2019年04月16日

パパの楽譜

カラオケを習っているお年を召した方 (笑) に人気の雑誌があります。
「月刊カラオケファン」
うちでも、隔月くらいのペースで購入して、
後ろの楽譜ページを、
ふりうたのお客様の課題曲にしたり、かつては、さわうたの課題曲にも、
森山愛子さんの「忘れないで」は当誌で知りました。

過日、若松社長のところに行ったとき、
相変わらずの思いつき (笑)
「社長、カラオケファンの方、知りませんか?」と、
パパの楽譜を載せられたらいいなぁ、と思ったのです。

偶然とはあるもの、
「あまねさん」
「知ってますよ、上の人」
あとで聞いたら雑誌社の部長さん、
昨秋、ある歌謡コンクールが大阪で行われ、若松社長は審査員で、
隣に座ったのが、部長さんだったそうです。
カラオケファン、大阪が本社です。

若松社長にお願いし、
「紹介していただけますか?」
「わかりました」
「どうなるかはわからないけど、やってみましょう」
そんなやりとりが2月、
ほどなくカラオケファンの担当者、
東京支社のチーフとアポが取れ、
「有料枠ですが載せましょう」と話が進んだのです。

先月20日、さわうたの途中、取材にいらっしゃいました。
40代前半、その道15年のベテラン記者です。
さわうたを見てもらい、写真、
その後、僕とあれこれ話を、
楽譜を載せる有料枠は、月に3つか4つ、
それ以外は大手レコード会社から出る新曲コーナーで、
「関さん」
「お金を出せば載るというものじゃないんですよ」と担当者、
なるほど、手にした5月号には、氷川きよしさんが有料枠で出されてました。

若松社長の力、プラス、楽曲の良さもあったのだと思います。
カラオケファンは、
このブログをお読みの方はご存知ないでしょうが、
全国誌、販売実数は5万部、と仰ってましたから、すごく多い、
本屋さんには常に在庫がある状態で、
十条の本屋さん (なくなりましたが) にも置いてありました。

4月20日、発売です。

表紙.jpg

こちらはサイトより転載、
表紙、氷川きよしさんの左手中指の先、
「パパの作りばなし」と見えますか?

詳細なサイト、
カラオケファン6月号

全国誌に楽譜が載るのですから、
ここは、ご祝儀も兼ねて、50冊、AMANEで注文しました。
1冊 905円。
発行部数が多いから安い? (笑)

担当者から今日電話、
「関さん、店に送るよう手配しました」と、
発売日前には着くでしょうね。
楽しみです。

どうぞ、記念にお買い求めください。
楽譜の特徴ですが、
全体のワンポイントアドバイス、
縦書き歌詞の横に、細かいアドバイスがついています。
担当者曰く、これを皆さん参考に、表現力をつけて唄っているそう。
さて、パパにはどういうアドバイスが・・・
僕はもちろん知ってますし、
そのことで面白いやりとりがあったのですが、
それは内緒 (笑)
もちろん、楽譜の写真も、商品ですからNGです。
あしからず。
posted by セキシュウ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする