2019年03月17日

ジュラ紀

昨日は嬉しいプレゼントを頂きました。
前置きはなし (笑)
ずばり・・・

IMG_2147.JPG

こ、これは・・・
「化石!」
アンモナイトです。

くださったのは、斎藤敦子さんがいつもご一緒する、和合治久先生、
帰り際、おもむろにカバンから、
「マスター、これ」

「ええ〜、こんな立派なもの」
「いいんですか?」

「がんばってください」
「持ってるとパワーがあるから」

そっと握ってみました。
なんというか、手にフィットする、
「これは?」

実は先生から、小さなものを、以前頂いていたのです。

IMG_2148.JPG

中心部が結晶化してきた、
目玉があるようなアンモナイト、
しかし、今回のは大きさが違う、
ずっしり重さもあります。
「立派なもの」と僕が口にしたのは、そのため。

アンモナイト、大きいのは中生代ジュラ紀のもの、
1億数千万年前のもの、
その時代、生きたものたちです。
フィットしたと感じたのは、
生きものだったからか・・・
1億数千万年前が、
「僕の手の中で・・・」

素晴らしいものを頂きました。
いつも持っていようと思いました。
posted by セキシュウ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする