2017年09月06日

譜面を見ず

一日中ぐずついた天気です。
今夜は満月なのですが見えるはずもない、
実は昨夜出勤時、
やや雲がかかりながらも丸々とした大きな月を、
進行方向に見たのですが、
「店に着いてから」
「看板と一緒に撮ろう」と下心 (笑)
結果は想像通り・・・
隠れて二度と出てきませんでした。
毎回思い通りにいくはずありません。

今日のさわうたでは、
日曜日の菅野淳史さんのライブ動画を、
半分だけ再生しました。
先日紹介したアコーディオンのです。
さわうた17名中、ライブにいらしたのは2名、
15名の中で、個人で動画を見られる、つまりパソコンやスマホを扱う方が、多分数名、
ほとんどの方が見られないと思ってのことです。
淳史さんの小芝居で案の定、笑いが、
しかし僕が見てもらいたかったのはピアノの大橋さんで、
その凄さ、
「譜面を全く見ない」を確かめて頂きたかったのです。
今までいろいろなピアニストを見てきましたが、
ライブ全部を譜面なしで通したのは、大橋さんただ一人、
譜面にしなくても、小さなメモ書きを置いていた方、
何曲かは見ずに弾いた方、
でも、最初から最後までは大橋さんだけです。
(クラッシックは別です)

しつこいくらいにその話をしたら (笑)
「あまねさんもでしょ?」
と、さわうたのお客様が仰いました。
いえいえと否定する、
さわうたの気楽さと、本番の、
コンサート形式で料金をそれ相応頂く伴奏は違います。
こう書くと、さわうたを安く見ているような?(笑)
まあしかし、
みなさんが気持ちよく唄うための補助的な伴奏がさわうた、
プロの歌、演奏を聴かせるためのピアノではないのです。
動画のプロのピアニストでも、
譜面を全く見ずにコンサート全てを弾き切るのは、
一流中の一流の方しかいないと思います。

大橋さんとは、大した話もせずに終わりました。
けれど、僕の中に大きな衝撃と共に残りました。
もちろん淳史さんも凄い、
彼も全く譜面を見ていないのことを付記しておきます。
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする