2018年04月27日

ふりうたと芸

今日は金曜日ですから朝からふりうたです。
このふりうたも、
独唱会と同時に、最初は独唱会用の音合わせのようなスタイルで、
それがずっと今まで続いているのですから、10年です。
証拠は・・・
やめましょう、それ、飽きた (笑)

でも、昨日の写真をご覧のお客様が、
「若かったわね〜」と笑いながら、
最初からお付き合いの方、
よくぞ僕の素人並みのレッスンを我慢してくださいました。
今でこそ、すっかり慣れて、
自分なりのやり方でアドバイス出来ていますが、
スタート数年はピアノを弾くことさえ覚束ない、
シャープやフラットの多いのは避けていたのも事実です。

ジャンルも身近なポップスは得手、あとはかなりアバウトでした。
時々、もういらっしゃらなくなった方のファイルの、下の方、
つまり古いものを見たりすると、
今、盛んに弾いているものがある、
「あれ?」
「この方、これやったんだ・・・」
覚えてないということは、
それだけ印象が薄かった、よくわからずにやっていたということでしょう。

演歌も、それこそ縁がなかった (笑) のですが、
上手な方が入ってきて、鍛えられました。
独特のリズム、こぶしなど、
メロディーをピアノで再現、あるいは一緒に唄うのは、
経験のない僕にとって、良い勉強の場ともなったのです。
今でも演歌は、
多少ポップス寄りの曲調もありますが、根強い人気です。
普段、シャンソンを唄う方が、
「美空ひばりさんを唄ってみたい」とか、
わざわざ課題曲に、最近の流行りの演歌を選んだりとか、
専門雑誌を時々買って研究もしています。

1年365日、殆どが歌とピアノに囲まれた日々。
これを贅沢に思うか苦痛に思うか。
その割合、メモリが後者に限りなく近づいた時が、終わりの時でしょう。
それまではどんなことがあっても、やる場所、
店を維持しなくてはと思います。

ご存知の方も多いでしょうが、
以前僕がカラオケボックスをやっていたビル、
僕が出て、今のAMANEを開店した後、
そのビルの1階に、大手ファーストフードのハンバーガーショップが入りました。
そこが今年3月いっぱいで閉店したのです。
「あのハンバーガーショップより」
「うちの方が長いとは・・・」

カラオケボックスは2階で、家賃が全然違うから比較にならないかも知れません。
けれど同じ飲食業として、
商店街を出て、ポツンと離れた今の場所で、
AMANEは、我ながらよく持っていると思います。
それもこれも、ピアノが弾けたからに違いない、
芸は身を助く、良かったです。

さて、それぞれ芸を磨いて集まるのがアコナイ、
明日夜は、アートワークが玄人はだし、
後藤さんセレクトの第25回です。
フライヤーを今一度!

アコナイ25.jpg

第25回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2018/4/28(土)開場18:00〜 開演18:30〜
出演 : ゴトー ウィズアウト カメレオンズ (お当番) 行志堂 タジマKヒロアキ 
黒田康嗣 みっちょん ピート七福 Tatsuo(New)


さてさて、何を見せてくださいますか。
楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする