2019年12月05日

公園の

今日は夕方から山口七夕会のカラオケ貸切、
いつものメンバーに、
高校同窓会で指揮伴奏コンビを組む、
同窓会事務局長が初めて登場、
会社の合唱団にも属するバスの響く声で、
会を盛り上げてくださいました。
スギちゃんは後半に登場、
予定通り、パパを唄う (笑)
しかしスギちゃん、固かったので (まだ飲み足りない・笑)
2番を僕が、
「こんな感じで唄うんです」と模範を、
そうして3番でマイクを渡したら、
あら不思議、
スギちゃん、似たような声になって、とても柔らかくなりました。

さわうたや、ふりうたでは、よく話すのですが、
オリジナル楽曲の雰囲気をよく掴んで、
それになぞって唄うことが、
楽曲を活かすポイントだと思います。
リズム、音程、発声も大事ですが、
それ以上に、曲の持っているノリ、グルーヴ、
これなくしては、音楽は表現出来ません。
音楽にもタイトルがつき、
作者による何かしらのメッセージが含まれているはず・・・

おっと、また理屈っぽい話 (笑)

カラオケでは、フランク永井も何曲か、
うち「公園の手品師」も唄われました。
といえば、イチョウです。
(歌詞、知らない方、ゴメンナサイ)

公園・・・
昨日の午後、行ったんです。

いちょう.jpg

イチョウの黄色が綺麗!
でも、目的は、

いちょう2.jpg

ですよね (笑)

月曜日が2回連続潰れたので、
居ても立っても居られない、
水曜日、さわうたの後に強行したのでした。
好天で、気持ち良かったです。
posted by セキシュウ at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする