2018年06月06日

夏に憧れ

やっと雨になりました。
もちろん雨は傘を差さなくてはならないし、
足もとは濡れるし、
気分も今ひとつ (笑)
それでも降らなきゃ困るものです。
元気のなかったアジサイが喜んで見えました。

僕のこの時期のオリジナル「夏に憧れ」が、
昨日も今日も、さわうたでリクエストされました。
本当に身内だけ、
AMANEのさわうただけで唄っている曲ですが、
これを唄って「夏が来るんだ」と毎年感じています。

歌詞の中にアジサイが出てきます。

切なくて ああ恋しくて 駆け出したくなる 長い朝
色あせた 紫陽花に かけてあげよう 涙雨

アジサイは紫陽花、漢字 (笑)

この2行は、冒頭、切なくて、色あせた、こそ違いますが、
ああ恋しくて、紫陽花に、は「ア」から、
駆け出したくなる、かけてあげよう、は「カ」
長い朝、涙雨、は「ナ」と揃っているのがわかると思います。
こうして歌に入りやすくしています。

ところが2番の同じ部分は、

淋しくて ああ恋しくて 呼んでみたくなる 君の名を
軒下の 風鈴も 風が吹くのを 待っている

と揃えていません。
これは、言葉を揃えることより、
歌詞の広がりを作るため、
風景を想像させるために、文章優先したのです。

君の名前を呼ぶこと、つまり声を出すこと、音を発することと、
風鈴が鳴る、チリンチリンと鳴ることは一緒、
チリンチリン、イコール、君の名、
だから風鈴「も」となる・・・
って、わざわざ説明しなくてもわかりますね。

今日はこの「夏に憧れ」を唄ったあと、
あるお客様から、
「この歌は、どういう心境で作ったんですか?」と突っ込んだ質問が、
「ええ〜?聞きたいですか〜?」と困った顔の演技、
大爆笑でした。
新しい方も古い方も和気あいあい、
おかげさまで今日は19名、良かったです。

夕方はとある所へ、圭未と行ってきたのですが、
こちらはたぶん圭未がブログに書くでしょう。
明るい場所で、写真を撮ったら歳がバレバレ (笑)
おもしろかったです。
posted by セキシュウ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする