2020年11月10日

透明シールド

前に進むのかと思ったら、
止まれの合図、
なかなか元通りの生活にはならない、
いよいよ始まった大手企業のリストラは、
間違いなく不景気の大波が押し寄せてくる場面、
まあ、予想通りというところ。

振り返れば、
30才でカラオケボックスを始めたとき、
バブルが弾けて、その隙間産業的に注目された、
遊休物件使用の「儲かるビジネス」が、
カラオケボックスだった、
でもそれは、
バブル後にじわじわと押し寄せた「不景気」に、
体力のある店舗だけ残る、
他は淘汰された、
その淘汰組、負け組に自分が入ったのが、今の始まりです。

結局は、どんな時代でも、勝ち残らなければ続けられないし、
負けたら、潔く次の道を歩む、
そんなところでしょうね。

ところで、
これからのライブに向けて、
こんなものを準備しました。

シールド (2).jpg

大きな透明シールド。
モデルがオッサンですみませーん (笑)

少しでも不安を取り除き、
お客様をお迎えすること。
今は、それに尽きます
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする