2020年09月07日

演奏の録音

やっとピアノ演奏関係の注文も落ち着き、
いつもの練習時間を取り戻しています。
一応、歌手でもありますから (笑)
いつ唄っても恥ずかしくないように、練習を、
弾き語りで主にやっていますが、
ピアノの方を工夫するあまり、
下手な歌が一層下手に (汗)

これではだめだと、歌だけにしたり、
怪しい音程をやり直したり、
いまだに、不安定なところがあるのですから、
やっぱり急造歌手は駄目ですね〜、
ピアノもですけど・・・

演奏の録音は、そのときは「オッケーだろう、こんなので」と、
ピアノにしても歌にしても、聴き返し、
納得して終わるのですが、
一夜明けて、また聴いてみると、
「ありゃー、ナンジャコリャー」と (笑)
残念な限り。
しかし既に納品済みや公開済みだったりして、
あきらめの境地・・・
たぶん、一生その連続のはず。

ピアノ演奏の録音の場合、
1曲4分から5分、
どこかミスしたら、当然やり直しなので、
練習したあとの本番、20回目にしてようやくオッケー、
もっとかかる時もあります。

譜面はあって、昨日の記事の写真のように、
ところどころ書き込みはしていますが、
基本的にはアドリブで弾いています。
忠実に、と書きましたが、
同じサビの繰り返しだと飽きるので、
少しリズムに変化を出したり、ジャズっぽくしたり、
それは演奏中に決めていくので、
あまりに高度にし過ぎると、ミスしてしまう、
だから、オッケーになったテイクは、少しおとなしめなんです。

ついでに書くと、
良い感じで弾いてきて、のこりが少なくなってくると、
「あと少しだ!」と変に力んでしまいますね。
スポーツで言えば、
「ここで決めたら勝ち」という場面・・・
スリリングですが、うまく行ったときは愉快です。
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする