2018年05月04日

音楽の迷い子

大型連休ですが仕事です。
3日はさわうた、4日、5日とふりうた、
いずれも夜は休みですから、普段の半分くらいの勤務、
ただ、夜は譜面制作を、来週末ある貸切ライブの準備です。

1日からスタートした5月のさわうたは、
低調な火曜日が19名でラッキー、水曜日17名、木曜日22名と順調ですが、
一昨日書いた通り、うかうかしていられません。
「テナントが埋まったな」と思ったら、
デイサービスや通所型のリハビリ、
新聞に折り込まれるのは、公共の施設、区の施設を利用した「うたごえ」イベント、
「歌は健康に良い」はもはや高齢者への常套句になっているのです。

エールとも言うべきコメントが、昨日の記事に入りました。
まさか?の矢崎さん (笑)
ありがとうございます。
嬉しい限りです。

思えば、小高い丘を作る前までは、
僕は音楽の迷い子でした。
まったく経歴のない、
あるのは、わずかにピアノが弾けたのと、
見よう見まねな歌作り、
それが何になるのか、よくわからない、
なんとなく流れの中に浮かんでいた、
心地よくも、常に揺れている、不安定な状態だったのです。

それが、小高い丘を通して仲間が集まり、
思いを共有し、笑い、明日に別れていったことで、
「僕にとって」
「音楽って」
「これなんだ」とわかった、
生活の中に息吹く波動・・・
目に見えないエネルギー・・・
それを、この先もずっと与え続けたいと願いました。

ですから、
毎日毎日、音楽をする、どのシチュエーションも妥協しません。
いや、
そうありたい!(笑)

AMANE開店15年にして、ようやく自分の型が出来たように思います。
ずいぶん時間がかかりました。
posted by セキシュウ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする