2018年03月05日

動画サイト

日曜日の貸切を終え、山は越えた感、
今週土曜日を終わればやっと全休です。
同級生の気楽な貸切も、仕事的にはなかなかハード、
5時間立ちっぱなし、飲み放題なのでドリンクサービス、
簡単なつまみ、蒲田屋さんのおにぎりも用意と、
ただ演奏はお任せなので、その点は楽 (笑)
勝手に盛り上がってくれるからです。

初めて参加したゲスト、違う高校のヤスさん (ニックネーム)が、
「これ、全部同級生?」と言ったので、
「ええ」
「同級生を食いものにして商売してます」とジョークを、
もちろん、そんなふうに同級生が感じてないだろうと思っての言葉ですが、
後で考えたら、食いものという表現は的確ではないけれど、
同級生がたくさん来店しているおかげで、
店が今まで存在しているのは、明らかな事実です。
「小高い丘」という曲も生まれましたし、
昨夜のベースの藤林氏との共演も実現しました。

ところで、昨日紹介した動画ですが、
アップしたらすぐに「著作権保護コンテンツ」に引っかかりました。
時々あります。
楽曲そのもの、例えば動画のBGMに流れているものでも、
本人歌唱のものは許可がないとまずNG、削除依頼がすぐ来ますし、
(僕は経験ありませんが、知人などからよく聞く話です)
今回のようにカバーしていても、
それがインストルメンタルでも来る、
以前、宇多田ヒカルさんの楽曲をインストルメンタルで弾き、
動画サイトにアップしたら、やはり来ました。

会社サイドから送られてくる通知は、
削除依頼ではなく、
「広告が表示され、権利者に収入がいく」というもの、
これに同意していれば特に問題なし、そのまま表示されます。
ご存知のように、
ただ僕はみなさんに動画を見せたいだけ、
広告収入云々には全く興味がないので、
この措置に対して不服も何もないのですが、
広告収入を稼業にしている方にとっては重要なことでしょうね。

この著作権というもの、なかなか面倒なものではあります。
今、またニュースになっている音楽著作権の方も、
お互いの立場があることでしょうし、なんとも難しい、
うちは納めるだけなので気持ちは楽です。
ただ、その歴史は長い、
30からですから、もう25年です。
同級生が言ってましたが優良顧客 (笑)
これは前にも書きました。
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする