2019年07月26日

三田杏華ライブ

悪天が心配されましたが、ラッキー、
今日は初の演歌ライブ、
AMANE主催としては初の催し、
過日ウスイさんにその計画を話したら、
「ええっ」とビックリしてました。

ただ僕には、演歌でも「ライブ」という魅力が出せると、
三田杏華さんには、それがあると思っていた、
「ライブ」
読んで字の如し (笑)
「生演奏」のおもしろさです。

いつもの二部制で、
前半は、杏華ちゃん (でいいよね?年齢差的に・笑) オンリー、
カラオケ音源を使用したのですが、
お客様の雰囲気が一気に変わったのは、
彼女が十八番としている、津軽三味線、
「津軽じょんがら節」を弾き始めたときです。

杏華ちゃんはAMANEは初めてです。
リハ、着替え含め開場の2時間前に、
店内を軽く案内したときに、
「三味線は」
「マイク、いらないですね」

「そうか」と思う、
「津軽三味線は、鳴るんだ・・・」

着物姿がお似合いの、
一見お嬢様風、細身の華奢な杏華ちゃんが、
三味線を、
「すごい・・・」

02kyo.jpg


バチ裁き、運指、
「これが、生」

三味線の次はオカリナでした。
こちらは独学だそうですが、
初めての場所、初めてのお客様、それも目の前ずらり (笑)
なのに、堂々とした演奏ぶりです。

三味線、オカリナの生演奏が、
今回のライブのキーになったことは間違いないと思います。
あくまでメインは歌。
ですが、ライブとは所謂エンターテインメント、
なにか面白い、会場が、店内が沸くものがなければ、
家でCDを聴いたり、テレビ・ラジオで聴いてたりと何ら変わりがない、
「お金を頂く」までには至らないと思います。

後半は生演奏オンリー、
漫才コンビとも言われてる (笑) ウスイあまね、ウスあま、
久しぶりにウスイさんの、メソポタミア、じゃない (笑)
メタセコイアの枯れ葉、うん、大きな舞台もいいけど、
うちのような狭いところでも、心に沁みるいい歌、
ダイナミクスもばっちりでした。
その他、帰りたい場所、波に寄せて、パパの作りばなし、
これらはお約束 (笑)
トリは杏華ちゃんで、
初のピアノ歌唱、
みなさん大好きな「童神」「時の流れに身をまかせ」
こちらもオカリナ同様、堂々とした歌いっぷりでした。

01kyo.jpg

集合写真。
え?
杏華ちゃんはどこ?
「キョーカをさがせ」(笑)

大勢のご来店、ありがとうございます。
杏華ちゃんもブログを、
そちらも、ぜひチェックしてみてくださいね。

三田杏華オフィシャルブログ

一生懸命更新していますよ。
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする