2018年09月23日

帰りたい場所

二連休の初日です。
これが終わると、怒濤、はオーバーですが、
休み殆どなしの長期ロードが始まります。
来週はアコナイ、お当番は初の黒田さんで、
今日、そのフライヤーが出来上がりましたが、
なんと素晴らしい!さすがお仕事がデザイン関係、
近々紹介しましょう。
その次の日曜はオフですが、8日月曜の祝日はウスイトオルさんのライブ、
14日は山口で母妹の個展の手伝い、
21日は都留市で合唱祭、
28日はアコナイ、
ついでに書くと、11月は11日がMakicoさんのプライベートライブ、25日がゆるゆる、
他、土曜日にはアコナイ、久しぶりにやてふさんが、
さらに矢崎さん&小島さんのツーマンライブも開催されます。
忙しいことは忙しいですが、楽しみもその分、
音楽は娯楽!
若松社長の受け売り (笑)

このところすっかり封印してしまったのは、小曲作り、
ウスまり畑の3曲が脳内を駆け巡り (笑)
とっても曲を作っている余裕、時間がありません。
特に今回は、
どれも僕に合っていると推薦してくださった曲、
素朴な歌唱が良いと、
しかしそれだけでは何も聴き手に伝わらない、
歌詞に込められた真意を、いかに拙い歌唱で表現するのか、
その難題が僕の頭に常に引っ掛かっているのです。
ですから、毎日のように作詞家のウスイ、いや伸我さんと連絡を取り、
イメージを、抽象的に具体的に、
どうすれば表現できるか、考え続けています。

もしかするとそれは無駄な作業なのかも知れません。
どんなに僕が曲に思いを込めて唄ったところで、
聴き手にはさっぱり伝わらないかも知れない、
それどころか、
その思いが空回りして、曲を一方的なもの、
つまり押しつけがましくしてしまうかも知れない、
それでも・・・

仕事柄いろいろCDをもらいます。
買うのももちろんあります。
CDの包装をやぶり、
中の盤を取り出し、プレイヤーに入れて、再生、
イントロが始まり、歌が始まる、そのとき・・・
「おっ!」と思うか、
「んっ?」か、
上はもっと聴いてみたくなる、
下は、
「こんなもんか」
上でなければならない。
ずっと聴いていたい作品でなければならない。

自分が自己満足で出すなら、下でも良いでしょう。
でも、今回はそうではありません。
と僕は思ってる (笑)

当分自分の創作はお預けです。
いや、創作の真っ只中か・・・
3曲を自分の歌として表現する、という。

と言いながら、ときどきくだらない創作意欲が、
先日は「帰りたい場所」のイメージ画を、
ホワイトボードの指描きアプリで、
ウスイさんに見せるために描いたのですが、
どうせなら、下手な絵ですが (笑) ブログで紹介します。

歌詞の「森の中のポッカリ空き地」
そこにウサギが・・・
ウサギっぽく見えないのが残念?
「帰りたい場所」には、
木漏れ日が優しく差していました。

帰りたい.jpg
posted by セキシュウ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする