2007年01月17日

温かい器

冷たい雨の降る都内です。
朝降った後はしばらく止んでたのですが、日が暮れるとともにまた降り出しました。
だから今日のトレーニング、バスケ&マラソンはパス。少し風邪っぽいし。
風邪の時は、耳が遠くなることがありますね。
日曜日の夜あたりから、「あれっ、ちょっと音が小さいな」
毎日弾いたり歌ったりするのを聞いていますから、少しの違いでも気付きます。
自分で弾き語っても、歌ってる声が聞こえにくくなり、音程を取り辛くなります。
昨夜も営業終了後、短時間おさらいをしたのですが、どうも調子が出ない。
こじらせてもつまらないし、今日はしっかり静養していました。

こんな日は、ホットドリンクが飲みたくなります。
コーヒー、紅茶、日本茶、中国茶などなど。
アルコールなら、熱燗、お湯割り各種、ホットウーロン割りでしょうか。
焼酎に梅干しを入れてお湯で割ったり、お茶(Green tea)で割ったりするのは
よくやる手ですね。ただし、焼酎は無味無臭の甲類を使う方が無難です。
ご存知でしょうが、お湯割りの場合は、お酒は後から入れます。お湯が先です。
うちの店のお湯は鉄瓶で沸かしていますから、お湯割りにしても飲みやすいとよく言われます。
やわらかくなるのでしょうね。お湯だけ飲んでも、ほんのりと甘いんです。
今度試してみて下さい。
ちょっとビックリするかも「お砂糖でも入ってるの ?」って。
体調によっても感じ方が違うでしょうし、味覚も人それぞれですから、保証はしません(笑)
飲む器(うつわ)、カップによっても感じ方は違うでしょう。
うちの常連さんの中にも、芋焼酎のお湯割りを、「陶器でちょうだい」という方がいらっしゃいます。
普段は、お湯割りはホットグラスで出すのです。
ウーロン茶や日本茶、昆布茶を陶器で出しています。

〓〓〓????CIMG4195.JPG

後ろの2つがそう。萩焼です。
確かに、陶器で飲む芋焼酎のお湯割りは、ホットグラスと違い美味しそうですね。

最近は飲みませんが、以前、芋焼酎を専用の萩焼の器で飲んでた時期がありました。
ストレートにしても割るにしても、その器のみで。
そのうち、しまってある食器棚を開けると、何やら甘い匂いがする。
何だろうなぁ ?とクンクン。
そうなんです。芋焼酎の成分が器に染み込んで、独特の甘い香りが棚の中からしてくるんです。
表面は乾いてても、「かんにゅう」から染み込んだのが乾ききってなかったからでしょうか?

寒い夜は、ホットドリンクで。どうぞ温かみのある器をご用意下さい。
posted by セキシュウ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック