2019年01月29日

山口県応援隊東京本部

今月もあと3日で終わりです。
急展開、というわけでもないですが、
Amazon売れ筋ランキング、これが忙しくさせました。
せっかくだからチャンス、
この状況を案内して、パパの作りばなしをどんどんPRする、
山口県東京事務所にも連絡して、お手伝いしてもらいました。
スギパイは山口ゆかりの方々へ、
若松社長にも一報入れて、宣伝していただくように、
まりさんにもお願いしています。

まりさんは、教室を4つお持ちで、
それぞれの生徒さんに、そしてご自身が出演するライブで、
フライヤーを配っているそうで、
「なくなったので送ってください」と日曜日に連絡があり、
昨日朝、レターパックで出しました。
本来、歌手やその周りのスタッフが宣伝すべきを、
作曲家自らが宣伝、
ウスイさんしかりですが、有り難い限りです。
いくら印税が入るからって、
名もない歌手、どうなるか全く先の見えない歌手の応援、
別にしなくたって普通なのです。

山口県東京事務所はフェイスブックページを持っていて、
「山口県応援隊東京本部」というページ名なのですが、
そこで紹介された投稿を、こちらでも紹介します。
フェイスブックやってない方、多いでしょうし (笑)

***************************

山口市出身の関周(せき あまね)さんのデビューアルバムがamazon.co.jpの部門別売上ランキングで1位に

山口市出身で、山口県ゆかりの店「ミュージカンテあまね」経営者の関周(せきあまね)さんが1月23日に発売したデビューアルバムが「amazon.co.jp」の部門別売上ランキングで1位になりました。
ダウンロード版が、1月28日時点、演歌・歌謡曲・その他邦楽部門で1位、 キッズ・ファミリー部門で2位となっています。

<アルバム内容>
アルバムのタイトルは「パパの作りばなし」
タイトル曲のほか「帰りたい場所」「波に寄せて」の全3曲入りです。
タイトル曲は、自らの幼いころを思い出すとともに、今の幼い世代の未来を支える大人として、心地よい気負いを感じさせる曲。甘く切なく、最後にホロリとさせる、そんな曲です。

<購入方法>
CD(1,200円)は通販サイト「amazon.co.jp」「楽天」等で、ダウンロード版(600円)は「amazon.co.jp」「iTunes Store」等で購入できます。

<関 周(せきあまね)さんプロフィール>
1962年山口市生まれ。山口県立山口高校卒業後上京。
30才でカラオケボックスの経営を、40才でピアノバー「ミュージカンテあまね」を開店し現在に至る。幼少期習ったピアノを30代後半に再スタート、独学で伴奏を、作詞作曲も始める。
2018年、作曲家「米田まり」作品を歌うコンサートで、作詞家「伸我(しんが)」に出逢い、二人の作品を歌いCDデビューすることを、箱根レコーズ「若松宗雄」(ソニーレコード時代に松田聖子さんを世に送り出したプロデューサー)に相談、快諾を得、今回の発売に至った。
posted by セキシュウ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする