2018年11月11日

33回目も無事

昨日は、ふりうた、今日のライブのMakicoさんを筆頭に伴奏、レッスンし、
4名の方が終わると同時にアコナイが、
リハ、本番、アフターと続いて片付け終わったら今日になってた、
12時間の長丁場でした。
労うように、やてふさんが、
「関さんは大変だと思うけど」
ええ、確かに50後半のオヤジにはこたえる (笑)
ですが、頑張ってしまうのは、
出演、観覧の方々のほとんどが、
普段仕事に精を出し、週末を利用して音楽に励み、
遠方にもかかわらず、十条までアコナイに参加してくださるからで、
「そこには、何があるのか」
「何があるべきなのか」と常に自問自答しているからに、他なりません。
「アコナイに参加したら」
「何が得られるのか?」

奇しくも2014年11月、
やてふさん、行志堂さん、チャーリーさんをハイブースターズとして初めて迎え、
小島さんと対バンでライブした、
「あれから4年が経ちましたよ」
アフターで居残った、やてふさん、佐藤さんに、
そのとき観客でいらした佐藤さんが、
「4年ですか・・・」
当時は30代だったかな、佐藤さん?

あのとき、今の展開は 全く予想されず、
よくもまあ、ここまで広がってきたと感慨ひとしおです。
当時やてふさんが、
「仲間内のイベントにしないように」と口を酸っぱく、
そのアドバイスをしっかり受け入れ、
次に次にと、
友達の友達のと、脈ありな方に声をかけ、
フェイスブックをフル活用してこまめに連絡を、
ゴカメの後藤さん、地味綾部さん、岸さん、Momokoさん、
黒田さん、めりっささん、高橋さん、エリックオカダさん、
そしてマスターズ代表矢崎さん (笑)
などなど、ご尽力いただき、
アコナイ出演者は頭数で100組超え、
さらに増えつつあり、本当にありがたい限りです。

昨夜も新しい方々が、
ナツさんの紹介で参加しました。
パーカッションのガッツさんは、
控えめなところがステキ、おにぎりを唐突に食べるところも (笑)
ピアノの野口さんは、拙い奏法と謙遜しつつ、いえいえご立派、
後半参加の近藤さんはプロはだし、
他界したバンド仲間のために弾き語ったローズは圧巻でした。
エリックオカダさんチームからは、
なんと長女が参加、親娘共演、微笑ましい!
トリに相応しいパフォーマンスでした。
「マスターのために」とビリージョエルのピアノマン、
わざわざありがとうございます。

マニアックな佐藤さんの弾き語り、
さくらさんは僕のピアノで、
間奏を飛ばして苦笑い、リハなしでしたからね (笑)
ドレミさんことReikoさんも僕のピアノで、
相変わらずの勉強不足をやてふさんから突っ込まれつつも (笑)
なんとか無難に伴奏できました。
ナツさんは弾き語りに挑戦、
こういう機会に臆せずは、向上心ゆえですね。

大御所Tedさんは、前日は小島さんと別の店で、
「連チャンですか?」と聞いたら、
応援に駆けつけたMomokoさんが、
「Tedさんは毎晩よー」と売れっ子ぶりを、
Momokoさんにもボーカルで加わっていただき、
力強いピアノに歌唱、良かったです。
やてふさんは、ビックリの選曲はさだまさしさん、
なんでも、さだまさしさんを知ったのは、
我がふるさと、山口にSLを観にいった少年時代 (笑)
やてふ少年、さだまさしさんに感化されてたとは!

楽しゅうございました。

IMG_1960.JPG

33回目も盛況にて終了、
今年はあと1回、
後藤さんで賑やかに締めます。
そして来年は、台風延期の黒田さんでリベンジススタート、
2月は、初でケッペキーズさん、これまた楽しみ!

そうそう、
アフターで、やてふさん、佐藤さんに、
今回の僕のデビュー曲をお聴かせしました。
パパの作りばなしを聴いたやてふさん、
始まって間もなく「さだまさしですね」
ええ、たしかに。
じゃ、売れますかね ?(笑)

やてふさんの選曲は偶然でしたが、
こんなところにも縁を感じました。
posted by セキシュウ at 23:07| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする