2015年01月19日

尾久と赤塚

今日は、先週末に突然の依頼があった、
あふネットさんが運営する重度障がい者グループホーム、
「おぐのあかり」へ行ってきました。
重度障がい、などと書くと、
なんとなく暗いイメージですが、
ぜ〜んぜん(笑)
元来の性格でしょうか、
障がいのある方たちを特別意識して思ったことはない、
わからないことはわからないし、
できないことはできない、
ごく自然に接しています。
だから、長くお付き合いも続くのか・・・
スタートは平成10年、カラオケBOX時代からですから、
僕の音楽ボランティア歴もかれこれ17年、
まぁ、逆に、
「ボランティア」だから続いたので、
これが「仕事」だったらわかりません。
稼ぐとなると、何ごとも大変。

ogu1.jpg

今日もキーボード伴奏の傍ら、
ヘルパーさんの動きを見ていましたが、
いやいや、よくやっています。

川口さんに替わって窓口になっている方は、
「ふるさと小太郎」の名で古くから歌手活動をしていて、
僕の草原も唄っている、
(草原のあゆみ H19.10.8 参照)
草原キャンペーンのページ
今日もしっかり唄ってくれました。
リクエストしたのは車いすのナオちゃんで、
「だって」
「草原、関さんが来ないと歌えないもん」
たしかに (笑)
カラオケに入ってないですからね。
「ときどき、ふっとメロディーが浮かんでくる」とナオちゃん、
小太郎さんも、
「僕もですよ」と。
うんうん、ありがとう。
来てよかった !!

実は、今日の午前中は、ゆっくりしようと思いつつも、
打撲骨折快気祝いに (笑)、赤塚公園のバスケを予定したんです。
おぐのあかりで午前中は中止、
しかし・・・
「どうしよう」
「行ってみるか !」

夕方4時半、
来てみたら、

ogu2.jpg

なんとコートが空いているではありませんか !
学生や子どもたちで、無理かなと思ってたのですが、
ラッキー !!

冬場は、こんなものを使います。

ogu3.jpg

手が冷たくならないように。
掌側は、

ogu4.jpg

ボールコントロール出来るようになっています。
これをするだけで、ずいぶん違うんですよ。

動きの方は、走るのも跳ぶのも全く問題なし、
シュートも久しぶりですが気持ちよく入りました。
「身体は覚えている」と実感、
しばらくしたら、
一人、二人、三人と若者が、
辺りは暗くなってきているのに、これからやるのかな・・・
大学生らしき男の子たちに、
「こんばんは」
「いつも来てるの ?」と、軽く声をかけたら、
「ええ」
「だいだい毎日来てます」
「暗いのに見える ?」と、さらに尋ねたら、
「大丈夫っすよ」みたいな (笑)
へんなオッサンだと思われないように、
あとは静かに黙々とシュート、
頃合いを見て、
「じゃ、おさきに〜」

ogu5.jpg

写真ではしっかり写ってますが、
かなり暗いんです。

ogu6.jpg

赤塚公園の夕暮れのバスケ。
たった1時間ですが、楽しかった、
「気が向いたら」
「平日の夕方も来るかな・・・」
暗くなっていくのを惜しみながら、
シュートを打つのも、また趣があると思いました。
posted by セキシュウ at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: