2009年11月15日

ジャズライブ2

昨日の夕方5時前、ベースの伊藤さん、ピアノの峯野さん、フルートの田村さんが集合しました。
みなさんベテランにしては早めの集合です。
リハに2時間、たっぷり取りました。
というのも、今回のライブはジャズですが、音楽療法を研究している伊藤さんにお願いし、
プログラムの中にセラピックメニューを一部取り入れて頂くことになっていたのです。
伊藤さん曰く、「ミュージックセラピーのプチ体験」。
リハーサルで綿密に打合せをしています。
なるほど、しっかりとしたお客様へのアプローチ方法があるんだ・・・
感心しながらちょっと盗み聞き (笑)

01IMG_9927.jpg

午後8時、満員のお客様の中、おごそかに始まりました。
1部は、そのセラピー体験。
演奏前に、伊藤さんから体験方法の簡単な説明がありました。
まず、曲間の拍手は一切無しになりました。
6曲、約30分間、演奏者お客様が一体になるのを目的とするためだそうです。
拍手は時として煩わしくなるものです。
「お義理で・・・」というのもありますしね。

07IMG_9702.jpg

そして、伊藤さんがみなさんに質問をしました。
「もし、お客様が、この中の楽器の、何かをやるとしたら・・・」
「フルートだという方 ?」
「ピアノ ?」
「ベース ?」
それぞれ挙手を求めます。
ベースが少なくて、
「やっぱり・・・ ベースは報われないんです」の一言で爆笑、会場がほぐれました。
「みなさん、ご自分が、今、手を上げた楽器を演奏するつもりで、これからお付き合いください」
へぇ・・・
これはおもしろい提案だ・・・
たしかにこうすれば、あたかも自分が演奏者になったように思えてきます。
一体になれる !
ふんふん、勉強になりますね〜 (笑)

最初の3曲は、演奏者とお客様を近付ける為の曲、「呼吸を合わせる」、
そこから瞑想・覚醒と、だんだん深く、激しくなっていく曲が用意されていました。

03IMG_9871.jpg

フルートの田村さおりさん。
優しい音色でメロディーを奏でます。
AMANE初登場。
お隣が、

05IMG_9794.jpg

ご存知伊藤潮さん。
アレンジもすべて担当しています。
生粋のベーシスト。
そして、

06IMG_9790.jpg

ピアノの峯野祐次さん。
伊藤さんの指示をいとも簡単にやってしまう、
まるで指の魔術師。
リハでこんなことがありました。
「祐次、そこは、稲穂が伸びるような感じで・・・」
んっと頷いた祐次さん、弾いてみたらば、まさにその通り、
わぁっ すごい !
こ、これが本物だ。
僕など足元にも及ばないよ。
が・・・
つづく
posted by セキシュウ at 21:24| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: