2019年11月13日

一筋の光

昨日の画像、
大阪の歌謡フェスタのチラシですが、
にゃんこのをまた採用されたのが嬉しくて (笑)
すっかり見落としていましたが、
前回のと比べると、ずいぶん大きくなっていたのでした。

これが前回のイオン、

イオン.jpg

下に小さく、です。
今回は、右上に大きく使ってくださいました。
ありがとうございます!
名もない歌手なのに・・・
がんばって歌おう!

最近、なぜ、自分がこの歌、「パパの作りばなし」を唄うことになったのか、
その与えられた使命は何なのか、
真剣に考えるようになりました。
歌手としての責任は、もちろんあります。
自分が唄わなければ始まらない。
そうして、日々、
自分には何一つ実入りはないけれど、
Amazonその他で売れるようにとチェック、努力する、
どうにかこうにか、ネットでは話題になってきている、
でも、それだけで良いのか、終わっていいのか?

ただ歌を唄うのだったら、
もっと名のある、そうでなくても、歌唱力のある専門家に頼み、
あちこちのライブ、コンサート、はたまた、テレビに出て、
「お願いします」と唄って回ればいい、
もし、資金力があるなら、それ相応につぎ込んで、
「売れた」という名目でギャラをもらって稼げばいい、
なのに・・・

そんなときに、一筋の光が、すっと差しました。
ふしぎですね。
誰かが、
天からそうしてくれたかのように・・・

思わせぶりの文章ですみません。
その時期がきたら、書きますね。
北区で25年、這いつくばりながらやってきて良かったです。
posted by セキシュウ at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする