2017年12月31日

2017年も終わり

さてさて、2017年も終わりです。
そして今日から休み、
ゆっくり、ゴロゴロしてようかとも思ったのですが、
そうはならないのが僕の性格、
「打ち納めに・・・」
「行ってくるか」
バスケ (笑)

さすがに大晦日で赤塚公園のコートも空いているだろう、
「日曜日だけど」
若干の不安を抱えつつ、
「どんなもんか?」

午前10時前です。

01ba.JPG

ありゃりゃ、賑やか!
「好き者がいるなぁ・・・」
って僕もその一人でしょ (笑)

奥のコートに顔見知りの中学生がいたので、
「一緒にやっていい?」
夏休みに何度か顔を合わせた子です。
こういうとき、きちんと人間関係を作っておくと助かります。
「どうぞ」

小学生もいて、

02ba.JPG

じゃんけんしてる?
楽しそうでいいですね〜。

1時間くらい動いてきました。
途中、ハラハラと白い物は雪、
でも、風がなく、そんなに寒くはなかったですね。
良い打ち納めになりました。

午後からは例年のようにお墓参り、
雨がちょうど上がった後で良かった、
落ち葉を拾い雑草を抜き、墓石を掃除し、
1年間、元気に過ごせたことのお礼をしてきました。

03ba.JPG

2018年はどんな年になるのでしょう。
新しい草原、各種ライブ、楽しみなことが多いです。
きっと佳い年になるでしょうね。

今年1年ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
posted by セキシュウ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2枚

今日は今年最後の営業日です。
30日というのに、午後からふりうたに3名、有り難い限りです。
午前中に用事を済ませていらしたとのことでした。
歌に通われている方は、
みなさん、それが生活のリズムになっているようで、
そしてちょっとした頭の体操にも (笑)
新しく何かを覚えたり、練習したり、
「上達するなんて、その年齢でなかなかないですよ!」
楽しい楽しい (笑)

さて、今年最後の・・・
にゃんこ、いってみます。
久しぶり?

ひとつのシーンを大抵2枚以上は撮るのですが、
今日はそれを紹介。

05tu.jpg

屋根の上にお月様とネコ。

06tu.jpg

これ以上は近付けないか (笑)

近付けるのは、

01tu.jpg

「よお!」

02tu.jpg

これは今日の午後ですが、

07tu.jpg

ウトウト・・・

08tu.jpg

ある日の夕方、

03tu.jpg

暗くてわからない?

04tu.jpg

最後も夕方。

09tu.jpg

誰か覗いてる?

10tu.jpg

ヒゲちゃん (笑)

じゃ、おまけ!

11tu.jpg

来年もにゃんこ、よろしくお願いしますにゃん。
posted by セキシュウ at 20:09| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

グラス

面白いこと、その究極こそ、今回の新しい草原かも知れません。
面白いことに精を出す、
何か遊んでいるようですが (笑)
僕の仕事は遊びを売ること、
歌にせよ音楽にせよ、
大きな括りで言えば、遊びなのです。

逆に考えれば、
面白いことを生み出さなければ、商品がないということ。
つまらないことに誰がお金を払うでしょう。

と言うことで、
昨日、圭未のブログを見た方は、
すでにこの写真はご存知か、

sougen.jpg

自撮り (笑)
手にしているのはシャンパン、
ついに草原ダンスバージョンが完成、
圭未も駆け付け、河野さんのスタジオで乾杯したのでした。

シャンパンで乾杯は普通のことですが、問題はグラス、
河野さんのレコーディングスタジオに、
「シャンパングラスはある?」
わけない (笑)
店から持っていきました。
ちょうどいい大きさの、萩焼を入れる木箱があり、
その中にキッチンペーパーを敷いてグラスを4つ、
埼京線、丸の内線と乗り継ぎ中野富士見町まで、
途中、JOさんからメッセージ、
「こちらはシャンパン、グラスを持ち込んで埼京線」と返信したら、
何を想像したか、
ボーイさんがトレンチにシャンパングラスを乗せて運ぶイラストを、
そりゃいくらなんでも無理でしょ! (笑)
河野さんのところに紙コップがあるのは知ってたのですが、
せっかくの高級なシャンパン、注ぐグラスも大切です。

仕上がった音源は、
最終的には子どもたちのダンスになって披露されますが、
その前に、JOさんの編集にて動画で少しずつ音源を紹介していきます。
映像、面白いですよ。
お楽しみに!

さあ、あと今年も3日。
良い年の終わりを。
僕に関しては、
新しい草原が完成して最高の終わり方になりそうです。
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ひょうたん

残すところ今年もあと4日、営業日は3日になりました。
さわうたは今朝で歌い納め、
やや少なめで14名は年の瀬では仕方ないところ、
よく14名もいらした、の方が正しいと思います。
街はとっても静か。

朝いらしたお客様が、カウンターの上を見て、
「あら?ひょうたん?」と、
昨日の朝も言われました。
夜も・・・

01daru.jpg

みかん (笑)
たしかに、遠目にはひょうたんに見える?
葉っぱに気づかなければ、ですが。

この写真はお客様がカラオケ中に撮ったものですが、
ついつい悪戯癖が、
スマホの画像編集で、指でお絵描き、

02daru.jpg

みかん君、熱唱中!

ヒマです (笑)

昨夜は、男性二人のあと、斎藤敦子さんとお連れ様がいらして、
お連れ様が唄っているときに撮りました。
斎藤さんに描いたのを見せたら、
「アマネさんはいつも面白いことを」と、
はい、いつもそんなことばかり考えてますから (笑)

今夜もお客様がカラオケ熱唱中。
明日昼ふりうた、夜営業、明後日昼ふりうた、夜営業、
そして大晦日から休みです。
posted by セキシュウ at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

争奪戦

年の暮れ、なにかとバタバタしています。
来客に電話予約、問い合わせ、
ゆるゆるの予約があったり、シャンソン教室の問い合わせ、
来客もおもしろい、
昨夜はまず小島かおるさん、一般の常連さん二人、
小島さんが帰った後は、入れ替わるように高田馬場で雀荘を営む同級生、
その後、最近の常連の男性一人、さらに二人と、全員男性でした。
なんとなく皆さんの心理は、
「年内に顔を出しておこう」だと推測・・・
ありがとうございます。
ちなみに、今夜も久し振りの男性二人が開店即、
夜のAMANE、スナックあまね、男性に大人気 (笑)

昼間は女性が主ですが、
こんなお客様も。

01jy.jpg

みかん!
これはお客様ではなく、お客様の差し入れ。

特大は、

02jy.jpg

ブンタン。
鹿浜で農園をやっている方の差し入れ、
何度も紹介していますね。

03jy.jpg

この中には、その方のみかんだけでなく、
四国のみかんも、
先週木曜日、送ってきた方が来店して、

04jy.jpg

ジャンケンポーン!
みかんが人数分なくて争奪戦 (笑)
この日は25名でした。
posted by セキシュウ at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

秀樹君の忘年会

昨夜はなんとも短い記事でした。
しかも、変換ミスをそのままにしていて、
今日気がつくという情けなさ (笑)
「私用」なのに「使用」になってた・・・
もちろん直しました。

ネットのニュースも、案外変換ミスはあるようで、
焦っているのでしょうか、
下のコメント欄で指摘が、
しかし僕が見ている頃にはとっくに直っていて、
「へぇ〜」
「こんな単純なミスをプロの記者さんもするんだなぁ」と、
だから素人の僕がやっていいとは言いませんが (笑)

秀樹君とは、貸切終了後、メッセージのやりとりを、
参加者がとても喜んでくださったと教えてくれました。
良かった!
福祉関係の集まりだけありメンバーが個性的、
それぞれが特徴を持っていて、
会社の集まり、仕事の集まり、家族、同級生などにはない、
不思議な集まり、
俗に言う「異業種交流会」のようなものでしょうか。
地域のために、それぞれが力を出し合っているからでしょう。
隣の板橋区です。

最高齢の83才の男性は、
「生涯の宴会で最高だった!」とのこと。
それはそれは素晴らしい!

スタート前、
いきなり「ピアノを弾いてもいいですか」のハイテンションな女性は、
どうしようか一瞬悩んだのですが、
と言うのも、ピアノを弾きたがる方には色々なタイプが有り、
プロはまずそんなことは言わない (笑)
習いたての方、昔習ってた方、
彼女は習いたて、
二言三言の会話の中、これなら大丈夫だろうと承諾しました。

かつて、オッケーして弾いてもらったら、
途中でつまって「もう一回」、「忘れちゃった」など、
大勢の方をしらけさせてしまい、
なんとも取り返しのつかない空気になったことがあるのです。
今回はパーティーの始まる前で、
秀樹君も躊躇したようですが、
僕が「どうぞ」と言ったので、みなさん静聴、
その中で、少しミスをしながらも1曲止まらず弾ききって、
お見事、拍手喝采でした。

弾きたかった理由は、
「夏の発表会で失敗してしまった」と、
つまり昨夜がリベンジだったわけです。
果たせて良かったですね。

おもしろい忘年会でした。
「また来年も!」
ありがとうございます。
一年後、お目にかかりましょう。
posted by セキシュウ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

あと1週間

今年もあと1週間、
いよいよラストスパートの週になりました。
その初日は、秀樹君の貸切で忙しい!

01it.jpg

午後9時半までは貸切営業、
18名と大入りで、
その後、居残ってカラオケタイムに突入しています。
なので、今夜のブログはこのあたりで。

昼間、書いておけば良かったのですが、
ちょっと私用で立て込んでしまい・・・
ま、こんな日もある (笑)
ヒマなクリスマスより良いですよね。
posted by セキシュウ at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

イヴ

クリスマスイヴがちょうど日曜日、
世の中と同じように僕も全休です。
イヴが全休・・・
こんなのは珍しいか・・・

店のスケジュールを遡って確認したら、
平成24年12月24日が月曜日で振替休日、
ライブもやっていなかったので、この日以来です。
5年前。

ちなみにどんなブログを書いていたか、これまた過去ログを見たら、
大したことは書いていない (笑)
前日のゆるゆるのことを少しと、カウンターの上の花、見上げた月、
どうやら「さわ通」の制作で忙しかったみたい、
前日の日曜日がライブで潰れたからのようでした。

カウンターの上と言えば、
店内は、すっかりクリスマス、

02xm.jpg

ツリーも飾ってあります。

01xm.jpg

営業中はピカピカ眩しいので点けてませんが、
点けないときは白い球、これはこれで綺麗です。

こんなのも。

03xm.jpg

赤と緑のクリップ、
「クリスマス色のハート?」
ちょっと無理がありますかね (笑)

どうぞ、ステキなクリスマスを!
posted by セキシュウ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

一字

今日の午前中から午後2時頃まで私用でバタバタ、
その後、店でふりうた、夜はゆっくりしています。

2017年を振り返るとしたら、休みの今日明日が適しているか、
仕事から離れて、時間に追われることなく、
1月は、2月は・・・と思い出しています。
思い出す前に眠くなる (笑)

今年の一字を上げるとしたら、どうでしょう。
世間でも話題になってる? (笑)
みなさんは、一字、ありますか?

僕は「必」
必然、必要、必死。
必須、必修、必達。

それらの「必」
学ぶことの多い1年でした。
来年も・・・でしょうね。
posted by セキシュウ at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

2連休

やっとゴールに近付いてきました。
明日の昼の営業を持って閉店、
いや、休みに入ります (笑)
23日夜、24日丸1日、25日昼、
仕事は25日の夜からで貸切営業、
秀樹君が板橋のお付き合いのある福祉グループを集めてくれました。
20名くらいか・・・
ありがたい!
昨年に引き続きです。

繁華街はわかりませんが、
うちの店の周り、半住宅街、と僕は呼んでいますが、は、
暮れの忘年会の、クリスマスの忙しさは感じられません。
斜向かいのカラオケボックスも、
深夜、かつては店の前で、
若者達が大声で叫んでいたり、はしゃいでいたり、
自転車も相当数並んでいたりしたのが、今は静かなもの、
酔客があちこちたむろしていたのも、ひと昔前のことです。
「ずいぶん様変わりした・・・」
危ない酔っ払いがいなくなりました。
ゼロではありませんけどね (笑)
時折騒いで歩いているのを見ます。

そんな状態ですから、
うちにとって、夜の団体さんはありがたい、
団体でなくても、4、5名のグループ客は貴重です。

土曜の夜から月曜の夜まで休みということは、
世間で言う2連休と一緒、
少し遅れて、時間差で2連休です。
本来なら、例年、ゆるゆるをやる時期ですが、
土曜だとふりうたがあるので夜開催に、
日曜だとクリスマスイブなので、よくないだろうと圭未と相談、
思い切って、来年1月14日の日曜日にしました。
夕方開催、16時開場、16時半開演です。
ゲストはベースの藤林昌彦、
3年前ブッキングして流れてトラになったので仕切り直し、
今回は多分大丈夫?
何しろ、大物演歌歌手さんのツアーの音楽監督が生業、
その合間を縫ってなので、2週間くらい前にならないとハッキリしないのです。
まあ、なんとかなるでしょう。
NGの確率は相当低いと本人が言ってましたから。
圭未も明日ブログ等で告知するそうです。

今日は冬至、日中も寒かったですね。
風邪など引かれませんように。
2017年、残りわずか、元気に過ごしましょう!
posted by セキシュウ at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

お祭り動画

「YouTube見てます」は滅多に言われませんが、
「ブログ読んでます」は時々言われる、
昨日のお客様には、普段、店で見ているけれど、
ブログではしっかり考え方が伝わって素晴らしいと、
お褒めいただき嬉しい限りです。

2006年、さわうたや草原を作る前から書き始め、
その頃から読んでいる方はどれくらいいるのか、
11年を超えて記事は4400超え、
拙文駄文だらけを (笑)
まあよく書きよくお付き合いくださっていると思います。
来年は新しい草原がスタートしますし、
また違った側面をリポート出来るでしょう。
JOさんの振り付けの取材に行ったり、
練習風景、本番、舞台裏など、
子供たちの顔出し了承を、
親御さんから頂いているとのことでした。

では今日は、JOさんがどんな仕事をしているのか、
仕事って振り付けですけど (笑)
ジェスタースタジオさんのお祭り出演動画を見てみましょう。
昨日の記事の動画繋がりで・・・

いつもの僕のつまらない歌唱シーンと違い (笑)
見ていて楽しいですよ!

posted by セキシュウ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

弥生の歌

さすがに師走とあり、みなさん忙しいのか、
さわうたの入りは今ひとつ、
平均17名を割り込んでいます。
ちなみに先月は18名に届かず、17.4名だったのは書きましたが、
やっぱりピークは過ぎた感、
毎月平均17名前後で落ち着くのだろうと思います。

新しい方たちが常連化してきています。
その方たちが、
家庭の事情で来られなかったり、
色々用事を抱えて来られない古い方の穴埋めとして、
うまくカバーしている、
頭数は確実に増えていますから、
しばらくは安定でしょう。
おかげさまです。

一昨夜は駒込の歌の先生が、
昨夜は作詞家の先生、米田まりさんの曲に歌詞を書いている、てちんさんと、
まりさんの曲でテレビに出たmichikoさんがご一緒にいらっしゃいました。
ちょうど、もう一組、カラオケ好きの男性二人が居たので、
交互に唄う展開に、
合間合間にてちんさんと冗談話を、楽しかったです。
僕が知っている、てちんさん作詞のまりさんの曲は、
なんと言ってもセカンドルーム、
これは2年半前に残念ながら他界した、YAYOIさんが、
まりさんの教室で習った曲で、
ふりうたでも随分練習しましたから、馴染みが深いのです。
歌詞の舞台は、タワーマンション、
大人のハイソな男女のロマンチックな恋物語、
それを、YAYOIさんが、作詞のてちんさんに、
「タワーマンションで詞を書いたんですか?」と質問、
答えは「安いビジネスホテルだった」と、
笑いながら僕に教えてくれたのは、
もう5年くらい前かもっと前か・・・忘れてしまいました。

てちんさんとmichikoさんと話していて驚いたのは、
お二人とも、僕の唄っている動画をご覧になっているということです。
ありゃま、あんな下手なものを (笑)
米田まりさんの曲を唄っている関係もあるでしょう。
「少年の恋」以来、時々唄うようになりました。
一応ご本人に見て頂き、
音程の間違えがないのを確認してもらってから・・・

このブログでは紹介していませんが、
先日まりさんとメールしていて、
ふと、まりさんがYAYOIさんを偲んで作った曲があることを思い出し、
譜面の郵送をお願いし、キーを移調して唄った動画があります。

季節は違いますが、
来春に向けて、今がいいかなと・・・
「弥生の歌」
弥生子さん、
彼女をご存知だった方も多いでしょうね。



「弥生の歌」 詞・曲 : 米田まり

弥生の声が聞こえる
瞳きらきら輝かせ
生きる喜びを花束にして
小さな体で歌ってる

冬を乗り越えたから
今の私があるの
どんなにつらくても
春はみんなにやってくるのと歌ってる

弥生の声が聞こえる
ほほをピンクに染めながら
歌う喜びにリボンをかけて
小さな体で届けてる

名もない花も木々も
命いつくしみながら
生きているのだから
私も強く生きてゆけると歌ってる

弥生の声が聞こえる
瞳きらきら輝かせ
生きる喜びを花束にして
小さな体で歌ってる
弥生の声が聞こえる
posted by セキシュウ at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

ショウセン電車

昼間はあれこれと忙しく、
レコーディングなどあった為、全く休んでいないのですが、
夜は比較的のんびり、
看板をつけてですから、あまり褒められることではありません。
いっそのこと一日くらい臨時休業でもと思いますが、
ふらっとやって来るのがお客様、
昨夜もそのパターンでした。

いらしたのは駒込の歌の先生、
僕と同じ飲食店経営者ですが年は17才上です。
何度かブログで書いていますね。
お連れは女性、どうやら生徒さんのようですが、
どんな関係かは余計なお世話 (笑)
店が定休日なので遊びにいらしてくださいました。

ふと思いました。
先生と生徒の関係で、或いは経営者お客様の関係で、
うちの店にいらっしゃる方は、たくさんいます。
「もし、僕がそれをやったら・・・」
好む好まないは何れにせよ、
公平に1日お一人ずつ、どこかの店に飲みに行くとしたら、
「何日かかるか?」
くだらない (笑)

そういうタイプでは元々ありません。
それどころか、
本来は多少なりともやらなければならない、
近隣の同業店に飲みに行くことも皆無、
嫌いなわけではありませんが、
AMANEを開店してからは、
そういうことに関して自分の中で線引きすることにしたのです。
やり出したらキリがないですからね。

おっと逸れてきた (笑)
昨夜の話。

僕のピアノで数曲、お連れの女性が唄った後は、
今度は駒込の先生が伴奏しました。
そうだと思い立ち、
僕はアコーディオンで加わる、
曲は哀愁を帯びた演歌だったからです。
終わって、
「いいね〜!」とお二人、
先生が、
「アコーディオンを聴くと」
「心に響くものが」と仰い、その理由を話し始めました。

「昔、アコーディオンを持った傷痍軍人が・・・」
ああ、と思う、
僕もこの目で見たことがあります。
池袋駅だったか・・・
「アコーディオンの音は哀愁があって」
そこまではフムフム、
「よくショウセン電車の中でも弾いていたんだよ」
え?
「ショウセン電車?」
今のJRのこと、省線電車、と言った時代があった、
調べたら1949年までのようですから、
もちろん生まれる前 (笑)

戦後直後の何もなかった、貧乏だった頃の話にもなりました。
砂糖を、隠れて舐めて、感激した話、
母のブログで何度も当時のことを読んでいるだけに、
スッと心の中に入ってきました。
「今は裕福だけど・・・」
失ったものも多々ある、
それは何かなんて大それたことは、このブログでは書きませんし、
うまく書く自信もありませんが (笑) 色々考えさせられました。

看板をつけてお客様を待つ。
お客様から何かを学ぶ。
それがこの商売の醍醐味でしょうね。
posted by セキシュウ at 20:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

なおレコーディング中

今日も先週と全く同じパターン、
朝バスケ、昼からレコーディング、
レコーディング、まだまだ終わらない (笑)
JOさんのこだわりを具現化するのがオッサン二人、
河野さんと僕の役目です。

こういう作業には正解というのはないでしょう。
誰が何を目的として使うのか、
今回は子どもたちがダンスを踊るため、
それには振り付けを担当するJOさんの感性が一番大切です。

当初の音源、
一番最初の叩き台の音源から、ものすごく変わりました。
一度仕上げたものを何日もかけて聞き返す、
それに修正をかけ仕上げ、また同じ繰り返し、
毎週出かけて行っては直しているのです。
今日やっとアウトロ、後奏が決まったか?
なんとか年内に完パケが?
どうかな (笑)

ピアノをふんだんに取り入れたのが特徴で、
本来、こうしたダンスものは、
打ち込みで対応してもおかしくないところ、
それを生の臨場感にこだわって、
下手な僕が弾いたからたまらない (笑)
今日も何度も「すみません、もう一回」
お付き合いくださり申し訳ない、
言い訳ですが、エレピでタッチに慣れてないのもあります。
本物のグランドピアノだったらもっと弾けてた?
たぶん??

ところで、今日は寒かったですね。
先週同様、レコーディングの合間に別室でお昼をしたのですが、
少し部屋が冷え気味で、
河野さんがエアコンのリモコンを確認、
「あれ?それでも26℃になっている」と、
先週と同じ状態だったのでしょう。
外が寒いせいでしょうね。

僕は、電車の中が暑いのを想定して薄着で行ったのですが、
今日は電車の中はそうでもなかった、
失敗したと思うも後の祭りです。
今年も残り僅か、
健康に気をつけて、元気に過ごさなきゃ、です。

そう言えば、別室でご飯中、
そんな冷え気味の部屋で黙々と食べるJOさんは半袖姿、
僕は天丼ご飯少な目、
JOさんは天丼普通盛りに冷たいうどん、
「天丼定食」ですから、身体の作りが違います。
バスケで言えば、ガードとフォワードでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

Makicoライブとじゃれ動画

今日も仕事です。
我ながら頑張る (笑)
数年前から不定期に開催しているMakicoさんのアットホームな貸切ライブ、
思えばMakicoさんとも草原繋がりで、
元々はやまざきれいこさんのライブにお客様として、
その後、さわうた、ふりうた、独唱会、
草原を草原で唄おうと行った八ヶ岳・・・長いお付き合いです。
今回も熱心に練習に店に通い、今日の晴れ舞台となりました。
歌は本職ではありませんが、
本番に向かう姿勢は本職さながら、10曲のメニューすべて暗譜はさすがです。
年齢的に衰える (笑) 記憶力に立ち向かい、
本番の緊張で多少歌詞を飛ばしながらも完唱でした。
おつかれさまでした。

お客様が仰いました。
「こうしてMakicoさんが唄ってくれるから」
「みんな集まれる」
本当ですね。

番外編で嬉しいこともありました。
4才と1才のお孫さんが見えたのですが、
終わって、お客様を送り出し、身内だけに、
お嬢様が大学時代までヒップホップを踊っていた関係で、
「そうそう」
「草原のダンスバージョン作ったんですよ」と言ったら聴いてみたいと、
かけたら・・・
お孫さん、体を動かしてノリノリ!!
特に1才の男の子、カンちゃんがステップを踏み出して・・・
は冗談ですが (笑)
テンションアップで何よりでした。
お母さん(お嬢様)の血を引いてますね。

話は変わりますが、
昨日は下手なネコの絵、失礼しました。
お詫びと言ってはなんですが、
今日の仕事前、可愛い動画を撮ったので紹介します。
蒲田屋さんに、おにぎりのトレイを返却に行った帰り遭遇しました。
短いですが、どうぞ!

posted by セキシュウ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

平成も

昨日、実は本当は4コマを紹介するつもりでした。
が、その前の記事、
一昨日のブログがニャンコで、
「ありゃ、これじゃ続いちゃう・・・」

さわ通を見た方はご存知ですね (笑)
ニャンコを描いてしまったんです。
まあ、手抜きというか、
いつも手抜きですけど・・・(汗)
どうぞ。

さわごえ君第89話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

草原のこと

12月も半分が過ぎようとしています。
休みなしで働いてはいますが足取りが軽いのは、
新しいプロジェクト、ダンス草原がスタートしたからで、
いずれ形になってお披露目ができることを思うと、
今よりもっともっと頑張って、
ひとりでもお客様を、草原ファンを増やしたいと思う、
草原を知ってこそのダンス草原なのです。

度々JOさんと打ち合わせする中で、
僕の甘い考えに気づきました。
「ダンスを踊ることで草原が広がる・・・」
良い歌詞に気付いてくれるだろうとの高望みは、
全くのあまちゃん (笑)
世の中、ダンス向きの良い曲はうんとあるのです。
有名な曲が溢れている中、
どうして名もないアーティストが作った曲が広がるでしょう。

もちろん可能性はゼロではありません。
だからJOさんも音源作り、レコーディングに一から加わり、
河野さんには色々注文をつけ (笑)
圭未の声を若返らせたり、
僕の下手なラップを指導したり、
妥協は決してしない、
だがしかし、それは草原に限ったことではなく、
世の中に出て行くメジャーな曲は全てそうして、
さらにお金をかけていく、
普通に考えれば敵うはずがないのです。

話は変わりますが、
先日の青木FUKIさんのライブで、
次回、草原を唄ってくださることになったのは書きました。
そのことも、少し上記のことが関係していた、
つまり、元の草原をもっとアピールしなければ、
新しい草原は広がらない、注目されないということです。

FUKIさんとショーンさんのリハの途中でしたか、
ふとFUKIさんが、
「あまねさんは唄わないの?」と、
ショーンさんが唄うのに引き続き、話を振ってきたのです。
「いえいえ」
「私など」と謙遜、
「下手ですし」と付け加えたら、
「そう、下手なら唄わない方がいいわね」
まともな答え (笑)
いつもなら、このまま軽い冗談で終わるところなのですが、
「曲は作るんですよ」とさらりと言ってみたのです。
流されると思ってたのが、
「あら!」と興味を、
ならばとアカペラで、
「暖かい午後の 、日差し浴びながら・・・」と唄いました。
「素敵な曲ね!」
「ちゃんと聴いてみたいわ」
喰いついてきた! (笑)
すかさず、譜面をお二人に渡し、
今度はきちんとピアノに座って弾き語り、
お二人も一緒に唄ってくださいました。

「私だと、このキーだと高いわね」
「B♭かしら」

こうして、FUKIさんの次回の歌唱が決まったというわけです。
善は急げと、
1部のステージが終わった休憩時間、
草原の譜面をパソコンソフトでFUKIさんのキーに移調、
コンビニに走りプリントアウト、
10周年記念クリアファイルに入れて差し上げました。

10年間コツコツと、草原を唄うことでみなさんと心を共にし、
人と人との繋がりを重んじてきました。
ここにきて、少しその気持ちが緩んでいた、
「もういいか」
でも、今回ダンス草原を始めたことで、
「それではいけない」と気持ちが変わりました。
お金がないんですから、
アイデアと工夫、努力、辛抱、
それで行かなくっちゃ (笑)
まだまだ頑張ります。
posted by セキシュウ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

冬のにゃん

前略 (笑)
生にゃんGO!

まずは、先日カラスに挑んだ気の強いコ、

01yu.JPG

寒い朝、
「おはよう」

02yu.JPG

こんなところから、

03yu.JPG

気も強いけど器用だ (笑)

相方、
この気の強いコのお母さんですが、

04yu.JPG

「どうしてあんなコになったのかしら・・・」

小学校の裏、

05yu.JPG

うまく収まってます。

とある日曜日、

06yu.JPG

路地で遊ぶ子どもたち、

07yu.JPG

満月の日、

08yu.JPG

やっぱりヅラちゃん (笑)
最後はヅラで締めないと。

09yu.JPG

もう一丁!

10yu.JPG

ありがとうございました〜〜(笑)
posted by セキシュウ at 17:56| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

何もしない

3週連続出勤も、ようやく中日、折り返し地点辺りになってきました。
レコーディングがあったり、なんだかんだ忙しく、
今日の午後は久しぶりにゆっくりした感じ、
「とりあえず夜までやることがない」
それは嘘で、
やろうと思えば、内職の譜面制作、ゆるゆるの選曲チェック、
このブログもありますし (笑)
でも敢えて何もしないでノンビリしていました。
何もしない時間も大切です。

今夜はギタリストの加藤薫さんが来店、
置いてあったエフェクターを取りに来るのが目的でしたが、
せっかくだからと飲んでくださいました。
あれこれ話を、
その中で、グルーヴ、ノリの話に、
そこで出たのが、間、ほんのわずかな、
音符で言えば64分音符、128分音符など、
それがグルーヴを生み出すという話、
「カッコイイ」という感覚的なことは、
突き詰めればそこだろうという話です。
なんとなくわかりますか?

例えば、ひとつの同じ曲をいろいろなプレイヤーが弾く、
「あの人が弾くとカッコイイ」
「あの人はちょっと・・・」
正確に、譜面通りに弾いているのに、です。

音符というのは長さですから、間、でしょうね。
弾き始めと、次に弾くときの間、
歌も同じ、
発音したときから、次の発音まで、
ずっと唄っているときもあれば、途中で切って、
次に唄い出すときもある、その間隔、
4分間の曲なら4分間の間の使い方、
それが人によって違う、
さらに音色、強弱、
それで個性が生み出されているのでしょう。

今日の午後は、何もしないで間、
それも大切だというのがオチ (笑)
あんまり面白くなかったですね。
明日はこれまた久しぶりにニャンコ!行ってみます。
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

朝の公園

昨日はブログをだらだら書いてしまいました。
プロだらGO! (笑)

河野さんのレコーディングスタジオは12時入りでした。
「どうしようかなぁ・・・」
迷ったのは月曜恒例のバスケ、
12時入りするには、11時過ぎには自宅を出なければならない、
となると、公園へは9時前には着く感じ、
「朝、早いしなぁ・・・」
「たまには、ゆっくりしててもいいか」

ですが、バスケに行くことも考えて、
制作予定の4コマ、さわ通は日曜日の夜、
FUKIさんのライブの後、がんばって仕上げたのです。
「せっかく仕上げたんだから」
「やっぱり行こう!」
単純 (笑)

いつもは10時頃公園に着きます。
昨日は8時台、
「あれっ?」
「景色が違う」

光の具合でしょうか。
まだ朝の気配を存分に残しています。
「来て良かった!」
清々しい冬の朝、
鳥が啼いています。

バスケの様子を動画で撮りました。
短いですが、清々しさが伝わるでしょうか?


posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

FUKIさんライブ

日替わりで違うジャンルのことをやっているので、頭が混線中、
パソコンで言えば、いろいろなソフトの画面が開いている状態、
どうしても直近のものが頭に残っていて、今はラップ、
今日も午後からレコーディングでした。
最初に録ったものは、JOさんのイメージに掛け離れていて、
機械で直すかと思いきや、
「録り直しましょう」と、
ええっ!またやるの〜!
楽しんでます (笑)
結局、アクセント、フィーリングなど、
JOさんが手本を示したものを、僕が真似してやるという、
まあ、芝居のようなものです。
決して僕のセンスではないので要注意 (笑)
僕にそんなセンスはない、
真似くらいは出来ますけどね。

そんなことですから、さて昨日のライブのことを書こうとしたら、
かなり頭の中を巻き戻さないと無理、
写真を見ながら、
「そうそう」と光景を蘇らせています。

その前に、
生(ビール)ダラGO! (笑) やてふさんからコメント入りました。
それから今日、スタジオ入りする前、
新宿駅で小島さんにバッタリ、
JR新宿駅は小島さんの職場には違いないのですが、
いや〜、あの広い新宿駅で会いますか?
十条駅ならともかく (笑)
ちょうどJRから丸の内線に乗り換える階段、
上から僕、下から小島さん、
気付いたのは上からの僕で、
「小島さん!」と言ったら「おおお」といつもの顔で (笑)
お昼どきですし、なんとなく会う予感がしていたので、
辺りを注意していたのです。
やったね!
だからどうなるわけでもないけど、おもしろけりゃいい!

おっとライブライブ (汗)

01fuki.jpg

開店時間前から行列です。
何分前?
15分前とか?
天気が良くて何より、これが雨や雪だったら悲惨です。

いろいろなイベントが重なってしまい、
集客が心配されましたが、
蓋を開けてみれば29名、良かったです。

02fuki.jpg

FUKIさんは前半を赤い衣装、後半を黒とメリハリを、
歌も一つ一つ声質を変えるというこだわりよう、
終わった後の雑談で、
「だって、そうしないとお客様が・・・」
同じ曲でも歌い方を毎回変えるのだそうです。
いかにお客様を楽しませようと意識しているかがわかる、
これこそがプロ意識でしょう。

ピアノは息の合ったショーン星野さん、
名前は知ってましたが会ったことはない、
どんな方かと思ったら、
なんというか、おっとりと、ちょっとオタク系 (笑)
でも、放つものが似ていると思ったら、年が近かった!
あ、でもそれは内緒でしたっけ (笑)
直ぐに親しくなりました。
そのうち機会があったら何かオファーしてみたい方です。
斎藤敦子さんとは違う面白さがある、
ピアノは飄々と弾くタイプ、ピアノでは頼りになる感じ、
それ以外はどうでしょう、
「この辺に100均ありますか?」
「どうしたんですか?」
「ハンドタオル忘れて」
ふーん、ハンドタオルね、結構な荷物持ってたわりに・・・
芸術家に多いタイプ、とでも言いましょうか (笑)

04fuki.jpg

リハーサル前の打ち合わせ。
こんな写真はそうは撮れないと思います。
快く応じてくださり感謝、
アコナイもそうですが、
演じる方も観る方も、気持ちよく心地良く時間を過ごせること、
それが一番肝心です。

社交辞令も少しはあるでしょうが、
「あまねさん、このお店は本当に集中して唄えるわ」とFUKIさん、
店の構え、お客様の質が良いということだと思います。

終わって記念写真。

03fuki.jpg

全員入らない (笑)

また来年、暖かくなったら企画することになりました。
そのときは、
なんと、草原を唄ってくださることになったのですが、
その経緯はまた別の機会に書きますね。
長くなりましたし・・・

ありがとうございました。
溢れるパワーに声の七変化、
間のお話では、笑いが絶えませんでした。
今回初めてご覧の方は、次もきっといらっしゃるでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:52| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

アコナイ20

昨夜はアコナイで洋楽、
今日はガラッと変わってシャンソン、
シャンソンと言っても日本語歌詞です。
ご存知ない方は、
「シャンソンだからフランス語でしょ?」と、
いえいえ、今、日本で主流は日本語訳詞によるシャンソン、
水織ゆみさんがご自身で訳詞しているのは、業界で有名な話です。

さて、昨夜のアコナイ、
「何回目でしたっけ?」とやてふさん、
「20回です」
席から、
「おお、それは記念すべき!」
そうですね、たまたま20回目が今年の締めに、
忘年会を兼ねて催されました。
お客様には、矢崎さんも、
出演陣は、お当番経験のある面々、
Tedさん、Momokoさん、Nekoさん改め、ねむりの森のNekoさん、
どなたも素晴らしい演奏、
やてふさんが温泉と仰ってましたが、
音のお風呂に、音浴しているような心地良さでした。
洋楽でも、しっとり系が多かったせいもあるでしょう。

トリのご夫婦デュオ、エリックオカダ&どん☆naOmiさんは、
本当に仲良し夫婦で微笑ましい限り、
奥様の方は、ギター、ピアニカ、シェーカーと各種楽器を、
ご主人の歌にハモりまで、
おまけに車の運転、いつもは飲めないご主人のサポート、
たくさん飲んでいただきました。
ま、やてふさんには、かないませんけど (笑)
生中、12杯!
その他2回目参加の泉谷たけしさんは、
なんとU2を、懐かしかった、
まさに青春時代というか、ディスコで働いていた頃の曲で、
いろいろな曲を味わえるのもアコナイの魅力です。
ご新規の得能さん、
「得さんと呼んでください」と親しみやすい方、
途中途中、入れ替わりのお手伝いをしてくださるあたり、
初めてとは思えないお気遣い、
Nekoさんの知り合いですが、良い方を紹介してくださいました。
1月のお当番、岸ヒロユキさんもNekoさん繋がりですね。
そのNekoさんを呼んだのがアンビルマンさんで、
アンビルマンさんを呼んだのがやてふさん、
こうしてアコナイは広がってきたのです。

01nama.jpg

最後は円陣を組みました。
アコナイGO!で締めるはずが、
「生ダラGO!」
なんですか、それ?
「生でダラダラやらせて」
たしかに昨夜は生演奏、生ビールでダラダラやってましたかね (笑)

02nama.jpg

1年間ありがとうございます。
ひと月も欠けることなく開催出来ました。
来年もよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 17:58| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

おにぎり

今日はアコナイ、その前にふりうた、
待ったなしで営業しています。
夕食はおにぎり・・・とか (笑)

そう、アコナイと言えば蒲田屋さんのおにぎり、

ako.jpg

Tedさんが取ったのはマグロカツ、
その他、なすミソ、トリ天マヨネーズ、たらこ、カキフライ、
Momokoさんがいの一番に取ったのがカキフライ、
それもおかわりでまたカキフライを取るという (笑)
よっぽど美味しかったのでしょう。

やてふさんはハイピッチで生ビール、
セカンドステージが始まって、
「気持ちよくなってきた」
「このまま温泉でも入りたい」と、
そう言えば隣の隣、今の駐車場が銭湯だったと思い出しました。

今夜は基本ビートルズ、洋楽縛りです。
が、多少逸れてもよし、
「ダラダラと」とやてふさん、詳しくは明日にでも・・・
さて、仕事します。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

ギターで

3週間ノンストップ営業もまだ序盤戦、
全休はクリスマスイヴまでありません。
おまけに、草原の新しいプロジェクトを始めたものですから、
そちらにも注力を、
今日のふりうたのお客様からは、
「くれぐれも身体には気をつけて」
「無理をしないように」と数名から言われ、
まるで僕の性格を熟知しているかのよう (笑)
そう、そんなタイプです。

言い訳は、
「新しいことを始めるときは、動き出すのに力が必要」
車のギア、ロウのことを例に出します。
動き出して勢いに乗れば、そんなにエネルギーは使わない、最初が肝心です。
これは、何軒も店を立ち上げた経験、
新しい企画をスタートした経験から、
AMANEで言えば、 店の開店、さわうた、ふりうた、イベント各種、
草原キャンペーンもそうでした。
あちこちに出向き、唄い、認定証を発行し、
店のお客様とは八ヶ岳まで日帰りバスツアー、
マラソン大会で歌ったりと、あの時のパワーたるや計り知れません。

今回はあの時と状況が違います。
10年唄い続けた間に、いろいろなネットワークができました。
JOさんともその内の一つ、
河野さんなんかもそう、
そのネットワークを駆使して、新しいプロジェクトを進めていくのです。
草原に多くの方が関わってきました。

昨夜の営業は、まさにその集まりのような営業、
今月17日にプライベートライブをする方、
ピアニストの斎藤敦子さんにお連れ様、
秀樹くんと職場の若い二人、
それに矢崎さんに水織ゆみさん、
みなさん、草原を知っています。
知らないのは秀樹くんのお連れ様でしたが、
そこは草原宣伝大使の秀樹くん (笑)
しっかり二人の前で唄って紹介してくれました。
その伴奏が豪華、
ピアノはもちろん斎藤敦子さん、僕はアコーディオン、
さらに、

01sou.jpg

なんと!
矢崎さんとゆみさんはギター、これはもう、
あり得ない組み合わせ (笑)

もともとは、矢崎さんが草原をフォーク調で唄ってみたいと、
ギターを取り出したのが始まり、
「私も1万人のひとりとして・・・」
ありがたい限りです。
一緒にギターを持っていらしたゆみさんに、
「ハモって欲しいんですよね」と、
ノリのいいゆみさん、 なんでもやっちゃう (笑)
改めて、
「あら、あまねさんの草原、いい曲ね〜」
何を今更 (大笑)
ギターを弾きながらですから、心地良く唄えたのでしょう。

ひと段落したところに、
タイミングよく秀樹くんたちが入ってきたという話です。
こういうのも、何かの力なんでしょうね。
今の草原、これからの草原。
全力投球です。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

今年も終わる

店のガラスブロックとブロックの隙間から、
草が生えていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
ヒゲちゃんやヅラちゃんと写っていたこともあります。

それが、先日・・・

02kusa.jpg

いなくなっていました。
なんとなく気にはかけ、
萎れたら水を上げてたりしたのですが、
よその人から見れば、単なる雑草、
きっと、お世話よろしく抜いてしまったのでしょう。
仕方ない・・・
まさか「育ててます」なんて貼り紙できないし (笑)

01kusa.jpg

ふと歌詞が浮かんだので、
またまた悪癖、
今月に入って作った小曲です。



「今年も終わる」

気がついたらむしられていた小さな生命に
キミは時々水をやってたこと誰も知らないだろうね
けれど心の中でいつかは必ず消えると信じてた
なぜならその日が突然来るのが怖かったからさ

家をなくしたネコが無造作に捨てられた白い袋を漁る
キミを見てニャァと鳴いた 今年も終わる

屋根の上のカラスが自転車の篭の中の白い袋を狙う
キミを見てカァと啼いた 今年も終わる
posted by セキシュウ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

光蓄え

師走だけありバタバタしています。
と言っても、店以外のこと、
営業に関しては今週末のアコナイあたりから、
本格的に忙しくなっていく・・・予定 (笑)
あまり大きく構えない方がいい、
そうでないと、空振りに終わった時のダメージが、
忙しくなるかもなぁ・・・くらいですね。

店以外のこととは、紛れもなく、新しい草原のことで、
もう後戻りできない、
今更「やーめた」はできない、
告知をし、圭未を、JOさんを、河野さんを、
そして新宿の制作屋さんをも巻き込もうとしているのです。
昨日はそれとは別件で行ったのですが、
すでに草原のことも話しています。

発表1年目から立て続けに作ったDVD、ドキュメント草原も、
3作目を持って一応フィニッシュ、
朝霞混成合唱団さんの定期演奏会で唄うのをメインに、
僕の山口の実家を紹介したり、
バスケの山根監督、小高い丘を作るきっかけになった茂雄とのやりとり、
その制作は2011年ですから、もう6年も前のことです。

なんとなく思いつきで始めたような今回のプロジェクトですが、
6年の月日を経て、満を持してスタートした、
とも言えるのではないかと思うのです。

歌詞にラップが加わったのですが、
そこのパートはJOさんが作ってくださいました。
Bメロの、「こんなところにどうしてだろう」から、
サビに行くまでのところ、
同じく2番のBメロ、
さらに、サビ繰り返しで、合いの手のように加わって、と、
元歌詞に逆らわず、ヒップホップのイメージを組み込む方法です。
そのワンフレーズに、
「光蓄え新たな世界へ」というのがありました。
今こそが、そう。

そんなわけで、今日もさわうた終了後、
河野さんのスタジオへ。
急いで行ったので、お昼はみんなで出前、

02re.jpg

自撮り (笑)
いただきますをしているのがJOさん、
麻婆丼と餃子をペロリ、
奥の河野さんは中華丼、
僕はつけめん、食べるの一番遅かった・・・
ま、いつものこと (笑)

音源はまだまだ未完成です。
来週もスタジオ入り、
何しろ、子どもたちがトキめくものにしなければ、
「あ、踊りたい!」と思うものにしなければ、
さらに元歌の良いところも残す、ですから、
妥協は許されないのです。
新たな世界へスタートです。
posted by セキシュウ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

楽器演奏

今日は午後から新宿の制作屋さんのところに行ってきました。
荷物があり、車です。

かつて、店舗展開していた頃は車移動がほとんどで、
何時間乗っても平気だったのですが、
最近は乗っても2、30分、
それも週2程度、本当に少なくなりました。
そのせいか、
今日は新宿往復で約2時間、長かった (笑)
着いて、荷物を渡して直ぐ戻ってきたから尚更です。

感覚というのは不思議です。
店で2時間ピアノを弾いていても、
特に長いなんて感じない、
ところが車の中でひとり2時間、なんて長いんでしょう。
どちらかと言えば苦痛 (笑)
車の運転がもともと好きではないのかも知れません。
好きな人は、ドライバーになったりしますものね。
それでも昔は、音楽というものがあり、
車の中で好きなアーティストを聴いたりして楽しんだものですが、
今は音楽三昧なので、返って耳障りになったりします。
ついつい仕事モードでキーやコードを解析したりして、
「車に乗ってまでもやるんじゃない」と自重 (笑)

それを思うと、
ドライバー、長距離トラック、タクシーは元より、
会社に長時間かけて毎日通っている方、
外回りを車でする方など、
よくやっていると感心します。
慣れなんでしょうが、よくぞ毎日、しかも危険がつきもの。

今日も帰り、不慣れな白い乗用車が、甲州街道、
新宿から高井戸方面に向かう、初台の手前で、
直進のトンネルに入る車線と、右左折の車線の間でフラフラ、
危なくぶつかりそうになりました。
迷ったのでしょうが、夕方の薄暮の時間、
急いでいる車も多い中、「何をやっているんだ・・・」
後続の車も迷惑していたと思います。
そんなのが日々続くのですから、
それこそイラっとすることが多いはず。

ちょっとした収穫、発見もありました。
行き、山手通りで信号待ちしていたら、
右側のビルに大きな広告が、

01ga.jpg

「音泊」という文字が飛び込んできた、

00ga.jpg

「こんなホテルがあるんだ・・・」
賃貸マンションのコピーも目を引きますね。
24時間365日、楽器演奏OK。
こんなのが大きく広告になるということは、
それだけニーズがあるということでしょうか。

そう言えば、昨日、水織ゆみさんが、
アコナイの参加者の多さを驚いてましたっけ。
「楽器が弾ける人って大勢いるのね〜」

そのアコナイ、今週土曜日です。
お一人、機材の関係でキャンセルになりましたが、
矢崎さんが遊びに来るでしょうし、綾部さんも、
賑やかになりそうです。

aco02.jpg
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

バスケと満月

今夜は冷たい雨になりました。
降り始めは夕方、
水織ゆみさんのシャンソン塾が終わった頃で、
そういえば店内も時々暖房、
予報ほど気温は上がらなかったようでした。

午前中はいつも通りバスケです。
これがないと1週間始まった気がしない、
たった1週間に一度で、気休め程度の運動なのですが、
他に取り柄がない分 (笑) 少々の雨風でも行くようにしている、
ここのところ安定した天候で何よりです。

スポーツで中高年に人気なのは、圭未もそうですが、まずゴルフでしょう。
同級生などもよくコンペをしているようですし、
最近ご無沙汰の美声氏も、名門ゴルフ倶楽部に所属しています。
運動プラス交流、人脈作りもあるのでしょうか。

僕も若い頃は、勤め先の先輩に誘われて、
何度かゴルフ場に行ったことがありますが、
お付き合い程度、自分から進んでやろうという気にはなりませんでした。
そのまま会社勤めして、
やらざるを得ない状況になったら、
うまくなる為に少々のお金と時間を使ったでしょうが、
とっとと独立、
仕事がサービス業で日曜祝日関係なく仕事していたので、
やる暇もなかったし、
やる必要性もなかった、
それより、一緒に店舗展開してた方がバスケ好きで、
海の家にバスケのコートを作ったり、
駒沢公園でストリートバスケしたり、
体育館を借りてミニゲームしたり、
30過ぎて、遠ざかっていたバスケを思い出したのです。
もし、その方と組まなかったら、バスケは永久にやらなかったかも。

赤塚公園は、そろそろ秋も終わりかけていました。
コートから見える風景、

01ba.jpg

午前中は風もなく好天、
園児たちが、たまった落ち葉を掴んで放り投げたり、走り回ったり、
時折ひらひらと落ちる枯葉が、
太陽の光でキラキラ輝き、まるで黄金の葉のよう、
秋の憂いよりも眩さ、贅沢な風景が目の前に広がりました。

贅沢といえば、昨夜は今年最後の満月、
雲もなく、目一杯拝むことが出来ました。

店の上に。

02ba.jpg

消火栓看板の間、

03ba.jpg

二つ?

04ba.jpg


通りの入り口、

05ba.jpg

深夜2時頃です。
街を照らし続けていました。
posted by セキシュウ at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

もうひとがんばり

昨日の記事は、ドリームVさんの貸切中に書いていました。
元気の良い歌声は、
AMANEの夜の営業では珍しい部類、
普段はしっとり系の歌、
団体さんがいらしても騒ぎはしますが懐メロが多く、
若者受けするJPOPは、ドリームVさんが間違いなく一番唄うと思います。

今回の草原のレコーディングで、
参考のためいろいろとダンス系サウンドを聴きましたが、
今いる場所と大きな隔たりを感じました。
元々はDJでしたし、
ヒップホップも、出始めの頃から親しんできた、
僕がレコードを回していた頃が、
「スクラッチ」という技の創生期だったと思います。
ハービー・ハンコックの「Rock It」の中で、
GrandMixer DXT (グランミキサー・ディーエックスティー)がプレーし、
あっという間に広がっていったのは、もう30年以上前のことです。
「Rock It」よくかけていました。

けれどそれも20代後半には足を洗いサラリーマンに、
30からは、庶民が楽しむカラオケというジャンルに、
音楽の最先端とは程遠い世界に身を置きました。
さらにAMANE開店、ピアノを弾くことで、古い方、古い方へと (笑)
大正、明治と、お客様の需要に応えるべく進んでいった、
オシャレではありますが、ジャズやシャンソン、ボサノバなども、
最先端ではないでしょう。

自分がDJだった頃、
50才のことなんて全く考えもしませんでした。
50才なんて、ただのオジサン、
「ぜんぜん関係ない人種」だった、
それが今、そんな年になった、
とても不思議な感じです。

DJ時代に知り合ったのが圭未です。
彼女は、僕がレコードを回していた店に、
歌手・ダンサーとして入ってきました。
その店は、ダンスタイム・ショータイムを併設した、
新しいタイプの店、
著名振り付け師の元、僕は音響制作、圭未は演者として、
六本木の夜に花を咲かせていたのです。

草原がこの先どうなるかはわかりません。
ダンスとして花を咲かすことができるか?
ただの一過性のイベントとして終わってしまうか?
最善を尽くすのみ。

六本木の店で働いていた頃のことをよく思い出します。
一年間、休みなしで働いていました。
昼間ショーの制作に携わって、夜レコードを回して、
それでも安月給、でも充実していました。
身が持つかわかりませんが、
五十路後半、もうひとがんばりしたいと思っています。
あの頃を思い出して・・・
人生最後の賭けでしょうか。
posted by セキシュウ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

JOさん

明日は久しぶりの全休です。
それが終わると、また3週間連続仕事、
よくもまあと思いますが、そうしないと沈没してしまう、
漕ぎ続けるのが、ちっぽけな水商売船の宿命・・・とか (笑)

一昨日の新しい草原は、
今、まさに船出したところです。
事の始まりは、いつもながらの僕の勝手な思いつき (笑)
でも、いつもどこかで何かを探しているから思いつく、
今回は、10年、約1万人が唄った草原の行先を、
心のどこかで考えていたから、
「この先、どうしよう・・・」

10月の終わり頃です。
友人たちのフェイスブックの投稿を見ていたら、
以前から気になる書き込みを、
不条理な世の中に立ち向かいながら、信念を曲げず生きている、
コレオグラファー、振付師のJOさんの書き込みに、心が揺れました。
キッズ専門にダンス教室「J☆Studio」を経営20年、
彼のやっていること、思っていることに、
草原のスピリッツを感じたのです。
「もしかして」
「草原をダンスバージョンにして」
「子どもたちに踊ってもらうのはどうだろう?」

JOさんとは一度しか会ったことがありません。
小島さんが店に連れてきた、
もう随分前のことで、
フェイスブックで2年くらい「友達」を続けただけ、
親交が深いわけではないのです。
けれど、フェイスブックにしろブログにしろ、
ある程度、思い込みかもしれませんが、「人となり」が出る、
たとえ着飾っていても、ふとしたところに地が出ると思います。
コメントに対するレス、言い回しなどに、人柄が現れる、
僕などは最たるもので、
みなさんご存知のように、捻くれ者 (笑)

深夜でしたか、
JOさんにメッセージしました。
「僕の草原に振り付けしてくれませんか?」

翌朝返信、
「やりますよ〜」
「なぜなら…おもしろそうだから!」

ヤッタネ!

しかしここからが大変です。
何しろダンスと言ってもヒップホップ、
音源作りからスタートなのです。
どんなふうに変えるのか、
元の草原をある程度保ちつつ、
今まで草原を唄い応援してくださった方々を裏切らないアレンジ、
尚且つ、平成の現代っ子たちに受け入れられる、
今流行りのグルーヴ、ノリ、
「これは、僕ひとりでは無理だ」
JOさんに相談、
参考音源を送ってもらったり、
ラップの歌詞を書いてもらったり、
歌手は、若い子も考えたのですが、
まずスタートは、みなさんに親しみのある圭未に、ラップは僕で、
そこから若い子にバトンタッチしていこうと決めました。
圭未の記事の顔文字が、汗出まくってたのは、
かなり無理があったから・・・
僕がラップ、とかって?(笑)

まあそれでも、出航。
海に出ないことには、始まらないのです。
この先、困難が待ち受けているでしょうが、乗り越えるのみ。
子どもたちがステージの上で踊る姿を夢見ながら、
日々営業に励み、
少しでも活動資金を稼ぎ、人間を磨き、
いつの日か子どもたちと笑えたらと思います。
引き続き、草原をよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする