2007年05月08日

茶托

今日も朝から良い天気。「さわうた」日和、そう、火曜日です。
朝10時、お客様がいらっしゃると、まずはおしぼり、そしてお飲み物を伺います。
少し前まではホットコーヒーが主でしたが、最近は暖かくなったせいかアイスもの。
ウーロン茶やジュース、アイスコーヒーなど。
フリードリンクですから何杯でも、何種類でも良いのですが、アルコールと違い
そうはたくさん飲めません。2杯、多くて3杯でしょうか。
それぞれのオーダーに、お茶菓子を添えて出します。
お茶菓子は、当初11時頃に出していたのですが、最近はいらしてすぐに。
考えてみたら、10時のおやつ、ですからね。
個包装されているものを3種類くらい、おせんべいとか甘いものなど。
その中には、お客様からの差し入れや、相方木村さんからの旅行のお土産もあります。
軽いおしゃべりの後、早速声出し、叙情歌を30〜40分歌います。

11時前後に休憩。後半戦に移る前に2杯目のお飲み物を。

TCY?XCIMG5027.JPG

うちの定番、日本茶。鉄瓶のお湯で入れた屋久島の有機緑茶です。
今日はいつもと違う器、茶托付きで出してみました。
器はご存知、萩焼、茶托は・・・
昨夜仕入れた新品です。仕入れたというか、頂いた(笑)
美声の友人からのお土産。
GWに東北遠征(違) 旅行してきたのです。
と書けば、何だかわかりますよね。書かなくても見ればわかる(苦笑)

南部鉄製の茶托です。うーん渋い。

TCY?XCIMG5034.JPG

「さわうた」の時に良いのではと、美声の友人が見立ててくれました。
早速今日から使ってみたというわけ。
これを見てた木村さん、「俺、これ使うの恐い」と言いました。
茶托にぶつけて器を割ってしまいそうなんですって。
過去に経験してるのかな ??
木村さんなら、なんとなくやってしまいそうですね〜
極秘ですが、愛用のノートパソコン(工人舎)のキーボードにコーヒーを飲ませたみたいですし(笑)

一応、そういうことも想定して、萩焼の器も安価なものにしておきますね。
萩焼はもともと柔らかいので、ちょっとしたショックで割れてしまいます。
それでも開店して以来4年間で、割れた器はたった2つだけなんです。
コーヒーカップにホットのソフトドリンク用カップ、フードの皿など
常時使用しているものは40器(皿)近くあるにもかかわらず。
「高級だ」という観念があるせいか、扱いも慎重になるからでしょう。
品良く遊んで頂きたいという僕の気持ちが伝わっているのかも…
そう考えると、少しだけ嬉しくなりました。

2杯目を出した後は、POPSを歌います。後半戦スタート。
あまり知らなくても、みんなで歌えばなんとかなる。
「聴いたことはあるけど」でもオッケー。そういう曲は僕もメロディーを弾きます。
今日は、秋桜や、ラブ・イズ・オーバーに挑戦しました。
上の写真、お茶を持つ手も優雅なヨシザキさんも、しっかり歌っていましたよ。
すっかり火曜日のメンバー、盛り上げ役になって頂いています。
これからも、美味しいお飲み物を用意してお待ちしています。
歌える曲も増やして、伴奏の方も、もっともっと腕を上げておきますね。
posted by セキシュウ at 22:28| Comment(1) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜! この茶托はイイ!! 思わず写真を拡大してパソコンに目をくっつけてみてしまいました。私は是非使いた〜い。関君、次はこれでお茶お願いね〜。萩焼ってわれやすいの? うう、なら茶碗は別の安いのでいいですぅ〜。
美声の友人ということは、いつもバツグンに素材のよさそなお召し物でアマネに登場される、あの方ですよね? う〜ん、しかし、本当は選んだのは奥様なんでは? 洋服も実は? と疑ったりして(笑)。
Posted by イワタ at 2007年05月09日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: