2019年09月07日

DAMにエントリー

真夏に逆戻り、今日は暑かった、
またまた冷房全開、24℃に設定しています。
ふりうたからの、ドリームVさんは、第1土曜定例、
最近はメンバーも安定してきて、
必ず10名以上はいらっしゃり、
2時間という決められた時間に、唄える曲はひとり2曲、
多くて3曲ですが、競うことなく譲り合うのは、
ある種のチームワーク、微笑ましく見ています。

カラオケも随分変わってきました。
業界、26年、27年? (笑)
マイクを奪い合って唄った、
一晩中唄った出始めの頃から比べ、
今は「唄っても・・・」「いいかな?」程度、
どうしても唄いたい、という方は少数になったように感じます。

逆に、ドリームVさんなどを見ていると、
それぞれの選曲を楽しんでいる様子、
歌にまつわる思い、その時代のことなど、
歌を聴きながら、画面を見ながら話すのが聞こえてくるのです。

うちの端末、
カラオケ機種はDAMですが、
有名歌手の曲には本人映像、それも往年の、
最も活躍した時期のものが流れ、
それを楽しむ方も多い、
また、今のアイドルに、黄色い声、
これはドリームVさんで毎回 (笑)

DAMと言えば、
先日ダム★とも、という専門サイトを開いたら、
配信リクエストのエントリー一覧に、
「帰りたい場所」「波に寄せて」の2曲が入ってました。

エントリーの中から、配信が決定されるのは、
12万曲の中から、数百曲と、非常に狭き門なのですが、
まずはエントリーありき、
これでスタートラインです。

エントリーs.jpg

「パパの作りばなし」が広く認知され、
DAMでたくさん唄われるようになれば、
配信を決定する第一興商の専門セクションの方々が、
カップリングの2曲もきっと考えてくださるはず・・・

前向きに。
がんばりましょう。
posted by セキシュウ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする