2008年09月04日

これで終わり

カクテルの話をしましょう。20年以上前の話。
一昨日書いたバーテンダーの友人と、お酒の話をして盛り上がるとき、
必ず出てきたカクテルに「X.Y.Z.」があります。
「エックス・ワイ・ジー」 ご存知ですか ?
当時僕たちの間では、「エックス・ワイ・ゼット」と言っていました。
もう亡くなってしまいましたが日本を代表する俳優が、ある映画でこのカクテルを
紹介したんです。しかも、電車の中で・・・
レシピは、ラム、コアントロー、レモンジュースを少々。
シェイクします。
映画の中では、このレシピを虚ろな目 (狂気の目) で呟きながら、最後にこう言うのです。
「これで終わりって酒だ !」
そして引き金を引く。
観た方も多いと思います。
この俳優さんの代表作は数えるほどありますが、晩年では「ブラックレイン」でしょうか。
もう、わかりましたね。
そう。
松田優作さん、そして映画は「野獣死すべし」です。
X.Y.Z.
アルファベットの最後、つまりこれ以上のものはないという意味が込められています。
これに使う「コアントロー」は甘苦いオレンジリキュール、
さっぱりとしたレモンジュースと相まって、とても飲み口が良く、
クイクイいけちゃうので「これで終わり」になってしまうのでしょう。
カクテルはこれに限らず飲みやすいので、調子に乗ると大変です。

当時もう一つ好きだったのが「ハーベイ・ウォールバンガー」
これこそ、酔っぱらいさんの極致。
ハーベイさんが、このカクテルを飲んで壁を叩いて回ったというのが名の由来です。
スクリュードライバーに、「ガリアーノ」を加えて大人の雰囲気にしたものです。
「ガリアーノ」のボトル、見たことありますか ?
細長いキリンのように長い瓶、色も黄色です。名でわかる通り、イタリアのリキュール。
残念ながらAMANEには「コアントロー」も「ガリアーノ」もありません。
シェーカーやミキシンググラス、ストレーナーなどはあるんですけど・・・

1CIMG9111.jpg

カクテルを出して、壁壊されるのは困るから (笑)
これで終わりっていうのも、ちょっとねぇ。
当時と今とでは、お酒の飲み方も変化したということでしょう。
「無茶」が好まれなくなった・・・
それとも僕が年を取ったのかな ?
いずれにしても。
変わりゆくのは世の常です。
posted by セキシュウ at 23:06| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: