2019年05月11日

シミケンライブ

昨夜はライブ、と言っても、
うちで毎回企画するような、予約を取って集客をしっかりするのではなく、
「やりま〜す」とフェイスブックで告知程度、
シミケンの同級生が主に集まり、
半ば身内の、軽いノリで開催しました。
シミケン自体が、それを望んでいる感じだったからです。
ギャラは、いわゆる投げ銭、チップですね。

集まったのは、
東京同窓会を昨年幹事した、太郎くんら4人と、
シミケンの教え子、サックスの (笑)
僕の同級生の元生徒会長、
これだけで結構忙しい、なぜなら飲み放題にしたからで、
作って弾いて作って弾いて作って・・・(笑)

最初は歌の伴奏から、

01sk.jpg

歌詞コードサイトを投影しての、いつものスタイル、
シミケンの教え子、ステキなお姉さまが唄ってる! (笑)

数名唄ったあとは、
太郎くんからのリクエストで、インストコーナー、
シミケンのサックスが唸ります。

初めて昨年来たとき、
驚いたのは、まろやかな音色、
狭い店内、耳に刺さるような、うるさい音でない、
教え子のお姉さま曰く、「セクシーな音」と、たしかに!

02sk.jpg

話は違いますが、
米田まりさんに、先日の白木さんの動画を見ていただき、
僕の歌唱をチェックしていただいた際、
声の大きさについての話が、
まり先生が (笑) おっしゃるには、
「うるさい歌を唄う人は音量の問題じゃなくうるさい」
これ、納得です。
声が大きいからうるさい、とかではなく、
その大きさが「当然」と思っているからうるさい。

うちの一般営業、カラオケでも、
あまりに声が大きいのでマイクのボリュームを下げる、
すると、それを小さいと感じで無意識に大きく声を出す、
ボリュームを下げても変わらない、という (笑)

まあ、カラオケの場合、
お客様はストレス発散に来ているのですから、
普段たまった鬱憤を、大声で解消はありでしょう。
某カラオケメーカーのキャッチコピーは、
「大きい声を出して…」ですし。
お金を頂く歌手は、時と場合、
お客様が求めている歌い方をしてこそプロ、
まりさんやウスイさんに、僕の歌唱をチェックしていただきながら、
歌手として認められるようにならなければです。
あれ?
話が逸れた! (笑)

楽しかったです。
インストは、全部ジャズでしたから、
全くストレスなし (笑) 弾き放題、
歌の伴奏とは全然違うのです。

みんなで。

03sk.jpg

元生徒会長が写真を撮ったので、彼はなし、
今更いいよね (笑)

ライブ中に、
昨日演歌で全国デビューした、ふるさと小太郎くんが来たのですが、
そのことは明日にします。
そして明日は、
いよいよ今までサポートしてきたオザヒロさんがライブ、
四谷まで応援に出かけます。
その記事は、当然明後日でしょうね (笑)

そうそう、最後に、シミケン、などと馴れ馴れしく呼んでますが (笑)
それは高校時代のあだ名、
プロフィールはこちらです。

IMG_2247.JPG
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする