2014年08月09日

有用な体験

せっかくの夏休み、
帰省ラッシュと台風がぶつかってしまいました。
お楽しみの行事も中止になったり延期になったり、
自然の力には為す術もありません。
せめて被害が少ないことを願うばかり、
そして、
地球はこの先どうなるのと案じるばかり、
僕だけでなく、殆どの方が、そう感じているでしょう。

一昨日いらしたお客様は元マスコミ報道関係の方で、
こんなことを仰ってました。
「昔は」
「身内、親や子を殺したら」
「大事件、大ニュースになっていたものだが」
「今では」
「ニュースにはなるかもしれないが」
「大きく騒がれたりしない」
たしかにと思う、
そうしてそれはどういうことか、
騒がれる事件とはどういうものか・・・

取り上げるまでもないでしょう。
身の毛もよだつような事件、
想像も絶する事件、
こういうのが現れ出したときこそ、
人類の歴史の中で、
大きな変化の兆しなのだと仰いました。
なるほど・・・

夜の営業は、
たとえば今週の水曜日など、
突然忙しくなることがありますが、
あとはポツリポツリ、
数名のお客様で終わることが殆どです。
売上的には芳しくない、
けれど、前述のようなお客様との会話は、
ポツリポツリだから出来ることで、
とても有用な体験になります。

昨夜は高校の一つ下の後輩、
秀樹君ではありません (笑)
彼と同じ学年で、AMANEに初めて学年の同期会で来て、
生演奏が気に入り、
その後一人で一回、
今回は会社の仲間二人を連れて遊びに来てくれました。
仲間といっても、
一人は31歳、もう一人は36歳、若手 !!
バンドを組んでいるとのこと、
それなら話は早い、
ピアノでどんどん歌ってもらいます。

「バラードがいいですよね」と31歳、
高い声が綺麗に出る彼、
「ミスチルは ?」と勧めます。
おっと、
ミスチルとは、Mr.Children(ミスターチルドレン)
念のため (笑)

「ミスチルのバラードと言えば何 ?」

「そうですね・・・」
「365日」

わっ !!
よく知らない (汗)
てっきり、
「抱きしめたい」「しるし」「くるみ」あたりかと。

わからない曲をやるのは、実はとても楽しく、
コード検索サイトで歌詞とコードをスクリーンに写して、
「さあ、どうぞ」

彼の歌から、メロディーをつかみながら1番、
2番は1番を元にして少し大胆に伴奏、
終わり頃には大体の曲調を覚えます。
閉店後、動画サイトで同名曲を検索し、
原曲をしっかり聴いてみる、
これこそが、曲との出会い、
「人との出会いは曲との出会い」
僕にとって、
これまた有用な体験になるのです。
posted by セキシュウ at 20:51| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: