?(笑)
やてふさんは明日の「うたごえビートルズ」使用のギターの搬入、事前打ち合わせで、
来店されたのでした。

特筆すべきは、Momokoさんのお友達の、ウオルフィーさん (アーティスト名でしょうか…)
全盲の方ですが、行動はまるで見えているかのよう、
もちろん道などは弱視のMomokoさんの介助を受け、
ドリンクメニュー、カラオケのデンモクも代読、
では何がすごいかというと、
自分の荷物の出し入れです。
ギター、缶で作った三線、小さなコンガのような打楽器など、
スッスッと、手際よく、
「え、どうしてそんな上手に!」
見えていたってそうはいかない・・・(笑)
「慣れてますから」と笑っていましたが、
いやいや、お見事。

もちろん演奏もお見事、最後に。

ウオルフィー.jpg

10弦ギターでムーンリバーを弾き語りです。
Momokoさんも初めて聴いたそうですね。
素敵でした。

帰り際、
「ピアノの演奏が聴けなかったのが心残り」とウオルフィーさん。
ええ。
実は弾き語りのムーンリバーに加わってピアノを弾こうかと、
一瞬考えたのですが、
みなさんにじっくり聴いてもらうにはソロの方が良いと思い、
今回は遠慮したのです。
またいらした時は是非!

たまたま外に出た男性のお客様と一緒に、
ウオルフィーさん、そして介助をするMomokoさんを見送りました。
男性のお客様が、
「すごいね〜」
「あれで電車に乗って帰るんだね」と。
本当にそうですね。
目が見えないくらい何さ!
逞しく生きている姿に、二人見とれていたのでした。
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする