2006年07月16日

十条というところ

僕がこの町と出会ったのは、そんなに昔のことではない。
平成6年である。12年前だ。
12年前を昔でないと言うと、年齢が知れてしまいそうだが。

この町には、十条銀座という商店街がある。駅を降りてすぐ。
立派なアーケードが500m続き、夕方時にもなると買い物客で賑わう。

サイズ変更CIMG2714.JPG

当時カラオケBOXを数店舗経営してた僕は、この商店街の人通りを見て
新しい店舗をこの町に出すことを決めた。
丁度、頃合いの物件が、商店街中程のビルの2Fにあったのである。

それから、僕は十条という町を始めて知ることになる。

アーケード街から横道に入ると、細い路地が続く。
民家やマンション、古いアパートに小さなスナック。

サイズ変更CIMG2716-1.jpg

カラオケBOXを開店した時は、この町を探索がてら、
お店の割引券をポスティング(郵便ポストにチラシを投函する)した。
似たような路地があり、迷子になってしまったことを思い出す。
もっとも、暗かったせいもあるが。

今夜は、路地裏を通って帰ってみよう。
もう迷ったりはしないだろう。
posted by セキシュウ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック