2014年05月16日

開店月

5月はAMANE開店の月とあって、何かとバタバタする時期です。
まずはピアノの定期調律、
3ヶ月に一度は昨日の夕方から、
「もう11年になるんだね」と言ったら、
「もっとですよ」と調律師の松本さん、
たしかに、カラオケBOXのアップライト時代を含めると、
12年、13年・・・
忘れちゃった (笑)

「飲み屋さんにあるピアノとは思えないほど」
「関さんのところのピアノは綺麗です」

いつも松本さんがAMANEのピアノを見て口にする言葉、
汚れた飲み屋のピアノをじっくり見たことがないので、
あまり実感が湧きませんが、
丁寧に扱っていることは間違いありません。
それでも、音は狂うわけで、
昨日はバラバラだったタッチを調整、
終わって試しに弾いてみたら、
「おっ」
「軽くなった・・・」
多少のとまどいを感じつつ言ったら、
「大丈夫」
「すぐ慣れますよ」と返してきました。

今日は朝からふりうたです。
一人目は10時15分から、
新しい課題曲を選ぶのと、今までのの復習と、
復習はカラオケで歌って、ピアノでもう一度おさらい、
二人目の方も、新しい課題曲、
午後からの三人目の方は、
ピアノであれこれ沢山歌う方、
四人目は・・・とやっているうちに、
昨日の調律のタッチのことなど全く忘れてしまい、
ハッと気付いたら夢中で弾いていました。
そんなものです (笑)

五人目の方が終わったのが午後2時40分、
普段はそこから3時まで、
短い息抜きの時間があるのですが、
今日は来客がありました。
店舗保険の更新で、
こちらも開店月に必ず行う恒例行事になっています。
代理店さんは、これまたカラオケBOX時代からのお付き合い、
当時のビルオーナーでアサコーホームの浅原社長、
1年振りに、たった10分程度会っただけですが、
久しぶりな気がしないのは、
FBで友達になっているから、
お互いが何をやっているか常に確認しているからです。

調律師の松本さんも同じです。
そう考えると、
忙しいビジネスマンにとって、
FBで繋がっていると、お互いの近況を話す時間が省けて良い、
いや、
良いか悪いかはわからない (笑)
「省ける」ことだけは事実でしょうか。

まぁ、僕の場合、
こうしてブログも書いているので、
読んでいらっしゃる方には、
僕のことをわざわざ話す必要はない、
みなさんの話だけ聞いていれば良いので、
自ずと「聞き役」になる、
僕の商売では必要な役所になれる、ということですね。
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: